2016年06月24日

みなさん、こんにちは!

 『フライロッダーズ』2016夏号の「水中探索」特集では多くの水中を探るフライパターンを紹介していますが、そのなかでもトラウトフィンは著名な1本です。

trout fin









↑ トラウトフィン(Tied by Takahashi Masato

brook trout









↑栃木県日光市の湯川のブルックトラウト 

『フライフィッシング用語大辞典』(川野信之・著)によると、トラウトフィンは、カナダまたはアメリカのウエットフライ。カナダ東部やニューイングランド地方の北西部では 、昔からブルックトラウトのヒレをエサなたはアトラクターとして使って釣りが行われていたそう、とあります。

養魚池で飼育されているマスたちも共食いしたりヒレがかじられていたりするから、際立って目立つブルックトラウトのヒレは、おいしいかはさておき狙われやすいんでしょうかね。

写真のブルックトラウトはフェザントテイルニンフで釣れたものですが、機会があればトラウトフィンでブルックトラウトを釣ってみたい!


20160622_カバー

 

flyrodders_ld at 12:02コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月23日

みなさんこんにちは!

フライロッダーズ』2016夏号で、桂川の忍野地区で撮影をしました。
湧水の影響を大きく受けている川なので、いつ行っても抜群の安定感があるフィールドです。
今回のテーマは、サイトニンフィング。河合宏一さんに同行しました。


oshino 









↑水はとてもクリア、魚の動きがよくわかります。


oshono2 









↑ニンフの取材ということもあり、どんな虫を食べているのかと思ってひたすらストマックを採取。
2016夏号でも掲載していますが、あるニジマスからは不思議なものが出てきました。 


 
RE 


















↑ランチは、リバーズエッジへ。
1日目はショウガ焼き定食、そして2日目もなぜか?ショウガ焼き定食でした。その他、富士宮ヤキソバやローストビーフサンドなど、すべておいしいです!


表紙の写真は知来要さんが撮影、釣り人はニンフボックスを見る河合宏一さん。
忍野で撮影しました。


20160622_カバー 



















↑『フライロッダーズ』2016夏号
148ページ
雑誌コード:66633-66
発売日:2016年6月22日
定価:1,620円(税込)
 

flyrodders_ld at 12:03コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月22日

みなさんこんにちは!
今日の新橋は、梅雨っぽい天気です。
降るときに降ってもらわないと、夏に困りますから、災害が出ないほどに降ってほしいです。


wet flies










本日発売の『フライロッダーズ』2016夏号では、水中を探るフライを多く掲載しています。写真のウエットフライは、高橋雅人さんに20本巻いていただいたものです。
大川のダウンクロスから源流域の釣り上がりまで、ウエットフライは大活躍します。
 

天気が悪くて釣りに行けない日に、タイイングの参考に本書を見ていただけると幸甚です!!!


20160622_カバー

















↑『フライロッダーズ』2016夏号
148ページ
雑誌コード:66633-66
発売日:2016年6月22日
定価:1,620円(税込)


flyrodders_ld at 10:44コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月21日

みなさん、こんにちは。

先日、群馬県上野村を流れる神流川の「中丿沢毛鉤釣り専用区」に行ってきました!

中丿沢









↑一日8名限定の要予約の釣り場です。
システムは、本谷毛鉤釣り専用区と同じです。

中丿沢










↑中丿沢のD区間付近の渓相。
いたる所にヤマメやイワナの姿を視認できました。
魚影は特濃です。


そして、イベントのお知らせです!
第17回「神流川C&Rフォーラム」 
開催日=7月2日(土)3日(日)
各種スクールなどが行われます。詳細は、上野村漁協のHPをチェック。



フライロッダーズ』2016夏号は、明日6月22日発売します。
佐藤成史さんに案内していただいた中丿沢の記事も収録しています。
これからの釣行の参考になれば幸甚です。
よろしくお願いします。

20160622_カバー
 

flyrodders_ld at 11:58コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月20日

みなさん、こんにちは!
今日、編集部に『フライロッダーズ』2016夏号の見本誌が届きました。

見本誌

















↑特集は「水中探索」。
●先行者のあとから釣り上がる
●増水や濁りなどでドライフライに出ない状況
●ライズしていても、実は水面直下を流れるエサを食べている
●そもそもを水面を流れるエサに興味がないトラウトが相手
などなど、そんな場面で活躍するニンフ、ウエット、ストリーマーを紹介します。

発売は、6月22日(水)です。
よろしくお願いいたします。

flyrodders_ld at 13:53コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月17日

みなさんこんにちは!
先日、釣りから帰宅して、背中がなんだかむずむずするなぁと思って、手で触るとダニがついていました。

ダニ









軽く触れただけで落ちたので、おそらく噛まれていないはずですが、気をつけないといけないですね。
虫除けや塗り薬、防虫効果があるウエアなどを用意しておくと、少しでも安心です。
吸血されてからでは遅いので、注意しすぎているぐらいがいいかもしれません。


次の『フライロッダーズ』2016夏号は6月22日発売予定です。
よろしくお願いします!


flyrodders_ld at 14:56コメント(0)トラックバック(0) 
プロフィール
QRコード
QRコード