米国連続増配株初心者

2016年米国株投資はじめました。 米国連続増配株を中心にゆるく運用。

VFCとABBVを売却

「VFC」VFコーポレーションと「ABBV]アッヴィを売却。
合計848.93ドルの利益でした。

VFCとABBVはともに連続増配年数44年の配当貴族かつ高配当の優良銘柄。
長期ホールドで全然オッケーだと思います。

でも売っちゃった(´・ω・`)

自分の想定していた以上に値動きが激しかったので、大きく上昇したこの場面で一旦利益確定しました。
米国株はインカムゲインよりも配当を目当てに投資しているので、もっと値動きがまったりした生活必需品セクターの銘柄を重視していきたいと思っています。

ジョンソン&ジョンソンとマクドナルドから配当金が到着

ジョンソン&ジョンソンとマクドナルドから四半期配当金が到着。
(´・ω・`) ありがとうございます。

322


ジョンソン&ジョンソンの配当金は1株につきに0.8ドル。
113株の保有でしたので90.4ドル。税控除後の実際の受け取りは64.85ドルでした。

「配当王」54年連続増配 配当利回り2.49%


マクドナルドの配当金は1株につきに0.94ドル。
45株の保有でしたので42.3ドル。税控除後の実際の受け取りは30.36ドルでした。

「配当貴族」41年連続増配 配当利回り2.94%


年間受け取り配当金1500ドルを目標として、買い増しを続けていきたいと思います。

米国株式ポートフォリオ 3月11日

us













評価額合計 86277.33ドル
含み評価損益 +3023.37ドル
確定済み売却益累計 +2674.49ドル 
受取済み配当金累計 +697.84ドル


前回からのポートフォリオの変更はMCDの買い増し。
好調な米経済指標の発表が続いた1週間でした。
保有銘柄の株価も大幅上昇しました。

今後のポートフォリオの新規購入候補として、株価の低迷が続いているXOMやTGT、あるいはVOOやVYMなどのETFの購入を検討中です。

MCD マクドナルドを追加購入

「MCD」マクドナルドを127.70ドルで47株追加購入しました。
優待無しの本家マクドナルドの方です。

hum





















配当貴族(41年連続増配)

配当利回り 2.94%
配当性向 61.2%

マクドナルドは2019年までの3年間の間に220億から240億ドルの株主還元を目指すと発表済み。
合わせて4000店舗のフランチャイズ化計画は2017年度末に達成の見込みです。
マクドナルドはフランチャイズフィーという優れた収益システムを確立しているので今後も安心して保有できそうです。

※フランチャイズフィーとは
世界中のフランチャイズ店の売上高から3%程度のロイヤリティを徴収するというもの。
「各フランチャイズ店の最終損益に関わらず。」

日経90.12円安 共立メンテナンスを購入

本日の日経は90.12円安。0.47%の下落。
マイポートフォリオは1.14%のマイナス。

「ドーミーイン」で有名な共立メンテナンスを200株購入。
短期で売却予定。分割権利後の値動きに注目したいと思います。

JPF






※タダ株
オリックス、日本一S

マネックス証券は適当

先日2016年分の年間取引報告書の「配当等の額」の訂正したマネックス証券。
210








「訂正して再交付」した年間取引報告書にも誤りがあることを発表。
303












マネックス証券はメイン口座として使用していますが、ホームページ内の問い合わせフォームが使用できない事を問い合わせてもそのまま放置、その他頻繁なエラー表示などイメージは良くなかったのですが今回の件でさらにその印象が強くなりました。
今後は他の証券会社への移動も検討しないといけなくなりそうです。
外国株の手数料を考えるとSBIかな。

2月月間受け取り配当金 米国株式

2月の米国株式配当金は2社から。

2gatu





















ゼネラル・ミルズ 64株 22.06ドル
プロクター&ギャンブル 30株 14.43ドル

月間受け取り配当は合計36.49ドルでした。

1月の配当金と合わせて年間合計配当金は100.23ドルとなりました。
来月は主力銘柄のJNJとKOの配当金があるので楽しみです。

確定申告で外国税額控除を利用しました

皆様こんばんは。

2月16日から既に受付が始まっている確定申告ですが皆様はもうされましたでしょうか?
私は1週間遅れですが先ほど確定申告の書類が完成したところです。

今年の確定申告では初めて「外国税額控除」の申請を行いました。

私は2016年から米国株式へ投資を始めてP&Gやシェブロンから配当金を受け取っているのですが、米国株からの配当金にはまずアメリカで10%の税金が引かれ、さらに日本で20%の税金が引かれるという2重課税の状態になっています。
そこで、確定申告で「外国税額控除」を申請することで外国で引かれた税金を取り戻すことができることを知り、今回申請してみることにしました。


外国税額控除を調べるにあたり参考にしたサイトを紹介させて頂きます。

New Market Creation 市場創造

毎月分配金生活(海外投資編)

ETFな日々

すごく助かりました。ありがとうございます。


仕組みさえ分かれば外国税額控除の手続き自体は非常に簡単でした。
国税庁のホームページから該当する項目に金額を入力するだけで自動で還付金の計算もしてくれます。

国税庁 確定申告書等作成コーナー

控除欄の外国税額を選んで各銘柄ごとの1年間の配当額の合計と外国所得税の入力をするだけでした。

そして実際に還付額が表示されるのですが…。


意外と少ないんですね(´・ω・`)
控除額には限度があり10%の全額が戻ってくるわけでは無いようです。
でも申請しないと戻ってこなかったお金なので申請してよかったです。

外国株から配当金を受け取っている方はぜひ申請してみてください。
livedoor プロフィール
FX収支記録
2017年収支
1月 -10200
2月 +9300

合計 -900

2016年収支
1月 +62142
2月 +126359
3月 -69919
4月 -70665
5月 -6163
6月 +33078
7月 +23180
8月 +43657
9月 +37920
10月 +4860
11月 +2820
12月 +24800

合計 +212069

2015年収支
1月 +210313
2月 +41755
3月 +108349
4月 +305483
5月 +132674
6月 +223740
7月 +235706
8月 -536747
9月 +189011
10月 +52828
11月 +85923
12月 +154829

合計+1203864

にほんブログ村
  • ライブドアブログ