003


パッチ4.3「〇〇〇〇討滅戦」の歌詞をついに公開&解説します!
先日公開された、「ツクヨミ討滅戦」。
その後半で使用される曲の歌詞は、多くの皆さんが気になっていたのではないでしょうか。

「紅蓮のリベレーター」のメインストーリーの中でも激動のドマ編完結が描かれた、パッチ4.3。
今回の歌詞は、ツクヨミを喚び降ろした「彼女」の心境を語った、美しくも壮絶な歌詞となっております。

では、早速ご紹介いたします!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

≪歌詞と訳≫

華は 装束く
意味 ひとひらを
定めしや 我生くを 断ち翻して

さあ いざ――


Westward lies bleed t'ward the east
 "西の虚栄が 東へと流れ込む"
Wayward daughter, step into the night
 "価値なき娘よ 夜闇へと踏み入れたまえ"
Restless eyes, blind to the beast
 "瞑れぬその目も 堕ちた己を映しはしまい"
Barren waters yield unto the tide
 "無力な露は 流れに従うしかないのだよ――"

寄る辺の 月は
紅蓮に 冴えて
遺せしは 抗いの 名残のみなれど

さあ いざ――


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


こちらの意味を、作詞担当にも確認してきました。

日本語パートは、ツクヨミとなった彼女の気持ち。
対する英語パートは、彼女を抑圧し、束縛する者たちの声を厳めしい男性コーラスで表現し、曲全体を通して、双方が掛け合いをする構成となっています。

彼女もまた、自分を解放するために戦い続けた、紅蓮の解放者なのである......
当初の設定に書かれた、その一文を、最後に歌詞へと込めたのだそうです。

......以上、いかがでしたでしょうか?

チャレンジ中の皆さんにとっても、アイテムを求めて周回中の皆さんにとってもより一層、ツクヨミの魅力を強く感じていただけるような記事になれたら嬉しいです。




「他サイト様人気記事」