2010年03月30日

ガンジス河

bad70f09.jpg今日は満月で、クンバメーラの期間でも占星術的にエネルギーが最高になる日。

この日にガンジス河に入ると不老不死のアムリタ(エッセンス)を受け取れるということで何百万人の人が沐浴に訪れます。


そこへ徒歩で何時間もかけて向かいます。

いざ出発!

写真はサイマーが乗るトラックに飾り付け中。


flower131 at 11:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月29日

サイ・マーに会う

c0d3f8a8.jpg今日は、いよいよサイマーに会える日。


聖人の写真撮影はできないので、サイマーの座る玉座を撮りました。


シャンデリアのあるテントで、マーを歌でお迎え。

なんと気品がある女性でしょうか。

マーが現れるとハートに滝のようにシャクティが流れてきて、体が熱くなりました。


インド式にのっとって、ひとりひとり、バラの花の首飾りをマーにかけて差し上げて、足さきに額を着けてお辞儀をします。


足に額をつけるのは、光を受け取っている聖人は足にその光がたくさんあるからだそうで、額をつけることで、その光を受けとります。

マーも一緒に30分ほど、歌い続けました。
歌や躍りが大好きなんですって。

そのあと引き続き、サイマーと、その師・サトゥワババによってシバ神を崇める火の儀式がありました。
今日はこの儀式がある特別な日だそうです。


聞けば、今週はクンバメーラで最もエネルギーが高くなる週とのこと。

この時期に来れるようになっていたことに感謝です。

右手を使って食べる食事も日毎に上達してきました(^-^)b


flower131 at 18:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ハリドワール

8fbacaec.jpg*以下はきのう送信できなかった投稿です。



ハリドワールに到着!


おびただしい数のテントがひしめき合う中、サイマーグループのテントは、美しく、簡易ベッドやファンもついていて、びっくり。


美は宇宙の贈り物と言うマー。

さすが、豊かさの女神のもとにあるサイマー('∇`))。


写真はハリドワールのガンジス川。

上流なので、ヒマラヤ山脈から流れきた水がきれいです。


flower131 at 13:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年03月28日

デリーからハリドワール

7cae53c4.jpg無事、デリーに到着しました。


空港で、例のガタゴトいうスーツケースを受けとると、迎えに来ていたホテルのドライバーの美青年が、すぐさま私のスーツケースを持ってくれました。

他の人たちの荷物には見向きもせず、結局私の荷物だけを。

なぜに?

そっか!ポーターの天使さんにお願いしてたっけ(`∇')。
ありがとうございます♪


デリーのホテルに一泊して、クンバメーラ用の品々をショッピング。

向こうで着るプンジャビという服を白地のコットンでクイック・オーダーで注文。

たしかパジャマの語源だったと思いますが、パジャマのようで、な膝下までの丈のシャツにズボンです。

クンバメーラが行われているハリドワールという場所で、これから一週、聖人・サイマーと共に過ごさせていただくのですが、そこでは白いプンジャビを着ることがお約束なのです。

オーダーした3着は、夜までに仕上げてくれて、ホテルに持ってきてくれました。



今は27日の朝9時。
バスに乗って聖地・ハリドワールに向かっています。
このバスに乗っているのは、みんな、サイマーのところに行く人たちで、白いプンジャビ・ルック(^-^)。


アメリカ、カナダ、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドから来ています。日本からは私を含め6名。

約7時間のバスの旅です。


flower131 at 13:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月26日

出発

c0ab20d6.jpg今日も携帯からの写真付き投稿練習。

被写体は、昨日仙台三越の長崎物産展で会った龍馬くん♪

写真の向きとサイズは、大丈夫かしら。

今回のインドの旅は、何を持っていったらいいのか、イメージがつかめなくて、荷造りが進みませんでした。

しかも開いたスーツケースに、目を輝かせたルキアが飛び込んで、深夜に陣取り鬼ごっこが始まりました(^o^;)。
楽しくてしょうがないらしい。
ほら、いつもフルスイングだから(笑)。

そんなこんなで、ほぼ徹夜。

12年に一度の聖者たちが集まる祈りの祭典、マハ・クンバメーラに行きます。

テント生活になるので、荷物は最小限にと思うのですが、インドは暑いとはいえ、北インドのヒマラヤ地域寄りで、朝晩は寒いというし。

ガンガ川(ガンジス川)で沐浴するので、水着とその上に着るシャツとズボンも用意。
肌を露にしてはいけないので。

最後はとにかく適当に積めました。ハハッ

壊れてもいいように、古いスーツケースにしたのですが、これまで酷使してきたので、車輪が少しかたむいていてまっすぐに進みません。力を入れて引かないと曲がって行く…。
荷物が入ると更にハード。あらららら〜。

今、成田エクスプレスに乗っていますが、すでに腕がプルプル( ´△`)。

ポーターの天使さん!

サポートをお願いしまーす( ̄0 ̄)/!

19時の便で日本を発ちます。

インドからの一報をどうぞお楽しみに(*^-')b。

続きを読む

flower131 at 16:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年01月26日

かぶく

0b741ef9.jpg新橋演舞場で開催の初春花形歌舞伎を見てきました。

お能は好きで、上京がてら時間があるとよく見に行っていたのですが、歌舞伎は今回が初めてでした。

前々から、猿之助さんのスーパー歌舞伎を是非一度見たいと思っていたのですが、お体をこわされ、残念ながら猿之助さんの舞台を見ることは叶いませんでした。

今回の初春花形歌舞伎では、市川海老蔵さんが猿之助歌舞伎の人気作品に挑戦したいとの熱意で、猿之助さん指導のもと実現した『伊達の十役』が演目とのこと。



海老蔵さんと言えば、今、公私ともに乗りに乗っている歌舞伎役者。
これは見ねばと、遅ればせながら年が開けてからのアクションでしたが、連日満員御礼の中、
いいお席がぽっかり空いてチケットが取れました。

『伊達の十役』は江戸時代前期、仙台の伊達家で実際に起きたお家騒動「伊達騒動」をモチーフに、設定を室町時代に置き換えて作られたお芝居で、お家乗っ取りをもくろむ悪臣一味VS忠臣たちのお話。

仙台伊達藩のお話とはいうことは、会場で初めて知りました(笑)。

うちの先祖は伊達家御用達の塗り師。
ここで伊達家のお芝居を見るのも何かのご縁でしょう。

見どころは何と言っても主演の海老蔵さんの全十役の早変わり。

男だったり女だったり、悪人、善人、切り切られ、恋し恋され、裁き裁かれと、四十数回にわたる早変わりで大忙し。
この早変わりがもう、マジックショーみたいでした

花道ですれ違い様に一瞬にして入れ替わっちゃったりする。
2階の最前列の花道の真上の席だった私が、まばたきせずに見ていても「???」
そのからくりを見抜くことはできませんでした。

おもしろーい(o^∇^o)!

宙乗りでは、海老蔵扮する悪の張本人・仁木弾正が(写真の役)、花道から宙に浮き上がり、
2階席の私に向かって真正面から歩いてくるではありませんか。
きゃあ エビちゃんだあ♪
思わず手を振りそうになる。
ラッキー・シートでした( ̄▽ ̄)ノ″

幕間では、お約束の幕の内弁当に舌鼓をうち、会場限定のお土産がある売店をのぞいたり。
終演までの5時間半が、あっという間でした。


お能の幽玄の世界とはまた異なり、歌舞伎はサービス精神旺盛のエンターテイメント!
笑ったり、驚いたり、ほろっときたりで
たっぷり楽しませてもらいました。

守りながら、壊していく。
壊し変えながら、守り続ける。
引き継がれるものと、新しいものが融合して生まれる可能性。

伝統芸能はこれからますます面白くなりそうです(^.^)。



flower131 at 13:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記/一般 

2009年10月17日

みんな元気!

5424eb57.jpg熊野那智の二日目です。


山伏さんと陰陽の滝に来ています。


みんな瞑想中(⌒‐⌒)。


flower131 at 10:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記/一般 

2009年10月11日

シャスタ山

d7aa2adf.jpgシャスタに入ると携帯が圏外になってしまい、投稿ができませんでした(>_<)。


で、今はシャスタをでてもう帰路です^ロ^;。

ローカル便でサンフランシスコに向かいます。


シャスタ山の写真で、あしからずm(__)m。


flower131 at 20:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年10月09日

メディスン・ホイール

cfe32af0.jpg日付変わって、アメリカは今、8日です。

昨日はメディスン・ホイールで瞑想&DNAの活性化。

写真はそのメディスン・ホイール。

円の中央に入ってのワークでした。

このホイールは聖なる空間でありサークルの中は異次元でもあります。


瞑想のあとはスウェット・ロッジのセレモニー。

ネイティブ・アメリカンの古くからあるパワフルな浄化と覚醒の儀式です。


締め切ったテントの中に火で熱した石を入れ、水を掛けながら蒸気を発し、高温のサウナ状態にします。

その中で精霊たちとのつながりを体験するのです。


テントの中は光を入れずに真っ暗にして闇を見つめながら、メディスンマンのドラム、歌、祈りで意識が変容していきます。


完全に終了するまで高温のの中に長時間居続けます。気絶してしまうこともあります。

サウナは貧血を起こすほど超苦手な私ですが、スウェット・ロッジは大丈夫なのね(^.^)b。

すっきりピカピカ☆彡

夜明け前にセドナを発ち、ただ今はフェニックス空港で搭乗待ちしています。
これからサンフランシスコを経由してシャスタに向かいます。

今日も元気です(^-^)。


flower131 at 01:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月07日

戯れる

0819d2e6.jpg写真のupがうまくいった感じ(^-^)。

今回の旅はホテルではなくモーテルに宿泊しています。

車で10分ほどのところにあるオーガニック・マーケットで、野菜、果物、パン、、オーガニックの惣菜などを調達して部屋で簡単に調理して食べています。


ちょうど部屋の窓の正面には朝日が昇り、得した朝を迎えています。

今日は雲一つない青空でした。

午前中はセドナのヴォルテックスで裸足になって子供のように、清らかな水や木や石と戯れました。


午後は、夏に来日したクリスタルにお願いして一緒にチャネリングしながら、クリスタルボウルと声でセッションさせてもらいました。

被験者になっていただいた方が、わずかの間に元気になり、クリスタルも私もセッション中はとてもハッピーで思わず3人でハグしあいましたo(^-^)o。


予測を越えたところで、毎日素敵なことが色々起きています(^_-)♪


flower131 at 18:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)