ver5.6a

ここではPinco's UIのケロヤ的オススメポイントを紹介します。

ペーパードール
pd

SAデフォルトでは、マントやローブなどが2ページ目のスロットにあり不便ですが、ぴこぴこUIを導入すればこのとおり、1画面にスッキリ全装備がおさまります。

ホットバーの最小化
mugen005929

マクロやアイテム、機能をたくさん登録してジャマになったホットバーも、最小化機能を使えば…・・・

mugen005930

こんなにスッキリ!普段は最小化しておき、使うときだけ呼び出すことが可能です。

各種待機時間の表示
mugen005932

包帯や、ポーション、スキルの待機時間などはホットバー上に。
mugen005936

ついでに召還生物の残り時間もペットバーに表示してくれます。

ヘルスバーのカスタマイズ
mugen005847

ヘルスバーの3色ボタンには、それぞれに魔法を3つまで登録しておくことが可能。
仲間のピンチも、慌てずサポートしてあげましょう。騎士魔法なども登録可能です。
mugen005851

切り替えは各ボタン上で右クリックするだけの簡単操作!

MAP
map2map1

地図もだいぶ雰囲気がかわります。自由な拡大・縮小はもちろん、トレハン時に重宝するチルト機能(傾斜表示)Location Finder (位置検索機能)まで搭載。
location
地図右上の虫眼鏡マーク。主要なランドマークの地図上の位置を検索できます。ダンジョンや街などのほか、クエストやNPCショップの名前など細かい情報に対応してるところがスゴイ!

オブジェクトハンドルの拡張
obh1

画面を埋め尽くすオブジェクトハンドルにうんざりした経験はありませんか?
オブジェクトハンドルのフィルターを使えば、死体をラクラク発見することはもちろん、秘薬や落し物を探すときも楽々。

ターゲット/ヘルスバー管理
mb1

近くの移動型ターゲットを自動的に補足、ネームカラー別に分割することも可能
もうタゲ取りにあわてる必要はありません。

各ウィンドウの拡大縮小
mugen005923

ペーパードールが大きすぎる!ヘルスバーが小さすぎて名前が見えない?そんな経験はありませんか。
スケールモードをオンにすれば、殆どのウィンドウを拡大縮小することができます。

見やすいマジックアイテムプロパティ
arm

抵抗値ごとにが色分けされているので、一目瞭然。総抵抗値や、練成スキルで抽出したときに得られる素材まで表示してくれます。

buff/debuffウィンドウ
mugen005928

状態の変化を示すbuff/debuffウィンドウは、それぞれ効果別に分かれています。

アイテム仕分けエージェント
mugen005870

UOAライクなアイテム仕分けエージェントを搭載。スタックアイテムの仕分けや、売却/購入エージェントも。

2D風バックパックの表示もワンボタン
mugen005946

SAの標準ではやたらと面倒な2D式バッグ表示への切り替えもワンボタン。
ベンダー陳列作業には欠かせない機能です。

コマンドメニューの項目もマクロで呼び出し可!
mugen005945

コマンドメニュー(自分自身をクリックして選択するメニュー)の項目も、マクロやホットバー上に配置してワンボタンで使用することができます。「家から出る」の項目は地味に便利です。

ターゲットバーにモンスター情報を表示
mugen005948

モンスターをターゲットすると、ターゲットバーにその種族のおおよその抵抗値と、特攻/反特攻プロパティ(英語表記)を表示してくれます。このウィンドウがじゃまなときは、もちろん……
mugen005950

上のように収納も可能です。

耐久度ウィンドウ
WS008496
装備しているアイテムの耐久度を、ヘルスバーのように表示する機能を搭載。耐久度が減ってくるとDubuffにも表示されるので修理し忘れもなくなります!

超絶便利な二つのバルク機能
mugen005820_r50_c2
必要な資材をコンテナから自動でとってきてくれるコマンドと……
mugen005820_r49_c2
バルクDEEDへのアイテム登録作業も自動化で、らくらく生産たいむ!

染色支援機能
自然染料やトクノ染粉などのうち、通常の染めタブで再現可能な色についてカンタンに設定することができます。
WS009244

色IDの取得機能もあるよ!
WS011069


使いやすい転送クリスタル画面
tensou
コマンドを使うことなくらくらくワープ。リコールがない無限ではかなりの便利さを発揮。


ここで紹介した以外にも、インターフェイスの変更や、追加のマクロ用アイコン、よく使うモノが集められてるデフォルトの発言セットなど便利機能が盛りだくさん。
もっと詳しく知りたい方は設定編詳細編を読んでね!

さっそく使ってみたいと思った方は、導入編へGO!