今日は口数が多い

好きな事、感じた事を書き留めている個人的な日記です。 仕事漬けで病んでいた42歳の頃、偶然観たQUEENのライブDVDで封印していた自分に気付き、46歳から始まった関節リウマチとの日々で更に自分を深く知り、50代の今は90代の義母に翻弄されながら毎日を楽しんでいます。

助っ人その1(順不同)「自分治療案内人☆なおぽん」

dokudami
裏庭のドクダミが勢力を拡大中(汗)

昨年9月にリウマチを卒業し、今年1月から補講中の私です(汗)

先日のブログで「これからは自分の体と心を整えたい」と書きましたが。

少しずつ始めてますよ
「自分のココロとカラダを整える」企画、忘れないうちに書いておこうと思います。


一つ目はこれ。
「自分治療カウンセリング」 by 自分治療案内人☆なおぽん

私は、ドラッグフリー(薬を使用しない)で寛解になること(病気の症状がないこと)が目標なんですが、面白いのは、世の中には「リウマチ気質」といって、リウマチになりやすい人に共通の性格がある!と指摘する言葉があるのですよ。
自分なりの決め事が多い、頑固で人の話を聞かない、ストレスをためやすい、神経質、細かいことを気にしてくよくよする、などなど。

あれ、これはリウマチでもなんでもない、誰かさんの性格にそっくり?(笑)
原因不明の病気によくある、先入観の一つなんでしょうね。


とはいえ、病気の原因にストレスが関係しているというのは、周知の事実。
そのストレスを作っているのは、自分自身の考え方のクセなんですよね。

でも、その「クセ」って、自分にはわからない。
だから苦しいわけで。


私には信頼している現代医学の先生がいて、2010年からずっと一緒に相談しながら、薬での治療を続けています。
でも、現代医学の先生というのは、エビデンス(科学的根拠)の無いものは立場上言いづらいのでしょうね。また、日本の診療報酬制度の関係上、15分以上の診察時間を割くのがけっこう難しい。
なので、ストレスの相談はしづらいのです。(あ、私はけっこう相談してて、先生も聞いてくれるし、ズバッと切られたりしますが笑)

それから、ずっと支えてくれているダンナさんがいます。辛い時は黙って寄り添ってくれます。でも、あんまり病気の話をすると、本人も一緒に落ち込んでしまう性格なので、細かい話はしないです。

そして、いつも話を聞いてくれる友人がたくさんいます。辛い時はそっとサポートしてくれます。でも友人とは一緒に楽しい時間を過ごしたいので、病気の話はほどほどにしちゃいます。

信頼できる医者、ダンナ、友人。これだけでも、とってもありがたいのです。
でも、わからないことを話されても、困ってしまいますよね。

ここは、その道の専門家のサポートをお願いしたいところです。

以前、友人がコーチングの資格を取るためのモニターをやったことがあります。
毎週1回1時間ほど、話を聞いてもらったのですが、これが楽しかった!
1時間も自分のことばかり話すっていうの、あまりないかも。
この時、この友人にはたくさんの気づきをもらいました。

病気のことに詳しくて、近代医学のことも代替医療のことも、そして食事や運動のことなど、なんでも相談できる人がいたらいいな〜って、ずっと思っていました。

強い願いは、かないますね。
いたんですもの。すぐ近くに。

それが、なおぽんです。

なおぽんは、八王子を拠点に活動している「あめつちのとり」のメンバーです。

「あめつちのとり」とは、東京八王子市を中心に、セラピスト、カウンセラー、講師の仲間たちが集まり『こころと身体の健康』をテーマに活動しているユニットです。

助けてくれる仲間って、彼女たちのこと

なおぽんは、心理カウンセラーのほかに、芸術療法の分野でのセラピストとして活躍しています。普段は臨床検査技師として、病院に勤務しています。

そのなおぽんに相談したら、快くカウンセリングを引き受けてくださり、4月から毎月1回お願いしています。

毎回2時間ほど、じっくり話を聞いてくれます。
この、自分のことをとことん話せるって、スゴイことなんですよ。

カウンセリングは傾聴が基本なので、なおぽんは自分の意見を挟まずにずっと聞いてくれます。こんなことがあって辛かった、と延々と話すうちに、「あれ?語りつくせないくらい大変だと思っていたのに、これでおしまい?」なんて、頭の中が整理されてしまうんです。

そして、気付く「きっかけ」をくれる。

最初はね、私がやろうと思っている自分治療の方法について相談したいと思っていたんですよ。ところがなおぽんは、その方法について延々と語る私のクセに、すっと気付かせてくれたんです。

自分で決めた決め事に縛られ、勝手に苦しむクセ。

食事を整えなきゃいけない、腹を立てちゃいけない、掃除をしなきゃ、生活を楽しまなきゃ。

そうやって決めて、できないと落ち込む。

いや〜さすが心理カウンセラー。

これ以外にも、たくさんの気づきがありました。
あ、これは内緒(笑)

なおぽんは、自分が自分をしっかり認めていく事こそが、色々な意味で心と身体の治療に繋がっていくと考えているそうです。これは自分のアトピーの経験と、勤務先での経験から生まれた、ゆるぎない信念なのでしょうね。

そんな彼女がくれた言葉。

「リウマチを完治させましょうね」

泣けました。

もちろん、リウマチを完治させるのは自分自身で、なおぽんが治すわけではありません。

今までの私は、ある意味、孤独だったんですね、きっと。
なおぽんは、自分一人で苦しんでいたアトピーの経験から、私に、しっかり寄り添ってくれる。

なんて心強いこと。
まさしく「助っ人」ですね。

勇気百倍!

前途洋々〜〜♪♪

「なくて七癖」

kasiwaba
裏庭の柏葉アジサイが、つぼみを付けました。

短大を卒業後、最初に就職した会社の上司に
「あなたっていつも「悩んでる」って言ってばっかり。悩むのが好きなのね」
と言われたことがあります。

当時は「悩むのが好きな人なんていないわい!なんてひどい人だ!」と、かなりムカつきました。

今考えると、「心配してほしい」「助けてほしい」と言えばよかったのね、と思います。

「悩むのが好き」=「悩みグセ」

悩むことが私のクセのようです。


この一か月間、「片づける!」と決めて突っ走ってきて。

終わってみると腕や肩が痛いし、関節は腫れるし薬は増えるし、なんか片付いた感が無いし、集中という「ひとり引きこもり」となり、周囲が見えなくて、浦島太郎感でいっぱい。

これもきっと、私のクセ。


日本のことわざに「なくて七癖あって四十八癖」というのがあります。
クセが無いように見える人でも、少しは癖を持っているものだということ。

日本語では「七」という数字は「多い」という印象のものだそうで、
どんな人でもたくさんのクセがあるんだよ、ということかな。
また「四十八」とは縁起のいい数字だそうで、クセが多いのはイイことだよ、ということかも。

英語のことわざでは Every man has his faults.(人には誰でも欠点がある)

解説を読むと、『癖=「くせ」とは、人が知らないうちにやっている、かたよった 言葉や行動、または、考え方や、好み。悪い習慣。欠点。 』だと。

これだと「クセは悪いこと」っていう印象ですね。

そう刷り込まれているから、身体が反応するのかもね。

ajisai
西洋アジサイにもつぼみが(^^)


自分のクセに気付いて、その理由をわかりたい。

今年は「潜在意識」へのアプローチをはじめますよ。

niwa
初夏の裏庭は、静かに息づいています

tori
春になったから、野鳥のご飯はなし。虫を食べてね

庭やベランダ、室内の植物たちの手入れもしないとね。。。

あ、「しないとね」(汗)

植物たちの手入れ、楽しもう

怒涛の一か月(いつもですね)

新たなスタートを切ってから、もう一か月。。。
穏やかな日々がやってくると思っていたのに。。。

突然おとずれた、大掃除と断捨離Rの日々。
(理由はすべて想定外の外圧

新たなスタートを切る前に

「一掃せよ」

と、お告げが来たのかもしれません。

やりましたよ、ええ。

2回の大掃除に、目についたものは片っ端から処分しました。

途中、義母とのバトルに家族の行事、自分の楽しみも挟み

全力疾走〜〜

気管支炎が長引き、身体の痛みが出るスレスレの綱渡り状態で、
毎晩、電池切れで倒れるように寝ておりました。

そしてやっと

「一掃」終了(たぶん)

で、落ち着いてブログ書いてます。

いろんなことが吹っ切れた気がする・・・

終わったのは、さそり座満月の前後。

破壊と再生のパワー、半端なかったですわ。


なんて書きながら気が付いたけど

私、いつもこんな感じですね

予期せぬことがやってくると一杯一杯になってしまう〜

周りが見えなくなり、一人で引きこもり、自分のことしか考えず
迷惑をかけたり音信不通で感じ悪いヤツ。

そんな自分を一掃したい。

そう思ったのでした。

2017年、新たな春

先月末で、3年7カ月続いた週3回の事務アルバイトを辞めました。

一つ目の理由は、義母のことです。
あ、義母本人ではなく、私の勝手な反応のこと。

2年前、2月に大腿骨頸部骨折、10月に転倒による外傷性クモ膜下出血で、3か月ずつ入院。その後はリハビリの日々となりました。私は今まで、ほぼ自分のことしか考えないで生活してきましたが、さすがにそうはいかず。仕事のミスも増え、夕飯の支度までに帰ることが難しいこともイライラの元となりました。

二つ目の理由は、自分の体のこと。
今年1月から関節が腫れはじめ、もう肉体的にも精神的にも無理はできないなと。

最後の理由は、毎日を満足して暮らしたいこと。
もう55歳、そろそろ自分の使命に気付き、充実した日々を過ごしたい。

そんな理由で、一区切りさせてもらいました。


いろんな人から、今年の春は特別なんだという話を聞きました。
3月20日は宇宙元旦、何かが大きく変わる節目だそうで。
その前に体調が悪かった人は、デトックスをしていたらしい?

そんな特別な春に、新たなスタートを切ることができました。


これからはまず、自分の体を整えようと思ってます。
そろそろ食事を整えたい。2009年に徹底的な食事制限をした反動で、2010年以降はユルユルで見ないふりをしていたのですが、体づくりの基本はこれですよね。
あとは、適度な運動(ウォーキング)と良い睡眠。体幹の筋肉もちょっと鍛えようと思ってます。

次に、自分の心を整えたい。
いままで結構向き合ってきたと思うんだけど、まだまだ怒りやストレスの元になっている、自分の思い込みに気付き、癒したい。
これについては、助けてくれる仲間がいますので、みんなに頼ろうと思ってます。

そして、自分のできることで、必要としている人の役に立ちたい。
以前の生業であったビジネスコンサルティングの仕事を、再開しようと思います。ふ〜カフェも再開します。

最後に、義母との暮らしを楽しみたい(介護と言ったら怒られる
義母との暮らし、結構面白いし。

おっと、もちろんダンナとの暮らしも楽しみます。
ダンナと出会って10年、結婚して7年、なんだかもう、すっかり人生の同志という感じで、居て当たり前の存在になってます。喧嘩もしょっちゅうだけど

ということで、新たなスタート宣言でした

「卒業」から「補講」へ

昨年9月に「リウマチ卒業式」に出て、リウマチを卒業した私。

ここだけの話ですが・・・

今年1月に関節が腫れちゃった(笑)

うっかり薬を修了する前に、増量(笑笑)

まったく、マヌケですね〜〜

痛い〜〜となったら、薬に頼っちゃうヤワな私・・・
ヘタレなところが私らしい

さて、なんで腫れちゃったんだろう???

この春に向けての大大デトックスだったのかも?

だって、春分過ぎたら落ち着いてきたんですもの

これを機会に、今までのバイトも終了しました。

新たな気持ちで、毎日を楽しく暮らしていきますよ。

今年はね、まだ気付いていない潜在意識を見つめていきたいと思ってます。
それから、ずっとサボっていた「おいしい食事」を作って食べること。

このブログも久しぶりに、マメに記事アップしていきますので(あ、宣言しちゃった)
どうぞよろしくお願いいたします

リウマチ卒業式に行ってきました♪

今日は「リウマチ感謝!さん」主宰の「リウマチ卒業生に会いに行こう!☆リウマチ大感謝祭☆」に行ってきました!!!

卒業生です、私!

やったーーー!!!エライぞ私!!!

思い起こせば(←おおげさ)
初めてリウマチ感謝!さんのカウンセリングを受けたのが2009年3月。
その時の記事はこちら

そして2010年4月に、リウマチ感謝さんのセミナーである「リウマチ卒業式」に参加しました。
その時の記事はこちら

その時ものすごく感動して、「私も卒業生になりたい!」って願ったんですよね〜

本当に、その時が来ました。

当初予定より、かなーり遅れましたが(滝汗)

薬を止めていないことに対する後ろめたさがあって、なかなか卒業の決心がつかなかったんですが、今はもう、なんの後ろめたさもありません(笑)

リウマチ感謝!さんから、卒業証書と花束をいただいて、、、

嬉しい♪♪♪

卒業

リウマチ克服体験インタビューをしていただきましたが、うまく話せたのかな?8年9か月の間、いろんなことがあったので、上手くまとめることができませんでした。

リウマチ卒業体験談を書きましたが、こちらもかなりダイジェスト版。

そのうちに、このブログでじっくりまとめてみようと思います(少しずつ、ね)


そして、「治ったよ!おめでとうワーク!」
今日は私が、卒業生のところに立ちました。

私たち卒業生のほうへ歩いてくる皆さん。
涙ぐむ方もいらっしゃる。
2010年の自分に重なりました。

治る!と決めたら、治りましたよ!

リウマチ感謝!さんのセミナーに参加する方は、その時点でもう治り始めているのだと思います。自分で治そうと決めている。そのための行動を起こしている。

心の目は、明るいほうに向けよう。

セミナー後の懇親会で、いろんな方とお話ししましたが、ここでも上手くお話しできなかった気がします。お話しできなかった方もいらしたし。あっという間の時間でした。

リウマチのことを話せて、理解してもらえる場があるということは、本当に心強いことでした。この場を作ってくださるリウマチ感謝!さんに、お礼の気持ちでいっぱいです。

次の卒業式が、楽しみです〜〜♪


さーて。
そのうち、うっかり薬を終了したら、また報告しますね♪



2016年3月から今までのこと。リウマチ卒業の決意する。

あっという間に5か月。
義母は順調に回復・・・というわけにはいかず。
肩が痛く腕が上がらない、ということで、
お風呂介助が始まりましたよ。

ま、良いです。
できることはやろう。

日々、いろいろあるけれど。
エンブレルは3週に1回で落ち着いているし。

3月末の結果を見て、リマチルが効いていないのではないか?というタンタン先生の意見に従って、4月からケアラムに変更になりました。
ケアラムは最初の1か月は朝1錠で、問題なければ朝晩飲むみたいなんだけど、これ、ちょっとお腹が緩くなるという副作用があるようで、わたしもそうなったので、朝1錠のみで様子を見ることになりました。

それも落ち着いてきて、痛みも出ないから、ずっと1錠のまま。

義母の世話を鬼嫁として楽しくやりながら、
家族の問題も仕事先の問題も、騒がずやり過ごし。

現状維持の日々が続いておりました。

そして7月。

あの痛ましい、障がい者施設殺傷事件が起きました。
人間の中にある差別の心を考えていた時に、はたと気付いたのです。

私にも、同じ差別の心があると。

自分より弱い者に対してかわいそうと思うとともに、自分はそうでなくてよかったと思う心があると。

そしてそれは、リウマチが完治しない自分を否定していて、完治しない自分を自分自身が差別していたということ。

完璧な健常者などいない。

そのままでいい。

あるがままでいい。



今度こそ、リウマチ卒業式に出ようと決心しました。


愚痴と弱音

愚痴。
弱音。

人の愚痴や弱音って、聞きたくないですよね。
聞いてて、疲れてしまう。
そんなこと、誰にもあることだから、文句言わないで次に進んだら?
なんて、思ってしまう。

でも、自分の愚痴は聞いてもらいたい。
愚痴を言いたい。
弱音を吐きたい。

愚痴や弱音って、良くないことなのかな?

愚痴っちゃいけない。
弱音を吐いちゃいけない。
そう、親から言われた?
学校の先生から言われた?
近所の人が言っていた?
誰に刷り込まれたんだろう。

言葉にして、お腹の中から外に出した方がいい。
独り言でもいい。
日記に書いてもいい。

そうやって、心の不安を外に出してしまったら。
なんだか晴れ晴れとして。

弱虫の自分を抱きしめてあげたくなって。

さ、次に進もうか。って思えるようになる。

みんな同じ。

愚痴も弱音も、そのまま聞いたらいい。
助言も、アドバイスもいらない。
そうだよね。辛いよね。腹立つよね。

それからその人がどうするかは、その人がちゃんとわかっている。
信じていればいい。

そう思うと、愚痴や弱音を聞くことが嫌ではなくなった。
自分にも、同じ弱さがある。
しみじみ、共感する。

にんげんだもの。
弱いもの。

だから、一人じゃない。
わかってくれる人がいる。

さ、明日からまた、生きていこう。

2015年7月から2016年3月までのこと

ご無沙汰しておりました。
あっと言う間に2016年(汗)
前回の記事アップから今までのこと、まとめておきます。

続きを読む

熱いうちに叩け!

3月から、指の腫れが出てきましたが。

5月、とうとう右手の指が曲がらなくなりました(汗)
痛いね〜

タンタン先生に相談したら。

「お〜、腫れてるね!」
「今のうちに、一気に叩こう!!」

と、相変わらずの強気発言。。

そして、エンブレルを6週間、週1回50ml。

ほえ〜です。

50mlの注射器は、なんと「ワンタッチ」
ボタンを押したら容赦なく針が刺さり
そして容赦なく薬液が注入されるのです。

そーっとそーっと針を刺して、
歌を歌いながらゆーっくり25mlの薬液を注入してきたのに。

いくぞ、いくぞ、ボタンをぶちっ!
イテ!
そして10秒カウント。
いてててて〜!!!

はぁ〜

毎回、力入って疲れるわぁ〜

そして6週間。

指の腫れ、引きました。

薬って、効くのね〜〜

タンタン先生は

「よし!速やかに2週間に50mlに変更!」

は〜い。

8月まではこんな感じ。

まだちょっと、エンブレルと付き合います。


溜め込んでいる怒り。吐き出そうっと。


Recent Comments
Recent TrackBacks
KWEEN Live in Japan 2008写真! (ANNAN(ふれでぃ・えとう)の気まぐれ日記)
KWEENラストライブの日
KUROSAWA ROCK FESTIVAL Vol. 1 (あきの徒然なるままに)
愛のふれでぃ
KUROSAWA ROCK FESTIVAL Vol. 1 (あきの徒然なるままに)
愛のふれでぃ
星を想う (あきの徒然なるままに)
号泣の理由
KWEEN Live Killers (ifg妹・マウスでお絵かきやってます)
Kween Live Killers
『TOMMY』@東京厚生年金会館 (ARAIA -クローゼットより愛をこめて-)
ロックオペラ、TOMMY
ライブ! (晴れ、ときどき、雨。)
Kween Live Killers
Live Killers by Kween (あきの徒然なるままに)
Kween Live Killers