2010年10月24日

第25回(11/2)FJ会議「グルマン世界料理本大賞・大研究」(序章) 狐野扶実子ほか

詳細はこちら!

22)


foodjournalist at 16:32|Permalink

2010年09月12日

第24回(9/15)FJ会議「ウオツカ流!生辣油生活のススメ」(魚柄仁之助)

第13回「偽装食品のススメ」(2008年2月)以来、魚柄さん2度目の登場です!

36)





































◎日時:9月15日(水)19:00〜21:00 (18:30開場)

◎会場:「東京ビジュアルアーツ」5階大教室(505A)

    アクセスはコチラ! (最寄り駅=市ヶ谷、麹町、半蔵門)

◎定員:100名 満員御礼

◎会費:5000円

    参加者全員に魚柄さんの最新刊プレゼント!
    『ラー油はラー油でも生辣油の本』(9/20発売、プレジデント社刊) 

◎テーマ:「今こそホンモノ!ウオツカ流「生ラー油生活」のススメ」(仮題)

◎ゲスト:魚柄仁之助(うおつか・じんのすけ)

     <作家・食文化研究家>

     1956年、福岡県北九州市生まれ。実家は大正時代から続く古典料理屋。
     大学で農業を学び、その後バイク店を18カ月間、古道具店を10年経営。
     その一方、健康的で無駄のない食生活を提言し続けている。
     ブルースギタリスト、ペーパーナイフ作家としても活躍中!
     ベストセラー『ひと月9000円の快適食生活』
     『うおつか流大人の食育』『うおつか流台所リストラ術』、
     『冷蔵庫で食品を腐らす日本人』『明るい食品偽装入門』など著書多数。
     原作コミック『おかわり飯蔵』は、ドラマ・DVD化されている。
 

◎協力:プレジデント社東京ビジュアルアーツ

◎特別協賛:東果大阪株式会社(一品一会)


◎おみやげ(予定)
 ◆うおつかさん家の『ラー油はラー油でも生辣油の本』(プレジデント社)
 ◆うおつか流「よっちゃんラー油」お試し用
 ◆関西青果流通の拠点、青果大卸「(株)東果大阪(一品一会)」
  射手矢さんの泉州タマネギ使用「食べるラー油」お試し用
 ◆味の素「GABANドレッシング新商品」
 ◆漢方健康食品OEMのパイオニア(株)シンギー「蜂の子サプリメント」
 ◆白金マダム御用達「ZEN(ゼン)禅カフェ」和素材ドーナッツ
 ◆(株)東洋オリーブ&青木敦子イタリア料理教室
  オリーブペースト&オリーブマヨネーズ


◎参加メンバーのリポート
白木あきこ「ほぼ日刊 追求!美食道」 
ラテン系企画マンの知恵袋
マネックス・ユニバーシティ社長 内藤忍の公式ブログ 
元釣り雑誌編集長 三浦修のぐうたら釣り日記 
放送作家はっぴーふーみん 行列★日記 
くにろくが発信する私的ニュース!「くにろぐ」 
くにろく 東京食べある記」 
渋谷ではたらく女社長〜ゆるやかに、たおやかに! 
小谷あゆみ「ベジアナあゆの野菜畑チャンネル」 
女性だけの編集制作プロダクション☆3jags(スリージャグス) 
食べもの探求家「tabetan ようちま」
木村伸子(料理教室イノサンク主宰)「伸子のひとり言」
izumimirunnの「vege dining 野菜のごはん」 

foodjournalist at 23:58|Permalink

2010年02月15日

東京京都大学 第23回FJ会議「京都ツウ!傾向と対策2010」

46)










◎日時:2月10日(水)18:30〜21:00 (18:00開場)

◎会場:ビジョンセンター秋葉原
    千代田区神田淡路町2-10-6 OAK PLAZA(オークプラザ)2階
    (1階がファミマと「カフェOAK」、上がホテルマイステイズです)

     最寄の駅は・・・JRお茶の水駅、JR秋葉原駅、JR神田駅
             都営新宿線 小川町
             丸ノ内線 淡路町
             地下鉄千代田線 新お茶の水

    ※アクスセマップはコチラ!
    「神田やぶそば」の裏のあたりです。


◎会費:5000円(おみやげ付き、食事はありません)

◎エントリー方法:完全紹介&事前登録制
    (例によってフードジャーナリスト会議代表わぐり宛にメールを)
    *氏名、会社、職業(職種)、「食」に特化した近況1行プロフィールを添えて!
        
◎テーマ:「京都ツウ!傾向と対策2010」(仮題)

52)









◎ゲスト:関谷江里(大人気サイト「関谷江里の京都暮らし」主宰)

     藤田功博(オールアバウト「京都」ガイド、株式会社のぞみ代表)

◎コーディネーター:わぐりたかし(放送作家、FJ会議代表)
   
          葉石かおり(エッセイスト、利き酒師)

◎主催:日本フードジャーナリスト会議

◎協力:京都のことならおまかせ!株式会社のぞみ

◎特別協賛:東果大阪株式会社(一品一会)

◎おみやげ:東果大阪株式会社(一品一会)
       幻のグレープフルーツ『ゴールデンオロブロンコ』
      京都北山マールブランシュ(株式会社ロマンライフ)
       「お濃茶ラングドシャ『茶の菓』」
      株式会社 のぞみ刊単行本『京都みやげを買う前に』
      株式会社コトコト「らくたび文庫」1冊
      八代目儀兵衛「祇園の料亭で使われている特別なお米」
      カンロ飴×『料理通信』のコラボ開発新商品
       メゾン・ド・コンフィズリー第1弾「とろり、とけあうキャラメル」
      創業120年 仙台味噌「川熊」の「仙台みそ」
      よーじや 「まゆごもり 入浴液」(1包タイプ)


◎内 容:前説;葉石かおり&わぐりたかしによる重大発表!
        「東京京都大学」設立準備委員会発足!


     1部:(基調講演)藤田功博「ヒットする京都企画の秘密
                 〜2010年、京都はこう動く!」

       ・最新観光統計から理解する京都の現状
       ・2009年ヒットした京都本ベスト3とその傾向とは?
       ・2010年、京都のコレが来る!ヒット予測  など


     2部:(トークセッション)関谷江里「京都美味案内」

       ・京都でいま行くべき店
       ・京都のここが落とし穴!
        取材のときにやってしまいがちなミス・勘違い
       ・お店の人からとっておきの情報を聞くコツ など

      
     3部:(名刺交換タイム) 20:45頃まで
        <関谷江里「京都 美味案内」即売&サインも!>

    

◎ゲストプロフィール

▼関谷江里(せきや・えり)

 京都偏愛フリーエディター&ライター

 1960年代前半生まれ、秘密だけど大阪出身。
 学習院大学フランス文学科卒業、
 ソルボンヌ大学文明講座修了。

 出版社や広報会社勤務で25年の東京暮らしの後、
 2006年末京都に移住。
 2003年秋から約3年間「週刊文春」に「東西食遊記」連載。
 他「料理通信」「CREA」など、
 主に京都の食事情をテーマにした雑誌での仕事多数。
 著書 『京都 美味案内』(扶桑社・現在3刷)
 NHK文化センター京都教室講師。
 京都食情報満載の「関谷江里の京都暮らし」は毎日更新! 


▼藤田功博(ふじた・たかひろ)

 オールアバウト「京都」ガイド
 30万部突破!『歩きたくなる京都地図本』執筆&制作
 株式会社のぞみ代表取締役社長

 1980年京都市生まれ。
 京都大学経済学部経営学科にてマーケティングを専攻。

 大学在学中にタウン情報誌を制作する雑誌社でアルバイトを始め、
 4回生の冬(2002年)に、「京都の街をより活性化する」ことを目標に
 株式会社のぞみを立ち上げ、代表取締役に就任。
 京都が好きで集まってきたメンバーと、日々、企画&取材に明け暮れる。

 30万部を超える大ヒットとなった『歩きたくなる京都地図本』など、
 京都ガイドブックの分野で数々のベストセラーを生み出しているほか、
 京都ブランド商品の開発、プロモーションや、
 新しい観光ツアーの企画を行っている。

 外国人観光客向けの英語サイト「Kyoto Travel Guide」(京都市)の制作や、
 世界遺産を中心とした京都の観光名所を、英語と中国で案内する音声端末
 「多言語イヤホンガイド」をリリースしてホテルでレンタルするなど、
 京都の情報を世界へも発信!

 2006年より立ち上げた「関西若手経営者の会」の代表理事も務めている。
 ブログ「京都を遊ぶ社長のblog」


◎参加メンバーのリポート
 関谷江里「関谷江里の京都暮らし」
 藤田功博「京都を遊ぶ社長のblog」
 葉石かおり「美酒らん」

 大森由紀子(フランス菓子・料理研究家)「ユッキー♪♪のブログ」
 満木葉子「立教ビジネスクリエーター塾」
 白木あきこ「ほぼ日刊 追求!美食道」
 くにろく「東京食べある記」
 手塚美幸(感性リサーチ)「感性トレンド研究日誌」
 藤井友子「きものプロデューサーの日々 from 京都」

foodjournalist at 10:14|Permalink

2009年10月18日

第22回(10/18)FJ会議「アグリガールが日本を救う!!」

お台場会議パワポ1


◎日 時:10月18日(日)15:30〜18:30

◎会 場:【第1部】マルシェ・ジャポン お台場会場(お台場パレットタウン)
     【交流会・第2部】ヴィーナスフォート「青龍門」

      ※お台場パレットタウンまでのアクセスはコチラ!

◎会費:無料(マルシェ食材を使用した軽食・ドリンク付)

◎参加方法:メンバー及び完全紹介制(事前登録が必要です)

◎ゲスト:藤田志穂(ノギャル、元カリスマギャル社長)
     大桃美代子(キャスター、魚沼で米作り挑戦中)
     小谷あゆみ(フリーアナウンサー、ベジアナ)

◎コーディネーター:わぐりたかし(放送作家、フードジャーナリスト会議代表)

+ + + + +

◎主催:日本フードジャーナリスト会議、マルシェ・ジャポン

◎後援:FOOD ACTION NIPPON 

◎協力:株式会社 野菜ビジネス 「ハピ・マルシェ」

+ + + + +

◎当日スケジュール:

  15:00 受付(お台場パレットタウン・パレットプラザ

  15:30 【第1部】マルシェ・ライブ中継

  〜16:00     お台場パレットタウン・パレットプラザ
             特設トレーラースタジオ(FJ会議用)にて、
             マルシェ参加生産者などを交えて青空トーク

  16:15 【交流会】隣接のヴィーナスフォート内の店舗「青龍門」に移動して
             軽食付き名刺交換会&マルシェ参加生産者の食材試食会

  17:00 【第2部】同「青龍門」」にてFJ会議
  〜19:00   (活動報告&パネルディスカッション)

         ◆小谷あゆみ「ベジアナ流☆自産自消のススメ」
         ◆藤田志穂 「ノギャルのススメ」
         ◆大桃美代子「ちょっと農業してきます」

ピクチャ 2ピクチャ 3ピクチャ 4







◎ノギャル(藤田志穂)関連参考URL
 楽天市場「シブヤ米」
 ノギャルの挑戦 農家も熱いまなざし
 元ギャル社長・藤田志穂さんが「ノギャル」に
 元ギャル社長の藤田志穂さん、「イケてる」農作業着開発へ
 藤田志穂さん、「ギャル社長」引退〜今後は「食」「農業」の問題に!
 ギャルが育てた「シブヤ米」を渋谷で1000人に無料配布
 ギャル育てたシブヤ米収穫 元ギャル社長も太鼓判 秋田
 「シブヤ米」知ってる?ギャルが秋田で収穫
 「ノギャルプロジェクト」が結実 収穫イベントも大盛況
 ノギャル 歓喜の収穫/秋田でシブヤ米【東北】

◎ノギャル(藤田志穂)関連書籍
 『ギャル農業』 藤田志穂/著(中公新書ラクレ)
 『ガールズライクマネー! 成功ビジネスの法則』日本テレビ制作班著(ゴマブックス)

◎参加メンバーのリポート
大桃美代子「桃の種」 桃米 vs. シブヤ米
白木あきこ「ほぼ日刊!美食道」マルシェ・ジャポン☆青空市「ハピ・マルシェ」inお台場1
白木あきこ「ほぼ日刊!美食道」マルシェ・ジャポン☆青空市「ハピ・マルシェ」inお台場2
キャスター宮川俊二「やさいな生活」
ロハスコンシェルジェCHIEKOの”TOKYO OL HAPPY LOHAS”
野菜ビジネス「ポテンヒットな日々」
「美食倶楽部〜西新宿で働くOLの美味しいもの日記〜」
放送作家はっぴー☆ふーみんの行列日記
Bizlog=Business Blog
小谷あゆみ「ベジアナあゆの野菜畑チャンネル」1
小谷あゆみ「ベジアナあゆの野菜畑チャンネル」2
小谷あゆみ「ベジアナあゆの野菜畑チャンネル」3
小谷あゆみ「ベジアナあゆの野菜畑チャンネル」4
小谷あゆみ「ベジアナあゆの野菜畑チャンネル」5
小谷あゆみ「ベジアナあゆの野菜畑チャンネル」6
日本農業新聞「農net」
日本農業新聞「国産まるかじりネット」
13歳のハローワーク公式サイト編集部ブログ

foodjournalist at 00:59|Permalink

2009年09月13日

第21回(9/13日〜14月)魚沼稲刈り会議「おもてなし!」

そうだ!稲刈りに行かなくっちゃ!

昨年5月の田植えにつづいて「魚沼会議」第2弾です!

超大物ゲストをお迎えしてシンポジウムも開催!

008





















(撮影:フォトグラファー 秋山雄一)


日時:9月13日(日)〜9月14日(月)1泊2日

定員:東京組30名、地元組100名

テーマ:(食・農・地域観光資源を有効活用した)「おもてなし!」

ゲストスピーカー:舩山龍二(JTB=株式会社ジェイティービー社長・会長を経て、
              現在取締役相談役、日本ツーリズム産業団体連合会会長)
         合瀬宏毅(NHK解説委員、農政ジャーナリストの会会長)
         大桃美代子(キャスター、魚沼特使)

 ピクチャ 1










会場インタビュアー:小谷あゆみ(フリーアナウンサー、ベジアナ)

コーディネーター:わぐりたかし(フードジャーナリスト会議代表、放送作家)

スケジュール:

【9/13(日)】

  08:24 新幹線MAXとき309号(東京→浦佐)
  10:00 浦佐着 市のバスで移動
  10:30 大桃美代子さんの田んぼでレクチャー〜稲刈り *小雨決行
      (長袖・長ズボン着用。雨具持参)*作業用軍手・長靴は魚沼市手配
  12:00 田んぼでランチ(桃米のおにぎり)
  13:00 JA北魚沼 精米センター
  15:00 神湯温泉倶楽部チェックイン
  16:20 神湯温泉倶楽部出発〜会議会場へ
  16:30 会場豪農の館「目黒邸」(←国の重要文化財)到着
  17:00 フードジャーナリスト会議開会
  18:45 終了
      懇談会会場へ徒歩で移動(目黒邸すぐとなりの民宿)
  19:00 懇談会@「浦新」
  20:30 閉会
  20:45 神湯温泉へバス出発
  21:00 神湯温泉倶楽部到着(宿泊)


【9/14(月)】

  09:00 宿出発
  10:00 農事法人 入広瀬山菜会館
  11:15 道の駅いりひろせ(新潟と福島県境 六十里峠 雪わり街道)
  12:30 ものずき村(昼食)
  14:00 道の駅ゆのたに内 越後魚沼物産館「深雪(みゆき)の里」
  14:20 大力納豆
  15:00 魚沼わさび
  16:00 浦佐駅到着
  16:25 浦佐発(新幹線MAXとき334号)
  18:00 東京着


◎参加メンバーのリポート

大桃美代子「桃の種」いよいよ稲刈り!
大桃美代子「桃の種」稲刈り前に・・
大桃美代子「桃の種」稲刈り 当日
大桃美代子「桃の種」稲刈り決行します!
大桃美代子「桃の種」稲刈り〜に・・・・
大桃美代子「桃の種」稲刈り後のお昼ご飯
大桃美代子「桃の種」フードジャーナリスト会議 IN 魚沼
大桃美代子「桃の種」魚沼から

小谷あゆみ「ベジアナあゆの野菜畑チャンネル」

白木あきこ「ほぼ日刊 追求!美食道」浦佐@南魚沼に到着〜
白木あきこ「ほぼ日刊 追求!美食道」日本一早く、魚沼産コシヒカリの新米を食べました!
白木あきこ「ほぼ日刊 追求!美食道」魚沼和牛30分焼肉勝負!
白木あきこ「ほぼ日刊 追求!美食道」魚沼の恵みで豊かな食卓
白木あきこ「ほぼ日刊 追求!美食道」魚沼ツアー(1)桃米の田んぼで稲刈り体験
白木あきこ「ほぼ日刊 追求!美食道」魚沼ツアー(2)魚沼コシヒカリの美味しさの秘密
白木あきこ「ほぼ日刊 追求!美食道」魚沼ツアー(3)神湯温泉倶楽部
白木あきこ「ほぼ日刊 追求!美食道」魚沼ツアー(4)目黒邸でFJ会議開催
白木あきこ「ほぼ日刊 追求!美食道」魚沼ツアー(5)魚沼の食を満喫する交流会@浦新
白木あきこ「ほぼ日刊 追求!美食道」魚沼ツアー(6)山菜会館(入広瀬山菜組合)
白木あきこ「ほぼ日刊 追求!美食道」魚沼ツアー(7)道の駅入広瀬
白木あきこ「ほぼ日刊 追求!美食道」魚沼ツアー(8)ものずき村
白木あきこ「ほぼ日刊 追求!美食道」魚沼ツアー(9)道の駅ゆのたに(深雪の里)
白木あきこ「ほぼ日刊 追求!美食道」魚沼ツアー(10)あとひきまめの大力納豆
白木あきこ「ほぼ日刊 追求!美食道」魚沼ツアー(11)魚沼わさび
白木あきこ「ほぼ日刊 追求!美食道」魚沼ツアー(12)精肉焼肉バッファローで魚沼和牛

秋山雄一(フォトグラファー)「ウェブアルバム魚沼」


▽撮影:秋山雄一(フォトグラファー)
011





















▽撮影:竹村 晃(日本農業新聞)
P1040184




foodjournalist at 09:24|Permalink

2009年08月04日

第20回(8/4)FJ会議「レシピブログ時代」

ひさびさ東京開催です!

FJ会議開催告知ニュースリリース

◎関連記事:日経トレンディネット連載コラム
 「放送作家わぐりたかしの食ッキング!スクープ」
 (1)午後4時、30代の女性4人に1人が…!? 大ブーム「レシピブログ」の秘密!

 (2)夢をかなえる、泣ける、幸せを運ぶ魔法のレシピ「白い麻婆豆腐」


     レシピブログ






テーマ:「料理 新潮流〜レシピブログ時代」

     料理系ブロガーがある日、突然、人気料理研究家に!
     本を出版せばべストセラー!
     なかにはレギュラー番組を持ったり!
     そんな「レシピブログ現象」がぞくぞくと!

     いったい何が起きているのか、
     ブログポータルのサイト運営者や編集者、
     そして、こうちゃん、YOMEさんといった
     料理ブロガー出身研究家さんたちをまじえて、
     新潮流のオモテからウラまで検証してみることに。


日時:8月4日(火)

   18時30分 開場 19時スタート


会場:レクサスギャラリー高輪(品川駅高輪口より徒歩3分) 
 レクサス地図
レクサスギャラリー








ゲスト:粟飯原理咲さん (「レシピブログ」アイランド株式会社代表取締役)
    井野澄恵さん(宝島社編集者)
    こうちゃん(相田幸二/幸せ料理研究家)
    YOMEさん(大井純子/人気料理ブロガー)

    [第1部]19:00〜19:30「レシピブログ時代」粟飯原理咲さん
    [第2部]19:30〜20:30「人気料理ブロガーのひみつ」
                井野澄恵さん、こうちゃん、YOMEさん
    [第3部]20:30〜21:30 名刺交換会


会費:5千円 (参考図書付)
   『レシピブログで夢をかなえた人たち』井垣留美子/著(ヴィレッジブックス)

定員:80名(完全事前登録制) *超満員御礼

主催:日本フードジャーナリスト会議
協力:レクサス高輪、宝島社、アイランド株式会社
協賛:東果大阪 株式会社(一品一会)


粟飯原さん こうちゃんYOME
















(左から)粟飯原理咲さん、こうちゃん(photo (c)長尾浩之/宝島社)、YOMEさん


◎参加メンバーのブログリポート

 こうちゃんの簡単料理レシピ
 よめ膳@YOMEカフェ
 izumimirun「vege dining 野菜のごはん」
 筋肉料理人「魚料理と簡単レシピ」

 粟飯原理咲「毎日の暮らしに、小さな幸せを。」
 plannner 井垣留美子「laska diary」


 小谷あゆみ「ベジアナあゆの野菜畑チャンネル」リポートその1
 小谷あゆみ「ベジアナあゆの野菜畑チャンネル」リポートその2
 放送作家はっぴーふーみんの行列★日記
 アグリ ナガタ野菜研究室
 辻調<新>塾
 ラテン系企画マンの知恵袋 
 ビストロパパ 〜パパ料理のススメ〜
 日本テキーラ協会 会長ブログ「今日もテキーラで乾杯!」
 ワンズポジションスタッフブログ
 毎日、完全醗酵(して生きたい日記)
 B級グルメ王 柳生九兵衛の「永久にB級!」


【フジテレビ動画サイト“watch me! TV”(ワッチミー!TV)】より

▽vol.01:オープニングMC〜「レシピブログ」サイト運営会社アイランドの粟飯原理咲社長

ゲストスピーカーに、人気ポータルサイト「レシピブログ」を運営する、
アイラン(株)粟飯原理咲社長ほかをお迎えした第20回FJ会議。
・料理ブログが注目されるわけ
・ブロガーたちの"インフルエンサー体質"とは?
・企業が注目する「レシピブログ」の存在…などを語って頂きました。


▽vol.02:大人気!こうちゃん&YOMEさん(前編)

レシピブログで活躍中の大人気レシピブロガー、
こうちゃん&YOMEさんの2人が夢の競演!
書籍・サイトの製作者とともに人気ブロガー誕生の裏話を語って頂きました。


▽vol.03:大人気!こうちゃん&YOMEさん(後編)


foodjournalist at 23:09|Permalink

2009年06月01日

第19回( 6/1 月)京都会議「ミシュランガイド京都・大阪がやってくる!」

日経トレンディネット連載<放送作家わぐりたかしの「食」ッキング!スクープ>
『ミシュランガイド京都・大阪』独占スクープ! 京都老舗料亭「掲載拒否」の真相



今年10月中旬、ついに『ミシュランガイド京都・大阪』が刊行されます。

ということで・・・

ミシュランガイド総責任者 ジャン=リュック・ナレ氏、
京都吉兆・徳岡邦夫氏、「あまから手帖」門上武司氏をお呼びして、
京都会議を開催します!

(6.2 追記)

と、楽しみにその日を迎えたのですが・・・な、な、なんと、
香港滞在中のナレさんから「突然の発熱のため訪日できず」と、
当日の朝、緊急の連絡が。。。

おっと・・・、いったいどうなる!? いったいどうする!?

ところがところが!

結局、京都吉兆・徳岡さん、あまから手帖の門上さん、
そしてミシュラン広報の方を交えて、
そしてさらに、香港のナレさんも電話生出演で参戦!
予定時間を大幅にこえるロングトークとなりました。

出席予定の方もキャンセル続出かと思いましたが、いやいやとんでもない。
新聞各紙、テレビ、ラジオ、通信社、関西エリアの雑誌各誌・出版社などなど、
大勢のジャーナリストを中心に定員オーバーの超超超満員御礼!
ひょうたんから駒の、おもいのほかスリリングで中身の濃い会になって、ほっ。
(2時間におよぶ長丁場、おつかれさまでした)

(ミシュラン&京都老舗&有名飲食店&京都吉兆の秘密がいっぱいでしたね)

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!!!

また、フランス大使館、関西日仏学館、あまから手帖、料理通信をはじめ、
ご協力いただいた皆さん、ほんとうにありがとうございました!

ゲストの徳岡さん、門上さん、ミシュラン広報さん、ナレさん、
ありがとうございました!

ぜひまたやりましょう!


※終了後に、こんなコラムを書いてみました。
日経トレンディネット連載<放送作家わぐりたかしの「食」ッキング!スクープ>
◆『ミシュランガイド京都・大阪』衝撃事実発覚!
 名店「京都吉兆」「菊乃井」が……




◎日時: 6月1日 (月)18:30〜(18:00開場)

◎場所:「関西日仏学館」稲畑ホール
    (京都市左京区吉田泉殿町8 Tel. 075-761-2105)

    関西日仏学館
フランス政府の公式文化機関である「関西日仏学館」は、
日本とフランスの交流拠点として、1927年(昭和2)に設立。
来年より、これまで大阪にあった「フランス総領事館」が、
京都の関西日仏学館内に移転予定。
建物は、国の登録有形文化財に指定されています。


◎定員:80名 *満員御礼

◎パネリスト(敬称略):

  ナレさん徳岡さん門上武司













  第1部(18:30〜19:45頃)

     ▽ジャン=リュック・ナレ(ミシュランガイド総責任者)
       ×
     ▽門上武司(「あまから手帖」編集主幹) 


  第2部(〜20:30頃)   

     ▽徳岡邦夫(京都吉兆)
       ×
     ▽門上武司(「あまから手帖」編集主幹)
 

◎コーディネーター:わぐりたかし(放送作家、フードジャーナリスト会議代表) 


◎主催:日本フードジャーナリスト会議

◎後援:フランス大使館関西日仏学館

◎協力:『あまから手帖』

◎資料提供:『料理通信』

◎特別協賛:東果大阪株式会社

ミシュランガイド京都・大阪

◎二次会:22:00〜24:00

 会費4千円(軽食+ドリンク)

 会場=「bloomer(ブルーマー)55」(堀口 博シェフ)
 京都市木屋町通御池下ル UEBA BLD.3F  075・255・3424
 (地下鉄東西線市役所前 東出口南側 徒歩30秒)












◎おみやげなど協賛リスト(順不同)

京都吉兆「香りを贈るお便りセット」
クリエテ関西「あまから手帖」
日本ミシュランタイヤ
「le guide MICHELIN 100年を超える歴史」「ミシュランガイド東京2009」

下鴨茶寮「ちりめん山椒」「鮭そぼろ」
老香港酒家(オールド香港レストラン)「自家製月餅」
松前屋「昆布の水塩(2009.8発売)」「古伝の塩昆布 松ヶ枝」
ロマンライフ(マールブランシュ)お濃茶ラングドシャ「茶の菓」 
Sonnet(ソネット)「こりこりドーナッツ」 
農業生産法人 こと京都「ダコワーズ(抹茶)」
長崎堂「黒船 どらやき」
FROMAGERIE LACUORE(フロマジュリー・ラクオーレ)「チーズセット」 
東果大阪 一品一会「幻のトマト レッドスター(Red Star)」  
花王「ヘルシアスパークリング」  
眞露ジャパン「Sparkling JINRO」  
盛田「ふるっシュ 白ワインテイスト」「ふるっシュ サングリアテイスト」   
川商フーズ「ノザキのコンビーフ」   
味の素ゼネラルフーズ「ブレンディ プラス1」 
タイヘイ「天然醸造 丸大豆しょうゆ 木桶仕込み」
赤穂化成「「海の深層水 天海の水(硬度250)」「赤穂の天塩」 
MHD(Diageo Moët Hennessy)「モエ・エ・シャンドンブリュット アンペリアル」


◎ニュースサイトや参加メンバーの会議報告リポート
関谷江里の京都暮らし
烏丸経済新聞
YAHOO!ニュース
葉石かおり「美酒らん」
AS2(アスツー)アートを肴に酒を呑む
京都もの、東京もの、無邪気マーケティング
Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 
『テーブルプラス』主宰 土井茂桂子「ほぼ月イチDiary」 


日経トレンディネット連載<放送作家わぐりたかしの「食」ッキング!スクープ>
◆『ミシュランガイド京都・大阪』衝撃事実発覚!
 名店「京都吉兆」「菊乃井」が……





続きを読む

foodjournalist at 22:46|Permalink

2009年02月11日

世界小料理サミット2009

日経トレンディネット連載<放送作家わぐりたかしの「食」ッキング!スクープ>
「世界料理サミット2009」vs.「世界小料理サミット2009」


FANバナー


世界小料理サミットロゴ
サミットロゴ



イラスト by
お手伝いハルコ
後藤晴彦 画伯








◎名称:世界小料理サミット2009

    The World Summit of Ko-ryouri 2009

◎日時:2009年2月11日(水・祝) 14:00〜16:30 (開場13時半)

◎会場:東京国際フォーラム(有楽町) 
    ホールD1(Dブロック1階、有楽町ビックカメラのすぐ向かい側)

◎定員:100名

◎懇親会:17:00〜19:30
     東京国際フォーラム徒歩2〜3分「波奈 丸の内東京」

◎シンポジウムテーマ:「小料理」の奥に広がる「食」の大宇宙!

    料理を作っているのはカリスマシェフばかりじゃない!!
    日本の味、日本の食文化は、「小料理」にこそあり!

    ところで、小料理の「小」っていったい何?!
    もう一つ ところで、「小料理」ってジャパンオリジナル?!

    世界をつなぐ「小料理」ワールド!

◎パネリスト

   葉石かおり ホセさん湯山玲子











   ★葉石かおり(エッセイスト、利き酒師、料飲専門家団体連合会 関東甲信越支部副支部長)
    *京都先斗町に実在する小料理屋さんを舞台にしたケータイ小説「酒亭 心酔」連載中

   ★ジョセップ・バラオナ・ビニェス(1日1組限定「レ・ストゥディ」オーナーシェフ)
    スペイン的小料理「タパス」や「ピンチョス」の第一人者、大の小料理屋好き、小笠原伯爵邸元総料理長

   ★湯山玲子(クリエイティブ・ディレクター、世界の小料理評論家)
    *振り袖姿の寿司パフォーマンス「美人寿司」プロジェクト、著書『女装する女』『女ひとり寿司』

◎応援スピーチ:芳野忠司(FOOD ACTION NIPPON 事務局長)
        丸山清明(「緑提灯」発案者、農研機構理事・中央農業総合研究センター所長)



◎応援メッセージ(VTR出演)

 佐藤隆介
佐藤隆介(雑文製造処「鉢山亭」改メ「願願亭」主人)
*広告代理店のコピーライターを経て、池波正太郎の書生を10年勤め、
 現在は、「食卓に関わるもの」のみにテーマを絞り文筆活動を営む。






「小料理ばんざい」佐藤隆介

フジテレビ動画サイト「ワッチミー!TV」
*取材撮影協力 今清水隆宏(料理カメラマン)


◎コーディネーター:わぐりたかし(放送作家、フードジャーナリスト会議代表)



◎企画趣旨:

    2009年2月9日〜11日、東京国際フォーラムで、
    世界料理サミット2009が開催されます。
    「エル・ブジ」のフェラン・アドリアや、ジョエル・ロブションといった
    世界のトップシェフが集結して最先端技術を披露するそうです。
    「東京から世界に向けた食の情報の発信!」だそうだ。
    料理版「パリコレ」「東京コレクション」のような位置付けを狙っているとか。
    (ちなみにチケットは3日間通し券で80,000円!)

    大いにやっていただきましょう。

    がしかーし、
    その一方で、忘れていることがありはしないかと・・・

    「食」は、カリスマシェフのガストロノミーばかりではなく、
    「小料理」にこそ、あったりするのではないでしょうか!

    地産地消、旬の食材を生かす「日本の食」の、
    真の主役は実は「小料理」だ!

    ということで、「世界料理サミット」に対抗して(?)、
    日本の本当の食を語る「世界小料理サミット」を、
    東京国際フォーラムの小ホールで、「小」じんまりと開催します!

    「小料理(こりょうり)」

    あゝ、なんて素敵なひびきの言葉でしょう!
    「小」の一文字を加えただけで、
    心も身体もぬくぬくしてきます。

◎企画背景:

    全国各地、地元で愛され、
    生産者と直接つながっている小料理屋さん。

    そんな小料理と小料理屋さんを応援することは、
    食材生産者を応援することにもつながり、
    それはさらには日本全体を元気づけることにも!

    あわよくば食料自給率もアップ!

    「小料理」でニッポンを元気に!
    「小料理」の世界から「食」の情報発信!

    それより何より、「小料理」の「小」とは何なのか?
    「小料理」の世界から、
    料理&食の「大宇宙」をのぞき見る!


◎主催:世界小料理サミット実行委員会(日本フードジャーナリスト会議)

◎後援:FOOD ACTION NIPPON

◎特別協賛:東果大阪株式会社

◎協賛:日本箸文化協会 株式会社 一品一会 株式会社たむらや 白瀧酒造株式会社 

◎協力:緑提灯  



◎発見!「小料理」の法則

小料理ハルコ2コリオリの力





あ、コレ、「小料理」じゃなくて、
「コリオリ」だった…(笑)



___________________

参加メンバーもサミット&懇親会をブログで報告!
医者の時間、社長の時間
小倉朋子(フードプロデューサー、日本箸文化協会代表)「TOTALFOOD」
武田あかね「転職相談 ココだけの話」
「株式会社キイストン代表・細見昇市のブログ」
安藤文成「(NPO)信州移住・ふるさと体験研究会事務局だより」
葉石かおり(エッセイスト)“ひとり”を楽しむ情報サイト「eine」blog
ベジアナあゆの野菜畑チャンネル(1)
ベジアナあゆの野菜畑チャンネル(2)
ベジアナあゆの野菜畑チャンネル(3)
湯山玲子公式ホームページ「湯山温泉」
放送作家はっぴーふーみん 行列★日記
宮川俊二のちょいワル ブログ!(2.21)
日経トレンディネット連載:放送作家わぐりたかしの「食」ッキング!スクープ

___________________


FANバナー

日本フードジャーナリスト会議は、
FOOD ACTION NIPPON の推進パートナーです!



フードジャーナリスト会議とは

FJ会議 わぐりたかし

foodjournalist at 23:50|Permalink

2009年01月22日

FOOD ACTION NIPPON 推進パートナー

foodjournalist at 21:26|Permalink

2008年12月13日

12/13 エコプロダクツ2008 記念シンポジウム

foodjournalist at 05:28|Permalink

2008年12月01日

緊急フードジャーナリスト会議開催(12/1)ブノワ(BENOIT)再開&アラン・デュカスと再会!

12/1(月)緊急ミーティング開催!

◎フードジャーナリスト会議「アラン・デュカス」氏登場1周年!
◎フードジャーナリスト会議2周年!
◎アラン・デュカス「ブノワ」(青山)3周年&復活記念!(12/4 営業再開)


リーマンショックとそれにつづく世界不況。
ある日突然、大好きなレストランが、
世界経済に巻き込まれて不可抗力で閉店してしまったら……

そしてそのレストランが不死鳥のごとく復活、
散り散りになったスタッフが再び結集して新たなスタートを切ると聞いたら……

このパーティーは、
レストランを愛するすべての人々にとってブノワが希望の星となるように、
その復活を祝して、FJ会議の恩人でもある
旧友アラン・デュカス氏のもとにかけつけたものです。

想像を絶する苦難を乗り越えて復活にたどりついた
デュカス氏、小島景シェフ、桑畠康平総支配人の喜びに満ちあふれたスピーチ。

レストランとは、
食事をする場所であるということをはるかに超えた
愛と奇跡の空間であることを実感した素敵な夜だったことをご報告致します。

*FJ会議 わぐりたかし


▽以下、参加メンバー's リポート!(順不同、敬称略)


☆フードマガジン 「料理通信」ブログ「TRIPPA通信」
☆ヒロキエ(元・法廷画家)「食い道をゆく」
☆くにろく 東京食べある記
☆金 成姫(日本フードアナリスト協会 事務局)@nifty厳選レストラン
☆ベジアナあゆ☆の野菜はトモダチ
☆五十嵐かほる(イメージコンサルタント・フードアナリスト)◆西麻布日記
☆下井美奈子(オールアバウト「洋菓子」ガイド)「ほんわか茶飲み日誌」
☆花房美香の「晴れ、ときどきお取り寄せ」。
☆多賀谷洋子(マナースクール&テーブルコーディネート)「パリスタイルの美的生活」
☆大崎裕史 自称「日本一ラーメンを食べた男」のモバイル日記
☆柴田香織(フードコミュニケーター)「FOOD AND/OR CULTURE」
☆佐藤こうぞう「つぶやき編集長の毒にも薬にも」
☆大桃美代子(タレント・キャスター )オフィシャルブログ「桃の種」
☆佐々木美穂「verita[ヴェリタ]」



▽新「BENOIT」(ブノワ)については、こちら!

☆All About「フレンチガイド」嶋 啓祐
☆フードスタジアム【話題店チェック】
☆日経トレンディネット連載 放送作家わぐりたかしの「食」ッキング!スクープ
【感涙】ミシュランガイド東京2009(2)消えた星の数だけドラマがあった



「BENOIT(ブノワ)」

東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山10F 11F
TEL 03-6419-4181   FAX 03-6419-4183
Email info@benoit.co.jp
URL ブノワHP(12月下旬正式公開予定)


foodjournalist at 23:44|Permalink

2008年08月22日

第17回(8/22金)「急成長!逆ミシュラン!緑提灯のヒミツ」丸山清明(農研機構中央農業総合研究センター 所長)

テーマ:急成長!地産地消・食料自給率ミシュラン☆大ブーム"緑提灯"のヒミツ

    今年2月の「中国製ギョーザ中毒事件」大騒動をきっかけに、
    とんでもない勢いで急成長している逆ミシュラン「緑提灯」運動ってナニ!?

緑提灯

ゲストスピーカー:丸山清明氏
   農研機構理事、中央農業総合研究センター所長

会場:日本農業新聞@秋葉原(台東区秋葉原2-3)

日時:8月22日(金)

   18:45 第1部 トークセミナー

       第2部 そのまま名刺交換会に突入 〜21:00 

インタビュアー:小谷あゆみ(フリーアナウンサー、グルメリポーター)

会費:5千円(当日会場にて)


第1部セミナー終了後の第2部名刺交換会は、最高級生ビール&おつまみ付き!
キリンの最高級樽詰プレミアムビール「KIRIN ザ・プレミアム無濾過〜Draught(ドラフト)〜」
東果大阪「一品一会」より、幻の白いトウモロコシ「朝もぎピュアホワイト」&「白山だだちゃ豆」
老舗鰻メーカー「大森淡水」から、安心安全「鰻楽(まんらく)」ブランドの「ハーブ鰻」
KIHACHIから「新キハチロール」(長さ49センチの特大パーティーサイズ)
AGF <ブレンディ>ティー・シリーズ 新茶人「宇治抹茶入り 煎茶」
発泡酒で一番低カロリー糖質ゼロ、カロリーオフのKIRIN「ZERO」



参考:「緑提灯」ホームページ
   日本農業新聞「緑提灯運動/足元からの地産地消を」2008.1.16
   読売新聞「緑提灯で国産食材PR」2008.2.6
   農業構造改善「食と農の歳時記〜緑提灯とpoco」2008.2.12
   産経ニュース 「"緑提灯"は国産食材の印 店急増1000店突破」2008.5.21
   JanJanNews「食料自給率にこだわる「緑提灯」のお店でちょっと一杯」2008.6.5
   ダイヤモンド オンライン「国産食材使用の目印、緑提灯の飲食店急増中」2008.6.30

日本農業新聞「緑提灯」特集
ブームの引き金を引いた日本農業新聞「緑提灯 広がれ」特集 2008.1.15









▽携帯で緑提灯のお店をチェック!「緑提灯QRコード」

緑提灯QRコード










▽参加メンバーもブログやSNSでリポート!
 元釣り雑誌編集長 三浦修のぐうたら釣り日記  ロハスコンシェルジェCHIEKOの”TOKYO OL HAPPY LOHAS”  楽しい倫敦 おいしい倫敦  放送作家 はっぴーふーみん行列★日記  fly と flight日記  毎日新聞 水と緑の地球環境本部「マイエコブログ」明珍美紀記者  ヨヨギウエハラーゼ☆TAKKO  Food Business eMagazine「e-Concept(イーコンセプト}」 Bizlog  店舗デザイナー平井さおり一級建築士事務所くるみ  渋谷ではたらく女社長〜私が世界を変えていく!  トータルフード 小倉朋子『食の今ブログ』  フードスタジアム編集長☆佐藤こうぞう「つぶやき編集長の「毒にも薬にも…」  mixi 農事組合法人つくばブルーベリーゆうファーム戸田周公「独りビアガーデン」  ベジアナあゆみの 野菜はトモダチ(1)  ベジアナあゆみの 野菜はトモダチ(2)  アグリ ナガタ野菜研究室
 
▽この会がご縁で毎日新聞さんがこんなイベントを開催!
 
「緑提灯」の仕掛人、丸山さんが9月29日「普通の人のための連続エコ講座」に登場!

________________

「フードジャーナリスト会議」ってナニ? (by 放送作家 わぐりたかし)

foodjournalist at 18:45|Permalink

2008年06月05日

第16回(6/5木):ミシュラン・アゲイン!

緊急開催!ミシュランは神様なの!?

検証!ミシュラン上陸で東京レストランシーンに何が起きたのか!?

緊急提言!2009年版は、ぜひともこうしてほしい!



◆日時:6月5日(木)18:45〜21:30 

◆会場:「主婦会館プラザエフ」8階 スイセンの間 *JR四ッ谷駅 麹町口前

◆ゲストスピーカー:ジャン=リュック・ナレ Jean-Luc Naret(ミシュランガイド総責任者)
           横川潤(作家・食評論家・文教大准教授)

◆インタビュアー:内田麻紀(フリーライター)

◆参加者インタビュー:小谷あゆみ(フリーアナウンサー、グルメリポーター)

◆配付資料:ミシュラン・ブランドブック(非売品)

◆おみやげ:銀座 飛雁閣のオリジナル紹興酒(2008年モンドセレクション金賞受賞)
       &オリジナル無添加オイスターソース
      東果大阪「一品一会」から、タマネギ革命!!大阪泉州の超極甘 新タマネギほか

◆データ&情報協力:食のトレンドはここから始まる!料理通信社『料理通信』

    「ミシュラン掲載店150軒大アンケート」
     <<変わったことランキング>> 料理通信のデータをもとにFJ会議でまとめてみました。

       第1位 デジカメや携帯で料理撮影するお客が増えた
       第2位 海外からの予約電話が増えた(もしくは海外メディアの取材が増えた)
       第3位 当日キャンセルが増えた
       第4位 接待利用が増えた
       第5位 リピート客が増えた
       第6位 料理や店に理解のあるお客が増えた
       第7位 常連客の来店回数が減った
       第8位 高いワイン、料理が出るようになった(客単価が上がった)
       第9位 変わらない
       第10位 客単価が下がった

      具体的には、
      ・ガイドブックを卓上に置き、見ながら注文、食事する客が増えた
      ・ミシュラン巡りのお客様増え、他店の評価を声を上げて発言し合う
      ・ミシュランの載ったのだから良くて当たり前という観念に固執し、
       悪い点を探し出そうとすることに終始し、お食事を楽しんでいない方
      ・ミシュランに載った他のレストランに行ってきた話(評価)をされる方
      ・1ヶ月以上先の予約は取っていないが、それ以上先の予約を入れる客が増えた
      ・いたずらも含め、連絡もなく来ない予約が増え、その対策に人手を取られている
      ・当日キャンセル(しかも営業直前)が多い
      ・当日キャンセルする4名以上などのお客様(特に個室など)
      ・連絡なしのキャンセル、当日時間ぎりぎりのキャンセルが増えた
      ・ランチタイムの女性客が増えた
      ・ランチの予約が多く、電話対応が大変
      ・初来店の方、普段グランメゾンにあまり行かれていないと思われる方が増えた
      ・若い人が増えた   ごく普通のお客様が増えた
      ・遠方からのお客様が増えた  地方からのお客様が増えた
      ・興味本位で、まわりに不快感を与えるお客様
      ・料理の味わいだけを追い求め、レストランで食事をすることへの配慮
       (服装、会話や言動)に欠ける方が増えた
      ・初めてのご来訪でも要求される事柄が多いお客様が増えた
      ・外人が増えた   外資系のお客様が増えた 日本在住の海外のお客様が増えた
      ・海外、特に香港や台北などアジア圏から、食事のためだけにいらっしゃる方
      ・アジア圏からのゲスト、特に中国人の方の来店がかなり増えた
      ・中国や香港の方。ドレスコードやマナーを無視する方に困っている
      ・外国のお客様はホテル側から予約が多く入り、
       注意すべき点など事前にわかるのでうれしい。

      などなど興味深いデータをご紹介させていただきました。

▽さらに今回のトーク内容のごく一部を公開すると・・・

 ・「2008東京」日本語版27万2000部の読者のうち85%は日本人。
 ・「2009東京」の調査対象エリアは2008年版より3〜5区拡大予定
 ・「全店星付きのみ掲載」というスタイルは基本的に2009年版も同じ
 ・日本在住の調査員は2年後をメドに全員日本人に。これは世界各国共通のスタイル。
  加えて、適宜必要に応じて海外から応援団がかけつける。これがミシュラン流。
 ・今回イタリアンに厳しい結果となったが、調査したのがイタリア人だったからかも。
 ・グリーンガイド(観光ガイド)とレッドガイド(レストランガイド)の
  調査員が共通していると誤解している人がいるようだが、まったく別。
 ・(京味、かどわき、小笹寿し、すし匠などが掲載を拒否したと言っているがという質問に)
  今回「掲載を拒否した」と言っている店があるようだが、
  初年度なのでまだミシュランの調査方法について理解していないために、
  店側が誤解、混乱しているのでは。
 ・写真撮影の際に書類にサインを求めるが、それは星付き掲載を約束するものではない。
  ガイドに掲載することが決まってから写真を撮影(あるいは借用)するのではなく、
  セレクションの過程で資料として写真を集めている。
  星をつけるかどうかはまだその先の話。
  写真撮影を断った、サインをしなかった=掲載を拒否したと店側が言うのは勝手だが、
  写真があろうがなかろうが、掲載するかしないかはミシュランが決めること。
 ・ミシュランはガイドブックであり、レストランを批判するようなことは書かない。
  レベルに達していなかったら掲載しなければいいだけのこと。
 ・今年8月、中国で年内にミシュランガイド発売を発表予定(上海?)
 ・そのあと来年以降の関西進出をにらんで既に調査員が大阪に様子を見に行っている。
 ・来年ミシュラン創刊100号を記念して、ヨーロッパの星付きだけを集めたガイドなど、
  いくつかの特別版の出版を予定している。

 *その他、ミシュランに関する基本的な疑問はこちらを参照!
  (2007.06)第9回:ミシュランガイド総責任者ジャン=リュック・ナレ
  (2007.12)緊急開催 ジャン=リュック・ナレ×来栖けいトークショー

 などなどみんなが思っている疑問疑念について解明すべく、さまざまな調査質問しました。
 それはそれとして、いつまでも批判のための批判をしているのってなんだか格好悪い!ですよね。

 会議中、江戸時代(安政6年、1859)の料亭番付(全184軒掲載)を紹介しましたが、
 日本人(江戸東京人)は昔からランキングが大好き!
 日本には、ミシュラン108年の歴史より、
 もっともっと古い、外食とランキングの歴史があります。
 海外からやってきた赤船(赤ちゃん)上陸を、もっと鷹揚にかまえて迎えようじゃないですか。

 今回、より素敵な東京レストランライフを実現するために、
 会議の内外でいくつもの提案がされ、
 2009年版以降のミシュランガイドにきっと反映されていくと思われます。
 どうぞおたのしみに!



▽ダイジェスト映像Vol.1「ミシュラン東京 2008」にモノ申す!この星どーよ!?


▽ダイジェスト映像Vol.2「掲載拒否」について


▽ダイジェスト映像Vol.3「2009」とそれ以降について




▽横川vs.ナレ対談の模様は「Invitation(インビテーション)」(ぴあ刊)に掲載されます。
  取材構成は永田洋光さん(今年4月ミズノスポーツライター賞受賞)   横川潤さんのほか深澤里奈さん(元フジテレビアナウンサー)   田中康夫さん(作家、参議院議員)菊地成孔さん(ミュージシャン)なども順次登場予定!

▽参加メンバーもブログでリポート!
 フードアナリスト協会☆藤原 浩「フジーニ日記」  CGクリエイター☆マスッチ「バン! バン!! バンゴハン!!!」  フードスタジアム編集長☆佐藤こうぞう「つぶやき編集長の「毒にも薬にも…」  放送作家はっぴーふーみん「速報!ミシュラン会議 2009年版はズバリこうなる! 」  フードコミュニケーター柴田香織「FOOD AND/OR CULTURE」  BusinessMind ビジネスマインド  「ベジアナあゆみの 野菜はトモダチ」(6/5〜6/6)  日本フードアナリスト協会 新人スタッフ サイの日常  「熱血」ライター神山典士がゆく  OfficeK2M「YUUのフーディーズダイアリー」  くにろく東京食べある記  三浦修のぐうたら釣り日記〜ミシュランの顛末1  三浦修のぐうたら釣り日記〜ミシュランの顛末2  Sweets Coordinator 下井美奈子「ほんわか茶飲み日誌」2008.6.11
(追)※毎日新聞の取材を受けました。
   
6/4朝刊「ミシュラン」騒ぎ…その後 広がる客層に戸惑い

________________

「フードジャーナリスト会議」ってナニ? (by 放送作家 わぐりたかし)

「チーム・マイナス6%」ならぬ「チーム・プラス6%」


foodjournalist at 18:45|Permalink

2008年05月31日

第15回(5/31〜6/1):そうだ、田植えに行こう!魚沼会議

そうだ、田植えに行こう! チーム・プラス6%宣言!

「第15回 フードジャーナリスト会議 in 魚沼」

【スター誕生〜ニッポンの潜在「農」力】を探る激安ツアー



魚沼市商工観光課の公式プレスリリース


◆日時:5月31日(土)〜6月1日(日)1泊2日

◆定員:30名限定(完全事前申込制)

◆会費:8千円(往復バス=池袋発着、温泉旅館宿泊、4食付き)

◆テーマ:ニッポンの潜在「農」力

◆ゲストスピーカー:合瀬宏毅(おおせひろき)
            NHK解説委員、農政ジャーナリストの会 会長
          &大桃美代子(魚沼特使、タレント、キャスター)

       ▽合瀬宏穀氏プロフィール
          NHK解説委員。1959年生まれ。山口大学経済学部卒。
          NHK入局後、鹿児島、番組制作局、名古屋などで勤務。
          NHKスペシャル、モーニングワイドを経て、2000年より現職。
          「食料・第一次産業」を中心とする経済問題担当。
          「食料プロジェクト」を立ち上げ、
          『たべもの新世紀』(2001〜2007)キャスターなどで全国に知られている。

魚沼田植え魚沼会議





(photo by eat photo 関 尚道


◆スケジュール
  (土)・0800 都内集合(池袋)〜バスで魚沼へ(移動時間3時間半〜4時間)
          *池袋東口 「東口五差路」信号と「南池袋公園前」信号のあいだ、三菱東京UFJ近辺
          *大型バスのボディーカラー「紫色」
          *車体サイドに「SANKYOTRAFFIC」と白地で書いてあります。
          *山峡交通株式会社(さんきょう)025−792−3140

     ・1200 「(株)ゆのたに」で昼食・見学
     ・1330 「農事法人グリーンファーム」で昔ながらの雪中貯蔵施設など見学
     ・1430 「魚沼産コシヒカリ田植え体験」
           素足で作業、ひざくらいまでどろんこになります。
           山奥なので、日が陰ってくると涼しいかもしれません。
           雨の場合、雨合羽(各自持参)を着て決行。
           ジャージなど汚れても大丈夫な格好で行って、
           作業終了後、清流で泥を落としたのちに宿へ移動。
     ・1600 宿チェックイン大湯温泉「村上屋旅館」(2人1部屋)

     ・1730 「フードジャーナリスト会議」(基調講演〜意見交換)
           ゲストスピーカー:合瀬宏毅
           司会進行:大桃美代子
           生産者インタビュー:小谷あゆみ(フリーアナウンサー、グルメリポーター)

          ▽魚沼市参加予定者
           魚沼市長・市議会議長・地元県議会議員・新潟県魚沼地域振興局長
           魚沼市観光協会長・JA北魚沼組合長・NPO交流ネットワーク

          ▽食関連関係者参加予定者
           玉川酒造鷏・鷏大力納豆・鷏ゆのたに
           農事法人グリーンファーム
           郷土料理研究3団体
           (笹だんごの会、湯之谷茶々の会、山彩すもんの会)
           専業農家代表(米、養豚/清塚克子)
           地元レストラン(地元食材利用/レストラン プルミエ)
           緑川酒造鷏尾瀬ルート活性化委員会 食彩部会、飲食店組合関係

     ・1900 「懇親会」(和室大広間に移動)
          地元食材を活かした郷土料理バイキングを囲んで交流
          (名刺をたくさんお持ちください)
     ・2030 終了
 

  (日)・0900 旅館発
     ・0930 「奥只見湖遊覧」(銀山平〜奥只見 遊覧船約40分)
     ・1200 地元農家のお母さんたちが運営する「山のレストラン 山彩すもん
          (守門交流センター内)でランチ
     ・1300 「玉川酒造鷏」〜「鷏大力納豆」訪問
     ・1500 現地発
     ・1900 都内(池袋)着〜解散


▽毎日新聞が会議を取材!
 フードジャーナリスト会議:「地域全体ブランド化を」--魚沼/新潟
▽参加メンバーもブログでリポート!
 
大桃美代子オフィシャルブログ「桃の種」  小出郷新聞社「魚沼WEBニュース」  小谷あゆみ(フリーアナウンサー)「ベジアナあゆみの 野菜はトモダチ」(2008 5/31〜6/3)  「フードスタジアム」編集長・佐藤こうぞう「つぶやき編集長の「毒にも薬にも…」  日本一早い、東京レストランニュース!フードスタジアム メルマガ【編集前記】  皆川雄二(新潟県議会議員)「皆川部屋通信」  坂詰 仁(株式会社 大力納豆 取締役営業部長)平成20年6月3日
▽日本農業新聞でも!(クリックすると大きくなります)
魚沼・日本農業新聞記事














  ________________

 「チーム・マイナス6%」ならぬ「チーム・プラス6%」

  ________________

 「フードジャーナリスト会議」ってナニ? (by わぐりたかし)




foodjournalist at 00:00|Permalink

2008年03月06日

第14回(3/6):門上武司(フードコラムニスト、「あまから手帖」編集主幹)

フードジャーナリスト会議が、

ミシュランよりひと足お先に関西初上陸!

東京は本当に世界一の食の都なのか!?

「東西の食に通じているこの男に聞け!」



◆日時:3月6日(木)15時00分〜18時00分

◆会場:コンベンションスペース「ユーズ・ツウ」(JR大阪駅 ヒルトンホテル前)
   ・JR線 大阪駅 桜橋出口南へ徒歩5分
   ・地下鉄四ツ橋線 西梅田駅 徒歩2分
   ・地下鉄御堂筋線 梅田駅 徒歩5分

◆定員:80名 *満員御礼

◆ゲストスピーカー:門上武司(フードコラムニスト・「あまから手帖」編集主幹)

門上武司◆第1部:基調講演

◆第2部:トークセッション

   <最新!東西レストラン&グルメ事情>

   <関西から見たミシュラン騒動>

   <激突!東西フードメディア&ブログパワー>
  
   <スローフード・ジャパン!> (など予定)

   東京から美食の王様☆来栖けい軍団も参上

                 ◆第3部:名刺交換&交流会



◆配付資料:「あまから手帖」最新号(寿司&和スイーツ特集)
      「ミシュラン・ブランドブック」(非売品)など

◆茶菓子おみやげ 
     ・京都北山マールブランシュのお濃茶ラングドシャ「茶の菓」
     ・京都の老舗ベーカリー進々堂のパン
     ・3/12〜3/18うめだ阪急初出店!美容系はちみつHACCI1912からテーブルハニー
     ・サントリーのドリンク
     ・天下の台所・大阪市中央卸売市場東部市場東果大阪 一品一会から旬のもの 
     ・無農薬&純米!飯尾醸造 蔵元直送!夢の最高傑作「富士酢プレミアム」500ml


▽ダイジェスト映像(「大阪・京都・神戸!関西グルメ事情」…ほんのさわりです)

(記録映像 by フジテレビ動画投稿サイト「ワッチミー!TV」)

▽参加メンバーもブロでリポート!
「小川フミオの仕事」 「華麗叫子の胃袋は偉大なるコスモ」

 ▽門上武司(かどかみ・たけし)プロフィール

  1952年大阪生まれ 料理評論家・フードコラムニスト
  
料理雑誌「あまから手帖」編集主幹
  株式会社ジオード、有限会社 門上武司食研究所 代表取締役

  大阪外国語大学 露西亜語学科中退。
  在学中よりもず唱平氏のもとで、百貨店SPなどのプランニングに従事。
  現在は執筆、編集業務を中心に、プロデューサーとして活動。

  食関係の執筆は多数で、テレビ、新聞等のメディアにても発言が多い。 
  また、国内を旅することも多く、各地の生産者たちとのネットワークも拡がっている。
  食に携わる生産者・流通・料理人・サービス・消費者をつなぐ役割を果たす存在。

  名誉ソムリエ
  スローフードジャパン 副会長
  スローフードなにわ副理事長


  ▼連載
  「あまから手帖」『食を支える人々よ』(クリエテ関西)
  「ソトコト」『スローフードな宿』(トドプレス)
  「おとなの週末」『三都味めぐり ズバリ書きます』(講談社)など

  ▼著書
  「スローフードな宿」(「ソトコト」連載中/木楽舎)
  「京料理、おあがりやす」(廣済堂出版)
  「大阪の仕事人50人」(風塵社)

  ▼テレビ出演
   毎日放送「水野真紀の魔法のレストラン」
   (毎週木曜放送 レギュラー出演及びブレーンとして参加)など

  ▼ブログ「門上武司のおいしいコラム」


  ________________

  フードジャーナリスト会議とは (by わぐりたかし)


foodjournalist at 00:25|PermalinkTrackBack(0)

2008年02月06日

第13回:魚柄仁之助(作家・食文化研究家・エンターテイナー)

◆日時:2月6日(水)18時45分〜21時30分 

◆会場:ホテル「ルポール麹町」

◆ゲストスピーカー:魚柄仁之助(作家・食文化研究家・エンターテイナー)

◆テーマ:本日2月6日「赤福」営業再開を記念して(?) &中国毒ギョーザ騒動に物申す(?)

     「偽装のススメ」 そして「ささやかな幸福感。」

  この50年、日本の食生活は世界史上に例がないほど激変していた! 

  その経過を、ひそかに、こまやかに記録していた食文化研究家ウオツカ。
  生産者、流通、消費者の都合でコロコロ変わる「日本の食」事情に喝ッ!

  食品「偽装」事件を正義漢ぶって報道するマスコミをぶった斬り!

  「本当に幸せな食環境」とは?!

  笑いあり涙あり!
  驚きあり〜のウオツカワールドが炸裂!

  仮装パーティーならぬ、偽装パーティー開催です!


魚柄仁之助「冷蔵庫」
  最新刊『冷蔵庫で食品を腐らす日本人』(朝日新書) 
  農林水産省 旬のインタビュー 
  魚柄仁之助の食文化情報局「台所の穴」


 ▽魚柄仁之助(うおつか・じんのすけ)

  食文化研究家。
  1956年、福岡県北九州市生まれ。実家は大正時代から続く古典料理家。
  大学で農業を学び、その後バイク店を18カ月間、古道具店を10年経営。
  その一方、健康的で無駄のない食生活を提言し続けている。
  ブルースギタリスト、ペーパーナイフ作家としても活躍中!
  ベストセラー『うおつか流大人の食育』『うおつか流台所リストラ術』など、
  一生使えるノウハウと知恵がいっぱいの著書多数。
  原作コミック『おかわり飯蔵』は、ドラマ・DVD化された。
  目からウロコの最新刊『冷蔵庫で食品を腐らす日本人』が話題に!
  


 ◆配付資料&おみやげ
 魚柄仁之助著『冷蔵庫で食品を腐らす日本人』(朝日新書)
 「クロワッサン」1/10号号 特集:魚柄仁之助さんの始末のいい食生活に学ぶ

 南紀白浜 ナギサビール(噂のアメリカンウィート、ペールエール各1本)

▽古民家を改装した魚柄邸。掘りごたつに砂を入れて囲炉裏に改造!
魚柄邸4

















 photo by 勝又邦彦/ 飛鳥新社「dankaiパンチ」2008年2月号より

▽ダイジェスト映像Vol.1「偽装のススメ〜偽装は悪いこと?」



▽ダイジェスト映像Vol.2「偽装マヨネーズ」
〈材料〉大豆/酢/油/塩/コショウ/マスタード


▽ダイジェスト映像Vol.3「偽装ステーキ」
〈材料〉赤身牛肉/パイナップル


▽ダイジェスト映像Vol.4「偽装すき焼き」
〈材料〉庄内麩/牛の脂


▽ダイジェスト映像Vol.5「偽装霜降り肉」
〈材料〉赤身牛肉/牛の脂


▽ダイジェスト映像Vol.6「偽装ウイスキー」
〈材料〉エチルアルコール/水/麦茶/紅茶/甘露飴/キャラメル/バニラエッセンス

(記録映像 by フジテレビ動画投稿サイト「ワッチミー!TV」)


▽参加メンバーも各自のページで会議の模様をリポート!
「くにろく東京食べある記」
放送作家はっぴーふーみん「行列★日記へようこそ!」
よーこりん社長の「女子のBusinessは、Happy&Honey&Honesty!!」
「fly と flight日記」
「バンド・オブ・トーキョー☆」
「レストラン不動産日記」
「イタリア料理研究家 青木敦子のとっておきレシピ」
東京月島夫人「Healthy Life」
「パリスタイルの美的テーブルコーディネーターライフ」
料理教室主宰「伸子のひとり言」」

  ________________

(追記)
会議の中で魚柄さんが指摘した「工業用の米を、食用と偽って転売している」件は、
本年9月に残留農薬が検出された米を転売した「三笠フーズ」事件が発覚したことで、
多くの人が知るところとなりました。

  ________________

  フードジャーナリスト会議とは (by わぐりたかし)

foodjournalist at 02:16|Permalink

2007年12月12日

緊急開催「ミシュランガイド」ジャン=リュック・ナレ×来栖けいトークショー

日本語版初版12万部たちまち完売、アマゾン1位獲得、メディア殺到!
増刷分が書店に並ぶ13日を前に、
フードジャーナリスト会議でおなじみの来栖けい(美食の王様)が、
今年6月のゲストスピーカーミシュランガイド総責任者ジャン=リュック・ナレ氏と、
今改めて「ミシュラン」を語る!


ミシュラントークショー
「ミシュランガイド東京2008」ジャン=リュック・ナレ サイン会 

【 日 時 】2007年12月12日(水)18:30 〜19:15
【 場 所 】紀伊国屋書店 新宿本店 9F 特設会場
【 内 容 】18:30 ミシュランガイド総責任者 ジャン=リュック・ナレ挨拶
       18:35 ジャン=リュック・ナレによるサイン会



「ミシュランガイド東京2008」ジャン=リュック・ナレ×来栖けいトークショー

【 日 時 】2007年12月12日(水)19:30〜20:00
【 場 所 】紀伊国屋書店 新宿本店  9F 特設会場
【 主 催 】紀伊国屋書店 
【 協 力 】フードジャーナリスト会議
【 登壇者 】ジャン=リュック・ナレ(ミシュランガイド総責任者)
       来栖けい(美食の王様)
       司会:内田麻紀(フリーライター)
【 内 容 】19:30-19:55 ジャン=リュック・ナレと来栖けい対談
       19:55-20:00 日本ミシュランタイヤ代表取締役社長ベルナール・デルマス挨拶


来栖けい(くるす・けい/美食の王様)プロフィール
  1979年生まれ。3歳でフレンチデビューして以来、
  パン、和菓子、ケーキ、ボンボンショコラから高級レストランまで美食街道まっしぐら。
  これまでに食べたお店は10,000軒以上。
  今回ミシュラン掲載店150軒のうち、発売時に既に140軒食破!
  「ミシュランガイド東京2008」で三つ星を獲得した「カンテンサンス」(港区白金台)には
  オープン当初から多い時で週に3回も通い詰め、
  岸田周三シェフの腕と味を誰よりも早く見いだして世にしらしめたことで知られている。
 ・オールアバウト首都圏食べ歩きガイド
 ・ぴあ『東京最高のレストラン2008』採点者
 ・筑摩書房『美食の王様』3部作など著書多数
 ・日本テレビ「スッキリ!!」レギュラー出演ほか雑誌やテレビで活躍中


 (トーク内容ダイジェスト報告)
 *初版15万部(うち日本語版12万部)、増刷も15万部、合計30万部
 *スクープ!3人目の日本人調査員決定、3人目は女性、合計6名
 *調査員はその国からというのが原則なので、東京版もいずれ全員日本人に
 *今回欧州から助っ人10人を加えて15人で調査、フレンチと日本料理に重点、
  次回はイタリア人調査員も来たがっているのでイタリアンの評価も
 *外国人観光客向けの日本料理店を選んだつもりはない。
 *今回都心部8区だったが、次第に広げていく
 *今回星付きのみ掲載したが、次回以降は調査の結果を見て考えていく
 *ナレ氏がレストランを訪れると隣のテーブルと違う特別待遇を体験するが、
  調査員ではないので意味はない。そんなときのナレ氏の店に対するコメントは、
 「隣のテーブルも同じような料理を楽しめないのは残念です」
 *東京版の印刷のクオリティに満足。ほかの国も東京版をモデルケースにする
 *今後の展開は、京都版や関西版の前に、東京版をもっと充実させていく
 *パリ版は読者からの情報が毎年4万5千件、日本も同じくらいの反応を予想、
  読者の反応を見ながら、より内容を充実させていく
 *人間でいえばまだまだ赤ちゃん。これからどんどん充実したモノに育てていく


講談社「MoPix」対談こぼれ話
「ウォーカープラス」
「夕刊フジ」ミシュラン総責任者が激白「不満ならば実力を…」
________________

 ちなみに今回のミシュランガイドに、
 日本語の表現者としては看過できない店名など重大な誤記が各所に散見され、
 発売当初より指摘してきましたが、
 ミシュランHPに訂正のお知らせが出ました。

 ただ、通常「すきやばし次郎」と表記される三ツ星店が、
 「すきや橋次郎」となっている件につきましては、
 日本文化と日本語を守るべく(←ちょっと大げさ?)、
 ひきつづき確認と訂正を求めていきます。
  
________________

フードジャーナリスト会議とは


foodjournalist at 21:13|Permalink

2007年11月27日

第12回:アラン・デュカス(スーパーシェフ) 

◆日時:11月27日(火)19時00分〜21時30分 ※完全事前申込会費制

◆会場:ホテル「ルポール麹町」

◆ゲストスピーカー:アラン・デュカス(Alain Ducasse)

◆インタビュアー:内田麻紀(フリーライター)

◆コーディネーター:わぐりたかし(放送作家/フードジャーナリスト会議代表)

デュカス会議













デュカス in FJ会議
photo by 山本真司(カメラマン)

◆軽食付:『be-ブーランジェピシエ』FJ会議用特製サンドイッチBOX
     ・クラブ ビー <チキン/栗、サーモン/きゅうり> ←今回特別メニューです!
     ・サブレブルトン
     ヴィッテル(サントリー)
     東果大阪関連会社「伝統野菜&こだわり名産品通販サイト☆一品一会」より
     みかん3種(愛媛:宮川早生みかん、和歌山:ひとくちみかん、美柑娘)セット


◆テーマはズバリ「アラン・デュカス」!

 「真の食の天才は、母なる自然です。
  私の料理の半分以上は、食材そのものの質です」

 アラン・デュカスは、
 料理人であり、
 レストランのクリエイターであり、
 空間デザイナーであり、
 レストランに関係することすべてに責任を持つリーダーだ。

デュカス 彼が率いるグループ・アラン・デュカスは、
 世界で20ヵ所以上のレストランと
 4つのオーベルジュを手掛けるほか、
 教育、コンサルティング、出版、ホテル、レストラン分野で
 事業展開している。


 「食材をリスペクト」するスーパーシェフの生い立ちから、
 「料理」「レストラン」「サービス」「食育」、
 直前11/22発売(11/19星付きレストラン発表)の
 「ミシュランガイド東京」まで!
 フランス文化の伝承者であり、
 世界最先端をいくデュカスが語る!


(写真提供グループ・アラン・デュカス)



▽ダイジェスト映像Vol.1(by フジテレビ動画投稿サイト「ワッチミー!TV」)

・料理人への軌跡
・ミシュランガイド東京への評価


 

▽ダイジェスト映像Vol.2

・食材と生産者
・料理は、食材60%・技術35%・才能5% 重要なのは食材
・グローバリゼーションよりローカリゼーション
・シンプル!
・一皿の料理は、一つの料理を語ること
 一つのレストランをオープンすることは、一つの物語を語ること
 料理というモノは偶然出来るモノではない




▽ダイジェスト映像Vol.3


▽ダイジェスト映像Vol.4


▽ダイジェスト映像(おまけ)


▽日本におけるグループ・アラン・デュカス
 『ベージュ アラン・デュカス 東京』
 『ブノワ』
 『ADF+TSUJI』
 『シャトー&ホテル・ド・フランス』 
 『be-ブーランジェピシエ』 


▽参加メンバーもさっそく各自のページで会議の模様をリポート!
くにろく東京食べある記
銀座OLグルメ広報部
PARI STYLE.BLOG
アルテ アモーレ:夢のウエディングドレスを探して(1)
アルテ アモーレ:夢のウエディングドレスを探して(2)
女子のBusinessは、Happy&Honey&Honesty!!
missけいこのビューティフル・ライフ
放送作家 はっぴーふーみん行列★日記
BusinessMind ビジネスマインド
美楽流真希絵の食いしん坊バンザーイ\(^O^)/
人生はデリシャス!ゴージャスカレー姉妹の妹、華麗叫子の活動日記。
華麗叫子の胃袋は偉大なるコスモ♪
内田麻紀「味な日々」


________________

講談社「Moura」アラン・デュカスが語る料理哲学、そしてフランス料理の現在と未来
カフェグルーヴ「verita ヴェリタ」アラン・デュカスの料理哲学
________________

フードジャーナリスト会議とは



foodjournalist at 00:00|Permalink

2007年10月13日

第11回 FJ会議:創業300年「赤福」10代目 濱田益嗣会長(観光カリスマ)※中止

ご案内しておりました第11回FJ会議「赤福会長」の回ですが、
10月12日に、赤福餅の偽装・改ざん(不適正表示)報道を受けて、
先方より辞退の連絡がありました。

見方によっては最近の最大の関心事である「食の安全・安心」を語る
絶好の機会といえなくもありませんが、
企業存亡の危機を迎え混乱している赤福の状況を鑑みて、
辞退の申し出を受け入れ、中止とさせていただきます。
参加予定の関係各位におかれましては、何卒ご了承くださいませ。

(追記)
尚、JAS法違反発覚直後の10月12日早朝から関係各方面に独自調査を展開、
この掲示板にてリアルタイムに分刻みで報告していました。
その後10月18日に、回収した商品を再包装再出荷するという新たな事実が発覚、
JAS法違反の不適正表示問題から、食品衛生法に抵触する食の安全問題に発展、
赤福は10月19日付で無期限営業禁止処分となりました。
リアルタイムリポートは削除して、報道各社の記事を時系列で並べておきます。

読売新聞 (10/12朝刊)
農林水産省〜株式会社赤福が販売した商品(商品名「赤福餅」)における不適正表示に対する措置について(10/12)
加工食品品質表示基準(平成12年3月31日農林水産省告示513号)
赤福社長(11代目)謝罪会見
農林水産省、菓子関係19業界団体に対し期限表示や品質管理などについて不備がないか点検するよう指導
赤福、店頭残りも冷凍販売 無期限営業禁止に
農林水産省〜「赤福」に係る立入調査の結果概要について(10/22)

10月30日赤福の類似商品「御福餅」も製造日偽装か 三重県と農水省、本社に立ち入り
御福餅の4割で製造日偽装 行政処分まで営業自粛

10月31日 赤福会長、辞任=「先祖に合わせる顔ない」−消費期限偽装で引責
赤福会長が辞任 「一番の原因者は私」

11月20日 福田首相「賞味期限短すぎる」政府内で議論始まる
「まだ食べられるものでも、賞味期限を過ぎると捨てられる。
ここを変えれば『もったいない』の精神を広げることにつながる」とも強調。

12月15日 赤福提出の改善計画報告書(概要)
12月20日 農水省など立ち入り調査 「適正に改善確認」

2008年1月25日「赤福」が改善計画完了、保健所立ち入り検査で確認へ
赤福、2月6日に営業再開 本店など地元3直営店で
「積み重ねで信頼回復」 赤福社長、再出発へ決意

________________


◆日時:10月30日(火)※中止

◆ゲストスピーカー:創業ジャスト300年!伊勢「赤福」10代目
          観光カリスマでもある濱田益嗣(はまだ ますたね)会長

◆テーマ:「赤心慶福! 時代と共に変わるモノ 変わらないモノ!
      〜300年繁盛の秘密は、先味・中味・後味のスパイラル」
      
     「もう一度、ニッポン!」


          赤福餅赤福本店








  photo by わぐりたかし




________________

(赤福偽装報道から一日たった10/13 午後に記す)

赤福は、戦中から戦後にかけて、
砂糖と小豆が統制品となってまともな原材料が手に入らず、
味と品質を保てないため、自主的に約5年間(1944〜1949)休業していた時期がある。
納得できないものを作っては御先祖様に申し訳ない。
店を完全に閉め、一切の現金収入はなく、田畑を耕し自給自足、赤貧生活でしのいだ。

その間に、赤福そっくりのあんころ餅を売る会社が14社出てきてシェア強奪!
その後、砂糖と小豆の統制が解かれ、赤福はゼロから復活再興した。
先代夫妻を相次いで亡くし、その翌年夫を病気で、
そしてさらに息子(9代目)を戦争で失い、
女手一つで暖簾を守った8代目、濱田ますのこの物語は、1975年、
十朱幸代を主人公にフジテレビで連続ドラマ『赤福のれん』となった。

お客に提供する物すべてが同一でなければならないというのが、ますの信念だった。
したがって、土産物にありがちな上げ底を作るとか、
団体に対しては品質の違うものを提供するといったことは絶対にしない。
商品に対する誇りこそが赤福のすべてだった。

この夏、伊勢に幾度となく通ったが、
8代目ますに受け継がれた「おかげさま」をモットーとする
赤福代々300年の哲学に学ぶことは多い。

近代化して拡大した赤福が原点を再確認して信頼を回復し、
再び人々に赤福の名前の由来となった「赤心慶福」、
慶び(よろこび)を与えてくれることを心から願ってやまない。 


FJ会議代表 わぐりたかし 

ちなみに次回FJ会議は、11/27(火)アラン・デュカス登場です!

________________

フードジャーナリスト会議とは

foodjournalist at 12:00|Permalink

2007年07月26日

第10回 「2007年夏!カレー祭り」東京カリ〜番長☆水野仁輔

第10回(7/26木曜19時〜21時) @ホテル「ルポール麹町」

◆ゲストスピーカー:水野仁輔(東京カリ〜番長)× 今清水隆宏(カリスマ料理カメラマン)

◆テーマ:2007年夏☆カレー祭り

家カレー
◆インタビュアー:内田麻紀(フリーライター)

◆前説:来栖けい(美食のプリンス)鈴木美和(フードライター)

◆配布資料:特製記念缶入り『喝采!家カレー』(主婦と生活社)ほか

◆東京カリ〜番長手作り「一晩漬け込むポークカレー」付き!
 (最新刊「喝采!家カレー」の表紙写真になっているカレーです)


◆箸休め・茶菓子・ドリンク付
 ・「伝統野菜&こだわり名産品通販サイト☆一品一会」大阪泉州の水なす
 ・フードジャーナリスト・料理研究家、タレントの園山真希絵さん特製カレースイーツ
 ・東海道関宿創業370年、深川屋の銘菓「関の戸」
 ・キリン・ザ・ゴールド
 ・キリン 一番搾りスタウト(9月19日発売予定)
 ・ドバイ原産ミネラルウォーター「アラビアンオアシス」

▽ダイジェスト映像Vol.1(by フジテレビ動画投稿サイト「ワッチミー!TV」)



▽ダイジェスト映像Vol.2(by フジテレビ動画投稿サイト「ワッチミー!TV」)



▽参加メンバーも各自のページで会議の模様をリポート!

おとりよせネット 花房美香の「晴れ、ときどきお取り寄せ」
くにろく 東京食べある記
日本食べある記@Blog
Fabulous!? 大人の事情
美食フードアナリスト にゃんこ隊長の「猫舌で感じる世の中日記」
♪できるかな
missけいこのブログ
バンド・オブ・トーキョー☆
ヒロキエ「食い道をゆく」
fly と flight日記
まさぴょんのお食事処日記帖
潜在おんな力が100倍アップする漢方スタイル術
料理研究家「伸子のひとり言」
ゴージャスカレー姉妹
________________

フードジャーナリスト会議とは

________________

foodjournalist at 08:40|Permalink