2013年12月

サンティーじめ、久びさ

今年のライブ納め、ぶじしゅーりょー!


無事どころか、、、、。


三組での二度目の企画も、まず第一にお客さんの笑顔、そして各バンドのそれぞれの渾身のパフォーマンスで、素晴らしい夜になりました。


ご来場のみなさま、各バンドのみなさん、お店=コバヤシさん、ありがとうございました。


太郎タカシ両人からも「またやろうぜ」の言葉もいただきましたし、またこの『TTT』企画、半年おきぐらいにはどっかしらで集まって、やらかしたいと思います。



一昨年の高円寺PENGUIN HOUSEは、特別だったと思います。もともとそこで結成?というか結束した『サンティー』、太郎・タカシ・たこボー。今はまたそれぞれの水域で泳いでる我らで、お互いの会場にも顔出したり声かけあって、「また集まろうね」なんつって成ったこの企画。河岸としてはまぁペンギンで出来るのがいいのだけど、Ajaなんかも視野に入れつつ、柔軟にまた企画してゆきたいものです。



やあやあ、みなさま、おつかれさまでした。


よい年末年始をお過ごし下さい。

よいお年をお迎えください。

元気でまた、再会を♪






























  ※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。    

OG番外編、本日!

本年もおせわになりました。

今年ラストのわたし企画!

とぅでーーーーーい!



ttt


■12月24日(火)
阿佐ヶ谷 YELLOW VISION
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-2-2 阿佐ヶ谷北2丁目ビルB1
 03-6794-8814



オクトパスガーデン番外編
 『T.T.T.』



① たこボーband 19:30
   たこボー(vocal,guitar)
   神保伸太郎(bass)[Broom Duster KAN & STRANGERS]
   シゲオ(drums)[マンダリンホテル,drumno,lloy,etc.]

② DBS³ 20:20
   ハラ☆タカシ(guitar)
   大橋徹(bass)
   福島紀明(drums)

③ trippers & fellows 21:10
   山下太郎(vocal,guitar)
   アンディ(guitar)
   吉田靖雄(bass)
   村上ヤス雅保(drums&percussion)(fromFOOLS)
   山本貴仁(drums&percussion)



 19:00 open
 19:30 start
 1500円+1d








よろしくですよ!!!


いなおってきた

今観られるロックンロールバンドの中で最も好きなのがわたしはカナリア時限爆弾

年の瀬だし、自分にクリスマスプレゼント?給料日前のささやかな贅沢として、行ってきた、稲生座。










30分ほど押しで始まったライブは、ほぼ全編レゲエのセットで、アースダムでの破天荒ハチャメチャな演奏とはまた違えた魅力が嬉しかった。このバンド好きだな、と最初に思ったのはアースダムでヤングマインドソウルのギターとして対バンだった時のパフォーマンスでだけど、そん時は雰囲気がドアーズでグルーヴがストーンズみたいな日だったし、日替わりコンセプトみたいな感じで、なんかスタックスとかミーターズとかみたいなのを攻めてる日もあれば、こうしてレゲエの夜もあって、しかしどれもがカナリア時限爆弾サウンドになっとって、たまらん。本人曰く「ポリシー無いから(笑)」と照れるのだが、一つのナニカになり切って貫き通しているタイプの「原理主義」みたいな道をゆく人らも大好きなんだが、それはけっこう居てて、大概雰囲気が成熟されてきていて どれもいまやカッコいいものだ。でも一方、悪くいうとその「コスプレ感」がじゃまくさいようにも、わたしには思える時しばし。「ポリシー無いからさ(笑)」の地平にいったん立ち、「でも、やるんだよ」の情熱が、おそらくわたしをとらえているように思った。

やあやあ、カナリア時限爆弾、最高に好きだな。お疲れ様でした。




それだけでも大満足なのに、さらにカブトラブマニア








なかなか見にこれずにいたが、稲生座での演奏には うすら興味があったし、ホントに嬉しい今宵の組み合わせ。で、ヤバかった。こないだペンギンですげー迫力のパンクバンドを見たが、それの三分の一っくらいの音量で五倍くらいブッ飛ばされた。バランスも照明も完璧に作られて、その上でアチーアチー演奏を繰り広げてゆく。クールにアチー。わたしのような「ドヤ顔ギター」は実はたいしたことないのだが、カブトのギターの演奏能力の高さは際立っており、それに均しく、三人ともの能力の高いこと高いこと!このように整っており迫力も倍加させている演奏、憧れるな。これがホントのバンドなんだと痛感したよ。固定メンバーでさ、雨の日も風の日も。



やあ、カブトさん、イズムをしかと受け取りました。さんきゅー!





余韻を肴に呑みたいのもヤマヤマだったが、リアルバースデイのスタジオにゆくので、早々に退散いたしたが、みんな、お疲れ様でした!



そうそう、スタジオも控えていたので、ギター(SG)持参しており、ちょうどカナリア時限爆弾ユースケが後半、ラス曲前で弦を切ったので、どうぞお使い、と差し出したのだが、面白い光景だった。

KANARIA1220


SG三兄弟。



やあやあ、カナリア時限爆弾とは来年早々、2/6に新大久保で、やらかします!




2月6日(木)
新大久保 EARTH DOM
東京都新宿区大久保2-32-3 リスボンビルB1
03-3205-4469

☆ たこボーband
☆ カナリア時限爆弾
☆ ローライフサーファー
・・・ほか

詳細、未定




よろしくでーーーす!

緊張するなあ(笑)。





 ※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。    

OG-BGH!!!



TAKOBO NISHIMUNE








TAKASHI☆HARA










TARO YAMASHITA
















OG-BGH、明後日!


ttt


■12月24日(火)
阿佐ヶ谷 YELLOW VISION
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-2-2 阿佐ヶ谷北2丁目ビルB1
 03-6794-8814



オクトパスガーデン番外編

 『T.T.T.』



① たこボーband 19:30
   たこボー(vocal,guitar)
   神保伸太郎(bass)[Broom Duster KAN & STRANGERS]
   シゲオ(drums)[マンダリンホテル,drumno,lloy,etc.]

② DBS³ 20:20
   ハラ☆タカシ(guitar)
   大橋徹(bass)
   福島紀明(drums)

③ trippers & fellows 21:10
   山下太郎(vocal,guitar)
   アンディ(guitar)
   吉田靖雄(bass)
   村上ヤス雅保(drums&percussion)(fromFOOLS)
   山本貴仁(drums&percussion)



 19:00 open
 19:30 start
 1500円+1d







本年もおせわになりました。



今年ラストのわたし企画!




千客万来!











手に乗せた無限

少しの残業になり、なんとなく流れ的にちょうどアースダムかな?となり、第一候補だった稲生座を諦めた。

藻の月プレゼンツ。





カナリア時限爆弾ユースケがセンター張ってるバンド、インハイアーの後半になんとか会場に入れた。




三浦真樹と親交が深いと言っていたが、すごく共通項を感じるユースケのギターって、だからパッキンパキンにノリノリの冨士夫とかの直系なグルーヴなもんで、めっちゃキュンとくる。横山玲のベースも久しぶりに聴けた。あっこらへんの仲間たちも来てて色んな連中との再会も成った。







お次はスカラベリーズ












やっとやっとの初目撃。セットを通しストーリーがデデン!と横たわる歌詞の大河も秘めつつ、表面は一貫、破壊力満点。やっぱすげー人だな、ジャジャカナリアノブオさんもゆてたけど、ジムモリソンを感じたな。ターンテーブルのパートもあり、オルタナティブ、ミクスチャー的なアプローチも取り入れたこのスカラベリーズ、メンツも豪華だが内容そのものも充実してたな。




その次に藻の月












こないだ牛蒡もって遊びに行ったっけ、ことのほか元気そうだったが、やっぱり気になるこの男、イチこと大島。で目撃しに来た次第。今日は爆音マーシャル二丁がけ。キャデラックのエンジン2基で14000cc、みてーなトルクフルなドライブ。アースダム破壊する気かと思った。前にも言ったがこいつら、かっこいいにもほどがある。最後の曲かな、一人メンバーが増え、吉田亮が白いストラトキャスターをかきむしりセンターで歌う。途中からジョージが絡みだす。そんな一部始終どこを切ってもロックンロール。やあやあ、藻の月、年の瀬に観られてよかったなぁ。





もう一組出る様だったのだが、明日は現場だし、てことでそこまでで帰ったよ。




やあやあ、みなさん、お疲れ様でした。




ぼちぼち、、よいお年を、かな?






再会を♪





 ※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。    

三日続けてペンギン

部の忘年会だったので、ららばいてりぃさっちんアラン、を観られなかったが、行って来たよ、ペンギンハウス。





入った時には Telepathic Swinger がラス曲。

ドラマーが代わっていて、よりブンチンの音楽観・演奏観に沿ったアンサンブルが確立されていたようで、もっとちゃんと最初から観たかった。



で、お目当てのトリのEMISHI。初目撃。






東北の血の流れる二人はそれぞれ押しも押されぬミュージシャンであり、実力を広く評価されており名前も相当に売れているが絶対に冒険をやめない、そんなやつらのデュオ。エレクトリクギター、そしてドラムス。ハラ☆タカシ奥瀬健介

ステイジは破天荒な造りの曲からはじまり、徐々に形式を帯びてゆき、ラス曲。美しく切ないJAZZのナンバーを「鋭利さ」のスパイス、「枯れ」の酸味、「粘っこさ」のバター、で調理された演奏。贅沢な40分。







終演後には、奥瀬ハラブンチンらと少し話せた。奥瀬健介とは来年は何かやりたいねの話、ハラ☆タカシとは次は24日だね楽しみだねの話、ブンチンとの懐かしい高校時代の話とか上京してからの彼の辿ったルートの話とか。



やあやあ、三日続けてペンギンに来た。


ほんっとにいろんなミュージシャンが出入りしているここは、独特の予測不能さがあり、今宵もワンアンドオンリーな夜になったよ。


EMISHIの二人、Telepathic Swingerさっちん&ららばいてりぃ、お疲れ様でした!



再会を( ̄^ ̄)ゞ









なお、くどいようですがハラ☆タカシとは24日、阿佐ヶ谷で対バンでっせ!





■12月24日(火)
阿佐ヶ谷 YELLOW VISION
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-2-2 阿佐ヶ谷北2丁目ビルB1
 03-6794-8814

オクトパスガーデン番外編
 『T.T.T.』

☆ たこボーband
   たこボー(vocal,guitar)
   神保伸太郎(bass)[Broom Duster KAN & STRANGERS]
   シゲオ(drums)[マンダリンホテル,drumno,lloy,etc.]
☆ DBS3
   ハラ☆タカシ(guitar)
   大橋徹(bass)
   福島紀明(drums)

☆ trippers & fellows
   山下太郎v,g
   アンディg
   吉田靖雄b
   村上ヤス雅保d&per(fromFOOLS)
   山本貴仁dr&per

 19:00 open
 19:30 start
 1500円+1d




乞う目撃!


 ※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。    

つぎラストっす!!

いよいよ本年も来週火曜でオーラス。

オーラスにしちゃ例年と比し、ちょいと早め。

今年ラストはまたまたわたし企画!

番外編オクトパスガーデンでっす!!


ttt


■12月24日(火)
阿佐ヶ谷 YELLOW VISION
東京都杉並区阿佐ヶ谷北2-2-2 阿佐ヶ谷北2丁目ビルB1
 03-6794-8814



オクトパスガーデン番外編
 『T.T.T.』



① たこボーband 19:30
   たこボー(vocal,guitar)
   神保伸太郎(bass)[Broom Duster KAN & STRANGERS]
   シゲオ(drums)[マンダリンホテル,drumno,lloy,etc.]

② DBS³ 20:20
   ハラ☆タカシ(guitar)
   大橋徹(bass)
   福島紀明(drums)

③ trippers & fellows 21:10
   山下太郎(vocal,guitar)
   アンディ(guitar)
   吉田靖雄(bass)
   村上ヤス雅保(drums&percussion)(fromFOOLS)
   山本貴仁(drums&percussion)



 19:00 open
 19:30 start
 1500円+1d







この組み合わせのイベントを段どってゆくにあたって、何度もいくつもの嬉しい言葉をくれた、太郎、タカシの二人。


タロウ・タカシ・タコボー、三人のアタマとって3ティー。TTT。


2010年のペンギンハウスで親睦が深まり、2012年以降、なかなか対バンになる機会も減った中で


いつかやりたいね
いつかじゃなくて決めちゃおうね
どうしよう1224っきゃ空いてないよ
上等だよやろうぜかえって面白いよ



いろいろ、ね、二人に関していろいろ「ぐっとくる言葉」とかもらってるし、書きたいけど、多分当日聴けば伝わるよ。


てことで、来てね。


よろしくですよ!!!






ペンギン納め


ペンギンハウスでのライブ納めであった。




一番手は岡本拓朗




リハの時も演者みんなのところにいちいち来て「岡本拓朗です、今日はよろしくお願いいたします!」と快活に挨拶を打っていた。MCでも「俳優もやってます、テレビでみかけたらチャンネルは変えないでください」と言ってた。若いってのはいいな。何にでもチャレンジできる。時代を、シーンを、切り開いていってもらいたいものだ。演奏は、前半彼のソロパフォーマンスであり、たしかな腕前で鳴らされる古いタイプのギタースタイルに透き通る歌声での弾き語りは素晴らしく、途中からよくつるんでると思しきカホンが加わっての演奏も軽妙でそして若さほとばしるグルーブでとても良かったな。







二番手はチバ大三



対バンは初めて。さすがに源流は違うな。いや、独唱パンクというムーブメントの提唱者というか発起人というか、であり、西山正規さんや片平誠さん、浅野ヒロノブヤング万次郎なんかもゲソ着けた一派で、わたしのようにこうしているとちょくちょくその流派の確かなステージを目の当たりにするものだ。しかしてその源流。総本山を目撃してまったくの納得だった。独唱パンクという流れの連中の見方も変わってくるな、今後。パッションと確信犯的な思惑とそしてユーモア。その三角形がくっきり綺麗に思えたし、考えてみれば前述の四人もそこいらへんに共通して与してるように気づく。いや、片平は違うか。

チバ大三とは顔見知りではあったが、岩手出身なのも知っておりゆっくり話したかったし、ちょっとアフターに飲めて良かったな。






三番手、わしら。





今日はドラムを全面に出して欲しくない旨を伝えての演奏となったので、どっかしらドラマーのおかけん的には不完全燃焼に陥ったかもしれないが、バンドとしては旗を立てられたのではと思っている。しかし出音は偏ったバランスだったようだ、、、。随所で求められる「絵図を描かない」ていう概念を実践するのは、しかしむつかしく、ましてや伝えるのは相当に困難だものな。












その名前から、ピストルズ直系のパンクを想像していたのだが、ガレージパンクの流れにある曲構造で「ちゃんとした感」をもってして演奏をこなすイカしたバンドだった。しかも演奏、上手い。三人ともチャキチャキのパンクっ子だった。どことなく赤い夕陽の玉ちゃんとも通じる歌唱センスの彼女の弾くリズムギターは粋なジャキン感が気持ちよく、リードもノンビブラートでパンクなメロディをぐいぐい繰り出していて、とても良かったな。(楽器は大切にしたほうがいいとオジサンは思うがな、とくには店のものは)





やあやあ、ペンギンハウス、今年もありがとうございました。ことしはガクッと減って15本のライブをここでやらせていただきました。謝々。







みなさまおつかれさまでした♪

再会を♪



 ※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。    

ペンギン納め、TONIGHT

はい、今日です。




12月17日(火)
東京都杉並区高円寺北3丁目24-8 みすずビル B1
03-3330-6294

☆ たこボーband
    たこボー(vo,g)
    神保伸太郎(b)
    岡田堅一(d)

☆ チバ大三

☆ デッドバンビーズ

☆ 岡本拓朗

 

19:00 open
19:30 start
20:50 出演
1800円+1d



おそらく例年より早めのペンギン納めです。



お時間ある方、お近くの方、遊びに来てください♪





penguinmap



 

たこ散歩1216

近年の師走、つまりは例年より混んでないか電車?

 


わたしはフレックスで働かせてもらってるので、普通の会社員の方たちよりは一時間ほど時差出勤なのだが、総武線も山手線もけっこうスシ詰めだぁよ。しかもよ、こないだの国分寺の日なんても、14時半とかに早引けしてゆうゆう現場に向かおうと思ったっけ、ぜんぜん激混みでしびれたもんな。


てこって、ギター背負って出勤して、放課後ギター背負って会場へ、っていう普段の平日ライブはそんななんだが、ギターを置きにペンギンにゆくことに。


今日はコーヘイフジノが二番手だってんで、晩飯を家族と食い「んじゃすまんがよろ」っつってギターとエフェクターとを携え高円寺へ。


着いた頃には一番手のコイズミツトムは終わっており、コーヘイフジノが演奏を始めたところだった。コイズミも出来ることなら聴きたかったな。ニックドレイクみたいな感じで弾くあのギターはたまに聴きたくなる。





コーヘイフジノはちゃんと聴くのは初めて。


一貫して太宰はんみたいな観念の歌詞の多い彼だが、どこかほがらかにおおらかに、斜め後ろの角度から光が射している感じがたまらないな。





で、稲生にJUNちゃんも出てるし、師走のハシゴと洒落込むつもりだったが、客がわたししかおらず、トリの東京セッションも知り合いだし

(こりゃ貸切りパターンか?)

と思い、ペンギンにとどまることにした。





で、いいものを見れたな。


つぎのもソロアーティスト。Ichi



群馬は安中からやって来たソロシンガー。機材のトラブルがあり、シンプルなセットでやります、と、ボスかなんかのループできるディレイでサンプリングループしながら、いろんなボイスパフォーマンス的な要素の濃い歌唱を披露してくれた。トリッキーとかポーティスヘッド、ビョークあたりを想起させる。ひところの最先端、そんな懐かしさが愉しかった。





トリは東京セッション





今日もウィルコやらキースやらいろんなのとチャネリングしながらペーソス溢れる言霊を発してて、また顔芸にもさらなる磨きがかかっており堪能した。ところどころ山本研二っぽい要素があるのもよかった。まあでも、誰々らしさなんかより、彼ららしさが最も光っていたな。二人のアンサンブルはまるで中日野球を見せつけられているようで心底敬服せずにはおれぬ。

 



ただ。。。

 

画像1


彼らはいっつもドラゴンズのシャツを着ており、で、最後にフロアたむを手に取り叩きながらドラゴンズのヒッティングマーチ等を叫んでライブを終えるのだが、わたしがいたからか

「阪神ファンの方がお客さんで見えるので」

と、藤田平から始まって、ダイナマイトだのなんだのをやってくれた。

いらんから、それ。

徹頭徹尾、中日野球な演奏で楽しめたのだが、いらんから、それ。


まあ、ペンギンならではの楽しい夜だったな。

最後までわたししか客が来なかったのは残念でならない。





帰り稲生に12/24のフライヤーを置きによると、JUNちゃんがまだ残っており、まあそれでは、と、もう一杯。ナナホの打ち合わせをチラとし、4月の関西ツアーでベースを弾いてくれることになった。ラズロコバックスJUNちゃんといえば、京都でも知ってる人が多いので、決まってる4/12の大阪の前後で京都も入れたいなと思っているところに、多忙な彼だがちょうど日程は空いていたので、じゃあ、とね。そのツアーでは、久しぶりに東京からドラム意外を募っての行脚にしたいと思っていたんだ。鍵盤も某T裕之と調整中で、近くなってからの決定になるが、それが叶えば極めておもしろい布陣となる。なんといっても今回マサヒロは対バンで、そして我が軍のドラマーは三文からすネコグルマ等のCherryチェリー知らない奴はモグリだから説明なんかしてやらないけど、最高のドラマーだよ。


なんてな。





やべ、明日ライブだし、と一杯で席を立てた自分を褒めてやりたい。

と、時計をみると案外いい時間。


い~~~じかん、やばいね~~~、である。




コホン。

ハナコかっつーの。






再会を♪


 ※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。    
プロフィール

たこボー

Twitter プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ