バイヌシマです。

雨降りのエジンバラからディナーを食べにセントアンドリュースへやって来ました。
運良く雨も上がってきました!
アビーの跡。
ABFAA855-9211-48C1-BD83-B48F5DA75E62
夜のセントアンドリュース大学です。
澄んだ夜の冷気の中ライトアップが綺麗!
A317950B-E70D-4A1D-8E8F-8B8744F9E7C1
夜のセントアンドリュースの街を散策しました。
86C80354-AE50-414A-8B1D-3721FEC0A774
歴史のある街並みですが、今もセントアンドリュース大学の学生の街として現役です。
羨ましいですね。
4D316614-121D-4109-9354-322E6CDA5802
因みに、セントアンドリュースは大学の街と共に、高級住宅街となっております。
夜も治安は大変良く、ロンドンやエジンバラの喧騒とは縁遠い落ち着いた街となっています。
E92C25CA-4DAE-498B-8BB3-DFFAA2D81279

本日のレストランは、セントアンドリュースで評判のレストラン!

Rogue!

129E3523-BEE3-4AB2-97AE-558C69476B28
こちらのレストラン、最近流行りの地元アンガス牛のエージドビーフも評判が良いようです。
BA1453FF-6693-4F7F-BE62-EE5C47F2E188
しかし、日本人としては、美しい北海に面したセントアンドリュースに来たのですから、地元の海の幸でしょう!
まずスターターは、海の幸のプラッター。
日本で言えば、海鮮盛りというところ。
セントアンドリュースで取れたてのロブスターに大粒のホタテ!!
チップス、日本でいえばフレンチフライポテトですが、イギリスではあくまでもチップスです。

イギリスの国民食、フィッシュandチップスのチップスがこれ。
つまりこのフラッター、フィッシュの部分が大変豪華になっていますが、フィッシュandチップスの形式を踏襲しているわけです。
さすがイギリス。
9D989F52-3800-454B-8490-ADCF7CD6E84E
スコットランドと言えば、やはりムール貝の白ワイン蒸し!
どうですか、このボリューム。
味はピュア!
56992927-BFF7-40AA-8D5D-5FC25FA7FE7F
ドーンと食べ進みます。
37BF15E4-CF54-4F83-8C6C-5FC9C478B123
最後はデザート!
ブュリュレを。
6FFC67FD-A8CD-4C84-B68B-E22C47C3AD1C
店内も雰囲気が良く、最高でした。
941CD5B5-4D25-490A-8B57-7727F08ACC6E