現在、地表を作成しています。

今日は息子が終業式という事で仕事の休みを調整し朝からせっせとテクスチャーつくりです。


これまた広大な敷地なので、いくつかのパーツに分けようと思っているのですが、どこで分けようか思案中です。

せっかくあれだけのオブジェクトを作成したので、地表も出来るだけリアルなテクスチャーにしたいなと思い、Photoshopでテクスチャを作成しています。


13


こちらは実際のRUNWAYの衛星写真を加工しています。

runway4


名古屋空港のRUNWAYはコンクリートの打ち直しで色が統一されてないので分けて作らないとダメな感じです

runway3

runway1


しかし広すぎる・・・

12


帰って来たら、このクソ暑いのにプールに連れていかなければなりません・・・・気が重い(笑)


それまで久しぶりにiFly737でゆっくり初フライトしたいと思います。(P3D V4版 PMDG NGXは買っていません・・・)

メールにて問い合わせを頂きましたので、もしや他の方もと思い記事にします。

昨日、FTX Global VECTORがP3D V4へ対応となりDLした方も多いですよね。

そして、いざ飛ぶと滑走路が陥没している・・・まぁ、ここまでFSXでもあった話でFTX Global VECTOR Configuration ToolをダブルクリックしAutoRunにて自動修正を掛ければ直るという物だったのですが。。。


あれ?いざP3D V4でFTX Global VECTOR Configuration Toolを使用しようとしたら消えている!

と思われた方、いるんじゃないですか?


FTX Central3になってから、このFTX Global VECTOR Configuration Toolは組み込まれています。

ここをクリック

1

FTX Global VECTOR Configuration Toolが起動します。

あとは同じFSXと同じですね

2


今日、問い合わせに対して1分もしないうちに返事が来ました。

リアルタイムで送信、返信をやり取りし話をしていると、どうやらPISは、このセントレアの問題に気付いていなかった模様です。。。。こんなオチだったとは。。。。


何か話が噛み合わないなぁと思っていたら・・・

え!!!!!まさか気付いてなくて今回、P3D V4版を出したの!!!!!!?????

と(笑)

画像を送り、FSXではこうでしょ?でもP3D V4ではこうだよ?

あんたもやってみ?

と言ったら。

律儀にもちゃんと起動してやってくれたみたいで画像まで送って来ました(笑)

光ってないやん!って指摘すると


「うわ!!!!!気付かなかった!!!!!!」と向こうもビックリ


今、新しいシーナリーの作成で忙しいから直ぐには出来ないけど、必ずUPDATEすると約束してくれました。


まさか、今まで気付いていなかったとは・・・・そんなオチでした。。。

↑このページのトップヘ