MSFS 1.19.9.0 HOTFIX とFlyeByWire UPDATE

先日、大型UPDATEがあったMSFSにHOTFIXが入りました。

先日のUPDATE後に見つかった修正ですね。

  • レンダースケールが100%に設定されていない場合の壊れた夜の照明を修正しました
  • VRメニューにオフスクリーンプリキャッシュオプションを追加しました
  • いくつかの一般的なクラッシュを修正しました
  • ThrustmasterTCA象限のトリムリセットボタンを修正しました
  • プログラムを閉じるときにクラッシュが発生したときセーフモード画面を表示させない様にしました。
  • ルツェルンで不足しているウォーターマスクが追加されました
  • ウィーンの写真測量の色補正が調整されました
  • MoritzburgPOIの近くでウォータークラックが修正されました
  • LOWI周辺の地形スパイクを修正しました
  • 航空機を選択せず​​に航空機エディターから再同期するとクラッシュする問題を修正しました
HOTFIXですが先日のUPDATEの様に複雑ではありませんが念の為にcommunityフォルダの名前は読み込まない様に変更してから行う事をお勧めします。


そして、A320nxのFlyByWireが今回、大型UPDATEを行いました。
このA320nxですが、マーケットプレイスからは今後、ダウンロード出来ない様に外されたという事です。
これはXBOX用にFlyByWire A320nxを対応させるのは難しいからという事です。
マーケットプレイスではPCとXBOX両方で使用出来るのが前提で置かれていますので、あれだけ精密なA320nxですから難しいのかもしれませんね。



UPDATE方法ですが以前、記事にした方法と同じです。

今回のUPDATEではスラストシステム、APシステムを新たに作成し直しているという事です。

コックピットのテクスチャも作り直され、更にタキシングの際、ホイールの向きによってタキシーライトも動くようになっています。

1

2
3


更にサウンド自体もよりリアルなものになり、油圧システムやPadに関しても新たなシステムが追加され、その他にも多くのUPDATEが行われており有料アドオン以上の物になっています。

4
5






ROTOR SIM PILOT R44

昨日、紹介したROTOR SIM PILOT R44ですが早速、飛んでみたので記事にします。

まずインストール方法です。

ダウンロードしたrsp-r44_q3OWL.zipを解凍し中にあるrsp-r44フォルダをcommunityフォルダの中に入れます。


次にrsp-r44フォルダ→AirlandFSフォルダ→AirlandFS.exeのショートカットをデスクトップに作成してください。(AirlandFS.exeを右クリックしショートカットの作成を選択しデスクトップに出来上がったショートカットアイコンを移動)

MSFSを起動しR44を選択し空港など好きな場所に湧いてください。
R44を初めてcommunityフォルダの中に入れMSFSを起動する場合、少しいつもより時間が長くなるかもしれません。


1


次に先ほど作成したショートカットのAirlandFS.exeをダブルクリックし起動させます。

フルスクリーンだと、この作業が少し面倒ですね。

これはFlyInsideのBell47にも同じような物が採用されているのですが、よりヘリの挙動をリアルに再現する為にcfgを編集する物と言えばいいのでしょうか


起動すると、この様な窓が開きます。

3


3つの設定項目があります。


REALISM : 20% PEDALS Sensitivity : 80% CYCLIC Sensitivity : 80% GOVERNOR ACTIVE: ON


1

このR44を乗る場合、常にこのAirlandFSは起動した状態にしなければなりません。
なので右上の_を押して隠しておきましょう。


FSXやP3Dでも操縦した方は多いと思いますが、挙動なんかはこちらの方がかなりリアルなんだろうなと感じます。

よく自家用としてR44を所有している方も多いと聞きますが、凄く乗りやすいと思い納得です。

ただ音は芝刈り機みたいな音ですが(笑)


2

2

軽く飛ばしたのですが、結構、難しいかもです(笑)

H135の方が飛ばしやすいというかどっしりしている感じがしますが、このR44は凄く敏感というかリアルな感じが凄くします。



H135に続く導入しなきゃ損!フリーなヘリ R44

MSFSのヘリと言えばフリーのH135、そしてこのH135を制作したチームが有料アドオンとリリースしたH145、更に有料のFLYINSIDEのBELL47が有名ですが、新たにRotor Sim Pilotという名でYoutubeにてR44を制作している動画を定期的にあげていた海外の方がいます。




恐らく2人でやっておられると思うのですが、このRotor Sim PilotからFSXやP3Dでも馴染みのあるR44がフリーでリリースしました。

これがフリー・・・・ほんとメーカー泣かせのRotor Sim Pilot(笑)

我々、一般のユーザーにしたら神様みたいな存在です。

いずれ有料の物も出すかもしれませんね。



これは是非、導入しましょう。


ほんとよく出来ています。

H135とは違い、のんびり景色を見ながら飛ぶには最高ですよ。




モデルプレーン
月間AIRLINE 送料無料



















最新コメント
メッセージ

【flyer.blog777@gmail.com】 ※期限を設けたファイルの配布に関しての問い合わせを頂いても返信出来ません。必ずメールアドレスの入力をお願いします。これはスマホで送られて来る方は、恐らく自分のアドレスが見れると思っている方も多いようですが、ブログを介しての送信なのでアドレスは入力しないとこちらには分かりません。 ※那覇空港第二滑走路の配布は終了しました。(FSXでは予め使用出来ませんので、問い合わせについてもお答えできません)

名前
メール
本文
記事検索
MSFS2020 最新福井空港に関してはこちらでダウンロードが可能です。 詳細な福井県の市街地オブジェクトと一緒に楽しんでいただけます。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: