料理撮影

おもてなし水餃子

小学館「女性セブン10月13日号」で掲載していただいた水餃子。
カメラマンは楠聖子さん。
とても素敵に写真を撮ってくださいました!

水餃子集合


水餃子もちょとしたアレンジでおもてなし料理に大変身します。
鶏ガラスープを注ぎ、海老やお野菜を添え、お椀として。
水餃子



洋風トマト、中華黒酢、和風梅ベースのつけダレを添えて、オードブル風に。
つけダレや、薬味のトッピングで味の変化を楽しめます。
水餃子オードブル


これからはあつあつ茹でたて水餃子がおいしい季節になります。
おうちで水餃子パーティーはいかがでしょう。

あつあつ鍋焼きうどん

うどん子供の頃、お蕎麦屋さんで頼むのは決まってこの季節限定の鍋焼きうどん。
出てくるまでけっこう時間がかかる。
家族のみんなが食べ始めている中、早く来ないかなぁ〜。
やっと来た時の嬉しいこと!
蓋を開けると湯気が立ちのぼり、だしの香りが広がる。
「わ〜おいしそうだね〜。熱いから気をつけて食べなさい。」
側にいる家族の声が遠くで聞こえているような。。。
海老の天ぷら、落とし卵、かまぼこ、椎茸の甘辛煮・・・・
私の目はすでにどれから手をつけようかと迷って、
脳内はかなりハイテンションだ。
見てワクワク、食べて幸せな鍋焼きうどん。
ふとそんな記憶がよみがえった。

寒い日には暖かい部屋であつあつのうどんを食べるのが最高だ。

本日はシーフードたっぷりのイタリアン鍋焼きうどん

やけどしそうにグラグラに煮立った鍋の蓋をあけて

ふーふーしながら慎重に口に運ぶ。

あ〜〜〜体の芯まで温まる ・・・・

だしのうまみたっぷりの定番鍋焼きうどんもいいが、
たまには変わり鍋焼きうどんはいかが?

スパイシーなカレースープ
まろやかなクリームスープ
すっぱ辛いトムヤムスープ

お好みのスープベースを土鍋に張りうどんと具を入れて
グラグラすれば出来上がり!

寒い日の食卓にいかがでしょう。

と思ったら・・・
さっそく今から下ごしらえ。

シーフードたっぷり「海の幸の鍋焼きうどん」
作る気満々になったらレシピはこちらからどーぞ(2/5〜掲載)
http://www.elle.co.jp/atable/cooking/recipe

<撮影風景 2009.1.4>
年始早々に撮影初め。今年はエル・オンラインの
フードバトル連動企画でスタートしました。
フォトグラファーは松永直子さんです
年始からありがとうございました!
スタイリングはベースのクロスでずいぶんイメージが変わり
どちらの写真を掲載するか悩む所でした(-_-;)

エル・ア・ターブル 42号 フードバトル掲載記事(P119)
1/31発刊 アシェット婦人画報社
インターネットでも見ることができます。
http://www.elle.co.jp/atable/pollfuukei
フードコーディネーター
柳瀬 真澄
masumi yanase
元キャラクターデザイナー
1996年より料理の道に進み、知人の紹介がきっかけでフードコーディネーターという職業に出会う。
食を通じて人が楽しく幸せな気持ちになれるお手伝いができるよう心がけている

記事検索
QRコード
QRコード
当WEBサイトの内容の一部、または全部を無断で複製、変更することは法律で禁じられております。
Copyright(C) 2008 MASUMI YANASE All Rights Reserved.