jlzdmd6
「よくやりましたな」動揺してきた病室の主は、機知に富んだ言葉で侮蔑Pretty renew 美容を表現しようと焦って、「たぶんその品、あなたが着けたらお似合いでしょうよ」
「いや、わたしより、きみにいちばん似合う品だ」平静でいて、的を射抜いた返事だった。「実際、そうであった[#「そうであった」に傍点]はずだが」
 ウィレットがこの言葉を投げつけると、同時に太陽の面を黒雲がよぎってすぎたように思われた。しかし、床に映る影には、なんの変化も見られなかった――ウォードは思いきっていった。
「そ、そんなことで、清算の必要があるのですか? 人間だれしも、ときには顔を変えてみたくもなるものだ」
「またしても、きみはわたしの言葉をとりちがえた」ウィレットの口調に、いよいよ重々しさがくわわった。「だれが顔かたち跟團去旅行を変えようと、それをとやかくいう考えはない。ただし、その男にこの世に生存する権利があるかぎりはだ[#「その男にこの世に生存する権利があるかぎりはだ」に傍点]。そしてまた[#「そしてまた」に傍点]、その男が[#「その男が」に傍点]、この世の外から呼び寄せてくれた恩人に[#「この世の外から呼び寄せてくれた恩人に」に傍点]、仇をもって報いるような真似をしなければだ[#「仇をもって報いるような真似をしなければだ」に傍点]」
 いまはウォードも、はげしい叫びを口走った。「で、あなたはなにを知った? このぼくを、どうなさる気か?」
 老医師は返事に先だって、効果的のように、少し間をおいてから、
「わたしは先日」と、抑揚のある声で答えた。「肖像画のあった部屋、古いマントルピースのうしろ、隠し戸棚のうちに、ある物体を見出した。その場で焼却し、その灰を、いずれはチャールズ・デクスター・ウォードの墓石が据えられるはずの地下に埋めておいた」
 狂人はあっと声を呑んで、かけていた椅子からとびあがった。
「ばかばかしい! しかし、そのこと、だれかに話したか? ――いや、話したところで、信じるやつがいるものか! ふた月のあいだ、ぼくといっしょに生きていた男だNeo skin lab 美容! で、あんた、いったい、なにを狙っている?」
 ウィレットは小柄な男だが、裁く者の威厳を鮮かに示し、手振りで患者の苛立ちを押えていった。
「だれにも話してはおらぬ。これは時空を狂わせた恐怖、常識では理解できぬ事件だ。警察官、司法官、精神病医、そのだれもの思考能力を超えておる。ただ、感謝すべきは、神がわたしの心に、イマジネーションの火花を閃《ひらめ》かしてくだされたことだ。その力があればこそ、わたしはこの事件の真相を究明するにあたって、迷うことがなくてすんだ。
「いいか、ジョゼフ・カーウィン! わたしだけは、欺《あざむ》