2015年08月

ペンギン、らりはsolo、観戦

野球も散々な展開だし、ともあれ久しぶりに家族で夕飯もやれたし、で、ペンギンハウスにお散歩。

seven Zこと、らりは。ソロでのライブをば、目撃に。




ずいぶんと久しぶりになっちゃったな。やあ、すごくよかった。弦と弦の響きに敬意を払っているかのようなギター演奏。決して爆音ではないにもかかわらず もの凄い迫力をもつロー弦の刻み、そして艶かしいベンド。堪能したよ。わたしに影響を強く与えてくれた先輩の一人。


 

『all tomorrow's parties』




『放蕩息子』



去年のオクトパスガーデンの時のギャラをやっとこさ渡せたし、よかった。

やあやあ、お疲れ様。

やあやあ、再会を。





※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。

下井草、遅刻観戦

今週もまた休日出勤。これで 式根島の時に休んだ分は取り戻したぜ。おっしゃー。



9時過ぎだしどうしようか とも思ったが、下井草に顔を出すことに。ホントに顔だけになっちゃうかもな、なんても思ったが 演奏も少し聴けたね。

平野カズ森永JUDYアキラ、の二人のプレゼンツ、「歌謡曲だよ!全員集合!」。初目撃。





客席参加型のイベントで、リクエストも受け付けて、知った曲を生演奏とともに楽しむ趣向の会で、なんといっても客席の笑顔がよかったな。カラオケとの違いは生演奏ならではのサウンドもあるが もうひとつ、ショートバージョンに纏めることが出来る点が好いと思ったな。わたしら普段からライブやってる者はやるとなったら1番から4番まで覚えていったりもするだろうしキーも事前に確認したりもしよう。けれど、そうした層ではない街の音楽ずきたちの飲んでる時目線で考えるなら、「あ、あの曲歌えるかも」と挙手して、いざ始まると歌詞が出てこなかったりもするだろう。そんな、場面々々で臨機応変に平野森永が連携してショートバージョンにまとめたり転調を適宜やってゆく。「歌いたい」だけを叶えるのではなく、「歌ってみたい」だけでも叶えようといった、気軽にどうぞ感が 好いねー。
















遅刻観戦ゆえに見られなかった前半は、二人の演奏をやって、後半が上記のような時間帯としているようだ。終演後に平野が「グダグダな感じになってから、来たよねー」なんて自虐まじりなことをゆってたが、なかなかどうして、端々をあなたのギター&音楽スキルで締めていたではないか!もちろん不慣れな人と演奏するわけだから、そこはピシッと合ったアンサンブルとはゆかないだろうけど、そこじゃない。現に音楽ずきのご近所さん的な層の客席、みな、イイ笑顔だった。





実はわたしにも似たシチュエーションで演奏をした経験がある。おととし、釜石に暮らした間、ライブBARを立ち上げる男と出会い「まだ出演するなんて人、いなくて」というので「おれに是非やらせてもらえないか?」となり、隔週で日曜にやらせてもらったんだ。でも当然ながら「きてください」とメールをする相手もいないし、TwitterもFacebookも 全く無力な状態だったので、最初の3本くらいは、1人、0人、1人、みたいな集客数だった。したたか酔った潰れかけの方がフラリと入店してくれて、で「お前の歌はいいから長渕をやれ!」と言うもんだから、まあお客さんこの人ひとりだしやってみようと「順子」をやるわけだ。すると「お前はいいからおれが歌う」ってなったので「どうぞどうぞ」なんつって「巡恋歌」を伴奏しはじめるわけだが、2番から歌詞が出てこなく、まぁそうだろうなー、てな展開になった。じゃあ新しめの、と「しあわせになろうよ」を伴奏するが、それにいたっては やってみると サビだけ歌える といったところで、でも マスターがせっかくオープンした夢のライブBARなんだし、どれだけ内心ウザくても絶対にそのお客さんが飽きるまでお付き合いするんだ!って腹はくくっての演奏だったな。なんか多くを得た経験と思ってて、そんなを思い出させてもらった夜だったな。




昔からわたしは 箱バン最強説な考えの者。最強とかいうと語弊があるが、彼らのことを別格に尊敬している、ほどの意。実際比べようもないが、拘束時間とギャラで費用対効果を計算したならレコーディングをやるギタリストやメジャーどころのツアーサポートとかの方が花もあり名も残り身入りの率も高いだろう。箱バン一筋のお爺ちゃんギタリストとかの神がかったthe演歌ギターとか、生で近くで喰らってみ?まじ、見識変わるはず。




そんなも投影まじりに思い出しつつ、決して華やかではないが、裾野を守るみたいな地平で男前なシゴトをやってるふうに見えた。

アフターに三杯ほど平野ともやれた。来月はこの場所でまたデュオをやるから店主のビリーも交え、酔い時間を過ごせた。




9月18日(金)
下井草 Billy's Bar GOLD STAR

東京都杉並区下井草3-41-6 B1
03-3301-3992


平野カズfeat.たこボー
☆ フータロックサービス
☆ 森永JUDYアキラ

19:30 open
20:00 start
1500円+1d






やあやあ、平野ジュディ、お疲れ様。


やあやあ、再会を!




あと、今夜だそうです↓↓↓↓↓



※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。

国分寺、ピラコ&、二度目の

仕事は定時であがる。もうこの点はほぼ 叶えられるようになってきたので やりよい。今日は国分寺なんで新宿で中央線に乗り換え、ゆく。あれだね、定時でも山手線内回り、大塚きらならガラガラだね。中央線はさすがに立ちだったけど、6時前には着けた。今後の平日の動きにおいて、よい参考値を得られたね。






弱い霧雨の国分寺。ギーにはアナコンダのうちの数人とピラコがおり、サウンドチェックはこれからのよう。アナコンダのギターの人、こーすけは、わたしの先生=山下太郎も太鼓判を押すいきおいで推すギタリストなので、よい目撃機会となった。サウンドチェックしてるだけでも才気ばしった端々に聴き惚れたな。


うちらもサウンドをみて、そして束の間の食事タイムはもちろんここ、ラヂオキッチン。







んーー。と思わず目をつむってしまう美味さ。よいレシピ、よい腕前、よい油。やばい、ライブ前にまた満たされちまう(笑)。





トップに ピラコ&わたし。



冒頭3曲はピラコソロで演り、後半4曲をデュオで演奏したよ。最近の傾向で、今までとは打って変わったバランスでのアンサンブルに出来たと思うよ。あとは その中でいかに迫力とかを取り戻すか?だね。




二番手はトマサ









自身のバンド、トマサマキングスもレコーディング等を経て 充実の中にあるようで、そのトマサマキングスのナンバーも2曲含めたセットを持ってきておりジューシーな内容の演奏だったね。途中から客できてくれてた渡幸夫が飛び入り、アナコンダのこーすけもピアノで飛び入り、賑やかなバージョンも楽しめたよ。ただ、個人的には一人で通すのを見たかった気もするね。




トリにアナコンダ

















ココロー&ヘルニアンズでの目撃以来となるが、ココローの歌唱は図抜けた域にあり、鳥肌が立つ。客席賑やかな一角がさかんにリクエストを飛ばす。少しだけそれらを演ってみたりと、バラエティーなステージだったが、後半のバラードの応酬は垂涎ものだった。ギターのトーンやフレーズさばきは多彩で内容の濃いものばかりで、素敵な引き出しをたくさんもつこのギタリストはホントすごかったなー。








やあやあ、みなさん、おつかれさまでした。






わたしは終電をまたずに高円寺へ移動。

アサリが9/6のフライヤー各所配布行脚をやっており、今夜は7箇所のお遍路だってんで、後半に合流するよ、の話をしていたので。

はじめてゆく酒場、一年生。そしてなつかしのネブラスカ。

ジャギー山岡とアサリと三人で、楽しい夜更けをも過ごせた。濃い一日だったな。

明日、休日出勤なんだよな。。。。


どんまい、わたし。












 







※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。

今日は国分寺、ピラコと

今日は
国分寺ギーで
ピラコと
演奏するよ。





8月28日(金)
国分寺 Giee

東京都 国分寺市本町2-3-9 三幸ビルB1
042-326-0770


☆ ピラコ&たこボー
☆ トマサ
☆ アナコンダ

19:00 open
19:30 start
1000円+1d



千客万来!


 

ミッションでリアルバースデー見てきた












わたしが去年、ベースで参加していたこのバンド、高円寺で久しぶりにやるってんで見に行ってきた。



今日もごきげんな演奏を聴かせてくれたね。



パンクなバンドが集うよいイベントだった。触発的なもんもあるのかめずらしく、彼らの名カバー「Daydreamer」を聴くことができたのはよかったな。



アサリの時に知り合ったヒデシくんが主催のようだったが、わたしは明日のライブの支度もあるのでそれを見ずに帰ったよ。残念だけどね。


やあやあみなさん、おつかれさまでした。

やあやあ再会を♪






豊島区の会




大塚の老舗スタジオ、オレンジで、遊びながらも仕込んで、そんな夜だった。

 

こんな時も、転職してよかったー!って思うひとときだよ。

会社からすぐのところに このオレンジスタジオがあるし、
ハナコは巣鴨在住であり、
ミノルBは池袋在住。


 

何の仕込みか?っつーと、コレ。





9月19日(土)
阿佐ヶ谷 CHECKER BOARD

東京都杉並区阿佐谷南2-20-2-2F
TEL:03-3312-7974


☆ hanTako
☆ ミノルBグッド

20:00 open
20:15 start
500円+1d





この日はツーマンで、ミノルが演ってハンタコが演って、で、最後にコラボで数曲やろーや、ってなって、ね。ここいらの 飛び入り文化 みたいなのは さんざんやってきたしハッキリ言ってもう今は飽きてる、、で、最近の傾向として、、仕込み主義でいきたいなー、なんてね。

ミノルの新曲もいい感じだし、三人のアンサンブルも スタジオでの時間を通じて ずいぶん自在に遊びつつ締まったものが演れるふうになったんで、本番 楽しみ。

アフターは大塚で一杯やりつつ。したっけ、ミノルも「もう1回、入ってもいいかな」と 来る。「いいね、いいじゃん」となり、機会をまた作るかもね。

こうして仕込む・取り組む、、って感じで挑む、、今はこんなが楽しいよ。



やあやあ、ミノルBハナコ、お疲れさま。


やあやあ、再会を♪



みーつ、まーくん

将弘にあってきたどー。




関西でのわたしバンドでの主任ドラマーである山本将弘。彼が仕事の用事で東京に来ている、夜の新幹線でとんぼ返りである。て情報を受け、東京駅にただ見送りにいってきた。ただ、といってもメシをくったり待合室で話したり、出来た。転職をする展開になりそうで、そして新天地になる予定のところでのジョブだったようだ。運命は動いている。



彼ほどのドラマーでもバイトをしなきゃならんのだなあ、ナンテも思うが、やりたいことを「やりたいように」やる、てのも大事だし、これもひとつの道だね。



わたしも6月に転職したところで、その際には彼の影響も受けての動きでもあった。意味合い場「バイト」と言い、その実、雇用形態も実際に「バイト」で通してきていたわたしだが、今は呼称としては「バイト」とゆうが雇用形態は「契約社員」となったわけで、「あぁ、フリーターで通せなかったな」なんてな冗談めかして語るが、内心こだわり(ってほどのもんでもないが)もちょっとはあった。世代特有というには大げさだが、ゆってみればフリーター世代の根っからのそれであるわたしだし、もうこうなったらこれで通してやる!なんてな意地も少しあったかもしれない。


彼、将弘は美人の嫁はんをもらってからというもの少し変化があり、まあたまにしか会わないしあとは電話で語らう機会がポツポツあるのみだが、その中で「社員になった」なんてなトピックでもいくらかの会話を交わしたものだ。「ふーん」とは口で言うが、なかなか大変な濁流に身を投じたもんだなぁ、なんて敬服もありつ、バンドで誘えなくなったりして、、と恐れも抱いた。が、彼は、技術を積み資格なんかも取得して、いやあな奴にも頭を下げて、いわれのない罰ゲームみたいな現場もこなし、、、をやりながらも、関西のツアーの際には快くドラムを引き受けてくれて、いつも良い仕事をやってくれた。



そんな、の、影響はあるんだろうと思う。今、ちょうどわたしも父親業的にはギアを一段上げなきゃならん時期だし、「ええい、ままよ」な転職も結果として吉と出たと思っているが、ビフォーには はっきり言ってどうなるかなんてわかったもんじゃなかった。あとなら何だって言える。


逆に彼の方でも、わたしによって分岐点に立たされた事があっての今、みたいなことを口にする。そういやあ隠遁生活ふうなノリの時期があって、たまたまその時にドラムのオファーを投げたっけな。

でも、お互い様というにはずいぶんと一方的に世話になってる気がするので、足を向けては寝られないのである。


年内、もう1本、入れれないものかな。
関西。






題:お札(おさつ)

 

ぶっ濃いチーズ、食ってきた

今日はまたコイチーズを見に行こう。せっかく最寄りの稲生座でやってるんだし。








先の出番は青木ケン&庚申通りバンド









中心人物の青木はフォークロックあるいはカントリーロックのスタイルの軽妙でいてコクもある素敵なオリジナル曲をもったいかしたシンガーだった。るーずぱんてぃ柿沼朋音がドラム、ブッダマシンやデイジーの佐藤健一がエレキとバンジョー、と、知った顔もいる更新通りバンド。イカリヤ弾きのベースの人は知らないけどサミュエルLジャクソンふうの日本人ばなれしたルックスがかっこいい!グルーヴィーな演奏でノリノリだったな。ガースブルックスが嫌いらしく、MCで「あれが売れたのは湾岸戦争に向けてのプロパガンダだ」、と断じていて、今で言う長渕剛の盛り上がりもそれだと言い、「長渕剛のファンのかた、もしいたらごめんなさい」みたいなことを言って結んでいた。ガースブルックスのファンはどうでもいいのかよ、とガースブルックスのファンのわたしは思ったな。




















今日はフルメンバー。こないだの天はジャスミン抜きだったので、間をあけずに来たかったんで、機会をつかまえられてよかったよ。すげーいい演奏だったな。稲生の狭いステージに7人が上がるわけだが、当然ピアノに座すジャスミンはほぼほぼ見えない。が、途中、キーボードの藤山とバトンタッチしたりと、見どころ満載でよいステージだった。あとで藤山に聞いて「あぁ」と気づいたがコーラスの人は小出葉子だったのだね、ソーヴェリーの。考えてみりゃこんなすげーシンガーが二人いてたまるかっての、ね。



押し押しでたっぷり聴かせてくれたあとのアンコールでは、「じゃあ一人で」と北澤がソロで流木の歌をやってくれた。これは推測だが、時間帯や近隣との関係等もろもろに対する配慮も多分にあるのではないかと思った。最近きく国立地球屋での近隣とのトラブルをはじめ、多くの小バコはそうした問題に直面する機会が多い。少年の心だかなんだかしらんけど、傍若無人に大股で歩くワルのカッコよさなんて、今どきクソだと思う今日このごろ、胸のスク想いコミコミで、かくあるべき な道を体現してる北澤、そしてコイチーズ、リスペクトだよ。



↓↓↓↓↓直近のライブ情報↓↓↓↓




やあやあ、みなさん、お疲れ様でした。



やあやあ、再会を♪








※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。

まいさんだー、ばいびー




タイル屋のころの相棒のマキタとお別れをしたよ。



藤沢のプログレベーシストであるマイミクのメタル兄さんこと佐藤幸三氏は現役のタイル屋で、彼が今後使って行ってくれることになった。


この逆回転カッタは、また野丁場に出なきゃならなくなった時には強い味方。たいして腕力も体力もないわたしだがタイルというかむしろ御影石やら大理石やらを自在に切るテクニックでなんとかやってゆけるだろうから。てことで、処分せずにきたが、ずいぶん今の図面描きも安定してきたので、こんな名器を寝かせておくのももったいないし、タイル屋のミュージシャンと知り合ったのも何かの縁と思い手放すことにしたんだ。

 

なんで逆回転か?というと、通常の回転のものだと粉塵がこちら側に飛ぶので切り進むと罫書き線(下書きの線だね)が粉塵で見えなくなるところを逆回転のものだと粉塵が向こう側に飛んでゆくのでその点でわたしは逆回転を愛用していたんだ。粉塵を吸う率も減るしね。といっても、向こうっかわに例えば大工が作業してたりしようものなら顰蹙でもあるのだが。でも、親方をはじめ、たいがいは逆さに持ち同等の効果を得るやりかたでやっていたな。ただ、切っていて刃と石がロックしちゃったり、あるいは手を滑らせたりしようものなら、通常の回転のものは本体は向こうに走ってゆくが、逆回転の場合はこちらに走り来る。ので、腿をザックリやった奴とか見たし、それなりに危ないと思う。アブナイ。

304059_12 Model (1)
素材データfrom

CAD-DATA.com | CADデータ共有サイト





お礼にともらったプリンが超美味かったので紹介するよ。


てかブリュレ?






ものすごく美味しかったです。サンキュー、メタル兄さん!

ファッブリカ デル ドルチェについて



やあやあ、よい休日でした。


休日出勤でスタジオでクッキングパパ

今日は休日出勤。






からのスタジオ、岡田と岡田と。いい感じ。もう一度スタジオに入る予定だったが、次を本番とすることに。

9月5日(土)
池袋 手刀(チョップ)

東京都豊島区池袋2-46-3 シーマ100-B1
03-5951-1127


『悪魔と地獄でオクトパス』

☆ たこボーband
たこボー
(vo,g)
岡田哲(b)
藤山高浩(kbd)
岡田堅一(ds)
☆ 地獄の季節
☆ DEMONS

18:00 open
18:30 start
2000円+1d



リアルバースデーの中井が公園での呑みに誘ってくれたが、まだ外で酒を飲む感じでもないので辞して帰宅。


土日、、、土曜ののこりと明日、すこしくらい妻に楽をしてもらうべく、今年初、棒棒鶏をつくったよ。

これは多めに作っておくと、何食か続けても食えるし、茹でたり漬けたりの汁もガラスープとして楽しめるし、制作時間はかかるが、たまに作ると喜ばれる。























何箇所かライブに誘われてもいたけれど、今日明日は家で過ごすよ。家族に喜んでもらえたので、なによりだ。



(過去記事にレシピあります)
 

livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ