2014年09月21日

ご訪問ありがとうございます!
ナチュラルな外構・庭を、オーダーメイドでデザイン&現場で手づくり。
自然素材と植物が大好き!埼玉県のガーデンハーモニー
箕輪WAWAWA直明です。


「ブログ村」と「ブログランキング」に参加中
     にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ 人気ブログランキングへ
よろしければ、各1回ずつクリックで、応援投票お願いします!

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
先日書いた
『現場の周りを散歩すると、外構・庭工事について気づきがイッパイ』

続編です。


# 014遺跡発掘中です。





というのは冗談で、

BlogPaint主庭の土工事も始まりました。





すると・・・

# 009300〜400ミリ掘ったあたりから、
土の質が変わり、この通り。







# 010ガラ混じりの粘土質。




# 027境目クッキリ。




# 026こちらは、
粘土質の土の中に、

コンクリートガラあり、
アスファルトガラあり、
再生砕石あり。





先日、
『現場の周りを散歩すると、外構・庭工事について気づきがイッパイ』
を書いた日の散歩中、

地元のおじちゃん(通りがかりの人)に聞いたら、
この辺一帯も、埼玉県の東部地区らしく、田んぼだったようです。

粘土質には納得ですが、
田んぼに、このガラはあり得ないですね。

区画整理の造成中に客土されたのでしょう。
(客土・・・他から土を持ち込むこと。または、その土のこと。)


ここは大型開発地で、予想はしていましたが、
やっぱり見ると、げんなりしちゃいますね...

土地を買う時に、その場所を深く掘ってチェックしてから(笑)、
買うなんてことも、現実的ではないし・・・

掘ってチェックしたところで、深く掘った下層に、
良質な土が入っている造成地なんて、この時代あり得ませんし・・・

悩ましいところです。


# 025この方向の眺め、
これから、どんなふうに変化していくのか、

楽しみですね〜!

 
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐この記事ここまで。ありがとうございました。‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

大震災を経て、私が決意したこと、
それは、「働く」ことの意味。
助けたい人がいる時に、助けることができる力をつけること。

今日も明日も明後日も、あなたと、あなたの大切な人が、
穏やかな時間を過ごせますように。
ありがとうございます。



WAWAWA@ガーデンハーモニーflowerdays at 22:32│コメント(0)トラックバック(0)庭・外構のプロとして | 現場での日々・職人

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字