今日はカメラのお話です。

飛行機が好きな皆さんは空港に行って、必ず写真をスマホなりコンデジ、また一眼レフで写真を撮ると思います。

私の場合は仕事で空港を利用する事が多いので殆どスマホかコンデジになりますが、たまに休みの日に息子と撮影の為に空港に年に数回行きます。

もともと学生の時にデザインと一緒に映像の勉強もしていたので実は学生の頃の希望就職が映画製作のカメラマンだったんですよ(笑)

しかし何社か受けたのですが、この世界そんなに簡単ではなく内定を貰ってもとにかく最初はアシスタントから始まるので給料が凄く安いんです。
実家からじゃないと生活できないって程の給料を提示されて諦めました。
月、1桁台の給与でしたから。。。しかも勤務時間もあってないものでバイトも出来ないし生活が出来ないというのが大きな諦めた理由でした。


結婚して息子が産まれてから、またカメラを手にしたのですが今、よく七五三なんかの写真をスタジオに頼む方が多いですよね。
妻と一緒に1度話を聞きに行き、他の方が撮影しているのを見たのですが正直な所、良いカメラを使っているもののAUTOで撮っていたんですよ(笑)
なのに5万とか取りますからね。

で、こんなのに何万円も出すなら俺が撮る!となった訳です。

撮影する際の場所ですが、結構、レンタルスタジオというのがあります。
安い所では1時間3,000円とかで貸してくれる写真撮影専用のスタジオでカメラも貸し出してくれたりするのですが、そういう場所を借りて撮影しました。
家族だけで撮影出来るので、逆に凄く自然な良い写真が撮れて妻も大喜びでしたよ。
知らない人が周りにいたら子供も泣いたりしますからね。

その話を妻が保育園のママ友に話し、いつの間にか口コミみたいに広がって6家族の写真を撮る事になりました(笑)
スタジオ代と撮った写真を3枚ちゃんとA4程の写真に現像に出し、データーをCDに焼いてあげて1万円でやってあげてたんです。

自分に入って来るのは2,000円程でしたけどね(笑)でも喜んでくれるし、それでママ友同士が仲良くなればと思ってやってましたね。

保育園の餅つきなど、いつの間にかカメラマンで園長先生に呼ばれたりして。。。
遠足にまでカメラマンで同行した事があります。。。もちろん、ボランティアみたいなものでお金は受け取らず、きっと園長先生も少ない運営資金でカメラマンを雇うのは大変だったんでしょうね。


で、今回は私のカメラのお話というか最近、どうしても欲しいカメラを手に入れたんです。

私はNikon派なのですが今までD90という2010年に発売された物ものだったと思うのですが、それをずっと使っていたんです。

ただ、このD90は販売当初はかなり評判が良かったのですが時代の流れと共に、かなり古いカメラになってしまいました。
飛行機や動く被写体を撮影するには連写機能が写真の良し悪しを決めると言っても過言ではないと思うのですが、このD90は1秒間に4.5コマの連写が可能となっています。

4.5コマでは正直、飛行機が飛んでいる際の撮影はかなり厳しい物があります。
あとオートフォーカスの食い付きによっても変わります。
これはカメラのセンサーによるのですが、やはり高いカメラはこういう部分が全然違うのです。

そして夢に出て来る程悩んで悩んだ挙句、買っちゃいました。

Nikon D500

D90と同様のDXモデルなのですがDXモデルでは最上級クラスのボディです。

本当はフルサイズの物が欲しいなぁと思ったのですが、そうなると今までのレンズが全てDXレンズなのでレンズから買い直さなくてならなくて。そこが悩みどころですよね。

いつかフルサイズの一ケタ台と言われるモデルが欲しいのですが、もっと息子が大きくなって1人の時間がもっと自由に使える様になってから移行したら良いかなと思っています。

まず、このD500ですが2016年に発売された物でNikonが7年越しに投入してきたDX機でした。
それだけNikonも力を入れたボディでセンサーはプロ機と言われるNikonの最高峰カメラD5と同じセンサーを使用しており連写は1秒で10コマ撮影という恐ろしい程の連写機能です。
鳥の撮影なんかも、これなら可能です。
フォーカス点も153とこれまたプロ機と同等のもの。

発売当初はボディだけで26万程していましたが最近は安い所で17万程下がっています。
Nikonは2016年に実は100周年を迎え、そこにD500を充てて来たというのも、それだけ力が入ったボディという事がすぐに分かりました。

予約だけで凄い台数が売れたらしいです。


私も値段が下がって来た所で今年の正月勤務の手当てと妻に実は内緒で毎月3万程財形貯蓄をしています(笑)
勿論、自分だけの為ではないのですがね。

で、悩んで悩んで買っちゃいました!ヨドバシのネットで買いました。
というのは安い所は他にもあったのですがヨドバシで少々高くてもポイントが付くので、その分で今までのポイントと合算してSDカード、予備のバッテリーなどを購入しようと思ったからです。
なので結果は凄く得した様に思います。

ヨドバシで購入したら22,500円分のポイントが付き、あと今までのポイントが3万円ほどあったんです。
これはプラモデルの塗料や塗装ブースなんかをいつもヨドバシから購入していたので、その分です(笑)

D500はXQDカードと言われる高速メモリーカードと普通のSDカードを2枚同時に入れて記録出来ます。

このXQDカードはとにかく高速で転送は勿論ですが、連写にも大きく影響するので購入したのですが、高いんですよ!
64GBで17,000円程するんです。。。
あと、バッテリーも結構食うというので純正の予備バッテリーも必要ですし。
互換バッテリーは正直、おすすめしません。
安いのですが電圧の関係で表示がおかしくなったり誤動作する事が実はよくあるのです。



IMG_1789



左が今回買ったD500で右が今まで使用していたD90です。

両方ともパワーバッテリーパックを装着しています。
これは単三電池でもカメラを動かす事が出来たり、あとリチウムバッテリーも2個入れる事が出来る優れもので、カメラを縦にして撮影する際も、このパワーバッテリーパックにシャッターボタンなども着いているのでとても楽なのでいつも着けてます。

ただ、高いんですよ。これも(笑)D90のは純正の物を中古で買いました。それでも15,000円程だったと思います。

D500の物は純正だと50,000円程するんです。良いコンデジが買えてしまいますよね。
さすがに、それは買えないので互換品を購入しました。

このパワーバッテリーパックは互換品が色々なメーカーから出ています。もちろん中国から(笑)
その中でも中国のNEEWERというカメラメーカーがあります。
よくアマゾンなんかでも見るメーカーなのですが、レンズやスピードライトなども出していて安いのですが品質はなかなか良く、海外では結構、売れているメーカーなんです。

このNEEWERのパワーバッテリーパックは何と4,000円しません(笑)
他のメーカーの物はもう少し高かったりするのですが、グリップの形が純正と違ったり、純正にはあるボタンが無かったりと色々ありますが、このNEEWERの物は純正を型取りしているのではないかと思うくらい純正と全く同じ形でボタンの位置まで同じなんです(笑)

もともとスピードライトなんかもNEEWERの物を使用していたので信頼はしており迷うことなくNEEWERの物を購入しました。
ただバッテリーは先ほども言った通り純正の物を使用しています。
これが互換バッテリーだと電源すら入らない時があるので電池だけは純正を。

スピードライトも純正だと70,000円とかしますが、NEEWERの物だと2個で4,300円とかで売られているんです(笑)でも、しっかりとした作りで全然使えますよ。私も3つ持っています。
何故3つも・・・実は室内で人物などを撮影する際は三角形になるようにストロボを配置してワイヤレスで写すと凄く綺麗に撮影出来ます。
私が持っているのは2個セットの物と1個4,599円のものです。
この違いは4,599円のスピードライトはi-TTL機能がついていてカメラと連動して光量を自動で調整し白飛びを防ぐ機能がついています。


IMG_1790

見た目はD90もD500もそんなに変わりませんが少しD500が大きいです。
あとボタンの配置も多少変わっていてD500の方が使い勝手がよくなりました。
特にisoボタンがシャッターの横に着いたのは凄く便利です。

そして液晶もD500はチルト式で上に向けたり下に向けたり出来ます。
これは飛行機を撮影する際に実は凄く便利なんです。
空港に行くと必ずフェンスがありますよね。
三脚を立ててフェンスが写らない高さまで伸ばした際にD90なら3段ほどの小さな脚立に登ってファインダーを覗いてという荷物も多くなるし確認し難かったのですが、チルト式だと下に液晶を向けて確認出来るので脚立も必要ありません。
そしてタッチパネルというのも凄く良いです。撮った画像を拡大したりと確認しやすいです。

あと大きくD90と違うのはwifiやBluetoothでスマホやPCとその場で繋げる事が出来るのがとても便利です。

まだD500で撮影しに行った事はありませんが部屋の中で試し撮りすると、今までD90ではシャッターが降りなかった暗さなどでも簡単に降りるのは驚きました。

良いカメラだと本当に思いました。

買って良かったです。

今回はD500を購入した際のポイントでXQDカード64GBとXQDカードリーダー、予備バッテリーを2個、あと目当てゴム、そしてカメラバックも買えました。

本当はD90を下取りに出してと思ったら・・・なんと9,000円しか値段がつかなかったんですよ(笑)
買ったときは11万ほどしたと思うのですが・・・
勿体無いのでD90は息子と行った際に息子に使わせます。


IMG_1792

これが現在、私が持っているカメラやその他なのですが、見た目は凄くお金が掛かってそうですね(笑

でも、実際はスピードライトやグリップは格安中国メーカーですし、純正のグリップも中古、バルブ撮影などに使用するカメラと繋げるシャッターも中古です(笑)1,000円とかで買いました。新品なら7,000円とかします。
右上に4個並んでいる物はカメラとスピードライトに1個ずつ取り付けてワイヤレスで光らせるもので、これも中国製で2個セットで4,000円しなかったと思います。

あとレンズですが一番高かったのはタムロンの広角レンズです。(左から2番目)
これは45,000円ほどでした。
でも、凄く綺麗な風景などが撮れます。
このレンズで昼や夜に限らず空港を撮れば凄い綺麗な写真が撮れると思います。



望遠のレンズもタムロンです。

望遠レンズって高いイメージがありますが、このレンズは70-300mm F4-5.6で30,000円しないお手頃なレンズです。とてもおススメです。私も飛行機を撮影する際はメインです。




左から3番目のニッコールのレンズは標準レンズで105mm、そして一番右のレンズはニッコールの短焦点レンズです。F1.8 35mmで恐らく一番売れているレンズではないでしょうか。
20,000円ほどです。この明るいレンズで飛行機を近くで撮ると良いボケが出て綺麗です。



あと使用している三脚はVelbonの物ですがワゴンセールで2,000円程の物です。
もう生産していない古いものですが発売当初は12,000円程したので、これはお買い得でした。


IMG_1795

IMG_1796
この左のカメラバックも実はキャノン製の3600円ほどの安いカメラバックです(笑)それに200円で売っていたNikonのワッペンをアイロンで着けました(笑)





f.64のカメラバックは今回、ポイントで購入。大容量のカメラバックです。
レンズ、ボディ、ノートパソコンなど全部入ります。

IMG_1791


そして便利なカードリーダー

IMG_1794
エレコムから出ている物なのですが出先なんかで持ち歩くには凄くコンパクトで便利です。

フラッシュメモリー程の大きさです。

IMG_1793

500円程だったと思います。


あとはXQDカードリーダー、これもポイントで購入しました。

こう見たら、結構、ポイントで購入したり格安中国製品だったりと見た目はプロっぽいですが、かなり格安機材です(笑)

ENVTEXがUPDATEされました。

頻繁にENVTEXはUPDATEされていますが、今回はREX Sky Force 3Dをかなり意識してのUPDATEの様に思えます。

今やASCAとTOGA Projectsは上手く共存している様な感じはしますが、REXに関してはP3Dが出てから少し遅れを取り、なかなか表に出て来れない様な状況でしたが、ここで巻き返して来ました。

私は導入していないのですがREX Sky Force 3Dの評判も上場で導入されている方が多いようですね。


色々調べているとREX Sky Force 3D+ASCA+ENVTEXでも設定をすれば共存させる事は可能の様です。

詳しくはAVSIMのフォーラムに載っていますので、もし導入をお考えの方は参考にしてみてください。

AVSIM DISCUSSION

私はやはり多少なりともFPSに影響はするみたいなので今の所は様子を見ている感じです。
REXはよくセールをしますので、また半額になった時に改めて考えようかなと思っています(笑)


今回のENVTEXのUPDATEは主にオーロラの表示に関するUPDATEです。

まずバージョンがENVTEXは1.1.2になります。

UPDATEの方法ですがSimmarketの購入履歴を見ると下記の画像の様にUPDATE用のEnvtex_patch_1.1.2.exeファイルがDL出来る様になっていますので、これをDLしインストールするだけです。

今までのUPDATEは一旦、アンインストールして入れ直しという作業でしたが、今回はオーロラの出現する地域の拡大及びオーロラのエフェクトが更に追加され、雲のテクスチャーも一部変更されている程度なので入れなおす必要はないようです。

1

また、同時にENVTEXとENVSHAREを管理するENVDIRもUPDATEされています。

UPDATE方法はENVDIRを起動し?マークをクリック→Check Updateと進めば必要なENVDIRのUPDATEファイルをダウンロードし後は進んで行けばUPDATEされます。

2

UPDATEされればバージョン1.1.9になります。

1


ENVTEXを導入してからオーロラを求めて何度かフライトしたのですが残念ながら見れた事はありませんでしたが。
設定があるのですが毎回出るという設定では感動が無いと思い、たまにしか出ない設定にしていたからというのもあるのですが(笑)

今回のUPDATEで我慢出来ず、設定を変更しとりあえずオーロラに会いに行こう!となりイエローナイフ空港からオーロラを求めて離陸してみました。


オーロラはある程度、高度が無いと見る事が出来ません。


時間は大体、23時以降みたいです。


すると上空にオーロラが出現!

2

正直、感動しました(笑)

1

ENVTEXやるなぁと思ったのはエフェクトなので、このオーロラが動くんですよ。
今回のUPDATEで更に動きがリアルになったようですね。

ずっとこの様な空では無くて動くので色が薄くなったりと、本物のオーロラの様に見え、凄く幻想的です。

是非、皆さんもフライトしてみてください。

年始から正月気分も殆ど味わえないまま、もう既に1月も中旬になってしまいました。

なかなか忙しくて昨日も休日出勤をしており、今日は午前中だけ半休を取り、今年初めてのORBXの旅を行いました。

前回はKTEXで2017年のフライトを締めくくりましたので、今年はKTEXからKSEZまでフライトしようと思います。

KTEXはシーナリー導入済みですが、目的地のKSEZはデフォルトのままです。

本当は購入予定だったのですが年末に息子の怪我で走り回ってましたので、気付いたらセールは終了。。。でした(笑)

1

KSEZ

Sedona Airportと言ってアリゾナ州にはるこれまた小さな空港です。

1

こちらも山に囲まれた空港で、切り立った山の頂上に空港があります。

よくこんな所に空港を作ったなと思うような場所です。

ただ今までの空港と違い、周囲はリゾート地ではなく居住区もあり、雄大な景色でトレッキングを楽しみに来る方も多いようです。
日本からの観光客も結構いるみたいですよ。
フェニックスから送迎バスも出るくらいで、西部劇に出て来るような景色が人気みたいですね。

また高い建物が無く満点の星空は凄いみたいです。
アメリカで一番美しい町とも言われる事もあり、1度行ってみたいですね。


では早速、出発準備に。

今回、使用する機材はA2A Pa-28-180です。チェロキー180と言えば分かりやすいと思います。

2

A2Aの機体はとにかく芸が細かいというのかメンテナンスも必要です。

エンジンの出力が弱いと感じたら細かい項目に分かれた部品を交換したりしなければなりません。

3

エンジン始動前の点検も忘れずに。

4

この様に機体周囲を順番に見て点検する項目もあります。


では以上が無いのでエンジンを始動、タキシング開始です!

5

6

コックピットは視界が広くこうした景色の良い所を飛ぶにはうってつけの機体かもしれません。
ただパワーは少し物足りないですけどね(笑)

今回は離陸して直ぐに山を超えれば地平線をずっとKSEZに向けて飛ぶだけなので、のんびり行きましょう!

7

離陸し、今回のフライトでは一番、気を遣う部分かもしれません。

目の前の山を超える為にフルパワーで一気に高度を上げて行きます。

8

何とか間に合い、山を超える事が出来ました。

あとはAPに入れてGPSを頼りに地平線を眺めながらゆっくりフライトするだけです。

9

10

真っ白な地平線が続きます。


11

ようやく山間部を抜けると雪も溶け始め、緑の地面が見えてきました。

12

この景色の変化を飛ぶのも楽しいですね。

13


セドナの町が見えて来ました。

ここからは慎重に。間違えたら崖から落ちてしまいますからね(笑)


14

左からの風によって右に機体がゆっくり流されます・・・

15

何とか着陸!

左に頭を振り着陸しましたが、ご覧の通りギリギリです(笑)2018初の旅の着陸にしては残念ですね(笑)

デフォルトというだけあって、メッシュが切り立って見苦しいですね

16

何にもない・・・AI機の先客がいただけです。。。


流石にセールは終わったので、KSEZはこのままで次のフライトに!

↑このページのトップヘ