万全じゃない時無理をしない方が良いのは年を取るほどなおさら

大学生の頃から、貧血気味になって倒れる事がありまして
それはまぁ一度や二度ではないんですが

もっとも古い、倒れた記憶は
2005年の早稲田祭で階段で足を滑らせ尾てい骨を強打、その時の衝撃で倒れこみグッタリ
2007年の太宰先生の実家を巡る旅のスタートの際に、駅の近くの横断歩道で貧血になって転倒、当時のブログを見ると前歯が少し欠けたらしい(どこの歯だ
2010年の営業同行の際に、商談中に一人だけ貧血になって目眩がしてギブアップ。当時のお客様に椅子を出されて横になる
などがあり、それ以外にも駅まで走った、自転車をこいだ、などの際に急ぎすぎて呼吸が深くなかったせいか酸欠か貧血か、ふわっとした状態になってつかまり立ちはカウントしてないけど多数

というあまりよろしくない実績のある僕なのですが
今朝また人前で倒れてしまいました。
駅まで行けたのですが、そのあと「あ、まだ電車間に合うかも」と思ってエスカレーターを登ってる時に、急に体がフラフラしてしまい、やばい、いつものアレが来た、かなり強いぞ、とエスカレーターの手すりを持ってつかまって、
そこからエスカレーター降りたとこまでは良かったのですが
そこで倒れてしまいまいした。

倒れ方が良くなかったか、ちょっと頭を打ったみたいで、そのせいかわかりませんが一瞬頭の中が真っ暗になってしまいました。

何かはさっぱり覚えてないのですが、頭の中何かの歌が流れてた気がしますが
その途中で、おばさん「だれか救急車呼んで!」と叫んだ声で目が覚めました。

一瞬、酔っ払ってしまって路上で寝てたような感覚で「ここはどこ」みたいな感じでしたがすぐに思い出し、歩くことができました。

最初はボーっとする感じがして違和感がありましたが、
とりあえず一日仕事をすることもでき無事帰宅中です。

もう若くないし、強い体じゃないでしょうから
それに若い時でも貧血になってるくらいですから
無理をしない生活をするようにしたいと思います。

ランチでハードルが下がる店もある

新宿東口〜新宿三丁目のあたりはかれこれ10年以上ウロウロしておりまして その地域の店の変遷を不定期で見てきています。 横浜家系ラーメンとか、いきなりできたなぁとか 喫茶店改装したなぁとか アダルト映画を見ることができた映画館が消えたり 日興ナンチャラのビルが消えて、オシャレなブランドのビルになってたり 定点撮影写真があれば、2004年から順番に見たいです。 さて、普段お昼はデスクで食べるのですが 外出先の移動途中で新宿東口でお昼を食べることになりました。 ラーメン屋が二、三件あるのでそこにしようと思ってたんですがどこも混んでいまして ランチをやっていたお寿司屋さんに入りました。 鮨丸という店なのですが 前からあったと思いますが、どこかを境に綺麗な外観になって、一度は入ってみたいと思っていました。 https://s.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13006820/ ランチメニューで、いくらと鮭の親子丼的なのがあったのでそれ頼みました。 最近食べた鮭の中で一番美味しかったです。 しかもご飯が思ったより多くて、それも良かったです。 偏見だったのですが、なんとなくご飯少なそうだと思い込んでまして いい意味で裏切られました。 とても良かったです。 会計時に、「また来てね」という感じで割引券もらったのですが その割引券が「3,000円オフ」でした。こういうのは10パーオフとかが配られるのが多いと思ってたのですが 3,000円渡すってことは…と思うと、本当はそういうお店なんだなと感じました。 でも回らないお寿司、行きつけみたいなのを知ってるような人になりたいです。

ぱいぱい

ラズベリーパイ3と関連する機器一式、
および関連書籍を奥さんの親戚から貰いました。

AIとか興味あるか?という質問だったそうで、
それに対して奥さんは「まぁあるんじゃない」と答えてくれたそうなのですが

しばらくしたら突然家に大きなダンボールが届いて
中を開けると基盤、雑誌、ディスプレイ、、、というとんでもなんスーパー豪華なセットでした。
何年か前に、プログラミングの発想を理解したくてRubyをほんの少しだけやったことがあり
パソコンには教本のコンテンツだったプログラムの一式がインストールされたままになっています。

で、昔低スペックなタブレットにもそれを入れてて、
円周率の計算か何かをとんでもなくでかい桁数で計算させたら見事にフリーズしまして、
それからなんとなく距離を置いてしまいました。
多分、そもそも勉強して何をやりたいのか、というのがふわっとしてしまっていたからだと思います。
計算なら電卓で十分ですし、そこまで複雑な計算をプログラミングでやる必要もないですし。



という程度の経験値しかなかったのですが、
今回ラズベリーパイには沢山の学習環境が整っていて、
Python2系も3系も両方入ってるし、まだ知らないよくわかってない言語も沢山入ってました。
中でもPythonが、最近の流行りです!みたいになってて雑誌上でも色々と細かく説明されてあったりして
なんだかとても楽しそうでした。

AIとかディープラーニングとかに至るには、相当なスキルや知識が頭の中にないといけないですが
プログラミング自体が今時のこどもの授業(学習指導要領)にも含まれてるとなると
「おとーさん、わかんないしなぁ」では済まされないです。
確かに「ダンス」という単元も昔はなかったものですが
「ダンス」は自分自身の体を以って表現するものです。
今更おとーさんが頑張ってもどうにかなるものでもないですし
かねてより、僕はダンスをすると「腰つきがなんだかイヤラシイ」という評価ばかりでダンスそのものの表現力自体を評価されたことがないです。
おそらくこんな状態では、何をやってもダンスは向いてないと言われてもおかしくないのですが
プログラミング自体は頭を鍛えればある程度は、ダンスよりかは理解できると思っています。
入力を正しくすれば、その結果が出るわけですから。
ダンスは入力(=課題曲)を正しくされても(耳に入っても)、その結果(=目標とされる体の動き)が必ず出るわけではありません。


ラズベリーパイを貰ってから、
OSのインストールもうまく出来ず、
インターネットに繋げるようにするまでにもそもそもハードウェアがない自体を乗り越える(= Amazon)までも時間がかかり
普段何気なくやってる動作環境を作るのは実は大変だと言うことを痛感しながら
正月休みを終えました。

この正月に一番進歩したのは
Pythonの学習教材を新たに買ったりしながら
ラズベリーパイ自体をちゃんとローカライズして学習環境を作った、ということだと思っています。

買ったPythonのテキストは、
それが一番いい本かどうかはわかりませんが
Pythonを使って基本的なプログラミングができるようになることと
テキスト通りに入力して(なおかつ入力していることの意味を理解しながら)
シンプルとはいえちゃんと会話のできるインターフェースを有した環境を作ることになっています。

まだ式とかちゃんと覚えて自ら何かを作ることができる段階では全然ありませんが
素晴らしい機会を貰えたと思っています。
こんなに進化できるチャンスはないと思って、今勉強しています。

Python自体の学習も進めていますが、
環境さえあれば分かりやすい、ニューラルネットワークに関する本も貰っているので
そちらを使った勉強も並行して進めています。

むしろこっちから開始していたので
ほとんどのPythonプログラミングに関する基礎のテキストの最初何ページかは全然意味がありませんでした。
みんなWinndowsパソコンのPython環境を入れよう!みたいな角度で始まっていて
ラズベリーパイ環境を使えるようにしてから、そこに入ってるPython環境を触るハードモードだった僕のアプローチは、
送ってもらった雑誌以外で解説してませんでした。


おみくじ を けんしょう せよ(2/2)

去年のおみくじは二個しかやってないので簡単です。
※去年お寺とか神社とかそんなに行ってないからかな

ハンズで買った寅の人形の中に入っていたおみくじです。


運勢 吉
一人で行うよりも共同で行うことが良い時です
援助者も出てきます 人から信頼される時でもあります
苦労はあっても幸運な時です 短気を起こすと失敗します
自我を謹んでください
→まるでお説教されているかのような表現。おーこわ。
 2017年は一人では乗り越えられなかったのは事実。仕事も、それ以外も。

願望→★★★★★☆
叶うでしょう 人の応援を求めてください
→素直になればいいということだったんですね。間違ってはいなかったと思う

恋愛→★★★★★☆
今がチャンス 理想の相手に出会えるかも
→該当なし。

結婚→★★★★★☆
良縁です 機会をつかんでください
→該当なし。

仕事→★★★★★☆
共同事業は大吉です 独立してはダメ
→大当たり。これは間違いなかった。一人では本当に無理だった。ありがとう。

金運→★★★★★☆
良いでしょう 堅実さを忘れずに
→悪くはなかったと思う。

健康→★★★★★☆
病気の人は注意が必要 体調が下り坂です
→病気はなく過ごせませした。年初から特に悪いこともなく過ごせたので
 それはよかった一年だったかもしれません。



いまさらですがChromeがLivedoorの通信を「保護されていない」と警告している
使っている証明書の問題なのかわからないけど、だいじょぶかなー。


2018年は始まってまだ一週間ですが
今年の目標は「結果に残す」にしようと思います。やったことをちゃんと残せるようにしたい。

…そういえば喪中だったけど、思った以上にお年賀もらってしまったので
寒中見舞いはがきを出さねば。

おみくじ を けんしょう せよ(1/2)

新年になりました。
実は去年の年初に、おみくじ検証のための記事を書いていたのですが
2/5で終わった記憶があります。あと二個くらい家のどっかにあるのですが
もはや見つけられませんでした。

さて

2018年になったということで、2017年のおみくじを振り返ってみましょう。
まだ、年が明けて二日しか経っていませんから思い出せるはずです。

ということで、2017年最初のおみくじは、初詣でいった地元の神社のおみくじです

第16番 運勢 末吉
思いもかけぬ災難にあうおそれがあります
色事にひたったりすることなく、正しい行いをすることです。
小さいことに気を付けてください。
→年初早々パンチのあるメッセージでした。怖い怖い。

ちなみに「色事」とは

うっひょー怖い!



さて

願事 小さなことからあやまちをおこし望みの破れるおそれがあります。
→去年は何か願い事をしたかというと大したことはしませんでした。
 破れるほどに困った願い事があったかというとそうでもないような…。いいことなんだか、正直複雑な気持ちです。

待人 支障あり来ないかもしれません。
→特に待った人はいませんでした。

失物 出にくいでしょう。
→去年のおみくじとかはまさにそうだった。失くしたもので探しっぱなしのものがあったわけではないので、該当なしともいえる。

旅行 よろしいがただしあまりさわがないことです。水難に注意してください。
→旅行という旅行をしてない…気がする。2017年はあっという間に終わったような気がして、何か積極的に取り組んだものがあったかというとそれもまた微妙。結局なにしたか思い出せないくらいの年と言っても過言ではない(だいぶ嘘ではない)

商売 思いがけぬ損があります。
→仕事における営利は十分だった気がするけど。個人的な商売はしていないので何とも言えません。

学問 あぶないです。全力をつくしなさい。
→2017年は資格を二つ取りました。いい結果で終わったのはこの記事で少し気が引き締まったからか。いずれにせよ、実はまだ運転免許が取れていない件は、「全力を尽くしなさい」を引きずっている気がする。

方向 南の方がよろしいでしょう。
→南の方に対してやったことがなかった。該当なし。

争事 勝つのは難しいので、時を待ちなさい。
→裁判沙汰などがあったわけでもなく、特に争ったこともないので該当なし。

求人 気に入ったようになります。
→人事ともいえるか。2017年はやりたいことができた年でした。やりきれないくらいあった。

転居 見合わせた方がよろしいでしょう。
→転居せず。該当なし。

お産 安産ですが注意を要します。
→もうないと思う。該当無し。

病気 軽くはないけれどもなおります。
→変な病気もしなかった。2月にインフルエンザに罹ったくらいでした。あれはひどかった。

縁談 人の無駄口から争いがおこります。何もいわぬことがよいでしょう。
→これ、縁談に限った話ではないよね。2018年はしゃべりすぎない年にします。
 口を開かずとも語れる男になりたい(僕には難しそうだけど)


ということでした。
さて、もう一つのおみくじはどこに行ったかしら…。家族分まとめてどっかにしまったんですよ。
2018年も時々、ダラダラ更新していきます。宜しくお願いします。
天気
タグクラウド
Archives
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード