2014年03月

今週末

今週末はこんな感じです。



■4月4日(金)
高円寺 PENGUIN HOUSE
東京都杉並区高円寺北3丁目24-8 みすずビル B1
03-3330-6294

☆ たこボー
(ゲスト予定:田中裕之竹下研吾)
☆ 別糸とも子
☆ ウエクサユウジ
☆ その日のヒロシ

19:00 open
19:30 start
21:30 出演
1800円+1d



■4月6日(日)
新宿 URGA
新宿区歌舞伎町2-42-16第2大滝ビルB1
03-5287-3390

☆ realbirthday
☆ Va 鬼クライマー
☆ ぱやよし
☆ FLAT OUT
☆ Piranezi
☆ YOUNG MIND SOUL

--:-- open
--:-- start
1800円+1d
(詳細まだなの)



お近くの方、お時間ある方、遊びに来てね。

千客万来♪

こーひーぶれいく

realbirthday、ナカイ。

床を鳴らして足ディレイのようなナニカ。

どうなってるのでしょう。

答えは来週にでも。






いまは北海道でジャズ喫茶をいとなむ叔母のマリちゃんがむか~し、ガリ版刷りの自分新聞「こーひーぶれいく」てのを勝手にみんなに送りつけていました。ネットなど無いころにずいぶんとネット的な動きですね、いま振り返ってみると。そのタイトルを拝借し、あたらしく「こーひーぶれいく」というカテゴリーを設けました。以後よろしくです。


 

お詫び

なんだか毎日謝罪文を書いてますが、本日予定しておりました

新大久保EARTHDOM/ピラコ&たこボー/16:30~演奏

の件ですが、いささか話の違う音響面等のいきちがいがありましたので、わたしは参加を辞退して撤収いたしました。

度重なるご迷惑をここにもお詫びいたします。

申し訳ございませんでした。


新大久保にしましょう、今日は♪

今日はローライフサーファー20周年のお祝いをしたいので、みなさん是非♪

秘密裏にされていたタイムテーブル付き豪華版告知で、わたしも祝いたいと思います!

なんちて。


20140329flyer




3月29日(土)
新大久保 EARTH DOM
東京都新宿区大久保2-32-3 リスボンビルB1
TEL 03-3205-4469


『ローライフサーファー(祝)20周年』

15:00 open
2000円(1dつき)



15:00~15:30
トマサ(フロアー)

15:30~16:00
DOKUMAMMOTH

16:00~16:30
石井明夫

16:30~17:00
ピラコ&タコボー(フロアー)

17:00~17:30
カブト

17:30~18:00
ツインテール(フロアー)

18:00~18:30
ねたのよい

18:30~19:00
林栄一

19:00~19:30
ソーサナー(フロアー)

19:30~20:00
Yen-gin

20:00~20:30
NoLaVo

20:30~21:00
THETRASH

21:00~21:30
テレパシックスインガー

21:30~22:30
青木マリ(フロアー)

22:00~22:30
ローライフサーファー



やあ、たのしみだね。


みんなもお祝いに来てくれたらいいんだが。


てことで、あとでね~♪







ソース参照:3/29タイムテーブルです

ローライフサーファー智のブログ



久しぶりにドクター

まずは本日の告知くん、間違いがあったことをお詫びいたします。わたしの調べが甘く、START時間を30分遅く書いていました。わたしらを見にきた方はTwitterやFacebookの訂正投稿を読んでくれ、「来たのに見れなかった」といった事はなかったようですが、こうして対バン名まで表記しての告知なので、対バンのお客さんの中に当ブログを当てにして間に合わなかった等の方がもしいたとしたら、ホント、ごめんなさい。以後気をつけます。



ライブはここクラブドクターにしては珍しい4組での夜。なので各バンドの持ち時間は少々短め、そんな夜。





トップは城サトシ





人名かと思ったが、中村サトシ保坂城太のデュオ。しっかり地に足のついたリズムプレイで割と今風な構造のポップでロックテイストのある曲を連発していた。ハープやストンプで支える保坂のアルペジオが後ろに回り、また時には前に出るそのアンサンブルワークが光っていた。ソングも、テレキャスの事を歌った歌など、様々な日常にフォーカスした種のもに惹かれるものがあった。




二番手にピラコ&わたし。



なんというか、ドラムセットとか下げてもらえるとやりやすいんだが、なんだかバンド様のステージ組んで「空いてるところでどうぞ」みたいな。リーフの方がやりやしー。つか、手刀とかペンギンとか、馴染みの店が至れり尽くせりすぎるだけか。贅沢は敵だな。内容は、どうかな。リーフの方がよかったか?ともあれ、新ネタもアタリが付いてきたし、ずいぶん始めた頃よりシャンとなってきた。明日もやるどー!




三番手はハナホームランの森









彼らは地球屋だっけな、で少し見たことあって、あとあとYouTubeなんかでもチェックしていたお気に入りのバンド。今日の個人的にはメインディッシュ(笑)。楽しみにしていた以上に素晴らしいの一言に尽きるナイスなパフォーマンスだったな。曲・詞の世界も去る事ながら、司令塔であるシンガーが端におり、ドラマー・タンバリンやコーラス等の人・ピアニカ奏者 の三人が「心地よい揺れ」と「突き進む感」と、に満ちたグルーヴを生み出してゆくその演奏は、ずっと聴いていたくなる種のモノと思う。





トリは初目撃、THE HEVEREKE'S







ボーカルとアコギの高瀬徹を中心とするセミアコースティックトリオで、THE BENNETSのドラマーだった久保田敏明がカホン、斎藤糧がエレキギター、といった編成。ファンキーでミクスチャーな憂歌団といった感じかと最初思ったが、多彩なセット内容が進むに連れ、個々の高いパフォーマンスとそれらを束ねてぶつけてくる、よくリハーサルされた演奏が痛快。一際目をひいたのはギタリスト斎藤のギターワークの素晴らしさだったが、まあそれはギタリスト目線というやつか。いや、彼はテクニシャンの一言で片付けられない上手くて旨い、そしてテイストはバッチリわたし好みのギタープレイだったな。要するにわたしはカントリーギターやロカビリーギターを礎に、浅くともブラックミュージックが混じったタイプが好きなんだろうな。

ゴキゲンヤガレージでhanTakoを目撃してくれた方がこのヘベレケスのファンで、いらしててピラコも目撃してもらえ、声をかけてくださったのも嬉しかったな。彼とアンコールは真ん前でノリノリで聴いたよ。あしもとチェックも兼ねて(笑)。







やあやあ、みなさん、お疲れ様でした。




またね。




再会を(u_u)



ドクターで、ドクターが弾いてたユニットでドクターではなくわたしが弾くTODAY

今日は久しぶりに荻窪です。



 

3月28日(金)
167-0043東京都杉並区上荻1-16-10 ローレルビルB1
03-3392-1877

☆ ピラコ&たこボー
☆ THE HEVEREKE'S
☆ 鼻ホームランの森
☆ 城サトシ
 
19:00 open
20:00 start
2000円+1d
happy hour 19:00-20:00 +1.000円→3d!!!







JR荻窪駅西口改札(西口出口ではありません)を右→
正面セガミ薬局の側道に入る→
最初の右曲がり角に入る→
30Mほどで右手にあります
JR荻窪駅西口改札(西口出口ではありません)徒歩1分

丸の内線荻窪駅北口へ→
青梅街道沿いを左へ→
三井住友銀行を左に入る→
30Mほどで左手にあります
北口徒歩2分



 

来月、大阪・京都、ゆくよ

年度ももうすぐ明けるね。

去年は4カ月釜石で暮らしたのもあり、なんと関西に行ったのって2回/2本だけだった。一昨年は5回/11本だったのから比すると、なんともさみしいところではあるが、今年はというと、やっと、だ。

特には京都、これはなんども言ってるように大事な街であり大事な仲間達。もともとギター弾きでしかなかったわたしが数年ブランクしてて、そのままフェイドアウトも考えてる中、ボーカルをやりリーダーバンドを始め、、、な時期に、近所のグラムロック?の呑み友達であるマーク東がツアーにかりだしてくれて訪れた京都の夜想での体験がなければ、いまごろこうしてライブ活動をしていたかどうかは実に微妙と思う。そのくらいに、大きな転機・勇気・元気をもらった大事な大事な街・人・店。いまでも相当にとっちらかった人格ではあるが、当時を振り返ると、まったくそれどころではなく、その時の京都(の人たち、現・仲間たち)との出会いなくして、今のように外交的にいられただろうか、なんてくらい思う。やがて古くからのダチ、山本将弘と再会→合流というのが、このアラフォーで始めた自分活動を進めてゆくのにずいぶんと後押しになっているし、ほぼ全てが繋がり、回転を始め、丸みを帯びた軌道になって来ているこの道は、京都から続いているとわたしは思っている。

と、このように京都ばかり語ってしまいがちだが、わたしの家の父方のご先祖さんらの墓は谷町九丁目あたりだし、そもそも親父の実家は西宮浜甲子園にあって、三重に暮らした小学校高学年の自分似はよく祖母の家にお邪魔しつつ甲子園で試合を見ていたわたしは、平均的な阪神ファン、いや平均的ではないか、熱狂的な阪神ファンであり、音楽以前のレベルで大阪・兵庫は特別過ぎる聖地のような土地。はじめてのった電車もはじめてのった地下鉄もはじめていった遊園地も、だいたい大阪。そもそも東京に暮しているってのが何かの間違いなのではないかと思えてくるぐらいしっくりくる。

ってなわたし、、、、やっと今年、一発目の関西ツアーです。





4月12日(土)
梅田 ムジカジャポニカ
大阪市北区神山町1-24 扇町ビル101
06-6363-0848


『まねはねムジカでレコ発5』

☆ たこボーband
   たこボー(vocal,guitar)
   JUN(bass)[Laszlo Kovacs、Warocks、ナナホ、BAND of BAKSIS、etc.]
   チェリー(drums)[三文からす、ダルマドライブ、Shakin' hip Shake、ネコグルマ、etc.]
   田中裕之(keyboard)[半PEKO、電気スルメ、HOT NUTS サポート、etc.]
   こばやん(guitar)[CRACKS & RABBITS、etc.]
☆ 地獄の季節
☆ まねはね
☆ ニコラス

18:00 open
19:00 start
2000円+1d



4月13日(日)
京都 夜想
京都市中京区油小路通御池南西角 式阿弥町137-1 三洋御池ビルB1F
075-211-0901


☆ たこボーband
   たこボー(vocal,guitar)
   JUN(bass)[Laszlo Kovacs、Warocks、ナナホ、BAND of BAKSIS、etc.]
   チェリー(drums)[三文からす、ダルマドライブ、Shakin' hip Shake、ネコグルマ、etc.]
   田中裕之(keyboard)[半PEKO、電気スルメ、HOT NUTS サポート、etc.]
   こばやん(guitar)[CRACKS & RABBITS、etc.]
☆ sunfish
☆ FLAKES BURN GROUP
☆ チェリー&山本将弘(まねはね)

18:30 open
19:00 start
1500円+1d



 

もうすぐだね。



演奏に間に合わなくても、気にせず遊びに来てね!



おそらく14日にはこちら
京都 餃子専門店 ミスターギョーザ

楽しみです。




西のみんな、会えるといいな。

再会を♪





リーフでピラコ&

なんだかちょっとした旅の様な演奏だった。終えてみて振り返ると1曲目が数日前の事の様に感じた。










サウンドチェックを済ませ、炎の雫でホットドッグ。ブレンドとセットで500円、ちょうどいい腹ごしらえ。しかも素朴で美味い。今日のBGMはミックテイラー。





会場に戻るとほどなく一番目の東海林恵祐が演奏をはじめる。



ポップな若き弾き語りすと。井上陽水のカバー等を混じえ、丁寧なギターと歌で楽しませてくれた。ヤマハのエレアコのサウンドはハイはキラキラとしていてローはふくよかで、会場の空気をいい感じにあっためていたな。









二番手が、おちょこ



今日は夕方になって、どうやら妻が観に来るというので我が家の備蓄品の釜石の醤油「藤勇」をおすそ分けに持ってきてもらった。このおちょこもよく我が家で話題にする機会があるので、やっと妻に紹介できたし、なんだかまたギターを弾きたくなってきたとか言ってたんで影響もいただいたのかもね。マイクからオフ気味に距離をうまくコントロールして研ぎ澄まされた彼女の歌唱がリーフの「疑似大バコ」なハイファイ音響と相まって実に酔い空気が会場を支配していたな。







三番手、トリ前に、ピラコ



昨夜と今朝、そうとうにたっぷりと時間を使う事が出来たので、内容はおそらく相当に良かったのでは。取り組みが不断より多かったので今日はいろいろ収穫が多かったな。描いてきた絵図が功を奏したパート、そうでないパート、録音を聞くまでもなく次回のビジョンが立つってもんだ。幸い週末にも2本入ってる(※記事最下部参照)。期待してもらっていいよ。今、たぶん旬。








トリは永島理一&中山幸





きたぜ、スワンプ番長!待ってました!!!ねばっこくて適度にルーズさを伴わせた、しかしながらめちゃくちゃ緻密なギターワークにハーモニーワークが時間空間認識の感覚を麻痺させてくれる麻薬的な永島の音楽は確かな研究に裏打ちされたものがあるのだなぁ、と再認識。ツェッペリン~ケルトなテイストのオープンチューニングでのアルペジオさばきはこの人の味わいがわたしは好きだな。そしてカホンの中山のリズムの立ったプレイも心地よく、また「たたかないところはたたかない」という女性ならではな休符さばきにいたるまで徹頭徹尾、永島の音楽に寄与する姿勢は見習わなければ!なんて思ったよ。








やーやー、みなさんお疲れ様でした。


再会を♪











3月28日(金)
荻窪 CLUB DOCTOR
167-0043東京都杉並区上荻1-16-10 ローレルビルB1
03-3392-1877

☆ ピラコ&たこボー
☆ THE HEVEREKE'S
☆ 鼻ホームランの森
☆ 城サトシ

19:00 open
20:00 start
2000円+1d
happy hour 19:00-20:00 +\1.000→3d!!!

JR荻窪駅西口改札(西口出口ではありません)を右→
正面セガミ薬局の側道に入る→
最初の右曲がり角に入る→
30Mほどで右手にあります
JR荻窪駅西口改札(西口出口ではありません)徒歩1分

丸の内線荻窪駅北口へ→
青梅街道沿いを左へ→
三井住友銀行を左に入る→
30Mほどで左手にあります
北口徒歩2分





3月29日(土)
新大久保 EARTH DOM
東京都新宿区大久保2-32-3 リスボンビルB1
TEL 03-3205-4469


『ローライフサーファー(祝)20周年』

☆ ピラコ&たこボー
☆ ローライフサーファー
☆ アンギャーの新バンド
☆ その他、盛り沢山の、豪華出演者陣と豪華出店者陣と豪華Dj陣

15:00 open
16:30 出演
2000円(1dつき)



20140329flyer




















PRTK、久し振りに高円寺だぜ

本日はピラコ&たこボー、高円寺に凱旋!


が、凱旋?


まあよいではないか、久し振りの高円寺。





3月25日(火)
東京都杉並区 高円寺南3-46-9プラザU B1F
03-3313-5980 

☆ ピラコ&たこボー
☆ おちょこ
☆ 東海林恵祐 
☆ ながしまりいちwith中山幸

19:00 open
19:30 start
1300円+1d
HAPPY HOUR[startまで、1000円で3D!]





みな来るよろし。




千客万来!




アクセス





 

最年長ニューフェイス、JUN、登場!



今日はペンギンでまたもや初顔合わせのリズム隊で、演った。バクシーズJUNマンダリンホテルシゲオらとトリオで。ちょっと準備期間が少なく、短めのセットだったのはお客さんにはすまないけど、内容重視ってことでご容赦たのんます。












一番目は、どジャズ。遠藤バンド









ド渋のジャズな連中で、ピアノ、ウッドベース、ドラムにサキソフォンとトランペットが入ったり抜けたりして、スリリングにカラフルなジャズの演奏。こーゆーのをトリにすりゃいいのにな。みんなゆっくり飲める。








二番手は大村紅実と風の音







ストイックな内容のトリオのアンサンブルに本格派のオリジナリティ溢れる抜群のソングに歌唱、これが実に気持ち良い大村を中心とした男女混成のグループ。的確に音符を踏んでゆく几帳面でダイナミックさも湛えたベーシストの好プレー。ふたたびのフレットレスベースに、これは今日はフレットレスの日か?と期待高まる。ORS、レゲエ、インターネットのおばけ、等、勝手に曲を覚えてしまうところに、シニカルな造りの向こうに見えるポップさがこのグループの甘味だろう。









三番手には、Half Moon ghost party











こちらには知った顔が二人。2012年の暮れに参加した阿佐ヶ谷イエロービジョンでのセッションで一緒だった佐方夫妻を擁するニューウェイブを感じる素晴らしいバンド、Half Moon ghost party。トランペット・ボーカル、キーボード、ベース、ドラムの四人編成ではあるが、各々メロディカであるとか簡易ディジュリドゥ?のような箱であるとか、場面に応じた気の利いたアレンジの応酬に会場が耳を研ぎ澄ます、そんな軽めに張られた緊張感がたまらないバンド。ドラム佐方の方はつい最近、1/11にもヨシヤがベースを弾く強烈なバンド、くちなしのドラマーとしても対バンしていたのですね。

参考記事





トリはわたしバンド。









JUNちゃんとシゲオという、こちらも負けず劣らずな強烈な布陣で、この組み合わせでジャムライクなものを今後も追究してゆきたいな、なんて思える、あたらしい感じのアンサンブルが出せたように思う。今後、乞うご期待!








やあやあや、おつかれさまでした、みなさん。


再会を♪




















livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ