アリーナ上位の光パンダの量がおかしく、
ラグドール、リディアもそこそこはいますがとにかく光パンダが多いです。

復讐しようと思ったら履歴4連続で光パンダ防衛だった、みたいな事もあったりするみたいなので、
対策が必要になってくるかもしれません。

まず敵を知る必要があります。

光パンダのステータスについて

どのパーティも同じ事が言えますが、
光パンダはパーティ構成とスペックで対策に違いがあります。

・中速型

暴走+130-160光パンダ

ティアナ>速度+170級迅速>ガレオン>全体アタッカーと繋げると対策できます。

候補は、
ガニメデ=抵抗されない、基礎速度が高い
ヴェラード=ゲージダウン、凍結で2回判定がある
シャーロット=ゲージダウンが3回判定がある、ガレオンと相性がいい
ドーバー=ゲージダウン、スタンで2回判定がある、ガレオンと相性がいい、属性を選ばない
ラグマロン=1ターン目スタン、2ターン目以降の疾風が強力(?)

この手のパーティは基本的に光パンダを置いているだけで良しとしているので、
その分パーティのパワーが高くなっている事が多いです。
この事からただスタンを取れる、ゲージを下げられるキャラクターと言うより、
シャーロットのようなしっかりとしたアタッカーのほうが望ましい事が多いと思います。

後は暴走で崩されたくないので、やはりゲージダウンである事は大事です。

全体アタッカーはザイロスが超重要で修正で風仙人等もいけるかもしれません。

・高速型

迅速光パンダ
暴走速度+160 +速度LS

上から攻撃してくる光パンダです。
これは単純に意志保護ティアナでティアナスタンしないでお願い攻めでができます。

もちろん光パンダの解除から何かしてくる防衛だとそれは通用しません。
逆に言うと光パンダだけが早い防衛の場合、あえて上を取らせる事も大事になってきます。



もちろん高速型でも上から殴る事が出来れば中速型と変わりませんが、色々と無理がありそうです。
逆に言えば中速型に対して鈍足ティアナを用意するのもひとつの手だと思います。







他にもパーティ構成、速度によって手段はいくらか取れると思いますが、例を挙げていきます。

・レオ、ルシェン、コナミヤ

レオを使ってゲージを調整することで上を取れれば切断できます。
とは言え切断ひとつでなんとかなる防衛も少ないので行ける部分はかなり限られると思います。
速度LSを使うならプサマテ、セアラが候補で、攻撃LSならやはりアリシアが強力です。

・迅速ジェミニ>迅速アタッカー

こちらも上を取れればゲージダウンから攻勢に出れます。
ただし攻撃強化がないのと、抵抗がかなり怖いです。

・トリトン

こちらも上を取れればゲージダウンから攻勢に出れます。
ただし光パンダに抵抗されてゲージダウンが入らずに、
後続が光パンダに速度で負けているとスタンを取られるので危険です。


まとめ

ハルパスと言う誰でも持っている、いるだけで面倒なキャラクターだったり、
光パンダ、リディア、ラグドールと言うパワーキャラクターも揃ってきて、
混沌の様相を呈していますが、対策できる事によって一歩上にいけるかもしれません。

耐久パーティでもしっかり安定して攻められるならそれはいい事ですし、
とにかく現状は「攻めの精度を上げる」と言うのはめちゃくちゃ大事だと思います。