2017年06月

稲生座ツーマン、だん




三度目かな、ジャジャとのツーマン。

毎度たくさんのお運び、感謝つきません。







山下太郎先生に学んだリズム、田村直希先生に学んだサウンド、、を時差置いて最近うまくやれるようになってきた。まだまだだけどさ。

わたしも、ひとに、、若者にギターを教えたことがすこしあって。二人、生徒がいてて、そのうちの一人は、式根島の民宿の大将のお孫さんの優馬。去年まで新島の高校生で、夏休みのバイト的に その民宿の手伝いをやってて、で宿のその大将に「孫がよぉー、ギターを始めてよぉー」ってな流れで。教えてやってくれよー、と。

文化祭に向けて取り組み中の曲のギターパートは難しく(エレガーデン?グリーーーン?) 、端折って簡単に弾ける運指にアレンジしてタブ書いてあげたり。その彼がこの春からこっちの、、本土の大学に通い始めたと、金曜のニシムネさんのライブに行くとゆってたと、民宿からメールが来てたのが三日前。で今夜、ホントにその優馬が会場に来てて。(いちばん濃いところで高円寺デビューかも)

教え子が見てると思うと、くすぐったいのだけど、わたしも師の演奏を聴きにいくし、その際って、くすぐったい想いをさせてるかもね。とか徒然に想い思った夜だった。こないだの柏のライブあたりでやっと、田村師の教えてくれた理論を「感覚的に」わかった。そう、時差置いて。で、そんなもあって楽しんでいいのが演れたと思う。







① あきたけんづんづお(ジャジャ岩城)



先を行っているな、そんな印象がより強い。ジャジャ岩城。途中からギタリスト、佐藤幹一郎が加わり、あきたけんづんづおとして演奏。佐藤、コーラス、初公開とのことで『すし詰めのキャラバン』を。これが、良かった。









② hanTako


後をうちらがやるってのは緊張したけど、これはゆったら ありがたい緊張。いいのがやれたんじゃないかな。こんなにミスの多い演奏でなお、よかったんじゃないかと思えてるところが、最近の境地。むろんまだまだ開拓中。










やあやあやあやあやあやあ、目撃多謝。ひとえに。

稲生座スタッフ、おつかれさま、そしてありがとう。

ジャジャくん、幹一郎くん、ハナコ、お疲れ様でした。またよろしく。



やあやあ、再会を♪





※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。   

稲生でハンタコ、やるよ

170630


本日はジャジャくんたちとツーマン。


と、いえばもちろんここ、高円寺、稲生座。





6月30日(金)
高円寺 稲生座
東京都杉並区高円寺北2-38-16 サニーマンション2F
03-3336-4480

☆ hanTako
  • たこボー(vo,g)
  • ハナコ(jembe)
☆ あきたけんづんづお
  • ジャジャ岩城(ex.桑名六道)(vo,ag,and...)
  • 佐藤幹一郎(ag)

20:00 start
1570円+1d

地図





千客万来♪


ながしまりいち左馬、Dire Wolf、観演




明日は自分のライブがある稲生座。残ったフライヤを最後のダメ押しでみなに手渡しで配ってみようか、とも思い、出かけてみた。外では気の早い都議選の候補者が「最後のお願いにやってまいりました」とかゆっている。

いずれにせよ、見に行きたい好カードである、ながしまりいち、そしてダイアウルフのツーマンだが、この場合、明日の自身の準備とそれとの天秤になるわけだ。

天秤座から稲生座へ。

線路沿いを歩く高円寺への道は、もうすでに10往復はしただろうか、なかなか気に入っている経路。を、歩く。以前の住居と比べて500m弱、近くなった稲生座。それに加え、道中の3分の1ほどは高架下をゆけるので、雨もたいしたことはなく。ただ、今夜は雨ではなかった。



稲生座に着くと、すでにダイアウルフのステージはクライマックス。






ハルキチのギターサウンドは素晴らしく、ドラムもベースも無駄の無いストイックなアプローチなのが超クール。今、キテるバンドのひとつとあらためて思った。




そして後番、ながしまりいち左馬。



文句なしのベストバウト。バランスが実にとれていて、各パートの迫力も潤わんばかり。おのずと、であろう、プレイもおのおの、冴えていた。これはいいものを目撃したものだ、来てよかった。



会場は大入りで、明日が心配になる?でも、「明日、くるからね!」と声をかけてくれる数人がいてて、めっちゃアガったさ。この時勢、二日続けて同じスポットで、なんてなのは、なかなかないのではないかしら、と。ま、ここ稲生座ってば、世間の常識やセオリーとかの外宇宙に属してるからね。





すごいご機嫌にさせられる左馬の好演をあび、ネブラスカにもちょいと寄って帰った。ちょっと大変だったな。明日ライブだ、どうしよう、がんばろう、そんなところ。



やあやあやあやあやあやあ、みなさんお疲れ様でした。


やあ、再会を♪

















※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。   

つべくん情報

以下の記事に動画リンクを追加してあります。

お暇なときにでも、どぞ♪








土浦すのっぶ、二度目の












蒼いライオン、平野カズBAND、観戦



今日は新居にピラコが遊びに来てくれて、「今夜の荻窪は、いくの?」と誘うとも無く、声かけてくれたんで、いこっかな、ってなった昼下がり。

夕方は、こんど3本ほどライブでギターを引き受けたモリタサオリの曲のアレンジ考察がてら、さっそくMTRにギターやらマイクやらをつっこんで、作業してた。それがまあ荻窪のライブに間に合いそうな時間にキリがついたので、ラフミックス録って高円寺駅前でモリタに渡しつつ、荻窪へ。




①布施和彦


ルーパーを用いたハードロック基調のリフに、メロディもそんな感じのものをあてたスタイルのインスト。あまり心を揺さぶられるようなものではなかったが、ミュージックマンのギターはいい音してた。




②蒼いライオン






先月に続き、二度目の目撃。サウンドとリズムと、マナビの多いバンド。曲も二度目なんでずいぶん覚えてた。研ぎ澄まされたグルーヴは会場を大いに沸かせていた。酒もすすむね。みんなテダレだが、いやらしさは、ない。ワンフォーオール、オールフォーワン、そんなバンド然とした共通理想にのっとって鳴らされているのだろうな、よいバンドと思う。





③平野カズBAND






平野カズ vo,ag
高石真樹雄 b
平本亘 g
ナベテツ key
エヴァヲ ds.

蒼いライオンが端正なリズムやハーモニー精度でくるなら、こっちはこれだ!とばかりのロック仕込みのスリルと迫力。平本のギターは最近飽きてきてるんだけど、それは単に「それ、弾きたいだけじゃん」ってところだが、、これは彼に限らず、人を飽きさせるものだ。が、それを補って余りあるグッジョブな時間帯もあった。80年代デッドみたいなアンサンブルのイントロで魅了してくれたね。あすこのアプローチは素晴らしかった。真樹夫は自身後述していたように、平素よりミスは多かったかもしれないが、しり上がりにバンドをアゲてゆく様は、流石のひとことだ。彼が弾いてるのは一見ベースギターだが、彼が昨夜弾いていたのは、バンドそのもの。そんなを痛感。ベーシストがそうした要素を発揮できるのは、まぎれもなくエヴァオの寄与するところ大だし、三声のコーラスハーモニーもよくノッて歌われていたね。好演だった。




本気の大人は、かっこいいね。


飲みすぎた。




やあやあやあやあやあ、みなさんお疲れ様でした。


やあ、再会を♪











※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。   

PUMP ME UP





居酒屋、PUMP。

エアロのアルバム名からとったであろう高円寺のその店は、何度となく前をとおり、知ってはいたが、入るのは初めて。


小笠原~西葛西~、、、と流れ流れたアサリはいま山梨に碇を下ろしたのは聞いていた。ちょっと寂しいかな、とも思ったけど、どうせちょくちょくくるだろさ、っても思っていた。そして今夜、ちょうどそのパンプの周年イベント的にジャギー山岡がオーガナイズしたライブ、それを目撃せんと、いってきた。


もう飲めない、ってわけじゃないが、この後炊飯器をとりにゆく用があって、そしてそれは「友達の友達」で、つまり初対面の方であり、これは少し醒ましていどみたい、ってのがあり、しらふで観戦スタート。


① 薇徽


覚ましたほうがいい、そんな顔してるしょ?。カバーを中心とした演奏。スラーダースとかやってた。ベースがけっこう引っ張る感じの演奏は、ドラムなしでも十分にロックンロールの醍醐味を伝えてくれる。




② ジャギー山岡


メッセが来て「炊飯器は後日」ってなったので、酒に切り替える。おし。ジャギーだ。ゆっちゃあ相変わらずだが、早い出番なのであまり酔っておらず、精度の少し高いパフォーマンス。大好きな彼のナンバー「か・わ・れ」(タイトルは違うかも)から始まるセットもいい感じ。し、ぐっと来たな。



③ アサリ



小笠原の唱歌なんかもまじえたセット。落ち着いた感、まったくなく、あいもかわらず旅の途中の軽やかさが心地よい。ラストに「some」を演奏。「たこさん、ギター!」と振られたが、その前の段で大介が私と山岡をさして「前の二人、弾きたがってるよ!」とか抜かしていたので、バメン、カチンときてたので、出しゃばるのをやめた。まがりなりにもわたしの側から「弾いてやってる」なんてゆったことは、無い。失礼なやっちゃ。まあよい、で、そんなこまけーこと気にしない漢、ジャギーがばっちりいいギターを添えていたので、大介、グッジョブ。





④ 高木栄一郎


かれは顔見知りてきに知ってはいたが、話すのも、演奏を目撃するのも初めて。これが、、よかった。洋楽と日本のロケンローと、均しく愛する感じが全編つたわってくる好演。声、歌詞、素晴らしかった。





まあ、前半抑えた分、のんでもうたな。

しまいにはわたしも雑談的なセッションに加わって過ごしたアフター、楽しかった。けど、なんだかバツが悪くて、そっと帰ったとさ。



やあやあやあやあ、みなさん、お疲れ様でした。


やあ、再会を♪



























※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。   

突風餃子



ブルースを探しに南部を旅する的な映画、あったよな。あんな気分で国立駅から北へと歩いた。

幻の、なんていうと失礼だが敢えていうと、やはり幻のフォークミュージシャン、突風に餃子をゴチになりに、歩く。腹は減っていたほうがよい。

先日、仕事で宇都宮に行った際に、まあ例の調子で「ちょっと餃子くいにきた」っつって宇都宮なう、をフェイスに投稿した。

コメント欄に、突風が「宇都宮の職人さんほどじゃないけどオラの餃子もけっこう自身あるよ」「今度たべにおいで」なんて、コメントくれてた。で、わたしとて「今度ね」とか返すことも多いけど、案外、候補日程を提示するようにはしていて、24日とかどう?と返したらば、ぜひ、というので、今日。なわけ。

そのやり取りの時点で、今日は一人暮らし一週間目とかだろうことは、もちろん測っていて、中野駅からになるので土日でも楽チン移動だな、とか。まあ、どこにいくにもちょっとだけ楽、そんなを確かめるような小旅行。大好きなミュージシャンと個人的に会えるのは、緊張するけど、、嬉しいね。


最寄の酒屋の角から電話。

酒、買って行こうか?

いや、買ってあるから!
迎えに行くし!

松葉杖を携え、チャリにのって彼は現れた。屋根の真ん中あたりが著しく陥没した国立最後の銭湯を通る。地震がくるたび恐ろしくなる、と突風。でもラッキーなんだよ、ここが最後まで持ちこたえてくれて、とも彼。鉄筋のマンションにして風呂なし、そんな暮らしなのをそのあとすぐ知り、納得するわけだが。

おとこおいどんを地でゆくかの、雑然な要素も理にかなったふうな、いかにも彼の人となりと整合した空間。何個あるんだよ?っていう「せのびー」。こないだ島忠でナカイに引っ越し祝いに買ってもらった、ぺったんこに畳める脚立。腰掛としても用いているようだね、一緒だ!なんてな嬉しさも、あった。



やあ、おじゃまします。



ちょいと音楽ばなしもしつつ、早速餃子にとりかかる彼。

いささか想像の上を行く。


「皮からつくるのかよ!」

「餃子は皮だからね。」


いちいち、かれのあの突き抜けた完成度の音楽と整合しているのである。


キッチンのスピーカーからもビリーホリデー全開。突風が皮の材をこね、ちぎり、のばすそれぞれの音とあいまっている感じがまた、音楽的。


突風ちゃんの家で餃子食わして貰う昼下がり。「餃子は皮だからさぁ」とのこと。

たこボーさん(@foolsatvillage)がシェアした投稿 -






焼きと茹でと、ふたとおりを作ってくれた。

おれはいいから、って、ほとんどをわたしに食わしてくれた。


ふた通りの餃子、いずれも超超超超々々々々美味だった。考えられんくらい、うまかったさ。






この、食に関しても、ギター同様に、わかってるくせにめっちゃ謙遜するんだな、ってところも、彼の徹底した美学とリンクしてるんだろうな、なんて思った。



ビールが、、美味い。

ほろ酔いになって、昼寝までさせてもらった。

たくさんの、かれの音楽の旅を通じて知った、珠玉の知られざる音楽たちを矢継ぎ早に聴かせてくれ、目が回りそうだった。



彼の曲のレクチャーもしてもらったが、いささか酔いすぎていた。あらためてまた、遊びに来たいものだ。




このあと、高円寺にて予定があるので、夕方でおいとましたが、なんか突風のほうが名残惜しそうに見えたが、気のせいだろう。




やあやあやあやあやあ、突風ちゃん、ごちそうさまでした。

すっげー楽しかったです。




やあ、再会を♪









※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。   

本日の本

マルティン・ベックシリーズ



スエーデンの作家夫婦が10年(年1冊)で書いた推理小説。内容も面白いんだけど、最初の「ロゼアンナ」のころにはどっちかっていうろいわゆる「右」から目線だったものが、最後は「左」から目線に変わっている気がするのね、その辺とか面白いと思う。

ペール・ヴァールーは、最後の「テロリスト」の頃には病床におり、は妻、マイ・シューヴァルがほぼ一人で書いたとか。で、その後、亡くなるったとか。



ペール・ヴァールーとマイ・シューヴァル
「マルティン・ベックシリーズ」



最後の「テロリスト」は、ペール・ヴァールーが病気してて、妻、マイ・シューヴァルがほぼ一人で書いたとか。で、その後、亡くなるったとか。1975年6月22日に。


どこかのパーティ

五時ダッシュ、と若い社員がゆってるそれ、つまり17時の鐘と同時に「おつかれさまでした~!」と帰るやつ、、で曙橋。今日の現場は四谷三丁目だが、利用するは曙橋。

いや、シャグが切れてさ。シャブじゃないって、シャグ!巻きタバコ。



シャグ販売店紹介コーナー



店名:ファミリーマート 新宿住吉町店
住所:東京都新宿区住吉町4−7



ここは品数はそう多くはないが、わたしの愛吸しているチェ、ペペあたりは置いてある。

四谷三丁目あたりにはいまのところシャグを買えるところを知らず、曙橋から歩くことに。ちょっとあの登り坂は暑さがうらめしい、そんな陽気だが、雨よりはいいだろう。

今日はSNSには告知投稿してない半プライベートなライブ(らりはさんの退職祝いライブ)であり、そしてその会場が四谷三丁目のソケースロック。以前、神山のバンドでギター弾いたその際の会場、四谷ブルーヒートと同じビルにある。半分以上プライベートパーティであり、ほぼ知らない人たちに演奏を聴いてもらうテイ。「どこかのパーティ」という らりはによるヴェルベットアンダーグラウンドのカバーソングがあるが、そんな感じ。a way is away。

ブログにだけ告知は、した。ありがたくもその わたしのブログを読んでか、先ほど某コミヤという友人が「今日行ってもいいか?」とメッセくれた。聞いているとおり「一般客も呼んでいいとのこと」と彼に伝えた。彼、コミヤは続けて「おれその店、出禁なんですが、行ってみます」とメッセを結ぶ。

「出禁のものが来たいとゆってて・・」。まあいちおう店の大将に口添えはした。が、この場合最終的に店が決めてくれてかまわない、とも伝える。というか、そういうものだろう。

先に来ていたらりはさんと合流し、一服つけ、一杯やり、見るともなくみたfacebookで、コミヤの投稿が目に入る。




こっちはまだこれからサウンドチェック。もうはや四谷三丁目にいるらしい。それを店のスタッフに伝える。「出禁の彼、もう近くですね」なんて。

スタッフがエアガンをスタンバイし始めた。



店の大将が言うには、過去にそうとう奇行を浴び喰らっているようだが、その逸話が面白かった。失礼ながら。「ひところね、やつは勝手にうちの屋上にテント張って生活しだして、でね、飲みに来るわけでもなく屋上で缶ビールかなんか飲んでやがって、でもトイレだけはちゃっかりうちのを使いやがって」とか、もう意味がわからない。そして、あくまで一方からの話を聞かされただけでは、一緒になって「けしからん!」なんてなれるはずもなく、ただただおかしい。

やば~いやば~いやば~いコミヤが来る。

厨房では冷たく鋭い目をした殺人狂のようなワンレンの細身の男が黙々と刺身包丁を研いでいる。

ヘラクレスみたいな大男がフロアで腕立て伏せをしている。

別の屈強な男が指をポキポキ鳴らす音で鳴動してスネアドラムのスナッピーがジリッジリッと鳴っている。

開場はるか前にフェイスブック投稿によるとここいらに既に来ているはずのコミヤだが、開場して客席もほどよく埋まってゆくも、依然現れない。これはさては変装してすでに紛れ込んでいるのではないか?とのことで客たちの頬を一人ひとり引っ張ってゆく。この時点で、祝いの宴は台無しである。



果たしてどうなる今宵か。

だいたいにおいて、わたしのゆくところゆくところ、なんだってこう妙な展開が待っているのか。いまや帰る家にさえ誰も待ってないというのに!


やがて、開演まぎわにコミヤは現れる。


店の大将との緊迫した瞬間もあるにはあったが、「上げたこぶしを下ろせなくなってるだけ」かもしれないね、仲直りが為ったよう。










① らりは


アコギにての演奏。珍しく序盤はすこし固さを感じた。まあいかな、らりはといえど、職場の連中を前に演奏する、これ、なかなかに微妙なのかもしれない。しり上がりにいい感じにアゲてゆき、最終的には次に出るわたしがやりにくい状況まで盛り上げていた。彼流のワークソング『ロビンソンさん』も演奏した。



② たこボー

いいのをやれた。らりは、田島、、ときたらもうセンスの世界の住人だからね、わたしなどのようなストレートしか放れない者としちゃ、こうしてならべられると恐縮しちゃいがちだが、今回、知ってて首を突っ込んだのは、やれそうな気がしてて。今、けっこう失うもの無い感じで、他者との妙な比較をとっぱらうのにはうってつけなシーズンなんで、やらせてもらってよかったな。



③ 田島章年



しっとりと、轟音。エフェクトを駆使したギターサウンドと、前衛すぎない曲調曲想はとても気持ちよくお酒もすすんだ。声も独特で、またイケメンというかハンサムなその風貌も音楽とすごく整合して映えていた。この電気を巧みにあやつる吟遊詩人は、らりはさんともよく演奏してるドラマー、島くんとポエティックランドスケープというバンドもやっているそう。



パーティだから、わたしなんかも食い放題かと勘違いしていたが、そんなはずもなく、財布が非常に厳しかったので打ち上げずに退散。



やあやあやあ、らりはさん、お勤めご苦労様でした。

やあ、みなさん、再会を♪



















※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。   

四谷でソロやります

今日のはコチラでのみ告知します。

四谷でらりはさんの退職祝ライブにて、演奏します。





6月19日(月)
四谷 ソケースロック
東京都新宿区舟町7舟町ビル2F
03-5368-1317

『退職:らりはさんおつかれさま』ナイト

☆ たこボー
☆ らりは
☆ 田島年章

19:00 open
19:30 start
0円+1d


 
★map_四谷ソケースロック


livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ