2015年04月

2015年04月27日

シャンプー日和

夏のような陽気に、こんな日にこそルキアのシャンプーだと思いつき、午後のセッション前にルキアのシャンプーをしました。

もともとノラ猫だったルキアにとって、お風呂やシャワーは大嫌い。

バスルームで大騒ぎするルキアをなだめながら、手早くシャンプー。

ルキアにはかなりのストレスだったと思います。ゴメンネ。

たかだかシャンプーですが、ルキアを洗いながらなんとも言えない喜びに包まれるのでした。

サラふわ・ヘアーになって、今はルキアも機嫌がいいみたいです(*'-'*)

DSC_2708

                       るん ♪


flower131 at 23:44|Permalink

2015年04月21日

今にくつろぐ

しばらくブログを更新していなかったので、「どうしたのかしら」 と思っている方もいらっしゃるかと。

心配かけていたらごめんなさいね。

トロトロに心地よく毎日を送っていました♪

そこはかとなく「今」にくつろいでいます。

過去も気にせず、未来に思いを馳せることもなく、「今」と共にいることが継続していると言ったらいいのかしら。

特にいいことがあったわけでもないのだけれど、何をするにもいちいち楽しいし、なんだか可笑しくて笑っちゃう。

わたし、大丈夫か?とひとり突っ込みを入れては、ふふっ♪

そんな日々ですが、さすがに今日はブログを更新しなくちゃと思いました(^_^;)。


地球は上昇し、新しい段階に入ったのでお色直しのための何らかの地殻変動や気象をもたらすだろうけれど、それはその時に対応すればいいことで、それより目の前のことと丁寧に付き合った方がいいと思う。
だって量子学的にみれば、過去も未来も「今」にしかないのだから。

こういう時なので色々な予言情報もあるわけですが、それを特ダネスクープをつかんだかの如く、不用意に拡散しまくる人がいたりするけれど、それってどうなのかなあ。

広める人は、当然その情報を信頼していて同意してのことだろうけれど、結果的に怖れや不安をあおるだけになっていないか、あるいは自分はこんなスゴイ情報を知っているという優越感のための行為になっていないだろうか。

イベントの告知とはワケが違うので、拡散する人も、ある程度の覚悟と責任は持ったほうがいい。
いずれにせよ、ちゃんとグラウンディングをして自分の行いを見極めるべし。
そうでないと、かつて子供たちの間を席巻したトイレの花子さんや口さけ女の話、芸能人のゴシップネタの拡散と大差ない。

それより、「今」目の前で展開しているステキなことを見逃さずに、美しさや喜びの波動を地球にシェアする方が、転ばぬ先の杖の話にバタバタするより1000倍気がきいていると思うけどね。

まあ、どんな人がいてもいいの。
各自の選択の自由だし、それも人間のバリエーションの現れだ。

私は「今」にくつろぐことを選んでいるだけの話。

そうして、今日もニヤニヤするのでした。

口角あがり気味ですが、セッションはいつも通り行っています(~o~)。



happy-rolling-tiger



flower131 at 04:01|Permalink

2015年04月03日

さくら満開

DSC_2680


バースデー休暇を東京で過ごしていました。

快晴の中、高輪の日本庭園の桜が満開


サクラをバックに写真を撮りたくで、カメラのシャッターをお願いしたご年配のご婦人のお話がステキでした。

「私ね、ここが一番好きなの。
昔っからここに来ているのよ。
若い頃はボーイフレンドと来たし、そのあとは夫とも来たし。
ほら、あの木なんか、とてもきれいでしょ。」 とニッコリ。

こういう一期一会が愛おしくてたまらない。


3つのプリンスホテルに囲まれているこの場所には、こんなお花見席もあるのよ。



DSC_2675


おコタでお花見〜(*´∇`*)♪ 


風に乗って舞い踊る花びらも美しく、その場を離れがたくなり、予定を変更してホテルのラウンジでお茶をしながらゆっくりと桜を楽しみました。

ちなみに予定していたのは、松屋銀座で開催中の 
生誕100年 ターシャ・テューダー展を見に行くことでした。


tasha

NHKの特集番組でご存知の方もいらっしゃるかも。

夢を追いかけ、心豊かに生きたアメリカの絵本作家ターシャ。(享年92歳)
自給自足で、手作りの生活を続けながら、夢に描いていた美しい広大な庭をひとりで作り上げました。
犬、猫、ニワトリ、カラスなど、動物たちを愛し愛され、シンプルで優雅で、喜びに満ちた彼女の生き方は、見事としか言いようがありません。
真の豊かさを、彼女の在り方を通して垣間見ることができます。

ターシャ・テューダー展は、6日(月)が最終日。
興味のある方は、是非、行ってみて下さいな。










flower131 at 01:11|Permalink