偉そうな事を書いた直後に久しぶりにプレイしたら4連敗スタートで、
1800>1760>1820で終了となりました。

色々試行錯誤していて久しぶりにアナベルを使ったりしたんですが、
これは柔軟に対応できている、裏を返せば迷走しているって事なのでなんとも言えません。

ただひとつ言えるのはダイアナを一度も使っていない部分で、
ルーンが準備中で弱いと言うのもありますが使うのが怖い、ダイアナ恐怖症になっています。
何故怖いかと言うと、強い強いと言われるキャラで全然勝てないと自分のセンスの無さが露呈するように思えるからです。

ダメなピックについて


F912DF39-8C33-47A9-A103-E35543819240

ファースト水仙人を取られたので
確定でバステト、次に一番信頼をおける風猿を取った所ペルナとライカを返しで出されて、
そのペルナとライカに対して明確な対処法がなくて終わり、と言うパターンです。

バンはバステト、風パンダで余裕負けです。
これはライカ、またはペルナをバンするべきだったかもしれません。
風パンダバンを選んだ理由は単純に強いからで1体に負けそうなレベルだったからですが、
風猿が残されるのが確定している状況での風パンダバンは風猿の無力化を意味します。

これはペルナまでならこちらはライカで対処できるので、バステト、風猿と言うピックは絶対にナシなわけではないです。
返しでペルナ、ライカが出てくるパターンと言うのはなかなかないのと、
こちらが残り3枠残っている状態で水仙人、ペルナを残せる状況と言うのは、
ペルナを徹底的に叩くピックをすれば勝てるからです。
ただ実際にライカが取れたとしてペルナに明確に有利を取れているわけではないですし、
他にペルナを叩きに行くパーツと言うのは持ち合わせていません。
むしろライカを取られてしまうと筆者はむしろそこから勝てなかったりします。
ライカが単純に苦手ってことです。

これは現在はハルモニアを育成しているのでバステト、ハルモニアと取れば解決します。
水仙人、バステトをファーストで取られた時のためのハルモニア育成、というのはこういう事です。
現状で言えばエレノアがいるのでハルモニアの調合が終わるまでは水仙人、バステトを取られたらエレノアを出す予定です。


筆者の場合アタッカーで有利を取れていない状態でエレノアを出しても無意味なので、
やはりエレノアは先に出してアタッカーを後から決めるか、
アタッカーで有利な状況で出すと言う使い方しかありません。
ファーストピックを取れた時点で水仙人、エレノア、バステトまで確定させるのはアリかもしれません。


では相手の水仙人に対してバステト、ダイアナで返したらどうでしょう。
その後ライカ、ペルナと出てきてどうしようもなくなるのは明白です。
しかし実際に上位では早い段階でダイアナを確定させている方は多いです。
理由は簡単で、速い段階でダイアナを確定させて勝てる方は、そこから明確に勝てる算段があるからです。
例えばペルナ、ラカン、ライカ等から2体をピックされたらダイアナはほとんど死にます。
その時にチャウをピックしてダイアナはシールドを張らせたり、スタンを取ったり解除したりできます。
他にもハトホル、ガニメデ等を使うなら属性の壁は越えられますし、オケアノス等もいます。

まとめ

アタッカーを最初に出すならそれに対処された時に更に対処できないとダメ、と言う事です。
特に筆者の場合、火属性アタッカーがメインなのに先に風猿を取ってはいけません。
風猿自体は汎用性に富んでいますが、アンチを出されてしまえば無意味です。

その中でも先に出してなんとかなるのがガニメデ、ペルナだったりすると思います。