2012年03月

テルヲを入れなきゃ

【とぅでい】

風がね。


つおい。


テルヲを


中に入れる。


うちの晴天の守り神。


てるてる坊主のテルヲが


真横になびいて


糸が今にも千切れそい。





テルヲを中に入れる。


てことは


今日は 雨になっちまう?


今日は 午後には


HAPPY TRIBE の ナオちゃんと


久しぶりにセッション。


埼玉県の大宮


シャトルでひとえき目。


タコースティックギターを弾くのも


久しぶり。





テルヲを中に入れて


もう一眠り。




【いぇすたでい】

ドロンコスのロックンロール。


ベルベット訛りのキツいらりはさんのギター。


別のさっちゃんが 耕さんの歌。


別の花子ちゃんとは本の話。


およぐのとなりであるくが赤い酒。


淡々と後片付けのPAさん。


すでに出来上がりつつある店主。


もう飲めないわたし。


ぐにゃぐにゃに見える庚申通り。


ゆっくりゆっくり過ごす


割り勘のラーメン。


そしてゆっくりゆっくり


自転車を押してあるく早稲田通り。


いつもの曲がり角で


強く握手。


なんか永遠。





【いま】

風がびゅうびゅう


吹いているよ。

4月の予定

今年度末は きつかったよ。


ライブも そこそこ回数あったし、仕事がけっこう頭つかう作業ばかりでしかも長時間で、かなり精神がやられた気がするよ。

でも怒涛の年度末業務もどうやら峠を越えられた感じです。

4月は、また、じゃんじゃんやります。


では、ご案内。


4月3日(火)
高円寺 PENGUHIN HOUSE
[hanTako]

4月7日(土)
高円寺 PENGUIN HOUSE
[たこボー×カッキー×シゲオ]

4月11日(水)
高円寺 PENGUIN HOUSE
[hanTako(O.A.で4曲)]

4月13日(金)
高円寺 SHOW BOAT
[たこボー×ボクボク×岡田堅一]

4月14日(土)19:00
阿佐ヶ谷 YELLOW VISION
[青い星+たこボー]

4月14日(土)21:00
高円寺 PENGUIN HOUSE
[たこボー×カッキー×岡田堅一]

4月15日(日)
高円寺 SHOW BOAT
[くさむら]

4月16日(月)
荻窪 CLUB DOCTOR
[たこボー×じゃいあん×シゲオ×ハナコ]

4月18日(水)
高円寺 Reef
[hanTako]

4月22日(日)
高円寺 cafe etc…traghetto [hanTako]

4月29日(日)
阿佐ヶ谷 CHECKER BOARD
[hanTako]




よろしくでーす。

中野クラシック

とは 関係あるかないか知らないけど、わたしの場合

御茶ノ水 ハーモニー

てゆうレコード屋 が 妙になつかしく、人との会話で ふと思い出したよ。

クラシック専門のアナログレコード店。



クラシック的には、みんな一度はハマるバロック音楽ですが、何かで聴いて 好きになった曲の作曲家が

アノン

と書いてあって、その アノンて 聞いたことのない作曲家について 掘り下げようと思い 御茶ノ水ハーモニーに行ったなぁ。

「それは 作者不詳とか著者不明とか そうゆう意味だよ」

なんて教わり その時はかなり衝撃走ったよ。

定番のボケなのか やさしく笑って教えてくれたっけ。




ロックのレコード屋だったら 失笑的に笑われるか そのまま テキトーに アノンのレコードをたくさん売り付けるか、が相場だったのではないかな。

や、当時のノリではね。

今はさ 堅実で良心的で高望みしないお店こそが多く生き残っているように思えますが、ばぶるな頃の話ですから。



油絵は 部屋が大変なことになりそうで 透明水彩とゆうのを 当時 趣味としていて 画材屋も多い御茶ノ水では 日立のビル清掃のバイトもしていて 毎日毎日 とにかく 御茶ノ水でした。

学校が水道橋でしたから、神保町に回り道して 腹ごしらえしたり、もちろん クラシックをやってたわけではなく ただ勉強してただけで、ロック大好きなわたしですから、エレキやアンプやエフェクター てことで 石橋・黒澤・下村・ESP とハシゴしたり ね。


まんてん て 洋食屋が 懐かしいのです。



こないだ hanTako で たいばんした素晴らしいアーティスト、アサダマオさん は 文学の方らしく 神田に住んでるなんて話を聞かせていただき、最近、ことあるごとに あの辺を思い出しては にやにやしてます。



小川町の きしめん屋 と 旅行代理店 と 寿司屋 の三つ巴のバトルとか、色々。



久しく足を向けてないかわりに、ドッと思い出が込み上げる、そうゆうの、ありますよね?



クラシック と 絵画 と 文学 と。

行ってみたい年頃 てのは わたしにもありました、なんてオハナシでした。


明日は らりは=sevenZ さんが参加している ロス・ドロンコス のライブを見に ペンギンに行くつもりです。


ペンギンハウスに 初めて行ったのは たしか らりはさんのライブでした。

ホルモン食って 酒のんで

もしあなたが国土を失っても

母国語 を持っているとゆうことは

その牢獄の鍵を持っているようなものだ。

と 安部公房がゆってたよ。




ラーメン屋だったら 自分の味 てゆうスタイルがあれば 店舗がなくなっても 屋台で這い上がれるだろうし、ギタリストだったら 自分のトーンとか 演奏スタイルとか かな。





おはよーございます。




やあやあ、昨夜は 給料日恒例の 家族DE焼肉、@阿佐ヶ谷。

今月いっぱいで 「一旦」辞めることにしている「らしい」 PAの藍ちゃんを招待したよ。

プライベートな流れで会うのは初めてだよ。

いつもは 閉店後の呑みでは 聞き役な 藍ちゃんも このザ・卒業 な展開にて たくさん話してくれたよ。



(´-`).。oO(みなさんは、11年 同じ職場で仕事を続けたことがありますか?わたしは 最長で7年、平均すると1年に満たないヨ)



11年 雨の日も風邪の日も あの地震の夜にも シャッターを開けて 伝票をチェックして 11年かけて確立したルーチンで 淡々と準備をし、続けてきたその現場を今まさに去ろうとしている、それに際してどんな想いなのかが 聞けたよ。

音楽、とりわけ生演奏が大好きだから やってられる仕事でしょうネ。

大きな小屋に行けば アシスタントから出直しでしょうし、小さな小屋でも まあ いちから現場の環境に対応してかなきゃでしょう。

継続もチカラでしょうが、転職もチカラでしょう。

船出だね。門出だね。


(´-`).。oO(でも 辞めるのを辞めたっていいのに)



たぶん 自分の培った 耳 や 勘 があれば やはり PAさんとしたって

その牢獄の鍵を持っているようなもの

と言えるでしょう。

ガンバレヨ!



日本中、あんな出来事があったから 一年過ぎた今も みんな揺れっぱなしだよ。

あなたも どっかしら 揺れて見えるな。



あいや、わたしが凄く揺れてるから そう見えるだけだ、気のせいさ。


あなたは ちゃんと立ててるだろうよ。


どんちゅー?

東寺


2012-03-28 00:01:29 
テーマ:ブログ
44_東寺01

いつも すぐに北上してしまいがちな京都を 少しだけ 南に歩いてみると 何世紀だ?8世紀かなんかの寺院がフツーにある。

京都の魅力の一つだ。


すこし 寄り道して また駅まで歩いて、跨線橋をてくてく超えて 新福菜館で一旦腹ごしらえ。

春なんかにゆくと、こっちが冴えなくても まわりのバイブにもってかれて なんだか恋のような気分がビリビリくるのが京都。

そして 音楽好きがいっぱいいる。

ふと 乗ったタクシーの 運転手さんが、ブルースにめちゃ詳しい方だったり、生演奏を楽しむ週間が 人々に浸透しているのをすごく感じる。



44_東寺02


舞妓さんも 後ろ姿で 奥ゆかしいし、京都に限っては 「KYOTO」なんつって ちょいと武骨に背を向けるくらいが 丁度いいってもんだ。

これが他県だと やはり少しだけ裏切られた感じがするかもしれない。



なにしろ 愉しすぎて キーホルダーを買うのをついつい忘れてしまうので 京都のスタッフは 全然持ってないが、バイクの旅で行ったり 演奏で行ったり、とにかく世話になってる 大好きな土地だ。



今年は まだ京都に行ってない。

だから なんだか調子が上がらない。





年度が明けて仕事が落ち着いたら、ふらっと行ってみたいところだ。



春の京都は いい。

沖縄


2012-03-27 19:20:47 
テーマ:ブログ
高円寺に、抱瓶って沖縄居酒屋があるよね。

わたしは 未だ 沖縄料理を そんなに特別美味いとは思った事は無いんだけど、まあまあ好きだ。

最近、沖縄の道路図面を描いていて、なかなかに手こずっている。

つまり ギターを練習する時間が少なくて 指がやわやわで 腹がたつ。

まあいい。

こちらでは キーホルダーで しばらく 押し通すんだから ギターの話なんか いい。



だいたい 離島関連のキーホルダーは 島 ということを表現するために こうして

43_沖縄01


回りに 青を用いるのが定番だ。

佐渡島は違ったが、八丈島なんかは 同じスタイルだし、鹿児島とか 湾が印象的な地形にも 多く見受けられる。



43_沖縄02



裏には ハイビスカスと 首里城の守礼の門 が描かれている。

最初に ド派手な 笑えるスタッフを紹介しすぎて、なんだか 地味なのがつづくが、しかし それでもやはり 武骨系に対するこだわりを 酌んでもらえよう。

なにしろ 鉄だ。

サイコーにいかしている。

くどいようだが、実際にキーホルダーとして使う事を まるで考えていない このジャンルが わたしは好きだ。



いつかは 居酒屋でもやって カウンターの壁に ずらりと飾りたいものだ。

昭和なテイストは 同世代にはアピールするはずだ。



沖縄は 敬愛する どんとが 最後に選んだ土地 として とても気になるし、スキューバダイビングが好きなわたしとしても 是非 行きたい土地だ。



しかし 航空運賃が高いよね。



大工哲弘「ウチナージンタ」 を聴きながら。

ペンギンと夜想のこと

珍しくコピペからスタートします。ミクシィの日記に書いたやつに追記して、記載させていただきます。



【高円寺 PENGUIN HOUSE】


思えば、不安定な性格と悪癖ゆえに、いちギタリストとしてでは誰にも相手にされなくなった時期が有ったよ。

誰からも誘われなくなり、しゃあない自分で始めるか、なんてさ。

心を入れ替えた「ふりをして」いよいよ自分で歌をうたいはじめ、リーダーバンドを始めたのが8年前でしたよ。

まるで なってない演奏でしたが、「見どころがある」なんて気に入っていただき、ペンギンハウスで 客が来ようが来るまいが ずっとやらしていただきながら、ちょっとずつ 演奏らしくなってきた経緯があるよ。

もっとも、出不精ゆえに、家から一番近い てゆう理由だけで 門戸をたたいた次第なんだけど、ね。

いいライブハウスだし だいすきだよ、高円寺 PENGUIN HOUSE。



【京都 夜想】

歌を、リーダーバンドを始めて 8年たったと書いたけど、その中でも1、2年 ぷち挫折してた時期があったよ。

一旦 ストップして ニュー・オーリンズに行きたい なんて らしくないプランも含めて挫折したんだよ。

(音楽に特化した街、て印象と浅い知識で、ね。憧れさ、今もあるけど小さい)

みんなもあるよね。なにやったってうまくいかないパターンのときって。そんときも色々あったんだよ。

で、おやすみしてたんだよ。

そんな時に 近所の呑み友達のグラムロッカーの先輩が ツアーに行くからギター弾けよ と 誘ってくれて 京都に行ったんだよ。

1年以上、まともにギターなんか弾いて無かったし、でもそこそこは弾けるだろうなんて気楽さで京都に行ったんだよ。


京都のその夜のお客さんや共演者さんたちは、よく演奏を聴いてくれ、みんながいい感想を初対面のわたしに伝えてくれて、なんだかまたその気になっちゃったんだよ。


ハッと気づいたんだよ。

京都って、これ、音楽に特化した街じゃん、ってね。

灯台もと暗しでさ。

だから 京都の そのライブハウス「夜想」の 場の空気っつうかホスピタリティっつうか は 今もこれからも 大切な宝物なんだよ。

ニュー・オーリンズなんかに行かなくて良かったよ。




続きを読む

赤坂見附 あとがき

4f7db502.jpg


好きなお店なんだ。


日曜日に赤坂見附、じゃあ なかなか バンド側だけが集客してるようでは 行き詰まった感じの営業になってしまいますよね。



でも そんな現場は それはそれで 楽しいものです。

だいたい、山手線の内側だと こうゆう感じ てのはわかっているので、気にせずやりたいようにやって 演奏を楽しめました。


マツカーさんてマスターなんですが、マッカートニーみたいでいいな。

ヤングマインドソウルのギタリスト、トシと知り合いらしく、そのトシの弟のバンド ツゲグチ で ドラム叩いてるとか言うし、その ツゲグチ は 最近、仲間のパフォーマンス楽団? ザ・ショッキング と 高円寺 MISSIONS でたいばんしてたなぁ なんつって 話がつながっただけでも ほっこりしたよ。


ヤングマインドソウルは 去年 何度かギターで参加したことがある ヤング万次郎てやつのバンドだよ。いい曲 いっぱいあるんだよ。





昨日は 中原倫太郎てベーシストに任せる予定でしたが、サウンドチェック時に あまりにコンディションが良くなさそうだったので、急遽ボクボクに駆けつけてもらったんだけど、ボクボクが無理だったら オカケンと二人でやろう なんて言ってて、なんつうか「失うモノは無い」的な 魅力的な演奏になったと思っているよ。




呼んでくれた 落合BANDさんには感謝します。

共演者の 伊藤大輔さんも 素敵な恋の唄、ありがとうございます。





HM、はなしもどるけど 赤坂見附 橋の下、ホント 素敵なお店なんだよ。

厨房がね。

美味しそうな匂いが染み付いてるんだよ。

昨夜みたいなイベントでは やさぐれた連中の集いになりがちで フードはいっさい 出なかったと思うけど、バジリコスパゲティが品切れじゃなかったら わたしが先陣を切ったでしょう。



たくさんのレアなレコードに囲まれ、ジャズの妖精がふわふわ飛んでる、そんな橋の下。





曲順を決めてなかった。
順番を思い出せない。

sun king
コデイン・ブルース
赤い涙
Octopus garden
if I were a carpenter
let it be
陽のあたるどこか
びゅんびゅん
ダスト・ベイビー
a day in the life

w/落合BAND、伊藤大輔


120325

PIx : 津軽前田

Under the Bridge

明日は また 久しぶりに 赤坂見附でライブをやるよ。

橋の下

て名前のジャズ系の店だよ。

スパゲティも500円とかだし、なんか 喫茶店みたいな店内片隅で 演奏するよ。

ドラムセットが横向きだから、ドラマーの珍しい 横顔(左側面だ)が 見られるよ。


赤坂見附の駅から 細い方の通りに出て 左=南にちょっと歩くと サンクスが見えてくるけど その手前の 入り口に 小さいアーチ型の橋を模した外装が設置されたお店だよ。

そのアーチ橋をくぐるように 階段を降りた 地下に 橋の下 とゆう店はあるよ。



日曜日に 赤坂見附。


無謀な気もするけど、年度末だし みんな休日出勤バリバリだよね?



赤坂見附で お待ちしております。



■3月25日(日)■

赤坂見附 橋の下
『落合BAND企画』

18:30 OPEN
19:00 START

1500yen+1d

たこボーband

たこボー/vo,g
りんたろう/b
岡田堅一/d


w/落合BAND、伊藤大輔

一雨ごとに春の声

娘はもう春休みに入ったよ。

通信簿は、理科や算数が完璧で、音楽や図工が難有りみたいで、吹いたよ。

お疲れさま、赤坂先生。
一年間、ありがとうございました。
オリラジみたいなファッションは、そろそろやめた方がいいよ。
これからはルネッサ~ンスだよ。







昨日。

まったく馬鹿げた展開に閉口しきりで過ごした職場の一日でしたよ。

上司がまず把握してないままに、私に投げるのはまあ慣例となっちゃってるしいいのだが、年度末の濁流の中とはいえ、物の言い方が段々と過ぎて来て、テーブルをひっくり返しそうになるよ。

そんな時用に、娘の写真なんか貼ってないし、最近、気が短い自分の性質を抑えるのに疲れてるよ。

でも「ライブの日やスタジオの日には、完璧に時間を融通してくれてる」とゆうのをすぐに思い出せるから、たぶんまだまだ大丈夫だよ。

しょっちゅうライブ入ってるから、そこかしこに感謝が散らばってて、直ぐに手にとって見つめたなら、ドンマイ、ってなれるよ。


ライブは見れなかったけど、阿佐ヶ谷チェッカーボードで 地味KENさんたちと合流し、呑みつつ、馬鹿話をしつつ、森田智子てシンガーも紹介されたよ。

今日 ライブなんだってさ。

高円寺 アローン て店。

出順を決めない て ポリシーの店だと言ってたっけかな?

出る時間が わからない てのも 面白いね。

福袋みたい。

わたしは 知りたいけどさ(笑)。出演時刻。




仕事残して切り上げて

ライブハウス行って

2時間 拷問の様な音楽を聴いて

お目当てのグループが出て来て、

とゆうようなストーリーは それはそれで楽しいけど、予算の問題を度外視してる とも言える気がするよ。






今夜は仕事が 早く終わったら アローンに行って見るのも いいかな。

ショットガン・ブレード がワンマンやる店だっけ?たしか。




でもその前に 休日出勤だよ(涙)。
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ