2007年11月18日

サッド ヴァケイション

魚町地元北九州を舞台とした作品の2本同時上映(サッド ヴァケイションとプルコギ)、
しかも入場料1,000円、しかも近場の劇場であっという間に打ち切りとなり、
惜しくも見逃していた「サッド ヴァケイション」が公開されるとあらば行かねばなるまいと、
日曜の朝早く本作にも登場する「小倉昭和館」を訪れた。









看板同監督作「ヘルプレス Helpless」の続編、「ユリイカ EUREKA」のその後的シチュエーション。
鑑賞前には前2作を観ていたほうが良い。本作のみを観ても過去作からの繋がりが理解出来ず、
違和感を覚えるのでは無いだろうか。

青山監督が北九州出身という事もあり、作品の雰囲気に合うどこかの地方都市を舞台に
したという無地方な感は無く、まさに北九州そのものが舞台となっている。







昭和館救いの無い日常の中、時には愉快に時には狂い、何かに怒り何かを求める人々の物語。
男と女、親と子、保護者と被護者、生と死。
互いを理解し難くも離れられない関係が答えの無いままに描かれているようだった。

石田えり演ずるたくましくも恐ろしい母親が印象的。
男には理解不能な行動原理で劇中の男達を翻弄していた。
母は強し、女は怖しである。

「ユリイカ EUREKA」の光石研&斉藤陽一郎にホッとする。
オダギリジョーと宮崎あおいは本作では今一つ存在感無し。
それが監督の狙いだとすれば、ずいぶんと豪勢な配置である。
個人的には「ユリイカ EUREKA」が一番好み。



Posted by fm750r at 15:25│Comments(0)TrackBack(0) 映画 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fm750r/51277143