FLY! FLY HIGH!!








飛行機と食事とホテルとたまに観光地を淡々とアップするブログにおこしいただきありがとうございます。
2012年、うっかり修行してしまい、80回JALとその仲間達に搭乗することによってJGP達成!
それのおかげで、CXとTKでも上級会員になりました。 2016年、平JGC、CX-GOLD、BA-GOLD、SQ-GOLDで色々楽しんでます。
当ブログの写真・文章の転載はご遠慮ください(法的に認められた引用を除く)。

 特にしたいこともないので、ご飯食べたばっかりだけれど、ご飯を食べよう。

シンガポールと言えばチキンライス

 と言っていいのかどうかわからないけれど。
 チキンライスってケチャップチャーハンじゃないよーって言わなくても、かなり浸透してきているね。
 タイだとカオマンガイ。シンガポールだとチキンライス。中国語では海南鶏飯。マレーシアだと……なんて言うんだっけ?
 鶏の旨味を良く引き出していて、この料理が私は好きなんよー。
 なんで食べに行った。


駅から近くてリーズナブルな値段の店へ

 まぁ、前にも紹介してるんだけどね。
DSC08110
 なんか肉骨茶で元気注入したのに、あんまり元気なかったので、駅から近くてリーズナブルなラッキーチキンライスに行くことにする。オーチャード駅から徒歩数分。フィリピン出稼ぎお手伝いさんの巣窟ラッキープラザの#2-110にあるよー。


チキンライスはスチームかローストの2種類

 チキンライスは大きく分けてローストかスチームか。
 まぁ、たぶん英語ができない日本人が行くとロースト?スチーム?って聞かれると思う。
DSC08112
 その他、色々とメニューアルので詳しくは上のメニュー参照。


今日はロースト

 鶏を見ながら悩む。
DSC08113
 まぁ、遅い時間に行くと売り切れのことが多い、ローストにしよう。
DSC08111
 ローストのチキンライスはSGD4.8。安いねー。タイで食べた方がもっと安いけど。
 このお店はチキンにかかったソースが好きなんです。私好みの味。

 ん、ただ色々なところでチキンライスを食べてきたせいか、味が変わったのか、それともちょっとお疲れのせいか、ちょっと味がいまいちだった。基本ロースト好きだったんだけれど、次はスチームにしよう。

 さて、朝から夕方までのパワーシンガポール。
 シンガポールはお久しぶり。特にやりたいことないけれど。
 まずは朝食から。シンガポールの食事で好きな物はチキンライスと肉骨茶。なので肉骨茶を食べに行こう。
 

肉骨茶では超有名店

 まぁ、以前にもレポートしているお店だけどね。
DSC08106
 シンガポールで肉骨茶といえば一番に出てくるようなお店。
 ちょっと夜行便明けでお疲れなので、気合いを注入しましょう。肉骨茶は元々肉体労働者のための食べ物だからね。クラーク・キーの駅から近いんだけど、道の片側にしか地下鉄の出入り口がないので、横断歩道か歩道橋を渡る必要がある。ちなみに本店のすぐそばに支店もあるので(他にももっと支店あるけど)、あまりにも混んでるようなら支店に行こう。まぁ、基本的には回転が早い店ではある。


メニュー

 こちらがメニュー。怪しい日本語付き。
DSC08107
 まぁ、初めてはフツーにスペアリブスープにしておいた方がいいと思うよ。あとライスを付けるのは必須。
 今回はM03のカルビスープにしてみた。
 それにしても写真からしてニンニクが主張しているなぁ。


いざ実食

 というわけで、カルビスープとライスとコーラを頼んだ。
DSC08108
 到着!いやー、この眺めはいいねぇ。
 ただ、肉がカルビなので脂身多め。んー、肉骨茶だと普通のスペアリブの方がおいしい気がした。脂身が多すぎてちょっとクドいかも。
 スープを飲んだり、ご飯をレンゲでよそってスープをしみこませて食べたりするのが作法。スープはどんどん足してくれる(足してくれなければアピールしよう)のでおなかいっぱいになるぜ。味はスパイシーニンニクがつん!系。当然ニンニクがつん!なので、その後のご予定にご注意ください。
 ホント、マレーシアとは味付けが違うよねぇ。


お会計

 お会計はこちら。SGD12.85なので1,000円ちょっとくらいか。
DSC08109
 まぁ、シンガポールは物価が高いけど、これは安い方だね。
 ただ、2年前と比べて値上げしてなかった。香港とは違ってそれほど物価上昇はしてないのかな。


このお店のルール

本店の場合、店の前に列を作る場所があるので、そこに並ぶ。
 ↓
店員の指示で席に着く。
 ↓
店員を呼んで注文。
 ↓
食べ物が届いたらそこでお会計。
 ↓
ウマー!
※メニューに税(7%)サ(1%)入っていないので注意

 今回でCXのコロンボ発券は終了!
 で、ゴールデンウィークの帰りの航空券を取るのは至難の業だったけど、とりあえず許せる金額だったクアラルンプール発券に移行するためにOnewayチケットで行くよー。どこの会社にしようかいろいろ悩んだけど、SQにしてみた。SQのゴールド持ってるからね。

入国即出国

 コロンボの空港って、出国がめんどい。
 ターミナルビル入るのに荷物検査があって、チェックインカウンターに入るのにまた荷物検査。
 ちなみにチェックインカウンター入る前にある売店は地元スーパーなので、最後スリランカルピーを使い切るにはいいところだよ。紅茶とかそこそこ安く買える。
 で、チェックイン&荷物ドロップ。
DSC08093
 やたらと時間がかかるイミグレを通過し、また元の場所へ。
 ラウンジで休憩後、ゲートへGO!
DSC08092
 ボーディングすら始まってないのにファイナルコールを出すコロンボ空港。
 なんだかよくわからんけどそうなってる。たぶん最後の荷物検査に時間がかかるからかな。ベルトとか靴まで外さなきゃいけない厳重な検査なんだよねー。


座席

DSC08095
 シートはどこかで見たことあるようなシート。でも、このイス嫌いじゃないです。
 2-4-2のシートで、可能な限り隣が空いてるシートでよろしく!って言ってこの席だったけど、4列真ん中に日本人カップルが来た。えー!
 たぶん二人並んで座れるところで通路側が日本人のところをアサインしたのかな。


機内食

 SQはエコでもメニューがある!
DSC08097
 食べるつもりなかったけど、隣のカップルが食べてたからノリで自分も食べてみる。
DSC08098
 まぁまぁおいしかったよ。
 隣のカップルが照度全開で映画見てたり、寝ても液晶消してなかったので、眩しくてあまり眠れず。しまったー。アイマスク持ってくれば良かったー。

到着してリフレッシュ

 というわけでシンガポール到着。
DSC08101
 コロンボは深夜に乗継があるのがキツいよねぇ。
 なんであんなに便が深夜に集中しているのかがわからんけど。
DSC08102
 さて、次の乗継便は夕方!
 荷物はそのままスルーなので、時間も気にせずプライオリティパスラウンジでシャワーを浴びて、ペリエも飲んですっきりしたので、夕方までパワーシンガポールだ!シンガポール久しぶり、特に行きたいところないけど。

 お久しぶりのコロンボタッチをやったという話。
 今回は変則なんだけどね。

空港までバスでGO!

 黃埔花園バスターミナルE23系統バスで出発。
DSC08051
 紅磡駅を立体交差で渡る。
 なんか新しい路線作ってるなぁ。これって何だっけ?と思っていたら、馬鞍山線が延びてくるのね。しかも西鉄線と直通運転だとか。どこに土地があるんだ?ってぐらい路線作ってるよねぇ。
DSC08055
 E系統なので空港島をぐるぐる回る。國泰城も通る。
DSC08053
 中の人~、ちょっとマルコポーロ改悪しすぎじゃないですかー。


チェックインからのラウンジ放浪

 というわけでサクッとチェックイン。
 今回はスリランカ出国はCXじゃないので、スリランカ出国のチケット見せろと言われるかと思ったら、特に言われなかった。信用されているのかしら~。
DSC08063
 とりあえず夜行便なので、Wingのお風呂に入る。
 いやー、CXはダイヤ様が減ったのかカバナも空いたねー。
 利用時間制限ができたせいかもしれないけれど。
DSC08068
 そしてPierに移動してアンガスビーフバーガー。おいしいよねー。
DSC08069
 デザートにクレームブリュレも食べちゃう。だって、この後機内食も食べずに爆睡する予定だから。
 やはり香港のラウンジ飯はPierのFラウンジが最強かな。まぁ、それでもオープン当初よりクオリティ下がってるんだけれどね。


さて、搭乗

 ギリギリまでラウンジ乞食をして、おなかを満たしてから搭乗!
DSC08070
 今回のゲートは45番、Pierからは微妙に遠い。
DSC08073
 コロンボ便はA33E。
DSC08074
 シーラスシートがありがたい。
 昔のBKKとかSINとか経由してた時代はリージョシートだったからね。1レグ1レグはそんなに長くなかったからなんだけど、コロンボタッチやってた頃は辛かった。
 香港から直行になったおかげで、BAのティアポイントが140TPゲットできるようになった。千歳まで行けばそっちも140TP。コロンボ発券千歳行きビジネスクラスで往復560TP。3往復すればBAゴールドだね。BA4レグが別に必要だけど。ただ、コロンボ発券もそんなに安くなくなったので今回でおしまい。安くなれば復活するかもだけれど。


機内食

 さぁ、みんな大好き機内食!
 とりあえず、食べないつもりだけれどメニューはチェックしよう。
DSC08078DSC08079
 おおっ!
 lambがある!
 CXのビジ飯のラムはおいしい!
 予定変更。食べるしかねーな。
DSC08080
 というわけで前菜から。
 いつも通りな感じだね。
DSC08081
 ラムキター!
 CXのラムはおいしいので、無理してでも食べる。
 それ以外はアレだけど。
DSC08082
 チーフル(チーズフルーツ)ステージへ。
 まぁ、チーズはもうおなかいっぱいなので食べなかった。
 フルーツはビタミン不足解消のためにも食べる。
DSC08083
 でも、甘い物は別腹~。
 Toffeeってなによ?って思ったけどバターと砂糖を加熱して作る菓子ということで、超こってり。


エビアンくれた

 今回のフライトは食べ物がキビキビしたスピードで出てきた。
 とにかくガーっとサービスして、とっとと寝ろー!みたいな。時間帯が時間帯なので、好印象。
DSC08084
 起きたらエビアン置かれてた。
 今まで金丸子でももらえず、ワンワールドエメラルドでもくれなかったのにー。
 初めてのエビアン。

 丸子改悪でダイヤ様が減ったのか、他社エメとかのサービスが良くなってきたよねー。
 丸子には戻らないけれど。


深夜のコロンボに到着

 眠い。寝たけど眠い。
DSC08085
 あー、またここに戻ってきたよ。
 荷物が不安だったので、一度入国してピックアップ。
 コロンボタッチは入国するしないに関わらず、ビザの申請はして置いた方がいいよ。Transit Visaなら無料だし。結果的に入国しなくてもいいわけだし。前日ぐらいに申請しておけば瞬時に来るしねー。ちなみにプリントアウトしなくても大丈夫だけど、不安ならスマホにPDF入れておけばいい。
DSC08086
 到着ロビーにShangri-laのブースできてた。そういえばスリランカにできたんだっけ。たしかリゾートだよね。コロンボにShangri-laできたら、行ってみたい。こんだけ行ってるけど、コロンボ市内に行ったのは1回だけだしね。
DSC08089
 そして、相変わらずところどころ壊れてる、到着便案内パタパタ。
 到着ロビーから出発チェックインカウンターに行くには一度外に出なくちゃいけないので外へ。
DSC08090
 南三陸ホテル観洋のみなさーん!おたくの使ってた送迎バス、今はスリランカで働いてまっせー!

 「香港魂」という香港人が日本語でやっているブログがあるのです。
 そこで見つけたのが、「巧佳廣告製作有限公司」というお店。ここは香港で路地を爆走する赤ミニバスの行先表示板や運賃表示板を作っているところ。ここがねー、マニア心くすぐられるのです。


赤ミニバスって何よ

 香港にはバスが大きく分けて3種類ある。
DSC04062
 いわゆるこれが普通のバス。基本は2階建て。まれに平屋のバスも走ってる。
 街中で4社ぐらいが爆走してる。
DSC04064
 次が緑ミニバス。収容力が小さいけど、その分小回りに走り回ってる。
 オクトパスも使える。路線も決まってるので便利。
DSC07962
 で、これが赤バス。これがなかなかカオス。
 まず、個人事業主。個人タクシーのバス版みたいなもの。なので、ルートが決まってない。決まってるのは始発と終点。ルートは客の都合で変わる。オクトパスは使えないヤツが多かった気がする。そもそも運賃も時と事情により変わる。台風とかだと値段が跳ね上がることも。
 そんな個人事業主の赤バス運転手が必要な備品(行先表示幕、行先表示板、運賃表示板など)を買うのが、今回行った巧佳廣告製作有限公司っていうわけ。


バス好きなので、行ってみた。

 佐敦駅からそれほど歩かない場所にその店はある(店と言っていいのかわからないけれど)
DSC07964
 階段を上がるとそこは事務所。
DSC07969
 で、色々なプレートを売ってる。キーホルダーにした物も売ってる。キーホルダーはHKD30。
 オリジナルプレートも作れる。
DSC07971
 価格表~。
 オリジナルプレートは日数がかかるので、注文しといて次回の旅行で受取ぐらいでいいかもしれない。


なにやら展示スペースらしきものも

 事務所への階段の隣には展示スペースも。
DSC07968
 右側ね。
DSC07967DSC07966
 中にはまだ入れなかったけど、そのうち開放されるのかな。
DSC07965
 今まで作った物を紹介するっぽいポスターが貼ってあった。
 「長野軽井沢」って作らせたの誰だ!


キーホルダー買ってみた

DSC07995
 というわけで買ってみたよ。
 やはり香港でのホームグラウンドは西環なので、それを買ってみた。あと、あえて「回送」を。
 今度は何かキーホルダーを作ってみよう!なんか作りたい物はいくつか思いついてしまった。

 香港ぽい物が好きな人、バスが好きな人には行ってみるといいかもねー。
 平日の昼間しかやってないので注意。ちなみに英語が通じるよ。


関連ホームページ

香港魂 ミニバス行先板の産み親との対談~その①
香港魂 ミニバス行先板の産み親との対談~その②

 もうここってさ、地球の歩き方にも載ってた気がするし、超有名店だし、なんか日本語メニューとかあるし、このブログで紹介する意味があるのかって感じはするけれど、久々に食べたので書く。


街市の熟食中心にある中華粥の店

 香港には至る所に街市なるものがあって、所謂庶民のお買い物する場所になっている。大抵の街市はその上の階の方に行くと熟食中心といって、食べ物屋さんが揃ってる。おいしいものはね、こういった所にあるのですよ。街市の熟食中心にあるお店で有名なところがいくつかあるけれど、今回の店もその一つ。
DSC07959
 今回行った「妹記生滾粥品」は旺角の花園街市の熟食中心にあるお店。朝7時からオープンしているので朝食には最適だよ。


メニュー


 慣れてないと雰囲気に面食らうかもしれないけれど、ずかずか行ってまずは席に座ろう。
 大抵テーブルにメニューがあるし、なかったら隣のテーブルから拝借しよう。
DSC07958
 メニューの日本語が結構お上手なのは、世界の歩き方に掲載されたせいなのかな。うそ、ごめん。初っ端から「新な鮮牛肉がたつおぷり」だった。でも、全体的に正確。
DSC07956DSC07957
 サイドメニューと飲み物メニュー。


実食!

 今回は、期間限定の大尾魷牛肉粥(イカ牛肉粥・HKD46)と爽魚皮(ボラの皮・HKD25)をチョイス。
DSC07960
 まずは爽魚皮が登場。これがねぇ、おいしいんですよ。
 コリコリした生の魚の皮。海草と一緒にいただきます。
DSC07961
 そしてイカ牛肉粥も登場。
 中華の粥ってそれだけで成立するからいいよねぇ。日本の粥は味が付いていないことが苦手なんだけど、中華の粥は味が付いていて好き。
 写真では見えないけれど、かなり具がゴロゴロ入ってた。牛肉も火を通しすぎない感じでGood!
 ワイワイしている市場の雑多な雰囲気の中で食べるのが香港ぽくていいよねー。


このお店の基本ルール

とりあえずお店の前の席に座る。
 ↓
メニューを熟読。メニューなかったら隣のテーブルから拝借。
 ↓
注文(指さしまたは筆談)
 ↓
注文品到着
 ↓
食べ終わったらおばちゃんにお金を渡す。


関連ホームページ

Open Rice 香港開飯喇 妹記生滾粥品 Mui Kee Congee

 4月28日にケリーホテル香港がオープン!
DSC07987
 なので、かなり早い段階で泊まったよ!でも遅漏だからTeppeiさんにも抜かれてしまったよ!
 ちんたらちんたらしてたのでごめんなさい。


Ctripで激安レートが出てた

 まだオープンしたてで浸透していなくて予約客が相当いなかったのか、Ctripの当日レートがあり得ないほど安かった。日本円で約12,000円(+税サ)。これはとてもお安い。なので予約してみた。
 ちなみにCtripはアプリの不具合でふざけんな!って対応があったので、最後の予約確認ページはよく見た方がいいよ。アプリは予約の途中で日付が変わっちゃったりするからね。


交通アクセスは不便

 そりゃ香港の便利なところでまとまった面積の土地なんて出てこないよねー。
 なので、アクセスはちょっと不便。そして、それを補うバス路線もねぇ。まぁ、車で来いってことなんだろうね。
DSC07983
 一応、MTRの最寄り駅は黃埔駅。今のところ島から行くには中途半端な支線の終点。
 ちなみに空港からのバス(E23系統)もこの駅にある黃埔花園バスターミナルが最寄り。バスはA系統じゃなくてE系統なので運賃が安いのはいいんだけど、空港内でぐるぐる回るので注意。まぁ、どうでもいいけど國泰城の前を通るよ。
 ここから船の形をしたイオンの近くを通って10分程度歩くと着く。ちなみに近くにコンビニとかはないので、この界隈のコンビニ・スーパーを利用しておくのが吉。
DSC07986
 ちなみに出入り口はこの建物の一番手前側にあるエスカレーターが見える裏口感バリバリなドア。
DSC07988
 正面玄関からは徒歩だと入れませーん。スロープ的なところに歩道が付いてないのでダメそうな感じ。
 なので、歩いて行くと、テンションが萎える。


一応、紅磡のフェリー乗り場が激近

 アクセスと言っていいのかどうか分からないけれど、北角~紅磡のフェリー乗り場からほぼダイレクトアクセス可能。屋根ないけど。
DSC07999
 フェリー下りたら左側にあるスタバの脇にある大きな階段を昇るとホテルの中庭なので、そのままアタックできる。そう、フェリー乗り場の方に行かないとわからないけど、スタバがある。
 ただし、スターフェリーを想像していると本数の少なさにビックリする。時刻表を見るとおおよそ30分毎。19時半前が最終なので、街歩きしまくる人にはあまり使えないかな。そもそもスーツケースもってフェリー乗ってたらちょっとビビる。
DSC08009
 まぁ、フェリーからはホテルの全景が見えるよ。

 このフェリーターミナルはバスターミナルになっているけれど、ほとんどが九龍半島東側行きのバスで空港関係や繁華街に行くのにはあんまり役に立たないよ。


ロビー

DSC08041
 吹き抜けの広々としたロビー。いいねぇ。
 ある意味香港のホテルっぽくない。


部屋へGO!

 今回は朝8時に突撃してみたら部屋に入れてくれた。
 ちなみにレイトチェックアウトして16時まで。滞在しすぎたぜ。
DSC07928
 ハーバービューのお部屋くれた!やったー!
 このホテルは周囲の状況から考えて、ハーバービューかシティービューかで天国と地獄ぐらいの差がある。たぶん。
DSC07929
 クローゼットがスーツケース置き場と一体化してる。
 スーツケースも開けやすいし、機能的でいいね。
 そして広い!広くてええわー。
DSC07931
 ネスプレッソが無料!
DSC07930
 ミニバーも無料!
 あまりにも早い時間に行ったせいか、忘れられてウェルカムアメニティ(JADE特典)が届かなかったけど、ミニバーの内容で充分。お願いするのもめんどくさかったから特に連絡しなかった。


水回りはこんな感じ

 水回り編。
DSC07933
 ちゃんとバスタブ付き。ちなみにバスタブがない部屋もあるみたい。
DSC07932
 トイレとシャワーブース。
DSC07934
 シンク。
 まぁ、Shangri-laとしては標準的か。


窓からの眺め

 まずはお昼編から。
DSC07997
 西方向。何も遮る物がないね。
DSC07998
 東方向はこんな感じ。
 夜になると……
DSC08031
 夜景も素晴らしい!
DSC08029
 ちなみに逆サイドだと高層マンションビューになると思う。


JADEなら無料の朝食ビュッフェ

 なかなか充実してたぞー。
DSC08034
 このカフェもハーバービューでなかなか良かったよ。写真ないけど。
DSC08035
 いつものグループ。
DSC08036
 中華コーナー。
DSC08038
 和食コーナー。まぁ、海苔巻きがあった。
DSC08037
 ハチミツは巣のまま。
 Shangri-laでもこの形での提供をやめるところもあるけれど、ここには健在。
DSC08040
 チョコフォンデュがあった!
 最近これいろんな所で見るけど流行なのかな。

 エッグスタンドやらヌードルバーやら、注文を受けて作ってくれるところもいくつかあったよ。
 テーブルに番号札があるので、それを渡すとできたら持ってきてくれる。これ超便利。なんかできるまで待ってるのもアレだし、作ってる方もじっと見られてるのはイヤだと思うのね。


まとめ

 現在のお値段は公式ホームページから予約するとこんな感じ。
HK_Shangri-la_price
 ホテルジェン高すぎるだろー!
 特定の日しか調べてないけれど、もしこの日に泊まるならホテルジェンの1.5倍って考えると相当お得なんじゃないかと思う。
 Shangri-laよりも若干カジュアル系なイメージのケリーホテル。なかなか良かったよ!
 この日はバーには行かなかったけれど、なかなか素晴らしいみたいよ!ポイントで行ってみるかな。


余談

 そういえばインスタントダイニングアワードで10pt=USD1で飲食代に充当できるんだけど、JADE会員以上だと10pt=USD1.25になるんだね。規約を読んでいて初めて気づいた。今まで使ってたときやたらとレートが良すぎるなぁと思ってたけど、そういうことだったとは。

 朝食はもちろん飲茶だ!
 Twitterで絡ませていただいているあのブログの記事で気になっていた飲茶屋へ行こう。


飲茶は一人だとハードル高い

 飲茶って一人で行くとハードルが高いんですよ。
 いや、フツーに行けるけどさー。一人客多いけどさー。
 いろんな種類食べたいじゃん?
 だからできれば大人数で行った方が色々食べられる。

 というわけで、今回はTeppei101オフ会で知り合った方がたまたま香港にいたので、朝飲茶のお誘いをする。


蓮香系列とは別の意味でカオス

 堅尼地城駅からそれほど歩かずにあるお店。
DSC07935
 早朝3時から営業しているらしいよ。
 香港大学生が徹夜明けでよくくる店らしいよ。マジかよ、そんな勉強してるのかよ。でも、あいつら雨傘運動で座り込みしているときも勉強してたもんなぁ(ちなみにホントに徹夜明けかどうかは知らん)。

 店内はギチギチの狭さで人口密度高し。行ったときはエアコンから水が垂れまくりでカオスさが増してた。蓮香系列とは別の意味でカオス。でも、店のおじいさんが他のお客さんを寄せて席作ってくれた。


基本ルール

 自力でなんとか席を見つける。
 相当、どうしていいかわかんない感を出していると店員がどうにかしてくれることがある。
  ↓
 「やむめいちゃー?」って聞かれるのでお茶を答える。
  ↓
 お茶が来る。
 お箸やお椀に対して洗杯の儀式をする。
  ↓
 お茶を飲んで一息つく。
  ↓
 戦闘開始
 点心入手方法は大きく分けて5つ。入手したら伝票に○をもらうこと。
 ①店員のおばばに品を注文する。(難易度高)
 ②店員のおばばがお盆の上にせいろを載せて回ってくるのをもらう。(難易度低)
 ③入口脇にすでに出来上がってる物がせいろに入ってるのでそれをもらう。(難易度低)
 ④店員のおばばに無理矢理押しつけられる。(断るのが難易度中)
 ⑤奥の厨房に取りに行って、できたてをすかさずもらう(難易度高)
 ※一応、常連客がやっていた方法だけど、特に⑤はやっていいのかどうか不明
  ↓
 お茶がなくなったら急須のフタを外しておけばいいが、高確率で気づいてもらえないのでアピールする。
  ↓
 戦闘終了
 おなかいっぱいになったら伝票持って出入り口で会計。


というわけで食べたぞ!

 飲茶食べるときって、あんまりこれは何なのかとか余り考えてなくて、ビジュアルのみで選んでるので、最終的に写真を見返すと何を食べたんだってなる。
DSC07936
 野菜中心の餃子っぽい何か。
DSC07937
 シュウマイ。プリプリでうまい。
DSC07938
 腸粉。
DSC07939
 ご飯物。上は鳥肉だった。
DSC07940
 シュウマイの肉っぽいほう。
DSC07941
 チャーシューまん。皮がうまいのよねぇ。
 やっぱりまんじゅう系は皮がおいしくないとダメ。

 全体的に、ここはうまいねー。
 ちなみに、後でOpenRiceを見たら、「ここに来たらコレを喰え」的な物を一切食べてなかった。
 リベンジしたい!


埋單!(お勘定!)

 いやー、食べた食べた。
DSC07942
 二人で7皿。お会計は二人でHKD155。一人当たり1,000円ちょっとぐらいかな。まぁ、日本人感覚からすると高めに感じるかもしれないが、香港って物価が高くなった結果そんなもんよ。たぶん蓮香系列より安い。
 ここはいいねぇ。また、行きたいぞ!


このあと土砂降りの雨

DSC07944
 空は朝なのに真っ暗。
DSC07943
 何やら警報が出てるみたい。
 この後、めちゃくちゃ雨が降りました。ギリギリ駅に着いてるときに降り出してセーフ。


関連ホームページ

Open Rice 香港開飯喇 新興食家 Sun Hing Restaurant
3泊4日、女子旅香港。~朝3時から!のローカル飲茶「新興食家」@堅尼地城


 香港はホテルが高い。
 というわけで、今回はいつもと違うホテルにチェックイン。
 チョイスしたのはPopway Hotel。料金は当日で込み込み9,000円ぐらいだった。


アクセス

 場所は香港歴史博物館のすぐそば。
 駅で言えば佐敦と尖沙咀と尖東と紅磡が利用可能。でもどこからも遠い。歩いて10-15分ぐらい。
 空港からはA21バスでホテルの前までアクセス可能(香港歴史博物館下車)。ただ遠回りするせいかそこそこ時間がかかる。


部屋

DSC07918
 まぁ、香港なので部屋は狭いけれど、値段の割にはいいんじゃないかな。


水回り

DSC07919
DSC07920
 改装されたばかりなのかきれい!
 バスタブはないけれど必要充分。


その他サービス

DSC07921
 写真が暗くてアレなんだけど、ミニバーの中身は無料だよ。
 まぁ、水と紙パックの飲み物と、果汁薄めのオレンジジュースだったけど。
DSC07924
 あとはスマホが無料!もちろん持ち出しOK!チェックアウトまでにちゃんと返しておくこと。
 一応、日本語にも対応してた。データ通信、通話は全て無料なのでこれは便利かもね。
 あんまり触ってないけれど、店の予約とかもできそうなので、その辺から収益を得るビジネスモデルなのだろうか。
 あとはUSBの充電スタンドは便利。そこそこ高電流なUSB充電口があるといいよねぇ。ビジネスでノートパソコンを使う人は困るかもしれないけれど、フツーの人々に取ってみればホテルも飛行機も列車もバスもUSBの口があれば充分なんじゃないだろうか。特に飛行機の場合エンタメも省略しちゃって、自分のスマホで見てねっていうのはいいと思う。ただ、ディスプレイがあった部分にスマホやタブレットをおけるようにしてもらいたいね。


ありかなしか

 期待してなかった分それなりによかった。韓国人客がかなり多めなイメージ。
 ただ値段が安ければという条件付きだね。駅からも遠いので、Hotel Jenより2割ぐらい安ければいいと思うけれど、それ以上値段が近くなるならちょっと考えるかなー。


そういえばこの晩のテレビ

DSC07926
 「やめてくださぁい!」は香港でも話題になっていたのか。
 詳しい内容はNemoPブログを参照のこと。

 お久しぶりのCX!半年ぶりぐらいかな。
 CTSから飛んでBA140ティアポイントゲット!
 今年は特に集めてないけれど。


新千歳空港といえば

 新千歳空港と言えば政府専用機の基地だよね。国際線ターミナルからよく見える。
DSC07901
 今後ANAが政府専用機の整備やら何やらするらしいけど、機内サービスの研修もANAがやるのかな。そうすると「きゃびんあてんだんと、せっとすらいどばぁ!」って客室担当航空自衛官も言うようになるのだろうか。やべぇ、想像がひろがりんぐ。


チェックインカウンター

 新千歳空港はそれほど便数があることが想定されてなかったのかチェックインカウンターは島みたいになってなくて壁沿いにカウンターが並んでる。
DSC07902
 結構、ギリギリに戻ってきたのでチェックインカウンターはすでにガラガラ。
 チケットのマイレージ登録をフランクフルトの空港でQRがいじったときにおかしくなったのか、登録が変えられず結局マイレージ登録なしで搭乗。
DSC07906


セキュリティチェック

 もうゲロ混み。
 大量の中国系の人々。
DSC07903
 結構謎なフライトが表示されてるよね。
 でんでん太鼓ナッツリターン航空のチャーター便とか。


ラウンジ~搭乗

 ラウンジがヤバいくらいしょぼいぜ!
 多分国際線側ってラウンジ1つしかない。
DSC07904
 エサは確かこれだけしかない。
 下手したら国内線のダイヤモンドプレミアラウンジの方が色々あるんじゃないのー。
DSC07905
 ビールはやっぱりサッポロクラシック。
DSC07907



機内食

 というわけで飛んだよー!
DSC07911
 メニュー。
DSC07912
 前菜はホタテ。たぶん香港搭載だよねぇ。
DSC07914
 メインはチキンにしてみた。
DSC07915
 そしていつものフルーツ。チーズもあったよ。食べなかったけど。
DSC07916
 ハーゲンダッツで〆。

 この後はマイレージ登録ナシでビジネスクラスに乗っている客ってことでアンケートロックオン!
 CAさんが「ホントちょっとだけ書いてくれればいいんでー」といいながらアンケート渡される。
 いつも思うんだけど、アンケートの質問内容多すぎだよね。

↑このページのトップヘ