週末はテーブルコーディネートのお仕事を請け負ったレストランの
食器制作チェックの為、NIKKO蠅旅場に出張でした。

RIMG0018


NIKKO蠅錬隠坑娃固に金沢で創業。
原料から生産、出荷までを一貫して日本で行う洋食器メーカーで、
加賀の伝統文化である九谷焼、手づくりの感覚を大切にする
金沢の美意識が反映されたモノ作りを貫いています。

RIMG0031



工場はオートメーション化していると思いきや、人の手が入る作業が多く、
工場で働く方々の職人技に驚くばかりでした。

これは出来たてほやほやで湯気が上がる生地
RIMG0040


ボーンチャイナの原料。リン酸カルシウム。
RIMG0042


粘土生地をプレス成形。
RIMG0044


成形された生地は手作業にて仕上げられ窯へ。
RIMG0051


多品種!そして小ロットからの発注にも対応してくれる。
RIMG0052


締焼き 1200℃で12時間
RIMG0057


石の中にお皿が@@研磨中
RIMG0063



また有名料理人や、ホテル、レストランのオリジナル食器、
他社メーカーのブランド食器などの多くがニッコーさんの工場で製造されいます。

RIMG0023


ニッコーさんにはお客様のニーズを形にするべく対応してくださるデザイン部門があります。
無理難題も前向きに形にすべく考えてくださる柔軟さも兼ね備えていて、
頭が下がるばかりです。
クリエイティビティー溢れる方々とお仕事をご一緒させてただく事は本当に刺激になります。

最後に九谷焼の赤絵細描の最高技術保持者である
福山武山先生のお仕事場にも案内していただき、素晴らしい筆使いを
拝見させていただき、大感動!

RIMG0074


そして夜は地元のお寿司屋さんにて。
さっきまで活きていたズワイガニをいただきました〜〜〜♪

RIMG0092


RIMG0095


金沢の伝統文化、職人魂に触れた有意義な時間でした。
そして今度は観光でゆっくりと訪れ、石川県をもっとよく知りたいと思うのでした。