どうも!こんにちは!!津根っちです!!!

今回は菅本パイセンのブログからのパスで

スパークプラグに書いていきます。


スパークプラグとは車の心臓部エンジンに取り付けられている部品の一部で

エンジンの3要素
・良い混合気
・良い点火
・良い圧縮 

この中の良い点火の部分でシリンダー内で圧縮された

混合気に着火させる部品です。

ライターやキッチンのコンロも最初にガスを出してカチカチ鳴って火花が出て火が出てきます。

このカチカチ鳴って火花を出しているのがプラグなんです。

エンジン内に混合気入れて、ピストンで圧縮して、スパークプラグで点火させ

爆発させて動力を生み出します。

車を運転する方ならほとんどの方がスパークプラグの事はご存知だと思いますが

しかし、スパークプラグのメンテナンス、交換時期を知っている方は少なく

普段乗っていてもなかなか「摩耗してきたな」とは感じ取れないと思います。

今は技術も発達して少々の事では症状は出ません。

ですが摩耗が進むと

・パワーダウン

・燃費悪化

さらに摩耗が進むとアイドリング不調など症状が出てきます。

そうなる前に交換をしておきたいですね。

症状も出にくい、見ないと判断できないので

ユーザー様で判断する場合は走行距離での判断をおススメします。

一般プラグ・・・・・・・およそ20000Km

純正イリジウムプラグ・・およそ60000Km

IMG_2387

走行距離過ぎたら、一度点検して必要であれば

交換しましょう。

当店での交換は「DENSO イリジウムタフプラグ」での交換をおススメさせていただいてます。
IMG_2611

IMG_2795

DENSOイリジウムタフプラグのメリットは

・白金採用により、高寿命。交換推奨距離 10万Km

・着火性能アップにより、アイドリングの安定、燃費の向上。

・加速性能アップ。

このプラグに一度変えるだけで10万Km交換する必要もなくなり、

安定して火花を供給することが出来ます。

気になる方はフォブシュランクまで♪♪