米国連続増配株初心者

2016年米国株投資はじめました。 米国連続増配株を中心にゆるく運用。

MCD マクドナルドから配当金が到着

マクドナルドから四半期配当金が到着。
(´・ω・`) ありがとうございます。

hum





















マクドナルドの配当金は1株につきに0.94ドル。
92株の保有でしたので86.48ドル。税控除後の実際の受け取りは62.04ドルでした。


「配当貴族」41年連続増配
配当利回り 2.54%
配当性向 62.00%

JNJ ジョンソン&ジョンソンから配当金が到着

「JNJ」 ジョンソン&ジョンソンから配当金が到着。

kusuri_ippouka



















ジョンソン&ジョンソンの配当金は1株につきに0.84ドル。
113株の保有でしたので94.42ドル。税控除後の実際の受け取りは68.10ドルでした。

ジョンソン&ジョンソンは医療機器、医薬品、消費者向け製品を製造するアメリカの大手ヘルスケアメーカー。
50年以上増配を続ける企業のみに名乗ることを許される「配当王」であり、ヘルスケアセクターにおける鉄板銘柄です。


現在のポートフォリオ内でのヘルスケアセクターの銘柄はJNJのみとなっています。
以前はPFEやABBVも保有していましたが、私自身のヘルスケア業界の知識が乏しいため製品になじみのあるJNJのみの投資となっています。
知識不足を痛感しています。もっと勉強が必要ですね(´・ω・`)


ジョンソン&ジョンソン銘柄データ

配当利回り 2.50%
配当性向 46.8%
配当王(55年連続増配)

PM フィリップ・モリスが増配を発表

米大手タバコ企業フィリップ・モリスが増配を発表しました。

四半期配当を1株1.04ドルから1.07ドルへ。2.9%の増配です。

9月末権利の四半期配当から適応です。
これで10年連続増配。(2008年にアルトリアから分社化)

business_plus_woman





















喫煙者の方に感謝ですね(*´∇`*)
投資家としてこれからも末永くよろしくお願いします。


PM銘柄データ

配当利回り 3.70%
配当性向 88.2%
10年連続増配

高配当銘柄 AT&Tを90株追加購入しました。

AT&Tを35.42ドルで90株追加購入しました(`・ω・´)
3,203.29ドル分の買い増しです。


AT&Tは世界最大規模の通信事業企業。
ライバルのベライゾンと通信事業の2トップを構成しています。

最近ではスプリントとTモバイルという新たな勢力が台頭してきました。
今後の通信業界の競争が激しくなることが予想されます。


AT&Tは高配当銘柄として米国株投資家から人気のある銘柄です。
(9月14日現在の配当利回りは5.36%!)
いい感じの利回りですね(`・ω・´)


株価チャート

AT






http://www.dividend.com/

株価の方はまったりとした値動き。
昨年の高値から下落傾向です。

AT&Tは安定した事業内容と高配当で、インカムゲインを重視する投資家におすすめできる銘柄と言えるでしょう。
じっくり配当を受け取っていきたいと思います。

WMT ウォルマートから配当金が到着

「WMT」米小売り大手ウォルマートから配当金が到着。


WMTPNG















ウォルマートの配当金は1株につきに0.51ドル。
173株の保有でしたので88.23ドル。税控除後の実際の受け取りは63.30ドルでした。


ウォルマート銘柄データ

配当利回りは2.59%。
配当性向 46.7%
配当貴族(42年連続増配)


アマゾンがスーパーマーケットチェーンのホールフーズを買収したことにより、米小売り企業への影響が懸念されています。
米国株投資家の間でも小売り企業の先行きを懸念し、保有する小売り企業の銘柄を売却している方も見受けられます。

私は売りませんけどね(´・ω・`)

ようするに多くの投資家はアマゾンが(リアル店舗での)小売り事業でも成功するとが予想しているわけです。
でもそう簡単に行くのでしょうか?

ウォルマートへの影響はゼロでは無いと思いますが、アマゾンが買収しても結局実際に営業するのはホールフーズです。
買収前のウォルマートとホールフーズでは勝負になっていませんでした。
もちろん新・ホールフーズが小売り業界を席巻してウォルマートを駆逐する可能性もあります。

今後のウォルマートの動向に注目していきたいと思います。

GWW WWグレインジャーから配当金が到着

「GWW」 WWグレインジャーから配当金が到着。

WWグレインジャーはアメリカとカナダを中心に企業・機関向けにメンテナンス修理、運用、安全用具等の販売を行う企業です。

配当利回りは3.12%。
配当貴族(45年連続増配)

GWW





















WWグレインジャーの配当金は1株につきに1.28ドル。
22株の保有でしたので28.16ドル。税控除後の実際の受け取りは20.21ドルでした。


GWWは5月に発表された決算が弱く、株価もそれ以降下落が続いています。
gww ch









がんばって欲しい所ですがGWWへの投資判断は失敗だったと思っています。
投資理由が「配当貴族で値下がりしていた。」という株価の動きだけで買ったからです。
(´・ω・`)クソダサいですね。

年内に税金対策で損出しする予定です。

【ついに】楽天証券 米国株手数料を業界最低基準へ【横並び】

楽天証券が米国株取引手数料の値下げを発表しました。


楽天証券 米国株式・ETFの取引手数料を大幅値下げ。
cost





















米国株を取り扱っている大手3証券(マネックス証券、SBI証券、楽天証券)の中では、楽天証券のみ最低手数料が25ドルと割高な設定でしたが、今回の値下げにより業界最低基準に並びました。


新手数料設定

約定代金の0.45%
最低5ドル
最高20ドル


(2017年9月25日現地約定日より)


SBI証券が去年の夏に最低基準だったマネックス証券と同じ水準まで値下げ。
そして楽天証券が9月25日から最低水準に並びます。

米国株への投資環境が少しづつ良くなっていくのを感じます。

今後米国株投資をはじめる方は、取引手数料の面からマネックス証券、SBI証券、楽天証券の3つから選ぶことになりそうです。

私はマネックス証券を使用していますが、SBI証券か楽天証券をおすすめします。
(マネックス証券を使用している米国株投資家なら理由わかりますよね?)

心が乱れた時に見る動画

 

お手はズルい(´・ω・`)