2014年05月

ひさしぶりのhanTako動画♪

先日、谷保かけこみ亭にて、再始動のhanTakoでしたが、来場してくれていた信頼するPAエンジニアでありウエクサユウジバンドのベーシストでもあるブチョーが動画をあぷあぷしてくれました。

お暇な時にでも、どぞ♪

1.君の窓
2.金魚
3.おしえておくれよ




4.もう手遅れ
5.裏切りのブルース
6.if i were a carpenter




7.陽のあたるどこか(feat.ぼけまる)
8.TANZAWA







 ハンタコ、6月にはもう少し長いステイジ、やらかしますぜ。(ピラコっぽいな)

大挙として押し寄せてくださいませ。

んか?



6月21日(土)
高円寺 PENGUIN HOUSE
東京都杉並区高円寺北3丁目24-8 みすずビル B1
03-3330-6294

☆ hanTako
☆ 9413
☆ クズ男
☆ The Games

19:00 open
19:30 start
1800円+1d



さかなのこぼね を見に行った

今日は、さかなのこぼね を見に行った。高円寺ペンギンハウス。

彼女とは、たこボー&シーフレンズ(たこボー×田中イワシ×海老沢英一×さかなのこぼね×ウオちゃん)で再来月。7/20、海の日イブ。サバ大三と共同企画、近日詳細発表。



さかなのこぼね、は、トップ出演。



一緒に演奏することは決まっているが、実際に彼女の音楽を聴くのは初めて。てのもすごいハナシだが、キーボードの鰯が推すのだから間違いなどあるはずもなく、そして初目撃の さかなのこぼね、高い音楽性を秘めた、ユーモアと愛にあふれる素敵な音楽を聴かせてくれたな。ベースでの弾き語りなのだが、フーガ的な構造で、ルートを死守しない、ユニークに泳ぐベースラインと歌メロが コード感を「全出ししない」ところとか絶妙で、クールだった。こんなん初めて聴いたな。



2番手に岡田哲



たこボーbandでよくベースを弾いてくれてるベーシストであり、シンガーソングライターの側面を自身名義でも活発にしてきているサトシ。前に一度、落合BANDの企画で、彼サトシのメインバンドBASTETの中心人物であるカイラとデュオという形で対バンとなり、その中ステージの中で数曲のソロを目撃したことがある。そこからの進化も今回伝わった。強烈さみたいなのは正直感じないのだが「彼らしさ」がより伝わるようになっており、さすが、と、定期的に場数を日程に組み込んで生きてきている彼の近年を想ったな。曲がドラマチックなので、図々しさも欲しいっちゃ欲しいが、楽曲を練って組んで解して、と、ソングをモノにしてゆくことに主眼をおいているのがどの曲をとっても見て取れるので、また今後も追っかけてみたいアーチストだね。





3番手には三浦陽子+山内桂





どJAZZではなく、考え方とスピリットがJAZZな自由なスタイルの表現ってのかな。ピアノとソプラニーノサキソフォンでのインプロ演奏で、張りつめすぎてない緊張感がたまらない素敵な姉さん兄さんら。メロディカが置かれていたが、演奏のホント最後の最後に登場する。アートな世界はわたしにはあまり親しみを感じる機会は少ないが、この人たちの演奏は楽しかったな。





4番手、トリ、半バナナ





おめーら、まだやってんのか!というあいかわらず感もあるが、それが最上級の褒め言葉にあたるのではないか。あくまで時間の進む速さの異なる惑星から来た連中だ。連中?外宇宙から来たのはデリシャス王子ことだけで、ベースの安井は関西人だったか。王子はいつもローランドアンプを使っていたが、久しぶりに観た今日はフェンダーアンプでスイートなサウンドをうまく鳴らしていたな。安井のウッドベースも味わい濃ゆくなっており、相変わらずなんだが新鮮さもバッチリ香ってくる演奏だった。もちろん、初めて聞く曲もあったが、かなり前にプロモ?トレイラー?をネットリリースしていた「めかぶとわかめの歌」がやっとCD発売になるらしい。素敵な曲だし、三陸をあつかった歌なので、機会があったら聴いてみてほしいな。

そうそう彼らの演奏中・・・。

ペンギンハウスのマスターは廃人、否、俳人でもある。人の演奏中に やおら一句浮かんで、後ろの壁に貼りに出てきたりする。そのシュールでレアな一幕も目撃出来た。これを引き出すほどの演奏であったことの裏返しといえよう。



ここにいるとシュールのセンサー、麻痺する。



やあ、ここは落ち着くね。


やあやあ、みなさん、おつかれさまでした。


再会を♪



わかめとめかぶのうた






blue noise test



ありていに言ってシューゲの集い、かな。音フェチ?音響派?そんな若い連中のイベントで、やってきたよ。

2005年以来だから9年ぶり?のベーシスト たこボー

での、realbirthday

@高円寺HIGH。

やあ、いいね、オオバコJr.みたいなこのハコは、よく出来てるしスタッフも優秀で、実際やってみてわかったけど、なかなかに気の利いたライブハウスだね。楽屋も快適だし。




さすがに不慣れなパートなんで今日ばかりは仕事を休んでサウンドチェックから参加したよ。んで、今日は福岡からのゲストシンガーとうちら四人でカレーを食いに行った。HIGHの近所のサプラ。大きなナン、カレーも美味しく、ラッシーの蜂蜜感もよかったな。団欒つうか、こうして(ちょっと贅沢だけど)そろってだべって過ごすのも、儀式的な効能・効果もあるでしょう、てなもんで、新体制でのスタートの儀みたいな。もちろんそれぞれ帰ってゆくプライベートには問題山積みだけど、すくなくとも夜に向けてのこの夕に、すこやかにおだやかに待ち時間を過ごせて良かったんじゃないかな。
楽屋にもどりほどなくしてイベントは始まったのだが、飲み食いし過ぎたわたしと中井は爆睡。トップを子守唄にしてしまったな。で、写真撮れなかった。しゃべって、笑って、飲んで食って、そして寝たわけで、いい感じでデフラグ。フレッシュな感覚で準備をちゃっと済ませて、やっとそっからライブ観戦。



二番手のQuit it


 
なんか通販の商品名っぽい名前のこのバンドだが、みんなボーカルをとり、女性ドラマーならではのしなやかなビートが特徴的な、あたらしめのサイケデリックを体現するバンドだったな。ギターもベースもフェンダーではないハイエンドものを使用しており、膜をとっぱらったようなそのクリアなサウンドとエフェクト側のウケツケとの設定も凝っていて、聴いててとても楽しめたな。ドラマーのボーカルをとる曲も、わたしもそうだがすごく客席でうけていたようだった。




三番手のcattle
完全にマイブラディバレンタインの流れに与するバンドだったな。キーボードの人は耳栓をしての演奏だったが、マイブラの来日の時に配っていたやつかもしれないな。同じ色だった。キーボードって、通常そうなのだがラインで出すと分離感がいきすぎて、アンサンブルになじまないケースがよく見受けられるけど、しっかり分離と混合のさじ加減がコントロールされていて、こうした感覚は、そりゃシューゲイザー的な趣旨の連中は必修項目なんだろうけど、フツーのロックンロールやってる連中も、たまにはこういうのを聴きに来たらマナビがあっていいのにな。ありがちな『鍵盤だけレトルト』みたいなあの感覚、忌避したいところじゃないか、なんて。cattleからは、そうしたアンサンブルをたくさんトライアルを重ね練ってきた、そんな酔いものを感じられたな。




で、トリにrealbirthday
まず彼らの前回のライブがあまりに素晴しかった。ので、何とも言えないが、そうとうグルーヴは刷新したつもりだ。ミキの様には立てないが、わたしらしく立ったと思う。これはこれでオススメだ。まあ、あと2本、つづくから、今回見逃した方も、ぜひ。
 
・0606 池袋 手刀
・0610 高円寺 Showboat










やあやあ。各方面からのご来場、ありがとうございました。

お店、対バンのみなさん、お疲れ様でした。


またね。

再会を♪







HIGH TIME!

今日はひっさしぶりにベースでのステージ。




■5月28日(水)
高円寺 HIGH
東京都杉並区高円寺南4-30-1
03-5378-0382

『blue noise test』

☆ realbirthday
☆ gravel's end
☆ cattle
☆ Quit it

18:30 open
19:00 start
2000円+1d




よろしくでっす。






すみざりーんずの曲名か

今日は高円寺のショウボート。


タイトルが発表とちがうじゃねーか。

まあいいか。 








1.名古屋から来たPOORS











着物来てて、刀も差しており、コントあり、MC5ありの猛烈なやつらだったな。ギターのサウンドがデカいラウドなロックンロールが気持ちよかったな。





2.たこボーand.。

0527

わたし、JUNちゃん、ぞうさん。なんでもできる彼らなので、ライブ未発表曲「あした東建工業」等をぶっつけでやった。





3.the NOW。









中心人物の知念は、イナ(ex.HAPPY TRIBE)や浅井(プランチャー)なんかと親しいようで、たびたびいずれかの現場で顔見知っている。ヤードバーズやわりとUKよりのカバー中心だったか。





やあやあ、みなのしゅう、おつかれであった!



たくさんのご来場、ありがとうございました!



再会を♪

ショウボートTODAY

本日!


高円寺随一の音響を誇る名店、ショウボートにて。







5月27日(火)
東京都杉並区高円寺北3-17-2 オークヒル高円寺B1
03-3337-5745

『Koenji Meeting』

☆ たこボーand.
   たこボー(vocal,guitar)
   JUN(bass)
   相沢ぞうさん裕三(drums)
☆ the NOW
☆ POORS


19:00 open
19:30 start
2000円+1d
 


遊びに来れる方はコメント欄やメール、フェイスブック等で伝えてください。


ゲスト枠ひろげてお待ちしております♪


やあ、よろしくでーす。





 

realbirthday スケジュール

このあと、リアルバースデイが 続く。

わたしはベースを弾く予定。

遊びに来てよね。




■5月28日(水)
高円寺 HIGH
東京都杉並区高円寺南4-30-1
03-5378-0382

『blue noise test』

☆ realbirthday
☆ gravel's end
☆ cattle
☆ Quit it

18:30 open
19:00 start
2000円+1d


■6月6日(金)
池袋 手刀(チョップ)
東京都豊島区池袋2-46-3 シーマ100-B1
03-5951-1127

『BUCKING HORSES』

☆ realbirthday
☆ COOKAI
☆ 利華一人(dibs)
☆ bouu...
☆ 瑪瑙針

18:30 open
18:50 start
19:30 出演
2000円+1d


■6月10日(火)
高円寺 SHOW BOAT
東京都杉並区高円寺北3-17-2 オークヒル高円寺B1
03-3337-5745

☆ realbirthday
☆ 平野カズBAND
☆ Haiti(from limbo)

18:30 open
19:00 start
2000円+1d




次はショウボート♪

平日に、またやるよ。


 ツアーの東京ラウンドでやったJUNぞうさんのリズム隊と。





5月27日(火)
東京都杉並区高円寺北3-17-2 オークヒル高円寺B1
03-3337-5745

『Koenji Meeting』

☆ たこボーand.
   たこボー(vocal,guitar)
   JUN(bass)
   相沢ぞうさん裕三(drums)
☆ the NOW
☆ POORS


19:00 open
19:30 start
2000円+1d
 


遊びに来れる方はコメント欄やメール、フェイスブック等で伝えてください。


ゲスト枠ひろげてお待ちしております♪


やあ、よろしくでーす。





 

hanTako再始動




hanTako
で演奏したのは去年の10/26の国分寺ギーで、国分寺エクスペリエンス(アコースティックバージョン)とのライブ。そいつを最後に、相棒ハナコの入院等あり 活動は休止。今宵、奇しくも国分寺エクスペリエンスとのライブで再始動出来た。
 

入り時刻の17時にはいり、入口階段の中間の踊り場ところでセットなんかを考えタバコを吸っておると斜め上からハナコの声がして、見上げて、ゴロゴロとジャンベを引いた見慣れた懐かしい姿が目に入った時は、その階段中腹 暗がりより見上げた地上光まばゆく、ちょっとグッときた。




軽い音響トラブルもあったので、そこは国分寺エクスペリエンスらにお任せして、近所の丸信で打ち合わせ呑み。ここ、丸信の餃子も相当にイケるんだ。



前回かけこみ亭で演った時は、わたしはここ、ハナコはモスで待ち時間を過ごしたっけな。やあやあ、と話し呑み呑み話ししてると、やがてエクペリゆきちゃんカラミかっちゃんが来店。やっぱ瓶ビールと餃子、レバニラなんかをたのんで。乾杯~なんつってると おちょこも合流。その昨年10月の国分寺Gieeでの顔ぶれが揃い、そんなもあって、ちょうど『一時停止ボタンを押した所から また再生が始まった』かのような不思議な雰囲気に包まれて、時間の流れる早さが優しく変化した。



息合わせな意味合い色濃いサウンドチェックをし、ちょい押しで始まる様子で、こんどは一人で散歩したりして過ごす。


続々と仲間が遊びにかけつけてくれ、だんだんとライブモード。






30分ほど押しで、トップのカラミがはじまる。













釜石応援団の要、高江の問題でも戦う男、かっちゃん は、タチボーカルで、小さく身体を揺する程度だがバンドにじっくりノリを伝えるかのよう。どこにも嘘がなく、ただ自然体で『そこに立つ』的な姿は、なるほど、あーすればいいんだな、なんて学びもあったな。かっこよかった。し、内容濃ゆいソングばかりだったな。



二番手にhanTako

0522_01

0522_02

良かったはず。上に書いたとーり、想いを思いつつ、無意識を意識する事なく無意識に、うちららしさを出せたと思うな。ハナコにも、そして目撃してくれたみんなにも感謝しか無い!!ラス前の曲ではぼけまるも乱入してくれた。そいつも感謝!






三番手に、大船渡から、アコースティックギターの魔術師、石橋正寛



ゆるトークを挟み、厳しいスタイルの?凄技てんこもりなインストルメンタル演奏。技術もさることながら、一音一音に込められた想い みたいなナニカは輝かしく、今後どういったフィールドに進出してゆくにしろ、いい感じで展開してゆく事をお祈りいたす。って、なんか大きなお世話だけど、若くて才能に溢れてるミュージシャンであり、なんか、そんなも思わされたな。




トリにはもちろん首謀者、国分寺エクスペリエンス











前回観たのは釜石のシープラザ遊で、釜石応援イベントでのものだったが、あの時も確実に一等賞のパフォーマンスだった。そして、本来のベーシストでの今夜の演奏たるや、あーた、痛快ったらなかったな。それぞれ、ピンと来たり気に入ったり或いは仲良くなったりしたバンドは、絶対一度はホームで目撃するべきだよな。阪神なら甲子園、オアシスならマンチェスター、レッズなら駒場、みたいな。ドラム&ベースはリズム的にはずいぶんアソビの広目な演奏なのだが、圧巻のグルーヴをうねらせまくっていて、大きな太い縦の線に気づかされる。ダシヒキ、カケヒキに長じた手練れ達の演奏に酔い痴れた、よい時を過ごせたな。




残業と称されたアンコールでは、みなさんもう一度お出ましに、みたいな展開で、「ギター繋いで!」とも言われたが、先のかっちゃんに感化され?タチボで出させてもらったよ。





やあやあ、楽しい夜だったね!

たくさんのご来場、そして 国分寺エクスペリエンス石橋正寛カラミ、かけこみ亭のみなさん、ありがとうございました。再会を♪

国分寺エクスペリエンス石橋くんは明日25日は日野のSoulKで!見逃した方、チャ~ンス♪







かけこめ、今夜!

本日は谷保。

ぼけまるの店。


 



■5月24日(土)
 東京都国立市富士見台1-17-12 S&Sビル地下
042-574-3602

『東京~釜石ライン音楽の宴』

☆ カラミ 19:00
☆ hanTako 19:40
☆ 石橋正寛 (from大船渡) 20:30
☆ 国分寺エクスペリエンス 21:20
 


 19:00 start
 1500円+1d
(生活困窮者自己申告で500円)



レッツ、かけこめ!

よろしくでっす♪




 

livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ