お薦めコンテンツ         このブログのトップへ         全記事タイトルを見る
 ★スターダスト5大女優の徹底比較  ★ホリプロ歌手シングル実績リスト
 ★ピンになってブレイクしたタレント一覧  ★あまり知られてない兄弟有名人一覧
 ★なぜバレー大会は毎回日本で開催なのか?  ★舞台で活躍してる歌手一覧
 ★てれび戦士出身タレント一覧  ★「有名人の記念館」一覧
 ★「所ジョージ」大研究  ★いくつ知ってる?「企業メッセージ一覧」
 ★少年主演の邦画批評  ★「鶴の間」ゲストさんまの危機感 このブログはリンクフリーです。
 ★羽田空港への交通費は何故高い? どんどんURLを張って下さい。

2006年12月27日

ほんとに好調?「ジャニーズCDの特異な売れ方」

オリコンが設定した「年間チャート」の区切りが過ぎ、
関連の話題が、ちょこちょこ報じられている。


「KAT―TUN」6人で取った賞…オリコン年間売り上げトップ(スポーツ報知)

人気グループKAT―TUNが、ミリオンヒットのデビュー曲「Real Face」で
「オリコン年間ランキング2006」のシングルセールス1位となり26日、
都内のオリコン本社で表彰を受けた。
10月に赤西仁(22)が無期休業を宣言したが、メンバー5人は「6人で取った賞」と胸を張った。
デビュー曲の1位は20年ぶり、1位&ミリオンは24年ぶりの大快挙。
衝撃のデビューイヤーの締めくくりを見事に飾った。

赤西が抜けて以降、5人そろって初めての会見で、KAT―TUNの笑顔がはじけた。
3月に発売したデビュー曲「Real Face」が、売り上げ約104万枚を記録。
今年唯一のミリオンヒットで、堂々の年間第1位に輝き
「すべてのファン、関係者に支えられた」と5人は感謝の言葉を並べた。

(中略)

記録ずくめの1年だった。デビュー曲の年間1位は1986年の石井明美「CHA―CHA―CHA」以来。
デビュー年に1位と100万枚の同時達成は、82年の「あみん」の「待つわ」から24年ぶりの偉業だ。
セカンドシングル「SIGNAL」も年間5位に食い込み、新人史上初の年間シングル2作で同時TOP5入りを達成。
さらにシングル、アルバム、DVD計5タイトルでチャート1位を記録した新人は、
オリコン40年の歴史で初めて。同社200人の社員全員から拍手を受けた。

7日発売の5人で初の新曲「僕らの街で」も、初登場1位で40万枚を突破し、
デビューから3曲連続で初動売り上げ40万枚以上になった。
来年はより真価を問われる1年となる。「2007年も僕らの見たことのない扉がたくさん待っている。
みなさんと新しい扉を力強く開けたい」亀梨の言葉に熱がこもった。

ジャニーズ好調! 06年約半分の26週で週間1位を獲得!(オリコン 2006/12/21)

06年の「年間シングルランキング」をみると、
昨年の「男性優位」「TVドラマ・映画タイアップ」といった
ヒット要素を受け継いだマーケット推移となった。

年間シングルランキングの上位20作をみても、
男性アーティスト、もしくは男性中心のグループの作品は18作を占め(アルバムでは12作)ており、
「男性アーティスト優位」の様相は、いっそう色濃いものとなった。

その大きな要因として考えられるのが、ジャニーズ事務所所属のアーティストたちの驚異的な活躍である。
今年のランキング対象週55週分のうち、
約半分の26週(ジャニーズ史上最多)でジャニーズ・アーティストが首位を獲得し、
年間ランキングもシングルは上位5作中4作を、上位20作でも内9作を占めるなど、
06年のミュージックシーンはジャニーズ一色の年になったといっても過言ではない。

また、久しくミリオン作品が出なかったシングル市場売上だが、
3月にリリースしたKAT-TUNのデビューシングル「Real Face」が、
年度内としては、SMAP「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」以来、
3年ぶりとなるミリオンを達成、また前年度からの足掛け2年で修二と彰もミリオン達成と、
ジャニーズ事務所所属のアーティストから2作のミリオン作品が誕生した。

僕らの街で (初回限定盤)僕らの街で (初回限定盤)
KAT-TUN 小田和正 MA-SAYA

KAT-TUN 完全限定BOX Real Face/Best of KAT-TUN/Real Face FilmKAT-TUN 完全限定BOX
Real Face/Best of KAT-TUN/Real Face Film

KAT-TUN



「シングルチャート」において、
KAT-TUNを筆頭としたジャニーズ歌手の楽曲が席巻した。

しかし、KAT-TUNデビュー曲の累計103万8923枚、
「枚数」で言えば、実は「嵐以上KinKi未満」である。
(KinKiKidsの1st178万6270枚、2nd163万9380枚、嵐の1st97万3310枚)

つまり、この「記録づくし」は、
KAT-TUNの人気どうこう以上に、「シングルチャートの低迷」が大きい。
(現在のアイドルシーンにおいて、突出した人気があることは間違いないが)

年間シングルTOP50におけるジャニーズソング('05/12/05付〜'06/12/18付)

*1位103万8923枚KAT-TUN「Real Face」
*3位*67万6352枚修二と彰「青春アミーゴ」
*4位*59万8951枚山下智久「抱いてセニョリータ」
*5位*56万6719枚KAT-TUN「SIGNAL」
11位*41万5057枚SMAP「Dear WOMAN」
13位*41万0103枚KAT-TUN「僕らの街で」
15位*37万8400枚TOKIO「宙船(そらふね)/do! do! do!」
18位*34万0768枚SMAP「Triangle」
20位*31万7397枚KinKi Kids「SNOW!SNOW!SNOW!」
21位*31万0516枚KinKi Kids「夏模様」
24位*30万1192枚タッキー&翼「Venus」
25位*29万9996枚GYM「フィーバーとフューチャー」
27位*28万0084枚SMAP「ありがとう」
29位*26万5207枚KinKi Kids「Harmony of December」
31位*25万9874枚堂本光一「Deep in your heart/+MILLION but-LOVE」
39位*22万2848枚NEWS「サヤエンドウ/裸足のシンデレラボーイ」
45位*20万2645枚嵐「きっと大丈夫」
46位*20万1485枚関ジャニ∞「∞SAKAおばちゃんROCK/大阪ロマネスク」

KAT-TUNと山下智久関連の楽曲で、年間シングルチャート1,3,4,5位と、
TOP10に4曲、TOP20に9曲、TOP50に18曲と、
他のグループも含め、ジャニーズ勢がかなりの割合を占めている。

しかし、年間アルバムチャートに目を移してみると、
TOP50に入ってるのは、KAT-TUNの11位とSMAPの30位だけ。
昨年11月リリースのKinKiのアルバムの累計売上を
年間チャートに当てはめても42位相当。

ほとんどの人気歌手(一発屋除く)が、
シングルよりアルバムが何倍も売れる時代に(悪くても同等程度)、
ジャニーズ勢は好調なシングルに比べ、明らかにアルバムが売れていない。

ジャニーズ歌手の「アルバム:シングル比」

KAT-TUNア:*74万3359枚シ:103万8923枚
KinKiKidsア:*31万4539枚シ:*31万9120枚
SMAPア:*43万8470枚シ:*41万5057枚シ:*34万0768枚
関ジャニ∞ア:*20万9917枚シ:*24万8684枚シ:*11万0284枚
ア:*15万7838枚シ:*20万2645枚シ:*30万3812枚
ENDLICHERI☆ENDLICHERIア:*15万5620枚シ:*16万3987枚
堂本光一ア:*14万7368枚シ:*25万9874枚
TOKIOア:*11万****枚シ:*40万****枚シ:**7万2430枚
タッキー&翼ア:*10万****枚シ:*14万3014枚シ:*30万1192枚

※****表記は、収束予想枚数
※この約1年間にリリースされたオリジナルアルバム&直前のシングル2枚
※KinKiKids「Anniversary」は特殊な売り方だったので除外
※KAT-TUNの場合、同時発売

SMAP以外のグループは、直前にリリースしたシングルのほうが売れている。
そのSMAPにしても、以前はシングルに比べアルバムが売れていなかった。

Pop Up!SMAP (通常盤)Coward (初回盤DVD付)Harvest(初回盤)Very bestII(初回限定盤)(ジャケットA)

何故、ジャニーズCDは、アルバムよりシングルが売れるのか

良い見方をすれば、固定ファン以外にシングルを買わせたと捉えることも出来る。
だとすると、そのライトなファンがアルバム購入まで至ってないことになる。

逆に悪い見方をすれば、固定ファンによる「複数買い効果」が大きいと考えられるし、
アルバム曲を聴きたいほど「歌手」としての魅力が無いとも言えるんじゃないだろうか。
(支持する低年齢層の経済的問題、アルバム購入の習慣が無いのも大きいか)

また、「アルバムの売れ行き」は「タレントの宣伝効果」が低く、
さらに、シングルより売れないことを自覚しているため、
ジャニーズ事務所自体が、アルバムを売ることに力を入れていない面もあるだろう。

これだけシングルの楽曲が評価されているのだから、
ジャニーズのアルバムが売れるようになることを期待したい。

Two You Four You (DVD付)Two You Four You (DVD付)
タッキー&翼 清水昭男 コダマックス

i album -iD- (初回限定盤)(DVD付)i album -iD- (初回限定盤)(DVD付)
KinKi Kids



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/folder7/50689455
この記事へのコメント
名無しさんはじめまして。
この記事に関するコメントではないのですが、名無しさんへの連絡手段がわからなかったために、ここに書くことをお許しください。
名無しさんの書いた記事を、私の大学のレポートで紹介させていただきたいと思っています。
大々的なものではなく、大学内だけのものなのですが、了承を得たいと思いまして連絡しました。
もしよろしければ、捨てアド載せたのでメールください。
Posted by ゆか at 2006年12月28日 03:07
突然で申しわけありません。現在2006年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.mirai.ne.jp/~abc/movieawards/kontents/index.htmlです。
Posted by 日本インターネット映画大賞 at 2006年12月28日 06:18
kat-tunは初回版通常版合わせて7枚同時発売なんでしたっけ?
それって合計されてカウントされるんですかね?
だったら100万枚行って当然だと思うんですが。
Posted by 犬。 at 2006年12月28日 18:47
「宙船」より「僕らの街で」が売れてるのにびっくりしました。ドラマの視聴率は雲泥の差なのにね。。。個人的にはPちゃんの「セニョ」がこんなに売れるとは思っていなかったので、それにもびっくり!来年も同じ曲を何枚も出されるのかと思うと、そろそろ専業主婦には手が出せなくなりそうですが(笑)
今年は名無しの芸能観察記の人様の、ブログで大変楽しませていただきました。こちらのブログにもお越しいただきありがとうございました。来年もジャニネタ楽しみにしています!長くなっちゃいましてすみません。。。
それでは、よいお年を。。。
Posted by machaxx at 2006年12月28日 19:01
 いつの頃からかMステで毎週発表していたオリコンアルバムランキングをしなくなりました。シングルは今までも発表していますが。これはたぶん世間的にアルバムやその売り上げなどの興味が低くなってきているからじゃないでしょうか。
 昔と違っていまは、ipotなんかもありますし。
Posted by 翔 at 2006年12月29日 11:53