企画マンのビジネス書から気づき アイデア 思いつき

中小企業診断士、社労士、行政書士です。話題のビジネス書だけでなく、幅広いジャンルから月間20冊以上は読んでます。その中から仕事に役立つ本の書評に留まらず、読みながらの気づき、企画のヒント、アイデアをブログに公開します。マーケティング、マネジメント、資格試験の勉強術などに関心のある人はぜひお立ち寄りください。ほぼ毎日更新します。

勉強法

勉強会へ行こう!5

副題は、「会社を辞めても困らない人」になるスピード成長法。

読んでみました。
「勉強会へ行こう!」(東洋経済新報社)

著者は日本で最大のマーケティング勉強会を主宰する嶋ひろゆきさん。

以下、エッセンスのみ記します。

≪会社の5大問題≫
 _饉劼任録靴靴っ亮院Ε好ルが身につかない
 会社では視点が凝り固まる
 2饉劼任録楊ができない
 げ饉劼潰れたら転職できそうにもない
 ゲ饉劼任亘萋が同じことの繰り返しで、刺激が足りない

勉強会はこの5大問題をラクラク解決する、というのですが、
たとえば、い砲弔い討話者はこう言っています。

  人脈ができるので、仕事が見つからないということはない。
  勉強会は最強の失業保険になる。

「ひもかじ」理論なんかも言っていることはオーソドックスですが、
ネーミングがユニークです。さすが、マーケティング勉強会の主宰者。

 ひ・・・人 も・・・モノ か・・・金 じ・・・情報

ひもかじをお客様に上げると自分に戻ってくるという理論です。

ボクがいちばん面白いと感じたのは、
勉強会に参加すると少し気後れする人へのアドバイス(88頁)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   〜まわりがスゴイ人ばかりに見えても困らないコツ〜

すごそうに見える人も、みーんな普通の人。
(中略)ある分野ではすばらしい実績を出している。
それは事実です。でも、その人の人柄はその辺にいる人と一緒です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実績に大差あっても、人柄に大差なし、ってことなんでしょうか。
勉強会へ行こう!――「会社を辞めても困らない人」になるスピード成長法勉強会へ行こう!――「会社を辞めても困らない人」になるスピード成長法
著者:嶋 ひろゆき
販売元:東洋経済新報社
発売日:2009-12-11
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

「なぜ手取りはこんなに少なくなるのか」(PHP研究所)
なぜ手取りはこんなに少なくなるのかなぜ手取りはこんなに少なくなるのか
著者:福田 稔
販売元:PHP研究所
発売日:2010-01-14
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

「一生モノの勉強法」その2 

一生モノの勉強法―京大理系人気教授の戦略とノウハウ一生モノの勉強法―京大理系人気教授の戦略とノウハウ
著者:鎌田 浩毅
販売元:東洋経済新報社
発売日:2009-04-03
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
 
「一生モノの勉強法」については2回目です。

1回目に書けなかった点について補足しておきます。

?勉強時間を増やすために、与えられた仕事の中に自分の勉強時間を組み込む努力を試みましょう。(略)仕事のなかに自分なりの勉強ポイントを作ってしまうという戦術です。

これは、私が提唱するOJL(オン・ザ・ジョブ・ライセンス)、つまり仕事を教材に勉強し、それを具体的なカタチに変えるという発想と似ています。

?努力を継続するシステムの構築が大切だという点

根性論でなく、テクニックとしての方法論が大切。
たとえば、イチローは1試合終わるたびに「満足している」
次の試合の前に「先に満足している」からこそ、次の試合に向かう意欲が生まれているという指摘。

小さい現場で小さな満足、それを積み重ねていくことが大切だという指摘は、確かに「続けていく」ためのテクニックです。

資格試験に短期&短時間&一発合格するための勉強法
一瞬で記憶するための暗記法などのノウハウを紹介しています。
「難関資格が働きながらラクラク取れる勉強法」(ぱる出版)
難関資格が働きながらラクラク取れる勉強法 ー1日10分から始める!難関資格が働きながらラクラク取れる勉強法 ー1日10分から始める!
著者:福田 稔
販売元:ぱる出版
発売日:2009-07-10
クチコミを見る


一生モノの勉強法


一生モノの勉強法―京大理系人気教授の戦略とノウハウ一生モノの勉強法―京大理系人気教授の戦略とノウハウ
著者:鎌田 浩毅
販売元:東洋経済新報社
発売日:2009-04-03
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


前に読んだ本が印象に残っていました。

「成功術 時間の戦略」(文春文庫)です。
著者鎌田浩毅さんのこともそのとき知りました。


ということで、鎌田さんの本はこれで2冊目です。
読んでみました。
「一生モノの勉強法」(東洋経済新報社)


“一生モノ”とあるように、資格試験突破の勉強法というより、
読書術、ファイリング術など仕事にも趣味にも使える
汎用性の高いノウハウ本でした。


なかで、「なるほど」と思ったのは15分法という手法。
要は15分に限って集中するという方法です。
それ自体、さほどのことはないのですが、たとえ話が「なるほど」でした。

それは、
テレビ番組ですら、15分に1回、CMが入る。そのインターバルがあればこそ、また集中して観れるのだという話です。

楽しいはずのテレビですらそうなのですから、ちょっと辛い(かもしれない)勉強に集中できるのは15分だというのです。

で・・・ボクはというと、

「難関資格が働きながらラクラク取れる勉強法」(ぱる出版)
サブタイトルに、“1日10分から始める”とあります。

10分をどう有効に使うか・・・
中小企業診断士、社労士、行政書士などの資格試験に一発合格した資格・勉強本
瞬間記憶法・・・などノウハウ満載の資格・勉強本です。

7月出版されます。応援よろしくお願いします。
ただいま、アマゾンで予約受付中です。

難関資格が働きながらラクラク取れる勉強法 ー1日10分から始める!難関資格が働きながらラクラク取れる勉強法 ー1日10分から始める!
著者:福田 稔
販売元:ぱる出版
発売日:2009-07-10
クチコミを見る



なんで勉強しないといけないのかがわかる「勉強のチカラ!」5

ずいぶん前に読んだ本ですが、再読しました。

斉藤孝さんの「勉強のチカラ!」(宝島社)

いわゆる勉強法の本というより、なんで勉強するの?に答えた本です。
たとえば・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
仕事をしていると、この人は受験勉強をしてこなかったのかな、と感じる人がいます。それは、期限内に仕事をできない人、納期を守れない人です。(74頁)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

納期から逆算をして、計画を立て、仕事をきっちり遂行する、いわば段取り力。
受験勉強は、仕事力を養うのにふさわしいものだという著者斉藤孝さんに共感します

○勉強すると社会で求められる、自分なりに工夫して新しいことに応用する力=「学習能力」がアップする

○だから、受験を突破した人間は、学習能力があるので仕事を辞めない

など、勉強することの意味を単に大学合格とかにとどまらず、その後の社会人として求められる力に結び付けている点が参考になると思います。

○暗記にも「習熟」の楽しみがある
一見単純な繰り返し作業に思える暗記にも、「できるようになった」という習熟の楽しみ、快感がある、という指摘も勉強している人には共感できるものだと思います。

齋藤孝の勉強のチカラ!齋藤孝の勉強のチカラ!
著者:齋藤 孝
販売元:宝島社
発売日:2005-01-20
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


資格試験は単に「合格」しただけで終わらない。
それ以上の意味をもたらす。
正しい勉強法で始めれば、短期合格できる。
いつも目標達成している人の勉強術 (アスカビジネス)いつも目標達成している人の勉強術 (アスカビジネス)
著者:福田 稔
販売元:明日香出版社
発売日:2008-10-07
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

コツコツ勉強するコツ2

勉強法の本をたくさん書いている和田秀樹さんの本

「コツコツ勉強するコツ」(幻冬社)

☆ムダな時間の発見のため、1日何をやったか全部書き出す

レコーディング・ダイエットで117キロから67キロになった岡田斗司夫さんの応用パターン。

☆スキマ時間を戦略的に使う

たとえば休憩するにしても疲れを取るとか、リフレッシュするとか目的を持って過ごすのとダラダラ過ごすのとでは効果が違う

など、結構普通にやっていることをたくさん書いています。

「コツコツ勉強するコツ」という駄洒落に倣うなら、「多作で知られる和田さんの駄作の一つ」かもしれません。

それでも参考になるとすれば、たとえば、

☆カリスマ講師の一段下を使い倒す

カリスマ講師は多忙で質問への対応も困難だけど、ワンランク下の講師は親切・丁寧。これを家庭教師のごとく利用する。

☆参考書、問題集は2冊買う

1冊は問題集として、1冊は暗記用としてなど用途を分けて使用する。

まあ、これも費用との兼ね合いがあるでしょうけど。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「いつも目標達成している人の勉強術」(明日香出版)

社労士、中小企業診断士などの資格試験に一発合格した勉強術の本!
コツコツ勉強するコツ86コツコツ勉強するコツ86
著者:和田 秀樹
販売元:幻冬舎
発売日:2008-09
おすすめ度:4.0
クチコミを見る



いつも目標達成している人の勉強術 (アスカビジネス)いつも目標達成している人の勉強術 (アスカビジネス)
著者:福田 稔
販売元:明日香出版社
発売日:2008-10-07
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

1日5分 頭がよくなる習慣 3

最大の効率を上げるための勉強法とは・・・

筋肉を動かしながら勉強すること。

なぜなら、
行動→筋肉→神経→脳とつながっているのだから。

そんな発想がベースの本
「1日5分 頭がよくなる習慣」(佐藤 伝著 中経出版)

だから立ったまま、軽いスクワットをしながらとか、変わったところでは、暗記法として昔、忍者がやっていたという自分の身体を刃物で軽く傷つけるといった方法の応用パターンとして、爪をぎゅーと押すといった方法まで紹介しています。

さらに明日がテストだ、もう間に合わないといった場合のスクランブル暗記法として、逆立ちをする、さらにそのうえ、指回しをするといった奇想天外な方法までも紹介しています。

個人的には倒立してまでやることが記憶の定着に有効なのか疑問に思う点はありますが、実際やっている人には有効に思えるのでしょうか?

この本で参考になりそうなのは情報の整理法でした。

紙の資料を透明テキスト付きPDF化してサーバーに保管する。
基本的に情報は、「分類・整理」をしない。
大切なのは、「分類・整理」ではなく、「検索」できること。

ツールの紹介もあります。
ノートとしては、
ミシン目とファイリング用の穴がついた「フィラーノート ス−10WN」
あたりが使えるかなという気がしました。
1日5分 頭がよくなる習慣1日5分 頭がよくなる習慣
著者:佐藤 伝
販売元:中経出版
発売日:2007-12-01
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

資格試験の勉強なら、オーソドックスだけど、取り組みやすい勉強法の本を。
いつも目標達成している人の勉強術 (アスカビジネス)いつも目標達成している人の勉強術 (アスカビジネス)
著者:福田 稔
販売元:明日香出版社
発売日:2008-10-07
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

読んでいない本について堂々と語る方法5

「読んでいない本について堂々と語る方法」(ピエール・バイヤール 筑摩書房)をこのブログで紹介するのは、少しためらうタイトルです。

本書の中でも書いていますが、本を読まないでコメントすることに対する後ろめたさとか本は通読すべきだという規範のようなものがあるからです。

まっ、そうは言っても書きます。

読書という作業について深く考えるきっかけになりました。

たとえば、「読んだ」と「読んでいない」という状態は意外にも区別しづらいものであるということ。

確かに、「読んだ」と一口に言っても様々なレベルがあります。
流し読み、人から聞いたことがある、読んだけど忘れてしまった・・・。

著者の底辺にあるのは、「読まない」という行為の提唱です。

背景にあるのはこんな根拠です。

いくら読んできりがない、にもかかわらず、ある本を「読む」という行為は、それとは別の本を「読まない」という選択をしたのと同じである。
だからあえて個々の本は読まず、図書目録に焦点を合わせ、あらゆる書物の「全体の見晴らし」を確保するのだ。

本の内容はおろか、その本を読んだことがあるという記憶すらも忘れてしまうというモンテーニュの経験などを読むと思い当たるフシのある人も多いでしょう。

そして著者はこう言います。

一冊の書物は、私が「共有図書館」と呼んだ大きな全体のなかの一要素に過ぎないので、評価するにはそれをくまなく読んでいる必要はない。大事なのは、それが「共有図書館」のなかで占める位置を知ることである。

そのほか、
大勢の前でコメントする、教師の面前で、作家のまえでなどのシチュエーション別の乗り切り方やその際の心がまえとして、ゝじ紊譴靴覆い海函↓∨椶鬚任辰曽紊欧襪覆匹諒法についても書かれています。

本好きの人(≒私)にとってはちょっと痛い本です。

さて、この「読んでいない本について堂々と語る方法」という本について、果たしてどれくらい「読んで」このブログで公開しているのかは・・・伏せておきます。
読んでいない本について堂々と語る方法読んでいない本について堂々と語る方法
著者:ピエール・バイヤール
販売元:筑摩書房
発売日:2008-11-27
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


資格試験にチャレンジする人はぜひ。
正しい勉強法は合格への近道!
いつも目標達成している人の勉強術 (アスカビジネス)いつも目標達成している人の勉強術 (アスカビジネス)
著者:福田 稔
販売元:明日香出版社
発売日:2008-10-07
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

2008年 最終号 晴れに浮かれず 雨にへこまず5

いよいよ今年最後の投稿になります。
今年は、個人的には、初の出版が印象深い1年でした。

  「いつも目標達成している人の勉強術」(明日香出版)

お読みいただきました皆さん、本当にありがとうございました。
私の知人、友人が本を買い求めサインを頼まれると書く言葉は、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        晴れに浮かれず 雨にへこまず
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

良いときに有頂天にならない、悪いときに腐らない、そんな自戒を込めた言葉です。

2008年 世相を反映する漢字は「変」でした。

アメリカではオバマがチェンジ(変化)を訴え、国民の心を動かしました。
2009年、アメリカがどう変わるのでしょうか。
いっぽう、日本では、凶悪事件が勃発、株価下落、内定取り消し、派遣切り、景気の悪化など、暗いニュースが多い1年でした。

さて、2009年がどういう年になるか、明るい希望の年となるよう、自分にできることを愚直に実践していこうと思います。
新しい手帳になんという目標を書くか、今から考えていきます。

それでは、皆さん、良い年をお迎えください。
いつも目標達成している人の勉強術 (アスカビジネス)いつも目標達成している人の勉強術 (アスカビジネス)
著者:福田 稔
販売元:明日香出版社
発売日:2008-10-07
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

今年のマイベストビジネス書ァ(拔本編 新年は資格にチャレンジ?5

前回は勝間和代さんの勉強本の紹介でした。

さて今回は・・・マイベストビジネス書

今年のマイベストビジネス書、最後は、
「いつも目標達成している人の勉強術」(明日香出版)です。

中小企業診断士、社労士、行政書士、宅建などの資格試験に一発合格した勉強術を書いた本です。(自分の本で恐縮です)

この本が類書と違うのは、資格試験に合格して年収アップしましょう、独立開業しましょうといった、「合格後」の成功法を書いた本じゃないという点です。
まずは「合格する」ための「前準備」としての勉強術の本なのです。

確かに資格試験に合格したらその後の楽しみもあるでしょうが、多くの人は、合格する以前、そもそも合格するためにどうしたらいいのか、その勉強術に悩んでいるのです。

難易度の高い試験は、少しの合格する人と、より多くの不合格で終わる人に分かれます。つまり悔しい思いをしている人のほうがはるかに多いのです。
そんな多くの人のために、とにかく「合格する」ことに特化した本を書きたかったのです。それも短期で合格する勉強術を。

その方法論は、奇抜なものでも非常識な方法でもありません。きわめてオーソドックスで、誰もが実践しやすい方法論です。

そもそも効果的な勉強法に非常識さも奇抜さも必要ないのです。多くの先人が実践し、上手くいった方法論を実践すること、これに尽きると言っていいでしょう。
そんな方法を網羅し、コンパクトにまとめた本です。

藤井孝一さんの「投資効率を100倍高める ビジネス選書&読書術」に書いてありました。
たとえば時間管理に関する本を読んで一日1時間の時間が浮いたとしたら・・・。
わずか2千円足らずの本で1日1時間得する。読書とはこんなに投資効率が高いのだと。

そう考えると、正しい勉強法を知った上で資格試験の勉強を始める。その結果、短期合格できるとしたら・・・。これほど投資効率の高いことはないでしょう。

新年の誓い、目標を設定する時期、ぜひ手に取って読んでいただきたいと思います。
勉強を始めるにしても、正しい勉強法で始めるのと、そうでないのとでは結果に大きな開きが出てしまいます。
「いつも目標達成している人の勉強術」(明日香出版)
smoothさんのブログ「マインドマップ的読書感想文」をはじめ、多くのブログ等でご紹介いただき、とてもうれしかったです。本当にありがとうございました。
いつも目標達成している人の勉強術 (アスカビジネス)いつも目標達成している人の勉強術 (アスカビジネス)
著者:福田 稔
販売元:明日香出版社
発売日:2008-10-07
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


こんなブログも書いてます。
「最強の就職バイブル」良かったらぜひお立ち寄りください。

無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法 by勝間和代さん5

前回は、読書術&勉強術の今年のマイベストビジネス書の紹介でした。

今回は・・・勉強術の本「無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法」

勝間和代さんの本を読んだのは実は、これが初めてです(汗)
20年間で年収は20倍に。本を書くのも隙間時間を使ってのこと。それを可能にしているのが本書にも出ている道具類。

私の周りにもカツマーはいっぱいいます。今朝も王様のブランチに出てました。
最近はあまりに売らんかなの姿勢に批判の声も聞こえているようですけど・・・。

「無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法」(ディスカヴァー)

勉強法といっても資格試験に特化した勉強法ではなく、社会人の基礎スキルアップの勉強法です。

勉強を続けるには、努力や根性論では無理。モチベーションが下がらないよう「仕組み」と「道具」が大切だという主張の本でした。

◆仕組み
.泪瓩某閉従況を報告
▲泪瓩棒果をアウトプット

◆道具
ノートPC MP3プレーヤー、マインドマップ、親指シフト 速読術など。
文字を読むスピードやパソコンの入力スピードが遅いとイライラしてモチベーションが下がり、勉強が続かない。
だから速読法や親指シフトの活用が大切だと。

本田直之さんの「レバレッジ」シリーズにも感じたツールのカタログ本の匂いもします。モノにこだわる人、買い物好きには購買欲を刺激されるでしょう。

私が共感したのは次のくだりです。

資格試験が重要なのも、資格が学歴と同じ役割を果たすからです。
会計士とか税理士の資格を取った人間は、あの試験勉強にちゃんと耐えて、試験委員の問題のエッセンスを見抜いて、頑張りきれた人間であろうという推論が、一定の確率で成立つからです。
つまり、資格も学歴も、それに伴う知識というよりは、その人の資質を表すのです。(137ページ)

資格には、スキルの証明とは別の意味もあるのです。その点は、私が書いた本にも共通したものがあります。
資格試験に「合格」することに特化した本。だけど、資格は「合格」しただけで終わらない。
コツコツ努力した人柄の証明にもなる。それがもたらすマインド面のプラス効果も大きい。そんなことも書いた本
「いつも目標達成している人の勉強術」(明日香出版)
無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法
著者:勝間 和代
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2007-04-05
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

いつも目標達成している人の勉強術 (アスカビジネス)いつも目標達成している人の勉強術 (アスカビジネス)
著者:福田 稔
販売元:明日香出版社
発売日:2008-10-07
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

こんなブログも書いてます。
「最強の就職バイブル」←クリック!良かったらぜひお読みください。
私のプロフィール
enman
ビジネス書を中心に幅広い読書と料理が趣味。中小企業診断士、社労士、行政書士、ファイナンシャルプランナーなどの資格を保有。資格試験の勉強術とマーケティング、マネジメント、社員教育などに関心があります。地方の専門学校に勤務中。
  • ライブドアブログ