2006年02月06日

土に還す

雑木林自室に置いていた観葉植物が枯れかけてきたので、容器から引っこ抜いて庭の土に植えてやった。もしかするとこのまま枯れてしまうのかもしれないが、春になり新芽を芽生えさせる事を期待している。人間もまた観葉植物のように狭く人工的な世界で育てられていると種の保存を放棄してしまうのかもしれない。我が家の周辺は最近になり、宅地造成や各種店舗出店や道路拡張等で瞬く間に自然が失われている。そのような自然の緑が目につかぬ町で育つ子供達の将来は如何なものだろうか。もしも私が財を成す事があれば、この町を全て買い取り、30年前に遡った町へと戻してしまいたいと思う。

Posted by fm750r at 23:37│Comments(0)TrackBack(1)雑記 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fm750r/50330534
この記事へのトラックバック
謹賀新年 破壊された山 9月の日記で「山を崩して緑を消してできた街その2」という 内容の日記を書いたが、google earth という衛星写真を見られる ソフトをインストールし、その現場を上空から確認してみた。 想像以上に山が切り崩され、緑が失われていた! ま...
破壊された山【湘南のJOHN LENNONの独り言】at 2006年05月05日 13:24