2017年05月11日

ナチュラルな外構と庭のデザイン・施工 ガーデンハーモニー(埼玉県)
植物と自然素材が大好き! 箕輪WAWAWA直明です。
ご訪問ありがとうございます!

−−−−−−−この記事ここから−−−−−−−

気温も上がってきたので
そろそろ梅雨を意識し始める頃

空いた時間を使って
在庫の植物を、一斉に切り戻しました。


【解説】切り戻し
伸びた枝や茎を切って、放任状態の大きさより
少し短く(小さく)すること。
サイズを小さくするだけでなく、新芽を吹かせて
枝の更新をしたり、梅雨の蒸し暑さで傷むのを
防ぐなど、目的はいろいろ。

IMG_3769爽やかな初夏は
あっという間ですね〜









IMG_3794これからの季節
少しでも涼しげに感じる
ブルー系色の花がうれしい。








IMG_3795白い花びらの縁に
うっすらと淡い紫色。

これまた涼しげで
お上品ですね〜






04切り落とした枝に
テントウムシ君の幼虫。



そっと逃がしてあげます。
アブラムシも沢山いることですし
これからも、庭でご活躍下さい。


01切り落とした枝など
ささっと無造作な感じに
水に挿して飾る。

庭で植物を育てると
家の中でも、心に潤いが。

飾ったのは妻ですが。



02真っ白い花の先端に
テントウムシの抜け殻。

脱皮して羽化したようです。







妻が言うには・・・

脱皮中で無防備な彼を
近くにいたクモが狙っていたので
そのクモを移動させ、助けてあげた・・・と。

テントウムシ君は命拾いしたけど
クモさんは、食糧を逃しちゃいましたね(笑)

クモはクモで、庭の生態系における大切な存在。
見た目で損したのか、人間が情に負けたのか
今回はハズレくじでした(ごめんね)。

本当は「放っておく」のが正解(かな)。


で・・・

羽化したテントウムシ君
抜け殻があるということは、ご本人は?

03いました。
少し離れたガラス窓に。



羽が固くなってきたら、庭に逃がします。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「ブログ村」「ブログランキング」に参加中

応援投票お願いします!(各1回クリック)

〜この記事ここまで。Thank You!〜



大震災を経て、私が決意したこと
それは、「働く」ことの意味。
助けたい人がいる時に、助けることができる
そんな力をつけること。

今日も、明日も、明後日も、
あなたと、あなたの大切な人が
穏やかな時間を過ごせますように。

ありがとうございます。


WAWAWA@ガーデンハーモニーflowerdays at 16:19│コメント(0)トラックバック(0)日々雑記・息抜き | 季節・植物・木の視察・自然の素晴らしさ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字