こんにちは、松本です。
ここ最近は黒鯛釣りの解説がメインとなっていましたが、この辺りでちょっとブレイクタイム、釣行記を間にはさまさせて頂きたいと思います。

ということで、今回は3月1日に地元富山県では一部の河川を除き渓流釣りが解禁となり、毎年恒例の黒部川放流イワナ、ヤマメ釣りに行って来ましたので、この時のお話をさせて頂きます。

この黒部川は解禁日に大量のヤマメとイワナを放流するので、その放した直後だけは場所を探り当てて入ることが出来れば、大爆釣劇が待っています!

DSC06647










その反面、放流していない所は、こんなにも釣れないのかと思うくらいに、反応が無く全く釣れません。(何度となく、天然魚狙いをしたことが有るのですが、ほとんど釣れた試しが有りません・・・)
なぜなら、ダムの土砂を毎年、大量に流すので、その時にほぼすべての魚は残念ながら死んでしまうのです。
土砂を流して無かった時代は、綺麗な天然の幅広尺オーバーヤマメや尺イワナが沢山いて、とっても豊かな川だったのですが、悲しい現実です

という事情で、今は放流魚狙いで釣るしか無いのが現状です。
これが良いのか悪いかは別として、この放流魚を求めて、県内多数の河川が有る中で、解禁初日は黒部川へ来られる方が多数おられます。
僕の周りの渓流釣り師達も最近は、ここ黒部川から渓流シーズンスタートとなっています。

そして解禁のこの日は、幾つか放流ポイントが有る中で魚が放されると自分が予想した本流から外れた用水ポイントに夜明け前から車を走らせ、現場で待機し夜明けを待っていました。
車の中で30分ぐらい眠り目を擦りながら、うとうとしていると、外が薄明るくなってきました 

DSC06643










窓越しに外を見ると、誰もいなかったはずの川辺になんとライトを頭に付けて、もう釣りをされている方が3人も・・・
慌てて車から外に出ると、暗くてよく分からないのですが、もう魚を釣れ上げておられるような?

兎に角、場所を確保して実釣で確認をとミノーをキャスト!
ダウンクロス (斜め下方向) に投げた先から激しくジャークをしたその時 、「ガツン」 とアタリが

DSC06632



    ビンゴ!
放流ポイント大正解






「よし、今年は朝一に放流ポイントを当てたぞ」 と思いながら魚を寄せて来ると、テールフックが外れて別の場所に掛って擦れ掛りみたいになってはいますが、良形でかっこいい綺麗なヤマメです!
薄暗い中、今シーズン初のヤマメを早速、写真撮影です


「よーし居る居る、じゃんじゃん釣るぞー 」 と、キャストを再開!
その後は投げる釣れる、投げる釣れるの入れ掛り状態で釣り開始一時間半後には、あっという間に50匹の釣果です!

DSC06656


写真を撮ってくれる友人がいる時には、なぜが小型しか釣れません・・・・
でも嬉しそうです!





午前7時、この時間になると、魚が居るポイントに入れなかった方が続々とこのポイントにやって来られて超満員状態に。
それでも関係なく釣れ続いていたのですが、太陽が出て光が川の中に差し込んで来た午前7時半、アタリが急に少なくなってきました。
すれてきたと言うよりも、光量の変化で口を使いにくくなってきたという感じに思えました。

そうは言うものの、それでもまだまだミノーには反応が有り、正午の時点で釣果は111匹となりました。

DSC06690

小型はリリースして、良型は渓流焼き魚大好き先輩家族の為にキープさせて頂きました!
毎日、食べても飽きないそうです???






DSC06669


数がわからなくなるので、
カウンターを使用。
覚えていなくて良いので
とっても便利です!





午前中は、すべてミノーでの釣果です。
釣り方ですが、下流斜め方向キャストして、川の流れを利用しゆっくりでもミノーが泳ぐようなスピードで巻いて、移動距離を抑え、見せる時間を長くし、食べやすいようにしつつ、激しくジャークをしては、ほんの一瞬だけ食わせの間を入れるようにポーズ(0.5秒ぐらい)を入れ、それを繰り返しながらリアクション(反射)で食わせるというやり方になります。
おそらく皆さんが思われているより、かなり激しいジャークだと思います。
ちなみにルアーが泳がなくなるギリギリの強さでスラックを利用してジャークします。ポーズは見きなれないようにするために、かなり時間は短かめですが、それ以外はバスフィシングのジャークベイトの釣り方に近いと思います。

竿は渓流ルアーロッドとしてはかなり固めの物 (自分が思う理想のロッドが無いのでバスロッドで代用) を使用し、ラインも渓流釣りにしてはオーバースペックのフロロの4ポンドを使用し、ラインを太くすることにより伸びを少なくして、ダイレクトにアクションがルアーに伝わるよう、あえてこのタックルセッティングしています。ただし、アクションは良いのですが、竿が固い分だけバレが多くなってしまいます。

DSC06590


この釣り方に適したミノーはアクションを加える事により効果を発揮するタイプの物が適しています。
ちなみに、この時に使用していたルアーは僕が最も渓流釣りで多用するバスディのシュガーミノースリム55のフローティングで、この時のカラーは黒金です。


前半戦は終了となり、お食事休憩を入れて12時半から釣り再開となのですが、天気が良く、この時間から強烈に光が水の中に差し込み、魚がより深い所に集中してしまいます。普通の釣り方では全く釣れなくなってしまうのですが、特殊な釣り方でこの後、釣果に結びつけていく事となります。このやり方やこの後の釣果は、次回に詳しく紹介させて頂きたいと思います。

水が綺麗で、空気も美味しく、渓流釣りはとても気持ちが良い釣りです!

          それでは皆さん、次回をお楽しみに

ランキングアップにご協力お願いします!
にほんブログ村 人気ブログランキング