2007年07月30日

サイクリスト、海へ

umi昨日のこと。
辿り着けるのかさえも分からないまま、海を目指してペダルを漕ぎ出した。
照りつける真夏の太陽の下、果たして海へ辿り着けるのか。

  続きを読む

Posted by fm750r at 21:09Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月23日

紅盤

紅盤近隣の店舗に置いていないアルバムも、アマゾンで注文すればほぼ3日後には手に入れる事が出来る。
今時はCDショップに出向くよりもネットで注文するほうが確実でコストも掛からない。
そんな事を先週思い知り、やっと斉藤和義の「紅盤」初回限定版を手に入れた。

  続きを読む
Posted by fm750r at 15:00Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月17日

午後、風に吹かれて

金山川本日の午後、斉藤和義のアルバム「紅盤」を買おうと、CDショップ目指して自転車(CX900)を漕ぎ出した。
自宅から1番近い店には無く、2番目に近い店にも無く、3番目に近い店=1番遠い店まで行ったが置いて無かったので、諦めて帰る事とした。
目的は果たせなかったが、帰りに川沿いのサイクリングロードで心地よい風に吹かれながら、ゆっくりとペダルを漕ぐ気分は悪くなかった。
何気なく予想以上の距離を走った事に自己満足を覚え、次はきっと自転車で海を眺めに行ってやると静かに心に誓いながら、今日のお使いの品である卵とスライスチーズをスーパーで買って帰宅した。

夕刻、「フォーンブース」を観ながら。

  
Posted by fm750r at 18:57Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月16日

Timbuk2にキャベツを詰めて

Timbuk2クラシックメッセンジャー自転車用にと注文していたTimbuk2のクラシックメッセンジャーバックが届いた。
オプションのストラップパッドとセルフォンケースを装着し、早速使ってみた。
そこかしこの店頭で売られているメッセンジャーバックは不安定な感じがして普段使いにはどうかと思っていたが、さすがに専用設計のバッグだけあって中々に使い易く、自転車を漕いでいる時も動きが少なくて良い案配。
細かい部分の作り込みも良く、すぐに気に入った。
これで外側にポケットがあれば、なお良かったのだが。
ちなみに今日はスーバーに自転車でお使いに行き、キャベツとニラと生麺を買い、帰りに近所のラーメン屋でラーメンと焼飯を貪って帰って来た。
キャベツがずっしりと重かったせいか、少し疲れてしまい、帰って来て庭のベンチでうたた寝をしてしまうはめとなった。

  
Posted by fm750r at 14:57Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月28日

自ら転がす車

木漏れ日CX900で近くの神社までのんびりと漕ぎ出した。
のんびりと走ってはいても、やはり人力で転がす以上、登り坂では太ももが悲鳴を上げる。
体の鈍りを実感しつつ、木漏れ日の中で一時涼を得た。  
Posted by fm750r at 17:46Comments(0)TrackBack(0)

2007年04月21日

青春シリーズ パート2

CX7 いきなりパート2だが、実はパート1はフォークギター事始めだった。
今年は個人的に決めた青春シリーズを着々と実行してゆくつもりだ。
パート1では感性の青春を取り戻す為、今回のパート2は肉体の青春を取り戻す為の自転車リバイバル作戦である。  続きを読む
Posted by fm750r at 17:11Comments(0)TrackBack(0)