食品学講座

食品学関連、管理栄養士国家試験について、つれづれに書いてます。 北里大学保健衛生専門学院 管理栄養科 食品学研究室

管理栄養士国家試験対策参考書20181206

☆下記の参考書が発売になりました。

・「管理栄養士国家試験受験必修キーワード集 (第9版)」
    女子栄養大学管理栄養士国家試験対策委員会
    価格 \3,456(本体\3,200)
    女子栄養大学出版部(2018/11発売)


4789524434

2018年度食品学粁習問題9解答(管理栄養科1年生)

☆誤っているのは下記のものです。

(1)×:三重項酸素は、通常の酸素である。
(10)×:システイン、グルタチオンは抗酸化物として働く。
(12)×:n-6系多価不飽和脂肪酸は、儀織▲譽襯ー反応を誘導する。
(13)×:n-3系多価不飽和脂肪酸は、儀織▲譽襯ー反応を抑制する。
(17)×:β-グルカンは、きのこ類に多く含まれる。
(25)×:γ-アミノ酪酸には、睡眠誘導や鎮静化効果がある。
(30)×:高血圧の90%以上が本態性高血圧症である。
(34)×:アンギオテンシン兇蓮血圧を上昇させる。
(40)×:酢酸は、血管拡張作用により血圧を低下させる。

2018年度栄養士実力認定試験(管理栄養科3年生)

☆今週末は栄養士実力認定試験が実施されます。
 NRサプリメントアドバイザー認定試験を受験した学生の皆さんはお疲れ様でした。
 吉報を待ちましょう!

 さて、12月8日(土)には栄養士実力認定試験ですね。
 A判定取得を目指してしっかり勉強していきましょう!!

明日はNR・サプリメントアドバイザー認定試験

☆明日はNR・サプリメントアドバイザー認定試験が行われます。
 北里学院からは管理栄養科3年生10名が受験します。
 受験される方は、合格を目指して最後の追い込み頑張ってください。
 当日は、余裕を持って会場に向かいましょう!
 
  「なせばなる!!」

☆☆2018年度NR・サプリメントアドバイザー認定試験について
 1.受験日時 
   2018年12月2日(日) 13:00〜15:00(12時開場・12時45分着席)
 2.受験会場
   新潟会場 新潟医療福祉大学
        ■新潟交通路線バス、万代シティバスセンターから
         ●「新潟医療福祉大学行き」乗車、「新潟医療福祉大学前」下車
         ●「太郎代浜行き」乗車、「新潟医療福祉大学入口」下車すぐ
        ■JR新潟駅より白新線に乗り換え豊栄駅下車、スクールバスで約20分 
 3.受験科目
   NR・サプリメントアドバイザーの役割と倫理
   基礎の生理学
   4霑辰寮顕蹴
   た祐岷浜楹
   ダ験莉慣病概論
   ξ彎憶浜椶販彎恩〆
   Э搬粒萋阿髪浜
   ┸品安全衛生学
   健康食品
   臨床薬理学
   食品機能の科学的宇根拠
   行動科学とカウンセリング
   国内外の関連法規ー食品の健康表示と安全性-
 4.試験方法と出題数
   択一式(解答用紙記入)の学科試験
   90題 
   

学校給食交流会に参加してきました

☆さつまいもレシピ開発の一環で、11月26日(月)に六日町小学校で開催された学校給食交流会に学生と一緒に参加してきました。
 今回、参加した学生は管理栄養科3年生12名です。
5年生、6年生の給食事に、さつまいの話をしながら小学生と生産者の方と一緒に給食を楽しみました。
 学生が考えたさつまいもレシピの中で、さつまいものそぼろ煮が給食のメニューとして採用されました。
 写真は、その時の給食です。

IMG_1948

















 これが、さつまいものうま煮の写真です

IMG_1949











管理栄養士国家試験対策問題集20181129

☆下記の問題集が発売になりました。

・「管理栄養士国試合格のエッセンス 〈第9巻〉 - 管理栄養士国家試験対策オリジナル問題集」
    日本医歯薬研修協会/管理栄養士国家試験対策委員会
    価格 \2,700(本体\2,500)
    日本医歯薬研修協会(2018/11発売)


4806916579

2018年度食品学粁習問題8解答(管理栄養科1年生)

☆誤っているのは下記のものです。

(1)×:食品の一次機能とは、栄養機能である。
(2)×:食品の二次機能とは、嗜好性機能をいう。
(3)×:食品の三次機能とは、生体t調節機能のことである。
(4)×:食品の嗜好性に関する機能は、二次機能に分類される。
(7)×:大腸内の腸内細菌により分解され短鎖脂肪酸となって吸収される。
(15)×:オリゴ糖の生理機能には、血圧上昇抑制作用はない。
(17)×:フルクトオリゴ糖は、プレバイオティクスである。
(18)×:乳酸菌は、プロバイオティクスである。
(19)×:ガラクトオリゴ糖は、プレバイオティクスである。
(23)×:糖アルコールは、血糖値の上昇を抑制する。
(27)×:小麦アルブミンは、α-アミラーゼを阻害する。
(34)×:グロビンたんぱく分解物は、リパーゼを阻害する。
(40)×:植物ステロールは、コレステロールの吸収を抑制する。

今年も始まりました給食経営管理論実習

☆今年も給食経営管理論実習の給食の提供が昨日から始まりました。
毎回、食べるのが楽しみな実習でもあります。
 今日のメニューは「ほっこり冬の味覚ランチ」でした。
おいしくいただきました。
 来週も楽しみですね。

DSC_3031

DSC_3030

2018年度食品学粁習問題7解答(管理栄養科1年生)

◇誤っているのは下記のものです。

×(1)こんにゃくは、ゲルである。
 液体を分散媒(連続相)とし、固体を分散相とする分散系のうち、流動するものをゾル、流動しないものをゲルという。
×(2)バターは、W/O型エマルションである。
 バターは油が分散媒、水が分散相となっている油中水滴型である。
 マヨネーズ、牛乳は水が分散媒、油が分散相になっており水中油滴型(O/W型)エマルションであ
 る。
×(3)キセロゲルは、ゲル中の分散媒が乾燥によって減少し、隙間のある網目構造になったものをい
 う。棒寒天、調理前の凍り豆腐などがある。
×(5)生のデンプン水溶液、バターミルク製チョコレートなどはダイラタンシー流動を示す。生デンプ
 ンにひたひたの水を加えて、ゆっくり撹拌するとサラサラと流動するが、急に撹拌しようとして力
 を加えると硬くなる現象である。
 ぬれた砂地を踏むときも同じ現象がみられる。粒子が詰まっていて、その隙間に水が満ちている状
 態では、ゆっくり混ぜると流動するが、力を加えると粒子の配列が乱れて隙間が大きくなり水が吸
 い込まれて流動性を失う。
 でんぷんのりは、これとは逆に、ゆっくり撹拌しているときは粘度が高いが、速く撹拌するとと粘
 度が減少する現象である。
×(6)パンは分散相が気体で、分散媒が固体の一種のコロイドである。
×(7)寒天やゼリーは少量の分散媒が多量の分散相の中に入って流動性を失ったゲルである。
×(8)牛乳は水中油滴型のエマルションである。
×(10)ヨーグルトの表面に水が浮いてくるのは、ゲルを放置すると網目が収縮し、水が押し出されるた
 めである。この現象をシネレシス(離水または離漿)という。
×(11)バター、マーガリンは油中に水が分散した油中水滴型(W/O型)である。
×(12)エマルションは、コロイド粒子の径が小さいほど安定化する。
  エマルションの安定性は乳化機で、分散粒子径を小さくすればするほど増大する。
  一般の工業的乳化物では1〜2nmの細粒化が望ましく、乳化物の粒径も均一化させるようにする。
  例)牛乳の均質化(脂肪球を破壊し、脂肪球の粒径を小さくしている)
×(14)ゼリーは分散媒に分散相が入ったゲルである。
×(15)水あめにおいては粘度はずり速度によらず一定の値を示す。ニュートン流体である。 
×(16)白濁してみえる牛乳のコロイド粒子は、ろ紙の目を通過するが、セロファンのような半透膜を通
  過することができない。
×(17)寒天、ゼリーやプリンは、ゲル状態の食品である。
×(18)ソースやジュースのように、液体に固体粒子が分散したものをサスペンションという。
×(20)食品の物理的特性を示すテクスチャーは、そしゃく・えん下しやすさと関連する。
  特に、咀嚼やえん下機能が低下している摂食障害者にとり、食品のおいしさや安全性の面でテク
 スチャーは重要な因子である。咀嚼しやすい硬さや飲み込みやすい形態かが、食品に対するテクス
 チャー的要求(レオロジー的性質)が健常者と異なるからである。咀嚼やえん下は食事の際の口腔
 中から咽頭・食道を食物が通過する過程の問題で、食物のテクスチャーとの関わりが大きい。
×(21)高濃度のでんぷん液─────ダイラタンシー
×(23)トマトケチャップ──────チキソトロピー
×(24)ジュース──────────ニュートン流体
×(25)水ようかん─────────ヒドロゲル
×(26)板こんにゃくは、ゲルである。
×(28)スクロース水溶液は、ニュートン流動を示す。
×(29)でんぷん懸濁液は、ダイラタンシー流動を示す。
×(30)トマトケチャップは、チキソトロピー流動を示す。
×(32)×:加熱した寒天は、冷やすとゾルからゲルに変化する。
×(37)マヨネーズの粘度は、コロイドの平均粒子径が小さいほど高い。
×(38)生クリームは、水中油滴型(O/W型)エマルションである。
×(39)流動性をもったコロイド分散系を、ゾルという。
×(40)砂糖濃度が同じとき、ゾルがゲルよりも甘味を強く感じる。
  味蕾に触れる面積が大きい水溶液の方が味を強く感じる。

あぐりぱーく八色の秋野菜収穫祭で出店してきました!

☆11月17日(土)に浦佐のあぐりぱーく八色の秋野菜収穫祭で出店してきました!
あいにくの雨模様でしたが、100円に値下げしてなんとか売り切ることができました。
参加した学生の皆さんお疲れ様でした。
3年生の皆さんも、授業終了後に手伝いに来てくれてありがとうございました。
 次は、11月26日(月)の学校給食交流会ですね。

PB170006
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
  • ライブドアブログ