2017年07月

高円寺 稲生座 20170731(観戦記)




帰って明日の弁当のおかずを作り、久しぶりに晴れた今日なので洗濯もやって、と、なのでトップの演者には間に合わずも、稲生座へ。





おめあては、E-unit。









日程を調整する用もあった。今夜なら確実にエミちゃんいてるな、って。シバイナオミの歌も久しぶりに聴けた。テキーラでちょっと千鳥グルーヴな感じもよかったな。後半、サキソフォン時にはけっこうキてて面白かった。アンコールは「おれ弾かないね」と座してハンドクラップのベーシスト種石。も、曲後半でさっと立ち上がり、バメンが戻るタイミングでベースを弾く。その「弾かない時間帯」を活かす絵画的なセンスが、よいステージをきっちりと結んだテイとなったように感じた。よいものを見れた。



今日はエミちゃんがライブなのでモリタサオリがフロアヘルプやってた。そのヘルプ予定に関して彼女、ちゃんとツイートしてたね、「稲生座で手伝ってます、よかったら」てきな。わたしはそーゆーのとても大事と思う。明日はご自身のライブなのに、お疲れさま♪(阿佐ヶ谷イエロービジョンだそうです)




エミちゃんと11月の日程をば調整もやれた。
11/15で確定しました。何が?

サトチエ
ハンタコ
ツーマン




11月15日(水)
高円寺 稲生座

東京都杉並区高円寺北2-38-16 サニーマンション2F
03-3336-4480


☆ hanTako
  • たこボー(vo,g)
  • ハナコ(jembe)
☆ サトチエ

20:00 start
1570円+1d

地図



よろしくです。おおいに。






やあやあやあ、みなさんお疲れさまでした。


やあ、再会を








※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。   

高円寺 稲生座 20170729(後記)


やあ、昨夜はずいぶん満たされた気分だった。余韻そのままに、ゆけ、わたし。ってことで稲生座。急遽入れた日程なので、来るのはきまってコアな連中くらいだろう、なんてな予想も背を押したものか、新ネタ2曲をやるってんで、これはこれで意気込みありの特別なライブ、そんなだったよ。




① たこボー


pix:hira death

1.もとどーり
2.free again(alex chilton cover)
3.if it makes you happy(sheril clow、小野塚ノブオ cover
4.情けない週末(佐野元春 cover)
5.ポカホンタス(Niel Young、小山耕太郎 cover)
6.金魚
7.おしえておくれよ
8.no more the moon shines on Lorena(carter family,alex chilton cover)
9.裏切りのブルース
10.グッドバイからはじめよう(佐野元春 cover)
ec.redemption song(Bob Marley cover)

CAT'S EYE GUITAR


アコギでやった。今日はピラコにもらったキャッツアイのギター。サウンドが気に入っている。じつはリハの段では、ピック使わないでやってみよう、ってやってたんだけど、まだまだですな。サウンドチェック時には、やっぱピックで弾かなきゃ「ヌケ」ないな、ってなって、しかしながら持参のピックウォレットには いつものナイロンのオレンジのピックをなぜか今日に限って一枚も入っておらず、久しぶりに赤い涙(ナイロンの赤のティアドロップ型のもの)で演奏。いい感じでやれたと思うけど、その点に関してはまたリベンジを、これはリハを積んで満を持して、やりたいと思っている。「もとどーり」は、ジミヘンドリクスの「my friend」のカバーをやる際に充てていたわたしの歌詞を、別進行・別メロディとして焼なおしたもの。「free again」は、歌詞が定まったのと、ここ最近のわたしのテーマ曲みたいな想いもあって、それらから始まるステージをやりたかったんだ。









② 高山敏也&一福




以前、2012年の秋くらいかな、としまりと彼らが対バンの稲生で目撃して以来だね。ギターの人がとにかく凄かったのと、前もそうだったかな、タイムステッパーズ等でおなじみ塚本真一が鍵盤を弾いていて、いい感じだった。バラエティに富んだ楽曲群は、なんとなく奥田民夫を思わせるものもあり、ちょうど富士ロックの頃でもあるし、このスケールの大きな音楽がカラット響いた感あり、楽しませてもらった。





いやはや、あしもとの悪い中、駆けつけてくれたみんな、まじありがとー!


やあやあやあ、みなさん、お疲れ様でした。


やあ、再会を♪
















※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。   

稲生座、今夜

今日は急遽、稲生座でソロ
やることになりました。




7月29日(土)
高円寺 稲生座

東京都杉並区高円寺北2-38-16 サニーマンション2F
03-3336-4480


☆ たこボー
☆ 高山敏也&一福

20:00 start
1570円+1d

地図



よかったら♪
 

国分寺live cafe Giee 20170728


珍しいものを見送るような部の雰囲気を通り抜け、マエダさんと一緒に会社を出る。社呑みに一切顔を出さないわたしであり、はてな、ほどには珍しい動きってことか。知ったことではない。18時。



山手線、中央線と乗り継ぎ、国分寺へ。

「弊社には前田、二人おりまして・・」と電話ではかならずそうなる二人のマエダさんのうちの、わたしの後ろの席のマエダさん。つまり同じ部の同じグループの方。彼はけっこう上の人にパワハラまがいな扱いを受けてたりするが、いつもにこにこ謝ってたりする、表面上はスローなパーソナリティでその実、多くの知識と鋭い観察眼やセンスをもった人材であることにわたしは疑いをもたない、そんな同僚。同僚っつってもわたしゃ契約社員であり、マエダさんは社員様なんで、上司っていうのかな、まあそれだ。スーパー残業や休日出勤の際、ほかに人がいない時にはYoutube等で音楽を流しながら作業したりしてる中で、彼がギターを弾くことや、アコースティックギターの音楽を愛していることや、ふるい日本のフォークなんかに比較的精通していることや、広島時代にはジャズフェスに携わっていたこともある、等々、のことをわたしは知っている。


ある時、前述のような休日出勤の際に「突風ってしってる?」って聞いて見た。知らず、とのことで、誘ってみたんだ。先週と今日と、二週続けて彼、突風のライブが入っており、出演者数の少ない本日の方がたっぷり聴けるかしら?ってことで、今日、28日、一緒に突風を聴きに行く、、って約束でいて、仕事量との兼ね合い等クリアでき、叶ったんだ。


予定通り、40分ほど早く国分寺に着く。ギーのすぐ手前の居酒屋「伊勢路」で前呑み。わたしの49歳に驚かれたり、ああ、まあ考えてみたら知ってるようでいて、そんなもんで、こうしてサシ呑みできる機会は初めてか、なんつっておしゃべりを楽しんでいたらもう開演時間。





会場に入ると、突風はちょうど1曲目を演奏しているところだった。オンタイムかよ、ツーマンなのに。いけずだな、三輪さん。


客席は比較的すいており、カウンターの角っこのところに二人、座ることができた。今日の突風は狐のお面?を頭に、斜に被っての演奏。首には白いタオル。ギターの音は小さめだったが、小さければ小さいで、結局聴かされる、、そんな妙を見た気がするよいパフォーマンスだったかと思う。つれのマエダさんも聴き入って、ときおり「いやぁ、いいですね~」と耳打ちもくれたり。般若心経を歌詞にしたものとか、なにかとバラエティに富んだよい内容のステージだったが、好演というのはすべからくこうなる、、、「短いでしょ!」って。ってことでアンコールをかけたっけ寅さんの「男はつらいよ」を演奏してくれた。

マエダさんがすごく喜んでくれていて、「全曲すばらしい」「全曲おもいだせる」「こんなすごい演奏が座って聴けるなんて」「彼が無名だなんて信じられない」等々、寡黙な人がたくさんの賛辞を話すを聞いていて、こっちが嬉しくなってしまった。なんといっても、普段は見せない「楽しそうな笑顔」だったこと、こっちこそ幸せな気分になった。

音楽ずきにとって「ライブ」でノックアウトされるのが何よりじゃないか?

おそらくはわたしも、いい笑顔だったんじゃないかな。





突風はあろうことか先発演奏で、トリが真っ黒けボックスというデュオだった。

突風をみたらまた居酒屋にでも河岸を変えて、語らおうか、なんても思っていたが、モリタサオリおすすめのグループだしな。「次の演目も見てっていい?」「うん、そうしようよ」となり、真っ黒けボックスも初目撃。



それは男女デュオで、女性もボーカルをとったり、楽器をもちかえたりして、なごやかな音楽世界を楽しむことができた。ウディガスリーなんかを演奏していた。


間に合わずも駆けつけてくれた(こんな感じで同僚と突風をみにいくからよかったら、ってメールしといたので)ピラコともすこし話せたし、たぶんわれわれのいい笑顔をみて彼にも連鎖したはず、楽しかったし前述の通りマエダさんもご満悦だった点、ハッピーが拡がるを感じた。ひととおり見終え、突風に挨拶もし、国分寺を後にした。駅まではマエダさんといっしょだが、なんと彼は松戸なので、西国分寺経由でのんびり帰るとのことで、やあやあまた、と。

また、ライブ情報ください、って。

こーゆーの、嬉しいよね。






なによりな週末だった。




やあやあやあ、みなさんお疲れ様でした。


やあ、再会を♪

















※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。   

高円寺 稲生座 20170727




密林よりの使者が3つたてつづけにやってきて。これ、あれな。いまどきの安家具、けっこう込み入った組立作業も必要なんだね、ってことで、電動工具も使いたいところ。夕のうちに済ませときたいね。なんつって、始めてしまった靴箱の組立作業が思ったより時間かかってしまい、遅刻気味に稲生座。





① カナリア時限爆弾



「トリオのカナリア、いま、すげーいーよ!」と好評をあちこちで聞く、カナリア時限爆弾。久しぶりの目撃。ピラコとオーホリ、ばっちり。ノブオはギターを、小さめの音量でも轟くように鳴らす。『夜明け前の街』は今夜はちと泣けた。勇気の涙、てきな。カナリア時限爆弾、たしかにいま、キてるな。








② ナガイシンバンド



あれ(カナリア)のあと、どーすんだって出順だけど、ぼちぼちわたしら世代も開き直って自分を出す段にきてるかもね(ナガイシン、同い歳)。居直り座ってぐらいだからな。いや、よかった。まず、歌唱だね。ナガイのボーカルが素晴らしかった。丹精にアンサンブルを織る演奏は、爆発性のカナリアと好対照、内燃性とでもいおうか、そんなが痛快だった。積んでるな、って思ったし、よーしおれも!って思った。これは有難い。



「いかないいなおい?」って誘ったけど先約あってと返ってきてたモリタサオリも遊びに来たので、なんか深くまで呑っちまったね。



やあやあやあやあ、みなさんお疲れ様でした。


やあ、再会を♪





※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。   

阿佐ヶ谷 NightTrain 20170722




久しぶりだ。北口だと実におととしの11月以来かと。南口も入れたってって今年は初だね。




阿佐ヶ谷、ナイトトレイン。初めてのハコ。コバコ。今夜は、西日本マンダム=カメに呼ばれての彼らとのツーマン。そして西日本マンダム、数ヶ月のお休みを経て、な復活ライブ。わたしらも阿佐ヶ谷は上記の通り久しぶりなので、そこそこ人が来てくれるんじゃないかなあと薄々おもっていたのですが、ほんとのほんとに満員御礼、感謝です。


うちら、出番は後。上等♪


① 西日本マンダム

※写メ募集中

1.常磐道
2.親愛なる君へ
3.トンネル
4.下井草ぶらぶら
5.LOVE HUNTER
6.117
7.空模様
8.東へ行こう
ec.SMOKY BLUES

ブランクの効、妙、、か。すっごい引いた弓、かのごとくよい飛びを見せ付けられた。コバコバージョン?石井啓介がアコーディオンというふだんと違う点、その新鮮さも楽しく、また、大勢の来客、そしてあまり利かないエアコン、、なんかと相乗効果?で、大いに盛り上がっていたね。実際、これはもう出演者は外からチラ見にならざるを得ない状況だった。それはすごくいいことだけどね。






② hanTako

170722_moritasaori01
pix:saori morita

1.モンマーのたたり
2.せんろのうた
3.don't cry,no tears
4.La Vita E Vella
5.電信柱
6.裏切りのブルース
7.あんたがいてる
8.redemption song
9.陽のあたるどこか
10.a day in the life
ec.let it be


ナイトトレインって店だし『せんろのうた』はやりたかった。カノンついでに『モンマーのたたり』を一曲目に。やりたい放題なセットで、そのとおり、やりたい放題、やらせてもらいました。わたしら史上、もっとも暑い熱いステージとなったかも。酸欠をきらって、けっこうセーブしてたつもりだけど、汗だく。バランスはどうだったろう。毎度だけど、今夜の時点でのわたしらのベストをやれたと思う。去年から、ほぼほぼこの微妙に前向きな感触?が続いている。ライブ月1~2本、たまにスタジオ、、こうしてる今のペースが二人の現況生活面とうまくリンクしてるんだろうね。スランプも来るだろうけど、先回りで新しいアンサンブルに関しても、始めているから、次が、、未来が楽しみでならないよ!


Gibson SG Jr. 2004
RC booster
HUMSTER booster
Fender 15 amp


MEINL 12” djembe(called 2号)





やあやあやあやあ、多数ご来場、感謝です。


カメ、西日本マンダム、ナイトトレイン、そしてハナコ。ありがとう。



やあ、再会を





関連記事:俺たちゃすっからかん!西日本マンダム




※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。   

今日は阿佐ヶ谷でハンタコ

19441838_831352840345884_732548690211472493_o



カメとタコで、やりまっせ。




阿佐ケ谷北口でハンタコやるの、いつ以来だろう。

久しぶりに阿佐ヶ谷北で、やります。




7月22日(土)
阿佐ケ谷 Night Train

東京都杉並区阿佐谷北2-2-8 2F
090-2905-0470


☆ hanTako
  • たこボー(vo,g)
  • ハナコ(jembe)
☆ 西日本マンダム
  • カメ(vo,g)
  • 石井啓介(pf)
  • 中村コージ(harp)

20:00 open
21:00 start
0円+1d(投げ銭)

地図




 千客万来!


荻窪 Doctor's BAR 20170720(後記)

at 荻窪 Doctor's BAR
2017.7.20


いったん帰宅し、弁当の仕込みと洗濯をやってからの出動。以前の「トップから目撃」な こだわりは今は置いといてるので、こうしてる。が、なんとかトップに間に合って会場入り。

今日は平野カズのライブでギター参加。

荻窪、ドクターズBAR。







そりゃ若いからね、当たり前かもしれないけど、それにしても進化著しい後藤の演奏だった。トップに据えるのがもったいない、ありがたい好演だったと思う。以前はもっとギター演奏に寄った内容だったが、歌唱に主眼をおいた今夜のそれは、実に奥行きの感じられる滋味深いものがあった。彼はちょうど始めての出版物、CD『FIRST』、リリースとのことで、そこは当然購入した。





② よっぴ


よっぴって、あのよっぴさんかな、と思ってたら、やっぱそうで、新井薬師で二度、練馬で一度、会ってるギタリスト。ギタリストとしての認識だったが、シンガーソングライターなんだということを今夜知った。ナイロン弦のギターで巧みなアルペジオを駆使した演奏は色彩豊かなもので、それを下地とした素朴なソングラインが浮き立つ。前に目撃したときは、パーティでアリスをカバーするデュオだったが、そしてそれもなかなかに素晴らしいものがあったが、オリジナルをこうして演奏してる彼の方がさらに数段、よいな、って思った。よっぴも 『君がいたから』リリース、こちらはデータ配信のよう。よかったら。





③ 戸田康司


エレキでの弾き語り。あるいは、がなり。ギターテクニシャンでもある、と平野に知識をもらう。なるほどに、ブティック系というよりまんまワンオフの自作っぽいペダル類に、なにしろ携えてるギターがまるで見たことないシェイプのものだった。趣味の域ではない上質な「悪い」サウンドが気持ちよく、また、よく張った声もヌケよく届くので、いいかんじに脂ましましなこってり感がいい感じだった。一見、ポジションマークがないかのように見えるそのギターはあとで触らせてもらったが、果てしなく太竿だった。やはり、ネックの太いギターのサウンドは、好きだな。






④ 平野カズ feat,たこボー


pix:u-tan

pix:u-tan

<平野ソロ>
1.長いのぼり坂(カヴァー)
2.カメレオン
3.Ride On

<feat.たこボー>
4.十字路
5.光の河
6.流れゆく者たちへ
ec.情けない週末(カヴァー)

ソロで3曲、わたしが加わって3曲+アンコール1曲。個人的には出来はよくなかったけど、やるだけやったので清々しく酒は飲めた。かな(笑)。久しぶりに見る前半の彼のソロは、またさらにバージョンアップされており、とくにはトークからソングへソングからトークへ、そんな繋がりも意識の片隅でコントロールしている、そんな要素と演奏そのものとがうまくリンクして「ステージング」の妙みたいなのを一段上げてきてることが良くわかった。彼もまた、わたしに先んじて?環境が大きく変わってのち、の「やるっきゃない」感が、グッとこさせるテイストに変換されているのかもな、なんてつくづく。

P-Project strat-type
RC booster
HUMSTAR booster
BOSS DD-5
FENDER AMP.



なんだかんだのんだのんだ。

やあやあやあやあやあ、みなさん、お疲れ様でした。

やあ、再会を♪



















※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。   

モリタサオリ


ジンジャーエールを作ってみている。

昨夜、生姜に黒糖まぶして一夜置いたものから、今朝早起きしてまた続きを始めた。

夜をまたぐレシピは、この先もタイミングによっては重宝しそうだと感じている。まあ、作業ヤードとしてはうちのキッチン、まだまだ導入しなきゃならん食器棚とかスパイスラックとか、、ちょい置きにワゴンも欲しいな、、と あり、今はまだ2口コンロをフル稼働で捌きまくる、とはゆかないが。






体質なのか、ジンジャーエールは好きなのだが、飲むと十中八九、しゃっくりが出る。長いやつ、が。



先日、ライブの時にリハ~本番までの間を呑みではなく茶で過ごした。モリタ女史と、ペンギン最寄のドッグベリーにて。あすこはいいよね。いちいち気が利いてる。その際に、ノリを合わすか、ってことで女史と同じ「自家製ジンジャーエール」をたのみ、飲んだのね。これがことのほか美味しく、そしてしゃっくりは、来なかった。

そうして夏がやってきた。


気がしたんで、で、早速。トライ。







一人暮らしをはじめて一月が過ぎた。

部屋を借りるにあたって筆頭の条件に据えたのが「コンロ2口」。次にバストイレ、エアコン、鉄筋コンクリート造。なにしろ、これは自炊を習慣づけてのち、手際の進化にともなわせて音楽の時間を増やす、なんてな目算目論見で、やっている。いまは。


で、モリタサオリ。まあ近所であり、幸い(といったら失礼かもしれないが)プーしてる期のようでもあり、なにかにつけて遊びに来てくれ、水切りネットとか激落ちスポンジとか、暮らしの便利グッズとかを差し入れしてくれたり、残業とかで作れないときには寄ってきな、食ってきな、と、助けられてもいる。まあ、わたしもせめてまじめにギター弾いてる、、から、、助けにもなってるといいのだが。


自炊や暮らしに関していろいろとインスピレーションをもらっているモリタどのにこの場を借りて御礼申し上げます。おかげで?健康にも少し気をつけるようにしてる。


モリタサオリのライブでもう一本、ライブ入ってます。稲生座だし、楽しいよきっと。ぜひ♪




8月31日(木)
高円寺 稲生座

東京都杉並区高円寺北2-38-16 サニーマンション2F
03-3336-4480


☆ モリタサオリfeat.たこボー
☆ 須川光


20:00 start
1570円+1d

地図











※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。   

荻窪で、平野カズと

今日は荻窪でギター弾いてます。






7月20日(木)
荻窪 Doctor's BAR
東京都杉並区上荻1-16-10 ローレルビル4F
03-5335-7057

☆ 平野カズ feat,たこボー 21:30~
☆ 後藤真一郎 
☆ よっぴ
☆ 戸田康司 

19:00 open
19:30 start
1500円+1d
※startまでに会場に入り1000円/3dチケをGETしよう!

地図





よかったら。

 
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ