警察官として街を守っている高校時代の友達と久々に会って「いまどんな仕事しよん?」と聞いたところ、下着ドロの取ったパンティーの名前をチェックし、とられた人に返う仕事をしていると言われました。リサイクル...なのでしょうか。

さて、10月27日に町谷にあるバリクリーンにて「いまばり環境フェスティバル2019~Imabari Recycling Day~」が開催されました。
IMG_1402

私たちは「プラスチック代替品」の展示を行いました。プラスチック代替品。普段、意識しないと、いや意識したとしても、中々出会えないのではないでしょうか。IMG_1403

朝、6時 鳴り響く兄弟船
夜明けを待つ漁港に、時代劇のOPのような曲が鳴り響き、いやでもロマンを感じます。

「桜井漁港魚市場ツアー&ビーチクリーン」は昨年度より、ここ桜井漁港で始めたイベントです。
普段スーパーに並んでいる魚。ここにくるまで、どんなところを通ってきているんだろう。
そもそも子供たちは、生きた魚を見たことがあるのだろうか。今までにない距離感で海に住む生き物たちを見て触れるイベントであると思います。

IMG_0888
「よりえび」というのは、字のごとく人の手によって「よられた」エビです。帰ってきた船から揚げられたエビを灯りの下でより分けています。丁寧な作業があるからこそ、塩ゆでのおいしいエビが食べられるんですね。
IMG_1112
IMG_1116

魚の卸や加工をされている講師の山崎さんをお招きして、漁港のこと、名前の分からない(そもそも見たことのない)魚の説明をしてもらいます。意外と、分からない魚っているものですね。
IMG_1120

桜井漁港でせりの準備が進められています。少しずつ慌ただしくなっていきます。
どんどん補充されていくエビや魚、そしてカニ。
IMG_1111

せりが開始されると緊張感が走り、参加する子供たちも少しあとずさりぎみ。
IMG_0907

それでも少しずつ雰囲気になれて、ぞくぞく出てくるたこやイカ、キスゴ、ブリ、貝、タイ、ハモ、そしてサメまで!!活きのいい魚が飛び跳ねる様子を驚きの表情でみながら、最終的には触らせてもらいます。地元の方々、本当に協力頂きありがとうございます。

IMG_1085IMG_1119
IMG_1118
IMG_1106
また、地元のお母さんによる即興〆講座が繰り広げられ、なれた様子で魚にメスをいれていきます。当然、子供たちはビビる。私もビビる。獲ってきた魚に感謝をしながら”業”でこたえる。いいことだと思います。

IMG_1097

せりの見学が終わるとビーチクリーン。いつ来ても大物が落ちている桜井海岸。
今回もたくさん落ちていました。
IMG_1088
IMG_1089

ただし、、今回はみんな気合いが違う。なぜなら、多く拾った人がこの後のごはんのオカズをゲットする確率が高くなるからだ!!おいしいご飯の前に、みんなでがんばって拾います。
IMG_1103
必死に掘り起こしています。何が出てくるのかな。
IMG_1090
油の缶がこんなに!!

タイヤの残骸などなど。みんな大物狙ってるのね。
IMG_1101

結局この日は、35袋で100kg近くのゴミを拾いました。
子供たち16人がたった20分でこれだけ拾えるほどのゴミが落ちていたということです。
IMG_1092

たくさん拾った後は、お待ちかねご飯タイム!!
食べたいオカズを狙いうち。ファミリーパーク志満さんが作ってくれた煮物や卵焼き、エビや揚げ物、大根おろしなどなど。IMG_1099IMG_1100


IMG_0999

目玉はお刺身!!なんと大きなエビまで!!
みんな真剣なまなざしで見ています。
IMG_1094
IMG_1002
地元のお母さんが作ってくれた鯛飯とお吸い物。たくさんおかわりしてくれました。
おいしく食べてくれてありがとう。
IMG_1096


という感じで終わりました。やっぱり"非日常の体験"っていうのは楽しいんじゃないでしょうか。
ぜひ来年いらして下さい。
IMG_1003

なみかた海の交流センターに移動してお話し会です。

お話し頂くのは服部雄一郎さんです。

まず、プラスチックのお話。
この部屋の中で、プラスチック探してみて!

IMG_5988

このプロジェクターも。
天井も、パソコンも。
飲んでる紙コップもプラコーティング。

20191020 ぷらなし生活_191021_0060

日常使っているもので
プラスチックっぽくなくても実はプラというものもたくさん。
レストランのおしぼりや壁紙、リュックサック、
カーテン、靴下、パンツ、紙おむつ
シャンプーやレシートも。
豆腐にもシリコンが!

プラスチックだらけ~

20191020 ぷらなし生活_191021_0053

プラスチックを作るには多くの化学薬品が使われています。
それが外にもれたりもします。

プラは自然に帰らないということだけが問題じゃなく
化学物質の問題もあるんですね。

あと一口にプラスチックといってもいろんな種類があります。
特に気を付けたいのは塩化ビニル(PVC)
消しゴムや下敷き、上ばきなどによく使われているようです。
子どもがいる家庭は素材表示を注意してみてみて!

20191020 ぷらなし生活_191021_0055

プラスチック。
話を聞けば聞くほど
便利で安いと一気に広がったけど
処理のこと、社会的コストや健康の問題まで考えはじめると、
実はものすごく高いもの、ということなんでしょうね。

まだまだ増え続けているプラスチックゴミ。

印象に残った話の中の1つに
国が対策うって3割減を強制するのはムツカシイけど
でも!個人が3割減らすのは簡単。
少し気をつければすぐ3割減らせます。とのこと。

確かに、そうかも。
1人1人が意識するほうがよっぽど早くて確実なんだと思います。

IMG_6003

まずはちょっと意識してみること。

プラなしめざす初心者のみなさん
服部さんに教えてもらった以下の5つ
意識してみることから始めませんか?

●レジ袋はなるべくもらわない
●ペットボトルはなるべく買わない
●ストローやお手拭きは断る
●ネットショッピングの緩衝材を断る
●モノを買う前によく考える

できる範囲で、できることから。
楽しみながら挑戦してみませんか?

最後に参加頂いた皆さん
ありがとうございました。

***************************

文:usami
photo:hideyuki, ayu, haruki and usami

本日のスタッフ♪
IMG_6004IMG_5859

IMG_5861

↑このページのトップヘ