2013年05月

ピラコ、ソロ、見てきた

画像1


曇り空の裏側の夕焼けを、早めに着いた高円寺駅のホームでぼんやりみてました。



今日も今日で迷い悩んだすえ、高円寺リーフをえらんだ。

地球屋もアンチノックもアジャもペンギンも、面白そうな出演者が名を連ねていた。

へたに「釜石にゆく前に見る最後の東京のライブだしな」なんて考えだすからなやむんだろうな、てことで、普段のとおりに、やっぱピラコソロを観にゆこうってことにした。




カブトpresents、てことで、カブトピラコアコーステックマリー、のスリーマン。




ソロでのカブトを見るのは久しぶりだよ。



まえはジャムアワードだっけな。ストラトキャスターをつかっての弾き語りだったけど、今日はセミアコだったな。あるいはフルアコってのかな。見分けられないウブでヨチヨチのわたしです。ジュリーや歌謡ナンバーも交えてのステイジで、客席の歌謡番長、平野カズがハモリを上手にくわえ、褒めると「何言ってんだよ、サンドだよサンド」と業界用語と思しき応えにていなされたりしながら、ほっこり楽しいひと時だったな。

カナリア時限爆弾もやってるあの曲はカブトのオリジナルなんだね。







お待ちかねのピラコソロ。


INRYOKU名義に告知・看板等では、なっていたが、今日はドクター不在のソロとの裏情報どおり、ピンでのステイジだった。しずかにゆっくり「気」を集めて、歌唱で解き放つ、こうした歌唱が叶うのは詞・曲の内容に自信や確信がつよく胸に秘められているからだろうな。演奏のゆるいテイストも、ドクターとの二人でのアンサンブル時とはちがった心地よい張りつめたテンションみたいなのも新鮮で、こっちの方がいいじゃん!と思ったほどだよ。でも、どっちもいいんだけどね、結局。また、INRYOKUも楽しみになってくるよ。


後半ではサポートパーカッションでおーほり


ハウスオブグリーンではドラマーのおーほりピラコの曲を良く知っている彼は、ボンゴと足元のタンバリンで曲をサポート。前半と後半とでのコントラストも有効についたし、時間がすごく短く感じられたよ。






トリはアコースティックマリー。














そうそうたるメンツで、甲斐バンドの曲をトリビュート。実際のところ、甲斐バンドの曲をまったく知らないから、判別不能だが、そーゆーことらしい。ステイジの狭さもあるのだろうか、パートごと曲ごとに入れ替わりで演奏してゆくファンの方たちにとって贅沢な、心憎いパフォーマンスだったのでは。

とはいえ、わたしは明日はライブだし、練習等あったので、22時まで彼らを楽しんで、帰路に着いた。

たっくさんお客さんがきていたので、さして後ろ髪を引かれる思いなく退散できたのがありがたかったな。


























藻の月レコ発、いってきた

藻の月オスバンドOK横丁REC REDIOS


藻の月 2nd album「UHU」レコ発ライブに行ってきた。




REC REDIOS


ブロークンなビートのサンプラー?2人とドラマーによるトリオで、ぶっ壊れた感、や、退廃、混沌、そんな感じのアンダーグラウンドなテイストの音楽でした。はじまるよ~って感じで、このロッキンな組み合わせの夜のちょうど酔い導火線だったような気がします。







オスバンド









カノンの二人、オスキヨシに、旧友のナガタがベースで小山耕太郎がギター。半カノンであり、ほとんど鵺院。すごい四人組だと思うよ。もうね、力技の部類だよ。いわゆるパンクスとされてる人たちより更にパンクロッカーたちだなぁ、って感じた。まあ、わたしにゃパンクのパの字もわかってないので、てきとうに読み流せ。同じくカノンシバイナオミも加わり、贅沢なステイジでした。

ナガタッチこうたろうくん、誕生日おめでとーーーー!







OK横丁









けーいちくんのバンド。おかけんもこのOK横丁にいたんだよ。ハードロックな感じがまた痛快で、AC/DCっぽいノリ?ズンズン突き進むグルーブ。ギターの人も何度か見たことあるけど、バンドでのプレイはピカイチだったよ。かっこいいロケローバンドだね。







藻の月











レコ発です。おめでとうございます。今日は笑顔の多いジョージ。ショウボートでの演奏は、森の月の頃に初めてみたのもここだし、なんか安定したバランスの中にとてつもない迫力も内包して響く。夢のような時間になるよ、ジョージらの演奏は。始まる前のしい~~んとした中で紡ぐ、安井大島の音の会話みたいになっちゃってるパートも、いい感じ。後半はオスも加わり、さらにこちらにもシバイナオミが加わってのクライマックスは素晴しいものがあったな。








やあやあ、しばし東京もうろちょろ出来なくなる、その直前に、これらを見れてよかったなぁ、なんても思ってます。





いざ別れると決めたとたんに、いい女だなぁ、みたいな感慨?

んな感じで、

いざ出張だぜ、アディオス トーキョー、の目前でやっぱ東京はいいなぁ

なんて思っちゃいました。










すかいはい

00_方位記号 Model (1)



まあ、自分を棚にあげていう話でもないのだけど、な。



ミキケイが何かに書いてたあれは、何かの引用なのかはしらないが。

「ヤツの話はいつだって雲の上。滑走路の話が無い」

てのが、みょうにしっくりくることだらけだ。




ジョンボーナムを敬愛して、有り得ない未だかつてないパターンに魅せられて果敢にドラムセットという楽器と格闘しつづけたドラマー、彼は現場での音楽に入り込むことがついぞなかった。

ジミヘンドリクスを崇拝し未知なる音の階段を5段飛ばしに上っていったテクニシャンのギタリスト、かれも自分のパートと闘って、音楽の中に入るのをついぞしたことを見たことが無い。

ギターと闘うギタリスト、ベースと格闘するベーシスト、ドラムセットと乱闘を続けるドラマー、ピアノと闘うピアニスト、そんなんばっかだ。

こう批判めいた事を書くわたしだって、同じようなものだ。ダメダメだ。





空を飛んでいる自分を夢見るのに
滑走路の話が皆無。






そんなことを考えてたら滑走路の図面をやるはめになった。

この店で最後の夜♪

とは、もんた&ブラザースのダンシングオールナイトだが、釜石にゆく前の最後の仕事になるだろう。

すべて英語で書かれた代物で、まあ、疲れる。

おまけに指示書きが手書きで なおかつ半行書体で しかもファックス!

滲んでいたりびよ~んと延びてたりで、相当にいらっとくる。





わたしの話には、たまに滑走路のものもあるだろ、てことで、絶賛滑走中。



夜には翼をピンと張って、ショウシャンクの空の下じゃなくてショウボートの空の上だ。



今夜だったら、高円寺ショウボートで会いましょうぜ。



藻の月、オスバンド、and.



出頭前にはソープだろうし、

出張前にはロックンロール。






well well well.



6月のスケジュール

今月は、おどろくほど少ない。

6月4日から四カ月、釜石にゆく。

ライブの度に戻ってくる。

東北在住のミュージシャンがツアーで東京に来る、そんな感覚だろうか。

もちろん、現地に馴染んで、東北の街々でもライブができたらな、なんても思ってるよ。

ともあれ、この三本。



 
6月1日(土)
高円寺 PENGUIN HOUSE
東京都杉並区高円寺北3丁目24-8 みすずビル B1
03-3330-6294

☆ hanTako [たこボーvocal,guitar×ハナコjembe]
☆ あさのおよぐ
☆ らりは


19:00 open
19:30 start
1800円+1d



6月18日(火)
阿佐ヶ谷 CHECKER BOARD
東京都杉並区阿佐谷南2-20-2-2F
03-3312-7974


☆ henTako [たこボーvo,g×神保伸太郎b+ハナコper.]
☆ COLD SWEAT

21:00 start
22:00 出演
500円+1d



6月22日(土)
GOKIGENYA GARAGE
東京都世田谷区船橋6-8‐4‐B1(ポプラ印刷下)
03-3306-5080

「新城プレゼンツ」

☆ hanTako [たこボーvocal,guitar×ハナコjembe]
☆ コブラハイ
☆ Bore Roar[ホリエ(G,Vo)×ミッチー(B)×スタロン(Drs)]
☆ 電気スルメ[北川剛(G,Vo)×新城秀規(G,Vo)×のまぐちひろし(B)×加藤直史(Drs)]

18:00 open
19:00 start
2000円+1d





あとは、突発的に入れるかもしれないけど、今はとにかく新しい職場での自分の立ち位置をまず固めたいところです。(18日~22日の間は東京にいます。お誘い、ウェルカムでっす!)


ペースはダウンですが、内容はアップでまいりたい、そんな気持ちです。


よろしくでーーす♪





今回も当然、ミスターギョーザ

京都のライブの時には、ドラマー山本将弘のお宅に泊めていただく。

おもえば、ずーーーーっと昔にやってたバンドでも、そうした行き来があり、今は、一方的に泊めてもらうケースが多く世話になりっぱなしでこういうのもなんだが、このパターンは一番落ち着く。







 

寝て、起きて、御主人マサヒロが目覚めるまではブログ書いたりフェイスブックに写メを投稿したりして過ごす。



いい風の通る部屋。
 
 

すぐれたドラマーで、もう一人、東京時代に暮らす部屋がたいそういい風が通る物件に暮らしていた男を知っている。

やはり、あれか?スネアとか、そういうウッディな楽器を、愛器を保有する都合上、そこには相当なこだわりをもって住まい選びをするものなのかもしれぬ。



今日も、いい風にあたりながら、そんな事をぼんやりと考えていた。






ぐう、と腹がなったころに、あるじ、マサヒロも起きて来ると、餃子の時間。

京都に、、、なぜこんなに京都に行き来するのか、の問いにはあるいは「餃子中毒」という一つの答があるのかもしれない。

ミスターギョーザ







さて、いざ。

となると、あすこの餃子にわたし同様に魅せられハマっている信者っつーか餃ダチである某ドラマーにいたずらメールなどを飛ばしてみたりもする。

ふむ、やっこさん、きょうは今頃しごとだったかね。どれ。

なんつって。



「今から餃子を食いにゆこうと思ってます。こないだの、あの、美味し~~~い餃子屋さん、ど忘れしちゃったんだけど、何て名前だったかしら?」

これにつられ、仕事を抜け出し駆けつけてくれたこともある、実に筋金入りのミスターギョーザフリークなのである。

「たしか眠眠やったと思いますよ。」

そう返してきた。さすがに毎度のこのいたずらメールを予測して、珠玉のアンサーを用意していたものとみられる。

「いや、確か違います。ミスターなんとか、って感じの名前でした。あーー、ど忘れ!」

タジタジのこちらは、ボケに切れが失せ始める。

「思い出しました!ミスタードーナツです。ここのは美味い。」

今日は、やられてしまったな。





とはいえ、餃子の道に勝ち負けなどない。





冗談はさておき、今回もまた行ってまいりました。

画像1


ミスターギョーザ

画像1



キュウリの丸漬をつつきビールを飲んでいる、この餃子の焼けるを待つひとときがまた好い。








餃子がくると、飯に切り替えハマり食いしてしまう。

画像1
 






お、このうまうまなシーンを某ドラマーにも送ってあげよ。せめて写メだけでも、ね、とまた いたずらメール。




やあ、あっちゅーまの単発京都ツアーですが、マサヒロとおしゃべりしながら飯を食う、この時間が大好きだな。




やあやあ、満腹満悦満足!








このあと、駅まで送ってもらい帰路につきました。

ホントありがとう、マサヒロ、京都・関西のみんな、京都の街、夜想のひとたち!









帰りのこだま670号に乗った頃、その某ドラマーよりメールが。


「あんな写メ送ってくるから買いにきてしまったよ」

画像1


ただしく健全な行動である。


そう、ミスターギョーザ、お持ち帰りもございます。








ありがとう、夜想

みんなの夜想。

さよならイベントになる予定で企画された今夜の催しは、継続祭と変わり、夜想を思う人たちが大勢集まって、笑いと涙の酔い宴となりました。


ご来場のみなさま、共演者の方々、夜想スタッフさんたち、ありがとうございましたっっっ。







では、恒例の、演者さんたちショット♪


みそたま を見るのも久しぶりになります。










 

夜想愛、そんな夜を いんとろでゅーすした、昨夜の起爆剤でした、サトーちゃんみそたまえんちゃんの癒される笑顔&ギュッと強い引力で地面に引き寄せられるかのようなベース とのギャップというかそのバランス加減が心地よい。ドラムのチェリーの真骨頂なしなやかなリズムさばきとスタイリッシュなオカズ配置に酔いました。まーちんのストラトでのジャッキジャキな鋭利なカッティングも利いていて、会場はこの段階から熱気が急上昇してたな。









ワルなロック、タランチュラ







エグくてエロくてエゲツない、それでいて「ぼくたち一年生バンドなんですぅ」。いやです。でも大好き。マツケンサイゲンスラブのこのトリオは二度目の目撃となります。マッチョでキュートでデリケート。素敵な素敵な三人組。東京でも対バンしたいなぁ。






虹色エレジー

はじめましての栗本くんマサヒロとのリズム隊。彼らとの演奏は楽しく気持ちよくできました。でしゃばりすぎちゃったかな、なんても思ってますが・・・。敬愛するマーチンの歌を活かした演奏になっていたでしょうか?ともあれ彼の音楽にてギターを演奏するのは、とても幸せな時間でした。

おれも2人組の活動 hanTako をやってるから、とくに思うんだろうけど、本来の虹色エレジーを好いてて来てくれる方は そのスカスカ感がたまらなかったりするんじゃないかと思うんだ。そこを意識して「弾かないところは弾かない」をもっと絵図を描いて挑めばな、なんて反省しとります。あるいは5曲中 2曲、とか自己申告でコントロールするのも有効だったかもナ、なんて。結局、京都まで来たんだから、を置いといて、ベストなステイジのために有効な策をすべて考えうる限りシミュレートしなきゃな、てな反省かな。とどのつまりは、2曲でもってけるギタリストを目指して準備しときましょうね、てこったね!がんばろう、わたし。

イベントものだから、じゃなくて、イベントものだからこそ、と、ね。





トリの三文からす







アキラファイヤーのギターと歌詞はほんと大好きです。ここでのチェリーはこれもまた真骨頂と感じてしまう。みそたまでも真骨頂、三文からすでも真骨頂、というと矛盾するようだけど実に整合してるとおもう。彼が叩いているバンドでは、彼は彼の才能と資質を活かすエリアに全体をぐっと引きよせてプレイしてるようにも見えた。全曲を通じて「一箇所も嘘が無い」。そんな稀有なドラマーで、大好きです。いずれもえんちゃんたくひろ、と、すばらしいベーシストと組んで、神がかった仕事をするスタイル職人といった立ち位置で、そんなを再確認できたな。

アンコールで一曲弾かせてもらったよ♪







昨夜は、放課後授業あり。バンスキングも見れたのは、もっけの幸い。









いつもはエスジーのハマちゃんには、わたしのエスジー使ってもらえばよかったかな。飲んだくれてて出遅れた。でもまーちんのストラトでのハマちゃんアキラファイヤーのテレキャスターとクロスファイヤーなジャキジャキ感で、かえってあれでよかったんだろうな。

ベーシストの えんちゃんみそたま)、ギタリストの アキラファイヤー三文からす) は たこボーband でも弾いてくれてる大好きなミュージシャンです。




ありがとう、京都の人たち、LIVE & SALON 夜想、大好きです。

存続に関して「よかったね」とか「嬉しい」とかももちろんありますが、なんか「感謝」な気持ちでいっぱいです。

再会を(^-^)/



京都にゆくよ、アゲイン

今日は再び京都へ。


JET PEPPER TOWER として知り合って、かれこれ長い付き合いになるマーチン。

その、虹色エレジーという素晴らしいユニットの、バンドエディションにてエレキギターを弾きにゆきます。

ドラムはここでは皆知ってるでしょう、山本将弘。

ベースには和田さんの VAMPIRE の栗本英明。

これ、見逃すテはありませんぜ。




5月26日(日)
京都 夜想
京都市中京区油小路通御池南西角 式阿弥町137-1 三洋御池ビルB1F
075-211-0901

☆ 虹色エレジー with 山本将弘&栗本英明(ゲスト:たこボー)
☆ みそたま
☆ 三文からす
☆ タランチュラ


18:30 open
19:00 start
1500円+1d



対バンも、ごきげんな好カード。

みそたま には、たこボーband の関西での主任ベーシストである、えんちゃんがいてます。

三文からす は、たこボーband の関西での活動ではしょっちゅうサポートしてくれてます、アキラファイアーのバンドです。

タランチュラは、くさむら関西ツアーの際に、すこぶる影響を与えられた大阪のクラブウォーターのマツケンのバンドで、超やばいやつらなのは、昨年九月のロシモフのレコ発の時に対バンして、さんざん喰らってます。

もうね、やるのも見るのも楽しみな、夢のような一夜なのです。







やあやあ、お近くの方、お時間ある方、もちろん遠くの方、時間なんかねーよって方、お待ちしております。





京都、堀川御池、夜想でおまちしております。




よろしくでーーーーす!

再会を♪








根岸屋にいったよ、久しぶりだ

今日は現場調査で、青梅。

お昼に、そいじゃ、根岸屋のうどんを食おう、てのが唯一のたのしみとして急浮上。

青梅で降りて、もどりは宮ノ平から乗って、で、東青梅。
そんな行程でした。



レトロなコンセプトにのっとった青梅駅。

画像1

画像1


なんか、いつ来ても、いいよな、青梅。

昭和々々とあまり言うつもりもないけど、しっくりきちゃうのは、これ、世代的なもので、致し方ありません。






国道をてくてくとあるきます。

駅だけじゃなく、街道沿い、昭和な風情を強調しています。




画像1

画像1

画像1

画像1




第一中学の裏手あたりから、調査個所に該当するエリアをくまなくチェックしてまわります。

炎天下。

そう、五月とはいえ、けっこうキテる日差しに、歩いて歩いてのわたしは、トラヴィスな気分です(パリテキサスの)。




なかなか、てこずったりもしましたが、なんとか13時半くらいを予定していた「根岸屋」にオンタイムな感じです。




街道沿いの着付け教室にコンガをみつけたり、徒歩の楽しさを満喫です。

画像1






宮ノ平駅には、平和のモニュメントがあり、そういや昨夜、相棒とケンカしたっけな、なんて平和を想ってみたりもします。

言っちまった言葉じゃなく、心忘れたやつらでもなく。



画像1




平和ってなんだろね。


電車の本数が少ないので、駅についてからも少々お散歩したりと、なんとものどかな仕事と思われるかもしれませんが、はっきりいって大変です。


画像1

画像1



宮ノ平は無人駅で、スイカをタッチする機器が置いてあるだけでした。




さんざん歩いて腹ペコです。




わたしを、わたしの気力をささえたのは、根岸屋のあのシコシコのうどんの記憶だけ、といって過言ではありません。




宮ノ平から乗って、二駅。東青梅で途中下車です。



画像1


本日も大満足。

カレーうどんが評判の名店ですが、わたしは今日は鴨南せいろ。

うどんそのものを感じられるので、これもまた、おすすめです。

うううん、やっぱり最高でした。

画像1





未経験の方は、駅も近いので、一度是非。


ちなみにこのあと、会社にもどり、いやというほど内業をこなしましたが、そんな話はどうだってよろしい。


根岸屋のうどんを今日はご紹介したかったのでした!


根岸屋 - 東青梅/カレーうどん [食べログ]





やあやあ、今日はきつかったけど、一杯のうどんで、「よい いちにちだったな」ってなれるのも、平和だからでしょうか。



やあ、ごちそうさまでした♪






稲生の酔い夜

今日の稲生座は、比較的急に入った日程でした。



稲生座での演奏内容は、甲斐をおうごとに、ここでしか出来ない感じに持って行けていると思ってます。



やはり、この稲生でいいのをやれてるミュージシャンたちは、一味ちがう気がしてるので、「おれも!」と、つづき、そしてあやかりたい気持ちがあるんですよ。



まだまだ、まだまだなのですが、今日の対バンの やなぎ の歌にもあったように、見えないものに手を伸ばしもがき続けるのを辞めるな、てな感じでしょうか。



そうそう、初めて聴く、やなぎ氏の音楽は、すばらしいものがありました。ギターも強弱の弱の守備範囲が広い、味わい深い演奏でしたし、歌詞も前述のポジティブなものから、荒涼とした内容のものまで、じっくり聴かせるシンガーでした。

旅をつづけている彼の家は、岩手とのことです。

来月からの出張先で、再会出来たら素敵ですよね。




実~に、稲生らしい夜でした。

 



やあやあ、御来場の方々、たくさんホントにありがとうございます。



再会を♪
 





 

平日の稲生、本日、きてね♪

今日は高円寺。稲生座です。

今月、都内はこれがシメ。

お見逃しなく!なんちて。


5月23日(木)
高円寺 『稲生座

東京都杉並区高円寺北2-38-16 サニーマンション2F
03-3336-4480
http://www.freepe.com/i.cgi?inaoi


☆ hanTako [たこボーvocal,guitar×ハナコjembe]
☆ やなぎ


20:00 start
20:00 出演
1570円+1d


出番は先です。

お時間ある方、お近くの方、お仕事帰りに、ハイキングに、ビールのおともに、是非♪

ビール冷やして待ってます。

再会を(^-^)/



livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ