食品学講座

食品学関連、管理栄養士国家試験について、つれづれに書いてます。 北里大学保健衛生専門学院 管理栄養科 食品学研究室

明日から1〜3年生前期定期試験

☆明日から、1〜3年生は前期定期試験が始まります。
今日から学院は開いていますので、学校で試験勉強をしましょう!

夏期休暇

☆学院は、明日から20日まで夏期休暇となります。
よろしくお願いします。

2017年度管理栄養士国家試験対策夏期講習会

☆今年度の夏期講習会を9月4日(月)〜9月8日(金)に開催します。
卒業生の方も参加できますので。希望される方はメールにてお申し込み下さい。
また、模擬試験も9月から毎月実施しますので、卒業生の方で受験を希望される方は、併せてお申し込み下さい。

 メールアドレス:jcd@kitasato-u.ac.jp

・夏期講習会日程
 9月4日(月)1限 公衆衛生学
       2限 生化学
       3限 人体(解剖)
       4限 人体(疾病)
 9月5日(火)1限 食品学
       2限 調理学
 9月6日(水) 1限 食品加工学
       2限 食品衛生学
       3限 基礎栄養学
       4限 応用栄養学
       5限 基礎栄養学(遺伝子)
 9月7日(木)1限・2限 栄養教育論
       3限 給食経営管理論
       4限 臨床栄養学
 9月8日(金)1限 公衆栄養学
       2限 臨床栄養学


第32回管理栄養士国家試験について

☆先日、官報に日程等が公表されましたが、
厚生労働省のHPにも第32回管理栄養士国家試験の日程と国家試験委員の名簿が公表されました。
確認してみてください。

http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/kanrieiyoushi/index.html

第32回管理栄養士国家試験対策参考書20170808

☆下記の国試対策参考書が発売になりました。

・「管理栄養士国家試験の要点 〈2018年版〉 - 基礎からしっかり学ぼう!」
 
    栄養セントラル学院【編著】
    価格 \4,320(本体\4,000)
    中央法規出版(2017/08発売)

4805855487

2017年食品機能学練習問題13解答(管理栄養科2年生)

問題1ー解答(1)
(1)×卵殻の主成分は炭酸カルシウムである。

問題2ー解答(1)
(2)×リゾチームは細菌の細胞壁を分解する活性のある酵素であり、卵の腐敗防止に役立っている。
(3)×オボアルブミンは卵白たんぱく質の大部分を占めるたんぱく質であり、泡立ち性¥ や熱凝固性など、卵の調理、加工する際の重要な特性を担っている。
(4)×卵の乳化力は主に、卵黄に多く含まれるレシチンによるものである。レシチンは分子中に親水基と親油基をもつ強力な界面活性剤として働く。
(5)×オボムコイドは、トリプシン阻害活性を持つが、熱安定性は高い。

問題3ー解答(2)
(2)×脂質の含量は、卵白よりも卵黄の方が多い。

問題4ー解答(4)
(1)×ラテブラは、卵黄に含まれる。
(2)×アビジンは、卵白成分である。
(3)×ホスビチンは、卵黄成分である。
(5)×オボムチンは、水様性卵白より濃厚卵白に多く含まれる。

問題5ー解答(4)
(1)×卵の脂溶性ビタミンは、卵黄に多く含まれている。
(2)×卵の水溶性ビタミンは、卵黄と卵白に含まれている。
(3)×卵黄は卵白に比べてリンを多く含む。
(5)×鶏卵にはアスコルビン酸(ビタミンC)が含まれていない。

問題6ー解答(5)
(5)×ゆで卵の卵黄の表面が暗緑色になることがあるが、これは卵黄から遊離した鉄と卵白から遊離した硫化水素が結合して硫化鉄などを生成するためである。

問題7ー解答(3)
(3×)卵の乳化力は主に、卵黄に多く含まれるレシチンによるものである。レシチンは分子中に親水基と親油基を持つ強力な界面活性剤として働く。

問題8ー解答(1)
(1)×鶏卵は産卵後の時間の経過とともに炭酸ガスの発散により卵白のpHは急速に上昇 し、濃厚卵白は水様化し卵黄膜の強度は低下する。

問題9ー解答(3)
(1)×卵が古くなると、卵黄膜の強度が低下して、卵黄係数が低下する。
(2)×卵を割り、濃厚卵白の高さを濃厚卵白の広がりの長径と短径の平均値で除したものが、卵白係数である。卵が古くなると、係数が小さくなる。
(4)×ハウ単位は濃厚卵白の高さと卵重から求める。
(5)×ハウ単位は鮮度が低下すると小さくなる。

問題10ー解答(5)
(5)×:卵白の凝固温度は卵黄よりも高い。
   卵黄の凝固温度は65〜67℃、卵白の凝固温度は70℃で表面が凝固し、
   内部は不透明、80℃で完全に凝固するので凝固温度の差を利用して67℃で加熱
   すると温泉卵ができる。

第32回管理栄養士国家試験の施行

☆8月1日付けの官報で第32回管理栄養士国家試験の施行が公表されました。

 試験期日      平成30年3月4日(日曜日)
 受験願書の受付期間 平成29年12月8日(金曜日)〜12月15日(金曜日)
 受験票の交付    平成30年2月16日(金曜日)発送
 合格発表      平成30年3月30日(金曜日)


 今回から試験日が早まりますので、早めに受験対策に取りかかりましょう!!

「 コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜」

☆ 山下智久さん、新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、比嘉愛未さん、浅利陽介さんの5人が主役の医療ドラマの第3弾が始まりましたね。
医療にかかわるものとしては、楽しみなドラマですね。
このドラマの第3話から俳優の丸山智巳さんが出演します。
なんと、この丸山智巳さんは、本学院栄養科の卒業生の方です。
 これからのドラマでの活躍が楽しみですね。

2017食品機能学練習問題12解答(管理栄養科2年生)

■誤っているのは下記のものです。

×(1)魚が死ぬとグリコーゲンが分解されて乳酸が蓄積して筋肉のpHが低下する。
×(8)K値は、ATP分解産物中のイノシンとヒポキサンチンの割合を測定して求める。
×(11)魚肉でも、死後硬直は起こる。
×(12)牛乳は母乳に比べて、糖質が少なく、たんぱく質、ミネラルが多い。
(15)ホルスタイン種
(16)ジャージー種の脂肪率は高い。約5%。
(20)×:キモシンの作用で凝固するのは、κ-カゼインである。
(25)×:ホエーの黄緑色は、リボフラビン(B2)の存在による。
(31)×:牛乳にはIgGが、人乳にはIgAが多く含まれる。
(33)×:牛乳中で一番多いのはカリウムである。
(38)×:乳糖は、D-ガラクトースとD-グルコースが結合した二糖類である。
(46)×:牛乳中にはリノール酸、リノレン酸、アラキドン酸のような必須脂肪酸は少ない。

2017年食品学総論練習問題13解答(管理栄養科1年生)

☆誤っているのは下記のものです。

×(4)塩基と五炭糖が結合したものをヌクレオシドという。
×(7)IMPは、かつお節の旨味成分であり、GMPはシイタケの旨味成分である。
×(15)K値が低いほど鮮度が良い。
×(17)血清尿酸値を上げる食品として、アルコールは含まれる。
×(21)一般生食用の魚のK値は20%以下とされる。
Archives
訪問者数

livedoor 天気
  • ライブドアブログ