神様と二人三脚 

〜築七〇年 教会の住人の日誌〜

移転しました

永らく更新せずにいましたが、
諸事情により、ブログは下記のアドレスに移転しました。

どうぞ引き続きよろしくお願いします。

神様と二人三脚 http://fonwaka2.blog.fc2.com/

せっかちで便利な世の裏で


今日、主人がある動画を教えてくれました。
「この動画見てみ。涙なくしては見られんよ~。」

主人からそんな風に言うことが珍しいので
是非にと思い、主人のipodを借りてさっそく観ました。
7年前に放送されたNHKスペシャルです。






  
うちの教会は旧国道2号線沿いにあります。
数年前にバイパスが出来るまでは、
大型トラックが昼夜問わず走る、交通量の多い幹線でした。

とくに夜中、ピークは午前3時~4時ごろでしたか、
大型トラックが猛スピードで走りぬけます。
教会は、そのトラックの地響きでガタガタと揺れたものでした。

1年に1回くらいの頻度で教会の前の信号では、
トラックの玉突き事故や
道路沿いの家屋への接触事故が起こりました。
(犠牲者が出たことはないのが不幸中の幸いですが)

以前に一度、数メートル先の月極駐車場にトラックが突っ込んだ
こともあって、
この教会もいつ突っ込まれるかわからないなあなんて
思いながら、道路側にあるお風呂場で湯船に浸かる日々でした。

また、独身の頃のある時、
御本部の御用で夜中に教会を出発し、
車で御霊地に向かっていた道中の山道のカーブで
対向のトラックがセンターラインを超えてきて
危うく正面衝突しそうになったことが
ありました。

そんなこんなで
長距離のトラックの運転手の方々は大変だなあということは
肌身で感じてはいたものの、
心が狭いようですが、正直なところ
これまで私自身は教会に突っ込まれたら 困るから
どうか道中無事故でいかれますようにと
神様にお願いしていたような気がします。



改めてこの動画を拝見しますと
本当に血を吐くような思いを抱えてハンドルを握られている事。
この運転手さんたちが身を粉にし、家族団らんを犠牲にして
日本の物流を支えているのにもかかわらず、
まったく報われていない事に憤りを感じます。


しかし、その一方で自らを振り返ってみますとどうでしょう?

わたしは、よくネットで買い物をします。
小さい子がいると買い物が大変だったりするし、
なるべく買い物で教会を留守にしたくないので
ネットで購入出来る物は極力利用しているのです。

送料無料だし、即日発送で、大概翌日には届く。
3日以上かかると、「遅いなあ」と不満に思うくらいです。

わたしは「安い」「早い」「便利だ」と思うことの裏側に
どれだけの人々にご苦労をおかけしているのか、
どれだけの人々の人生に影を落としてきたか、
まったく分かっていませんでした。


今日は、あの大震災からちょうど2ヶ月の節日でした。

わたしたちの日常がごくごく普通にそして快適に営まれていくという中に
様々な縁の下の力持ちのお支え、たくさんのお働きによって
出来ていることにまだまだ御礼が足りません。自覚が足りません。


最後に
長距離トラックの運転手の方々の労働環境が一日も早く改善されますように。
そして日々の交通安全とお仕事の成就、立ち行きをお祈り 申し上げます。















  







母の日

今日は、母の日。
そして、わたしの38歳の誕生日でした。続きを読む
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
ソーシャルブックマークボタン
  • ライブドアブログ