2006年01月01日

【GUEST BOOK】 自由にコメント書いてください♪


GUEST BOOKを設置してみました。


皆様遠慮なさらず、ココにどんどんコメント残していってくださいね〜。
ブログを書いてらっしゃる方は、URLも書いていただけるとウレシイです。
管理人が喜び勇んで遊びにいきまーす(^o^)丿




  

2005年08月10日

負け犬?

BlogPeopleに「負け犬?」というトラックバックピープルを作りました!
今さら負け犬もないだろうなんて冷たいことを言わず、
妙齢の働く女子はどしどしトラバしてくださいね〜。

BlogPeopleて何?ていう方はコチラを見てみてくださいね。

負け犬?トラックバックピープルはコチラ

トラバ先のurlはコレ→http://member.blogpeople.net/tback/03518

いろんなブログを見てみたいので、よろしくです☆
  

細木数子・・・

「ずばり言うわよ」の細木数子vs女子高生をうっかり見ちゃったんだけどさ。
細木数子って・・・。という思いをあらたにしたよ。

父親が単身赴任したまま、両親が離婚してしまったっていう女子高生がいて、泣き出してしまったの。
したらさ〜。細木数子は「あなたは全然悪くないのよ」なんて優しい顔で言うんだ。
そりゃまあそうなんだろーけど。
「お母さんが全部悪いんです」
とか言っちゃってんのには驚いた。

だってお父さんが浮気したのかもしれないじゃないですか!
ていうか女の浮気は罪で男の浮気は甲斐性だとか言いたいわけか!

この人基本的に男尊女卑だよね。
↑の女子高生には
「お母さんみたいにならないようにお料理しなさいよ。それでお父さんよりいい男と結婚しなさい」
とか言ってるし。

料理かよ!

お金を稼いでくるお父さんに臭いだの汚いだの言うな、っていう話もあって、
それはまあ正しい。
(しかし金を稼がない父親っつうのもいると思うんだがまあ置いておく)
だけどさー。
「あなたたちは将来お父さんみたいに働けますか?」とか細木が聞くわけ。しかも
「あなたたちにはできません」なんて間髪いれずに言い切っちゃってんの。

できませんて!
何を根拠に言ってんだ。
だいたいいまどきの男が仕事もせずにのんべんだらりと家にいる女なんか嫁にもらいたいわけがないのである。
料理がうまいからなんだっていうのか。
そりゃー「料理が得意」っていうオプションがついてたらうれしいかもしれないけど、それはあくまでオプションだからいいのである。

「結婚した女はどんどん子どもを産みなさい」とか言ってるしさ。
今のご時世何人もぼこぼこ子どもを産む夫婦なんてよっぽどの考えナシか世間知らずである。

この人今の社会情勢わかってんのか?
こんな人にずばり言われたい日本人てどーなの?



ブログランキング参加中!


  
Posted by foggysmood at 00:16Comments(2)TrackBack(0)結婚放談

2005年08月03日

結婚観今昔(女子サイドの視点から)

結婚サービスオーネットの行なった調査より抜粋


-------------------------------------------------------
“新成人”は、結婚、出産、家族についてどのように考えているのか。
独身男女合計310名(男105、女105)を対象に調査をおこなったところ、
結婚・出産意思は04年新成人と比較して上昇した。

少子・高齢日本の2005年新成人の結婚・出産意思は上昇
結婚したい  = 83.6% (04年76.5%)
子どもはほしい= 85.5% (04年77.9%)
フリーターにはなりたくないとの思いも72.6%
-------------------------------------------------------


最近の娘さんたちはすっかり保守化している模様である。
ていうか骨の髄まで依存甘え体質につかりきっている様子である。
なぜなら彼女らの言は以下のように言い換えられるのである。

「結婚したい」=
「夫に庇護されて自分は何ら重要な責任を負うことなくぬくぬくと暮らしたい」
「子どもが欲しい」=
「子育てという名のもとに外で働くことを拒否し家の中でぬくぬくと暮らしたい」
「フリーターにはなりたくない」=
「このすばらしい私がつまらぬフリーターになるなんて言語道断である。
 高収入の正社員もしくは金持ちの妻になるのでなければ話が通らない」

わっほうぜんぶ私にあてはまってるじゃん!
ていうか私の願望じゃん!
つまり私ってまだ二十歳そこそこの娘さんでもとおるってことだあね。
ピュンッ(ノ-_・)/|)‥‥…>>━→   >>-(゚ロ゚)→プス

まあ子どもなんか全然欲しくないし、産むのもやなんだけどさ。
家にいられるっつうのは魅力的なわけです。

子育て中の女性からはそんな甘いもんじゃねえオラァ(p゚ロ゚)==p
と鉄拳が飛んできそうではあるが・・・。

そういう性格だから結婚できないんですというごもっともな意見はナシでお願いします。
重々承知しておりますので。

明日は男子サイドから考えてみる(難癖つけてみる)予定。



ブログランキング参加中!

  
Posted by foggysmood at 20:45Comments(0)TrackBack(3)結婚放談

2005年08月02日

何曜日の花嫁がお得?

さらにこんなのも見っけたよ。

-結婚式の曜日-(イギリスの結婚にまつわる言い伝え)



月曜日 富に恵まれる
火曜日 健康に恵まれる
水曜日 すべてに恵まれる
木曜日 失うものあり
金曜日 試練を受ける
土曜日 最悪の結末



日曜日は特にない?らしい。
安息日だから結婚式はしなかったのかしらね。
(ごめん今思いついただけで何の裏もとってない)

私は12月の月曜に結婚します。そうすれば愛も富も我が手中にd(゚∀゚)b


そして結婚適齢期鑑定なるサイトを見つけたんで、鑑定してみる。

−結果−
キリ子さんの結婚適齢期は・・・31歳です
チャンスは再来年ですね。

31歳かー(´Д`) =3

ていうか31歳が再来年?!うへー。

ああもう喉がいたいのでとっとと寝ます。


ブログランキング参加中!

  
Posted by foggysmood at 23:49Comments(0)TrackBack(1)結婚放談

2005年08月01日

何月の花嫁になりたい?(結婚にまつわる言い伝え)

こんなの見つけたよ。
イギリスの結婚にまつわる言い伝えだそうです。



1月 もしも年が始まる月に結婚できるなら、やさしさと堅実を兼ね備えた夫であろう
2月 2月に連れ添うことができる者は運命による結婚であり、生涯恐れるものはない
3月 3月のそよ風の下で結ばれるものは、喜びと悲しみを知ることとなる
4月 4月に結婚できるとすれば、純潔の証となろう
5月 5月という月に結婚するとすれば、その日を後悔する事となる
6月 6月のバラの香りに祝福をうけるものは、その土地や海までも越え旅をするであろう
7月 7月に結婚する者は、生涯生活の糧のために働きつづけなければならない
8月 8月に花嫁となるものはたくさんの事を見るチャンスが訪れる
9月 9月の日差しの中での結婚は、富と安定のしるしである
10月 もしも10月の花嫁であるならば、愛は続くが富が遅い
11月 荒涼とした11月の結婚は、喜びのみが来る
12月 雪積もる12月に結婚できるのなら真実の愛が持続する




なんかコントラストが強烈すぎないか?
5月7月の花嫁は割り食うにも程があるっていうくらいの言われようなんですが。
5月も相当いやだけどでもやっぱ7月がいちばんいや〜!!

12月の花嫁キボンヌ ゚ρ゚)ノ
でもブライダル業界では12月って相当ヒマっていう話を聞いたんですが。
(友達がブライダル専門のフォトグラファーなんだけど、12月はまじで仕事がないらしい。)

狙い目だね!



ブログランキング参加中!

  
Posted by foggysmood at 21:18Comments(0)TrackBack(0)結婚放談

2005年07月27日

同棲ことはじめ〜その2〜

昨日の続きですー

そう。彼ママの話であった。
単刀直入に言ってしまうと、
どうやら私はあまり好かれていないようである。
ていうか嫌われてるたぶん。

まだ一緒に住む前、
同居人がちょっと病気したことがありまして、
ヤツが病院に行ってる間、私はヤツの家で留守番してたわけ。

したらやってきたんだ彼ママが田舎から。
合鍵で部屋を開けてずかずかと入りこんできて
ぽかんと座ってる私とはじめてのごたいめーん!

お互いぽかーん。

私はなんだかんだと煙に巻くようなことを口走り
どうにかその場を辞したのでした。

しかしその夜、彼ママから彼に電話がかかってきたんだが、

部屋で私に会った話は皆無
完璧スルー


だったらしい!

ちょっとびっくりじゃないですか?

何よあのこあんたの彼女なの?

とかいう一言があってしかるべき状況ではないのか?


この1件からかなりの月日が経ったわけですが。
私が彼と一緒に住んでいることは、
家の母親は知っているのです。
引っ越すとき母にだけ伝えといたから。事後報告だけど。
だから実家から宅急便とかで食糧が送られてくると
たいてい二人分入ってるんです。

しかし彼の母から送られてくる荷物は
完全に一人分。
彼限定小包。


一緒に住んでることはうすうす勘付いてると思うんだけどなあ。
彼は自分の両親には私と住んでることを一言も説明していないのではあるが。
(↑この点についても言いたい事は多々あり。そのうち書こう)


てこんなとこ(食糧)にこだわる私ってやっぱりけちなのか。



ブログランキング参加中!

  
Posted by foggysmood at 23:17Comments(3)TrackBack(0)同棲を考える