しつこいようですが、あくまで仮定の話に基づいた話です。
また、今回の話は
小数点以下などの計算方法によっては、
少しの誤差が大きな結果の違いになってしまう可能性もあります。
話半分で聞いていただければ幸いです。




これはピュリアン>メイガン>ルシェンで割り込まれない速度の計算です。

無題m

速度の低い方のキャラクターにゲージアップ分70を足して、
当該カウントの最速キャラクターのゲージを超えていれば割り込みは絶対にありません。

速度285だとピュリアン>メイガン>ルシェンのルシェンは160ないと繋がらない計算になりますが、
速度286だとピュリアン>メイガン>ルシェンのルシェンは144で済むという謎の話になります。

これは何故かと言うと、
速度285のキャラクターはカウント6でターンを獲得するギリギリのラインで、
速度286のキャラクターはカウント5でターンを獲得するギリギリのラインだからです。


285ピュリアンはカウント6で動き出す分だけ、
遅いキャラクターとの差が広がってしまうといった感じです。


また、カウント4で動き出す速度は358なので、
もし358を超える速度キャラクターが出た場合、
割り込まれないラインと言うのは同じ理屈で下がる事になると思います。
この場合、アタッカーのステータスを大きく変更できる可能性になります。


現実的に358はかなり厳しいですが、
最初のキャラクターがLS、施設込みで286を若干下回る場合、
気合で286まで引き上げるとアタッカーの速度が楽になる可能性があります。


この速度のキャラクターを用意する必要があるので、実験はかなり先になると思います。


この285と286のラインと言うのは上昇系数0.07の場合なので、
上昇系数が0.071だったり0.069だったり、
小数点以下の計算が筆者の切り上げ計算とは違ったり、
それら結果でラインが1ずれた場合、
結果的に割り込まれない速度に大きく影響を及ぼします。
ご了承ください。