fm946_sako_blog

FMくしろパーソナリティ 平迫なおこ ブログ『SAKO-WORDS』

14 1月

新しい年になりました。

IMG_2626
毎日、厳しい寒さが続いていますね。
私は昨年からひいた風邪が治りきらずに、グズグズと続いています。
みなさんもお身体ご自愛ください。

某メーカーのお菓子パッケージに、かわいいシカを発見。
でも、道路わきで見かけるとドキっとします。

さて今月は、何をしても「初〇〇」となる事が多くなるのではないでしょうか?
私も、ごひいきのラーメン屋さんへ初ランチに。
すると、「今日はおミカンついてます~」と大きなミカンを一つ、頂きました。
昨年は十五夜の時に、カボチャの煮物がサービスで付いてきたお店です。
こういう、思ってもみないタイミングで思わぬサービスを受けると、胸キュンです

ミカンだってカボチャだって、珍しいものではないし。
実家に帰って出されたって、きっと何の感動も無いはず。
でもあのお店で頂くと、ものすご~く嬉しい。

なんでかな~と考えてみると、やっぱり「あったかい」からなのかな?
「お客さんだけど、身内みたいに思ってますよ」と言われているような。
そういう事をサラッと、当たり前のようにしてもらえるお店に、心をギュっと掴まれてしまいます。

便利な時代はサービスも多様化していますので、情報を集めれば
いろんな事がお得になります。
でも、最近の私はお得なだけでは満足できないのです。
やはり直接的な接客が、なによりのサービスだなぁと感じています。
もちろん、金額が安いとか、特典が付いてくるとか、魅力的ではありますが。
たとえぶっきらぼうでも、愛のある接客サービスの方が、心にズキュンと来るのです。

2017年の私は、ちょっと人恋しい・・・。
こんな時代に、人のぬくもりを感じられるような事をテーマに生きていきたいと思っています。
IMG_3568
3歳の息子は、ミニカー大好き。鉄道大好き。
釧路製作所のSLイルミネーションに見入っていました。
2月末までですので、ぜひお出かけ下さい
釧路製作所のサイト

IMG_3558
幼稚園で給食が無い日はお弁当・・・。
料理が苦手な私は、毎回同じメニューでゴメンと言い訳しながら作ってます。
しかも3歳児向けなのに、サラメシみたいだし。
キャラ弁とか、ムリですから~

今年も超不定期アップのブログになりますが・・・
どうぞみなさん、よろしくお願いします。


 
22 9月

阿寒湖から吹く風はピノピノと・・・

阿寒湖在住の姉妹ユニット(歌手)カピウ&アパッポのお二人が、
久々に番組へ出演して下さいました。

コーナータイトルは「ピノピノイタック」(※「ク」は発音しない)
『ひそひそ話をする~』のような意味合いのアイヌ語です。

お姉さんの床絵美さん(カピウ)と、妹さんの郷右近富貴子さん
(アパッポ) は、9月3日に京都で開催された音楽家・高木正勝さんの
コンサート【大山笑み(おおやまえみ)】に参加しました。
http://okazaki-loops.com/program/oyamaemi/ 

お二人曰く、「まるで4段の重箱 」のような立派なステージ。
私も生で聴きたかった!!
いつか、(近いうちに)阿寒湖アイヌシアターで高木さんのコンサート、
開催されないものでしょうか・・・。

カピウ&アパッポのCDアルバムが、ついにリリースされました。
IMG_2169
 「パイカル(春)」というタイトル。全10曲入りです。
阿寒湖温泉アイヌコタンのカフェ・ポロンノさんで販売中。
カピアパのFacebookもご覧くださいね♪
https://www.facebook.com/KapiwApappo-1145286125546596/ 

そして、なんとカピアパが主役の映画が完成!!
 IMG_2171
監督の佐藤隆之さんは、釧路での上映も実現させたいと準備を進めているそうです。
映画情報はオフィシャルサイトからご覧頂けます。
 http://kapiapamovie.com/

前回、ご出演頂いてから3か月。
ものすごい情報量と、いろいろな出来事が進行していてビックリの連続です。
次回の「ピノピノイタック」は来年3月・・・。 
もう、30分では収まり切れないコーナーになりそうです。
(すでにオーバーしていますが・・・)
カピウ&アパッポの活躍、みなさんも応援よろしくお願いします~ 
7 9月

想いは届く!願いは叶う!


前回のブログでご紹介した青山環ちゃん。
アメリカでの心臓移植に必要な費用を集めるために、募金活動が行われていましたが、
目標金額を達成することができました!!

そして明日、9月8日(木)。いよいよ渡航するそうです。
環ちゃんにとってはこれで一安心、ではなく、ここからがようやくスタートなのだと思います。
今も、環ちゃんの体調は予断を許さない状況です。
どうか、長いフライトを無事に乗り越えられますように。
無事に移植手術を受けて、これまで24時間強いられていた苦痛から解放されますように。
彼女にとって、そしてご家族にとって、念願の「なんでもない日」を迎えられますように。

地震や台風の災害に見舞われて、現在、大変な状況に置かれている人たちがたくさんいます。
子どもの貧困問題は、ますます深刻化しています。
そして環ちゃんと同じように難病に苦しむ子供たちも、たくさんいます。

環ちゃんだけが特別な訳ではない、という事は当事者の方々が一番よくわかっています。
募金活動について伝える難しさを、私も改めて感じました。
ですから今回の3億円超の募金は、本当にピュアな善意の塊です。

世の中、捨てたものじゃない。
想いは届くし、願いもきっと叶う。
ありきたりの言葉ですが、大切な事を環ちゃんは生きることで、伝えてくれているように思います。

本当に、よく生きていてくれていると思います。
救う会のHPブログを読むと、そこまでするのか・・・と絶句するような治療の様子が書かれています。
もちろん最新医療を駆使して、彼女の命を守るための措置とはわかっていますが。
読んでいて、何度もブログの文面が涙でにじんでしまいました。

今年の霧フェスティバル会場でも募金が行われました。
釧路の皆さんとも繋がっていますよ。
人は、みんなどこかで繋がっている。
だから助けて欲しいと声を上げることが大切だし、お互いさまで助け合うことも大事なんですね。
こんなことも、環ちゃんが教えてくれました。

「たまきちゃんを救う会」ホームページに、募金額の詳細や渡米について記載されています。
 http://tamakichan.net/
FMくしろホームページ
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ