2008年09月21日

grotesque ponyo

モノフィッシュ「崖の上のポニョ」を観た。「ハウルの動く城」+「トトロ」の世界観を持った、悲しくないアンデルセンの人魚姫。既視感と説明不足に物足りなさを覚えたが、それ以上に、連続する生臭い私的妄想の断片を見せつけられたようで、終始気持ちが悪かった。人間の姿を手に入れたポニョが、大波を起こして少年を追いかけるシーンは「道成寺」の清姫のようだった。いつもの朗らかな絵柄なのだが、その話は病んでいるとしか思えなかった。

←昨日早朝に釣った魚たち



Posted by fm750r at 15:49│Comments(1)TrackBack(0) 映画 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/fm750r/51684456
この記事へのコメント
あなたのポニョの映画解説を、もっとお聞かせ願えませんでしょうか。CX900で検索して以来「お気に入り」に入れておりました。どうして病んでいると?いまあなたの見解をとっても聞きたい。聞きたいというのも変ですが。                             
Posted by アジイワシ at 2008年10月10日 13:46