flyer

大人になっても憧れの職業、パイロット Microsoft Flight Simulator X はそんな子供の頃の夢を少し叶えた気持ちにしてくれるフライトシミュレーターです。 日々のフライト日記やリペイントを行い、より現実に近い空の旅を!

ずっと前からJAL&ANAが就航している国際線のシナリーってFSXで、どこまで再現出来るのか考えていました。


そこでフリーを除く有料シナリーがいくつあるのか少しずつ以前から集めていました(笑)暇かっ
コードシェア便は含んでいません。カッコ内はリリースしているシナリーメーカーです。

今回は北米・カナダ編です。

JALANA

シカゴ・オヘア国際空港 KORD (FSDT

s


JAL

ダラス・フォートワース国際空港 KDFW (FSDT

s1
JAL

ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港 KBOS (FlyTampa


s2

JALANA

ジョン・F・ケネディ国際空港 KJFK (FSDT)その他

s3



JAL
ANA


ロサンゼルス国際空港 KLAX (FSDT

s4

JAL

サンディエゴ国際空港 KSAN (LatinVFR

s1



JALANA


バンクーバー国際空港 CYVR (FSDT)

s2

JALANA

サンフランシスコ国際空港 KSFO (Flightbeam

s1


ANA


ノーマン・Y・ミネタ・サンノゼ国際空港 KSJC (Imaginesim)

ImagineSim-San-Jose-KSJC-Update-FSX


ANA

シアトル・タコマ国際空港 KSEA (taxi2gate

146650_Imagen16


ANA 

ワシントン・ダレス国際空港 KIAD (Flightbeam

s1



ANA

ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル・ヒューストン空港 KIAH (FSDT)

s1


JALANA

ホノルル国際空港 PHNL (FSDT


s2



日本の航空会社が就航している空港はFSXに導入したいと思っていますが、ほんとFSXってお金が掛かりますね・・・

次回はヨーロッパ編です。

サンファン空港に降り立った日はエアポートホテルにて一泊し早朝にFedExの貨物便に乗せてもらいオーランド国際空港に向かいました(むちゃくちゃw)

s1

s2

s3

s4

s5

画像はここまでしかありません・・・・途中で買い物に連れて行けと言われまして

想像の中だけでフライトをしております。


で、オーランド国際空港に到着しました!(ワープ)

w1

オーランドではゆっくりディズニーリゾートなどを楽しみ、ここからは自分で操縦してお気楽な空の旅です。

このオーランド国際空港のシナリーは随分前に購入したTAXI2GATEのシナリーです。

巨大な空港ですがとても良く出来ています。



オーランド周辺には有名なディズニーワールドやユニヴァーサルスタジオが有り多くの日本人も利用する空港です。

しかし日本からは直行便が無く乗り継ぎで行くしかありません。

しかしリゾート気分をと思い導入したのです。

また機体は、正月くらいに購入したデフォルトでも収録されているcarenado C208B GRAND CARAVAN EX HD SERIESです。



オーランド国際空港を離陸しロサンゼルスを目指します。

しかし、当然、途中で燃料が無くなってしまいます。

そこで今回は燃料満タンで無くなったら降り、燃料補給、そして宿泊という、かなり計画性の無い空の旅です(笑)

w2
RW18から早速離陸しましょう

このC208B GRAND CARAVANはとてもパワーがあり、滑走距離も短くで離陸出来ますので、この先の未知の空港で離発着する際には良いと思いチョイスしました。

w3

どんどん別の滑走路ではエアラインが離陸して行きます

w4


出発はAM06:00

朝日が昇って来て綺麗ですね~

w5

オーランドにはつい最近、ニュースでもやっていましたが沼が多くワニが沢山生息しています。

w6

この画像を見て、少し普段と違うのを気付かれませんか?

実はかなり前ですが、この付近だけこれを入れたんですよ。

w12

セールで半額以下になっていたので、ORBX BASEなどでは残念ながらディズニーワールドやユニヴァーサルスタジオなどが再現されていなくて少しでもリゾート感を出したくて。

しかし、BASEと比べると見た目の風景は勿論リアルにはなります。しかし、問題はこのシナリーは単にphotosceneryだけでAutogenなどの処理がされていないので、衛星写真を貼っただけの風景になってしまうんです。

なので、木も生えてませんし建物もありません。。。高高度をフライトする際は良いと思います。

ひたすらロスに向けて飛んでいると、このphotosceneryのカバーしている地域を抜けました。

w7

やはり木が生えて立体感が出ますね。


まぁ、好みの問題でしょうが。


この辺りで燃料も残り3%

近くで空港を探します。

w8

アメリカは至る所に空港があるので、こういう時、直ぐに降りれます(笑)

w9

この付近にあるはずだけど・・・

w10
ありました!


空港名はテキサス州の
Eastland Municipal Airport

着陸許可の無線を送っても返事がありませんでしたw


w13

実際のイーストランド空港の画像です。

のどかな場所にありますね~

市営の空港らしく勿論エアラインは飛んでいません。

滑走路の長さは1500mほどです。

ICAOはKETN

w11

シナリーはデフォルトです。いや、でした。

このフライトでの楽しみ方の一つはORBXでフリーでDL可能な

w14

これを入れていると降りた時にデフォルトとは違う!といった嬉しい瞬間があります。

300以上の小さな空港が収録されているので、突然、そういった空港との出会いがあるのが楽しいですよ。

もし、Orbxのfreeのairportを目指して飛びたい、またOrbxからリリースされている空港を目指して飛びたいという方にはOrbx Airport mapというものがあります。

こちらを見ながら決めフライトをするのもいいでしょう。

map


w15

就航していないので飛行機での検索は出来ませんでした。。。

満タンでこれだけの距離を飛べました。結構、飛べるもんですね

高度は3500ft、時間は4時間は掛かったでしょうか・・・途中、放っておいたので覚えていませんw

あと一回でロサンゼルスまで行けそうですね。





前回、クレイトンJ・ロイド国際空港へ遊覧飛行を楽しみ昼食は何にもなくて、結局、この付近ではよく捕れるロブスターを串焼きにして食べました。(真顔)


今はフランスの通過は€ですが、10数年前にボラボラ島に行った事があるんです。

タヒチで乗り換えるのですが、その際は正直、あんまり飛行機に興味がなかったのでとにかく早く着けよとしか考えていませんでした。

たぶん、タヒチから乗った機体ってTwin otterだったかも。。。

そんな事よりその当時は通過がフランだったので異常に物価が高く感じ、朝食も日本円で5000円ほどしましたからね。。。スクランブルエッグとトースト、そしてオレンジジュースで5000円・・・


1週間、動くとお金が掛かるので1週間ボーっと海見ながらしてましたねw

それでも航空機代などもいれて一人70万円位掛かった記憶があります。今は安いんでしょうね・・・


話は戻り、島の散策も終わり、今回の宿泊先はこの島ではなくここからジェットで40分程のプエルトリコです。

クレイトンJ・ロイド国際空港からチャーター機の737で一気にプエルトリコ ルイス・ムニョス・マリン国際空港(サンファン国際空港)に向かいます。

d19

c1

american airlinesでフライトです。

d1

滑走路が短いのでロケットスタートでもギリギリです。


d2

d3

d4

あっと言う間にALT10000

d5


d6

少し雲が多くなってきました。

d7

この下にルイス・ムニョス・マリン国際空港があるはずなのですが見えません・・・

d8

着陸体制に入り旋回

d9


やっと目視できました


d10

無事、着陸

d11

今回のルイス・ムニョス・マリン国際空港もマイアミと同様、LVFRのシナリーです。

このシナリーは安いですよ。2000円程だったと思います。

ただ・・・凄くグランドの汚しなどをリアルにしているのは解るのですが、テクスチャを汚れの部分だけ別に貼っているみたいで厚さが出て機体の陰が途切れてしまいます。

d12

それを気にしなければ良く出来ています。

d13

バックに写っている古い軍用機などはオブジェクトです。

d14

こちらのシナリーはJETWAYが動きません。

d15

d16

d17

d18

プエルトリコ・・・どんな国なんでしょうか・・・

ここからは小型機で気の向くままにフライトして行こうかな



↑このページのトップヘ