バイヌシマです。

年度末が近づいてきました。
バイヌシマは、今年JALのマイルには殆ど加算せずBAに貯めてきました。 
その結果、BAのゴールド会員に7月の終わりに到達しました!
今後は、BAに完全に乗り換えると言う手段も有ったのですが、直後のイギリス行きで運悪くBAパイロットのストライキが直撃!
結局、その時のフライトはJAL便に変更。マイルは、自然とJAL便に加算しました。
そんなこんなで、中途半端にJALマイルを加算して、気がつけば後5312フライオンポイントでサファイア会員資格の50000ポイントに到達します。
ご存知の通り、JALの上級会員資格取得のカウントは毎年12月末が期限。
フライオンポイントは、年を越すと0にリセットされてしまいます。
折角貯まってきたので、何とか、JALの上級会員、サファイア会員に到達したいと思います。
 
JALの上級会員になるには、JALに有償で乗ってFLY ONポイントを貯めなければなりません。
もちろん、JAL以外のワンワールドの航空会社、例えば、BAやキャセイパシフィックなどに乗ってもFLYONポイントはたまりますが、ラストスパートでは、やはりJALが一番です。

では、どのようにしたら一番取りこぼしがなく、FLYONポイントを集めることが出来るのでしょうか。

ラストスパート!短時間・短期間でFLYONポイントを貯める裏技は!
年度末が近づいてきましたので、残り時間もありません。
国内線でサクッと足りないFLYONポイント、 5000ポイントを稼ぎたい!そんな時に、どんな運賃を購入したら、効率よくFLYONポイントを稼げるのか。

まずは、FLYONポイントのおさらいです。

「FLY ON ポイント」の計算方法

フライトマイル

区間マイルと、利用したクラスや運賃に対応したマイル積算率により算出されます。

FLY ON ポイント換算率

日本国内線:2倍

JAL便の日本発着 アジア・オセアニア線:1.5倍

上記以外の国際線:1倍

搭乗ボーナスFLY ON ポイント

JALグループ便を利用した場合にのみ、運賃に応じて追加されるポイントです。


東京羽田空港から大阪伊丹空港までの距離は、260マイルです。
2倍にしても560マイルしか有りません。
一方、ボーナスポイントは、最大400ポイントも貰えます。

短期間に国内線でフライオンポイントを貯めるには、このボーナスポイントが一番重要です。
ボーナスポイントは、フライト毎にもらえます。長距離でも短距離でも関係有りません。
東京から大阪でも、沖縄でも貰えるボーナスポイントは、最大400フライオンポイントとなります。

しかし、ここで落とし穴が!
ボーナスフライオンポイントは、何と!利用運賃によっては減額されたり貰えなかったりするのです!

折角乗ったのに、ボーナスポイントが無かったでは、残り時間が少ない時には致命傷です。

バイヌシマが、ボーナスポイントを貰える運賃と貰えない運賃を一覧表にまとめました!

利用運賃カテゴリー該当運賃
運賃1(100%)大人普通運賃、小児普通運賃、往復割引、身体障がい者割引、介護帰省割引、JALビジネスきっぷ、eビジネス、離島割引、国際線航空券に含まれる日本国内区間*1など
+ボーナスポイント400! 
運賃2(100%)特別乗継割引
+ボーナスポイント200! 
運賃3(75%)先得割引、スーパー先得、ウルトラ先得、乗継割引28
ボーナスポイント無し!!
運賃4(75%)特便割引1、特便割引3、特便割引7、特便割引21、特別往復割引、株主割引
+ボーナスポイント400! 
運賃5(75%)乗継割引7
+ボーナスポイント200! 
運賃6(75%)当日シルバー割引、おともdeマイル割引*2、スカイメイト
ボーナスポイント無し!!
運賃7(50%)パッケージツアーに適用される個人包括旅行運賃など
ボーナスポイント無し!!
  • *1 フライトマイル対象運賃の国際線航空券に含まれる日本国内区間については、国際線マイル積算率にかかわりなく、「運賃1(100%)」を選択のうえ検索ください。
  • *2 マイルによるご搭乗は、フライトマイル積算およびFLY ONポイント積算・搭乗回数のカウントについては対象外となります。

詳しくは、こちらから計算できます。
フライオンポイント計算機

安い運賃のチケットを購入すれば、当然、貯まるマイルやFLYONポイントは少なくなります。
これは仕方がないですね。
しかし、チョットの値段の違いで、ボーナスポイントをもらえないと、倍近い差がでてしまうのです。
先得割引、スーパー先得、ウルトラ先得、乗継割引28などは、安いのでつい予約してしまいますが、最後の追い込みの時には時間の無駄となります。
少々高くなりますが、加算マイルの減額がない、ビジネスきっぷや往復割引、加算マイルが75%とにはなりますが、ボーナスポイントを400ポイントもらえる特便割引、株主割引がコスパが良くなります。

下記に、東京から出発して、無駄なくフライオンポイントを稼げるルートを調べてみました。
例えば、福岡に行く場合、直接飛ぶとボーナスポイントが一回 最大400ポイントしかもらえません。
大坂で乗り継ぐと、ボーナスポイントを2回、最大800ポイントもらえます。

乗り継ぎ地点として大坂は優秀であり、便数行き先ともに多いので便利です。



特便・株主優待 ビジネス切符
普通 クラスJ 普通 クラスJ
東京⇒大阪 820 876 960 1016
大阪⇒福岡 830 888 974 1032
大阪⇒宮崎 838 896 984 1042
福岡⇒宮崎     596   622   662   688

バイヌシマは、5312フライオンポイント必要です。
例えば、下記のとおりとすると5312フライオンポイントに限りなく近くはなります。
福岡から大坂に戻る方法を別途用意は必要ですが。

東京大坂 ビジ 960*2 往復
大坂福岡 ビジ 974 ビジJ 1032
福岡宮崎 特便 596
宮崎大坂 特便 838
      計 5360

また、大坂伊丹空港のJALラウンジは、サクララウンジ、ダイヤモンドラウンジともつい先日改装されましたので、綺麗でゆったりと出来ます。
大阪伊丹空港JALダイヤモンドラウンジ
CE84BCCA-D9F3-4740-B7D0-91A9BFA475A4
軽食
F36A2FAB-6021-4A47-8DF6-A1B06A5A573F

広々!
FC3F71BE-D208-44D5-9D75-AE36ECAA4BA4
ラウンジからJALの機体を一望!
E02D7963-B0F7-4E5A-A48B-C2652BEC4B4B

JAL上級会員資格を取得するれば優雅に旅が楽しめます。