2018年06月

柏2018、第一弾、だん

Kが多い。

自然と受け入れてもらってたびたびライブさしてもらえてる街の頭文字。よくいく街の。

京都、釜石、柏・・、みな、Kだ。

いや、おれは吉祥寺だとサッパリだし、そもそも地名ってKで始まるの、多いもんな。

気のせいだ。

木の精ですか?

いいえ、水の精です。こんにちは。







やあ、柏 Bar bamboo、多数ご来場、ありがとうございました。目撃多謝。






行きもTXでいった。つくえく。つくばエクスプレス。ふだん、高瀬がこっちに演奏にきた帰り道に相当するわけで、なんとなくその光景も想像したりしながら。中央線で飲んだくれた帰り道としては、この必ず座れる感は、ありがたいだろうな、などと。


座れたものだから寝過ごしそうになったが、流山おおたかの森駅でなんとか起きられ、東武アーバンパークライン(旧東武野田線)で柏へ。


先日、シュガーかつみがMCで小貝川の思い出を話してくれてた。そしてこうして流山おおたかの森から柏へと移動するわけだが、ちょうど今、鬼怒川と小貝川から彼らが注ぎ込んでいる利根川にわたってビッグデータを扱ってる日々なので、昨日まで描いていた図面の中をゆく、そんな気分も愉しい。もちろん、遠足気分だけでは、やれない。きょうは三人のグラスホッパー対、おれソロ。気合も必要だろう、なあんてさ。

グランドファンクレイルロードは3人だけど、4人のレッドゼッペリンと喧嘩して勝った、そんな逸話も聞いたことある。レスラーのお父さんじゃないが、さいごはだいたい気合だ。おれはね。


なんてシリアスまじりにも、しかしながらお楽しみに違いなく、まあ、こうやって演奏しに呼んでもらえるありがたさも想いつつ。もはや通いなれた道。南改札を出て、市役所と丸井との並んだ入口は左側、丸井を通るルートで、その通路はやがて開け、ペデストリアンデッキ調の歩道橋へ繋がり、エスカレータにて着地。今日の開場、バンブーはワンブロック歩くだけで着く。

それでも汗だくになる陽気、日差し、気温。

いなせだろ?

つれてきてやったぜ、夏。

なんつって、グラホがサウンドチェックをはじめているところに扉をくぐる。


再会は、いつだって嬉しい。






① たこボー


1.モンマーのたたり
2.もとどーり
3.金魚
4.おしえておくれよ
5.仔供の領分
6.夢をすてるなよ
7.ポカホンタス
8.lady-o
9.あのね
10.みんな夢でありました
11.だからどうしたって
12.out of time

ちょっと難しいセットにしてみた。たくさん前の方で聴いてくれてる人がいたおかげで、いいのがやれたと思う。反省もあるけど、それはマナビ要素なので、勝手に思っておきます。愉しんでやれた。ありがとう。





② grasshopper








グラスホッパーというよりデニスホッパーって感じの貫禄のトリオだが、これまたホームでの演奏は、凄い。ナチュラルに押してるテイだが、押される側として受けるその波動は、ガツンと来る。おもえば前回の柏戦は高瀬インフル罹患により、叶わなかった年末のビニルなのもあり、感慨深いツーマンとなった。忘れないな、きょうのグラホも。



やあやあ、アフターも愉しかった。バンブーでやって、ビニルに移動してメシでも食いつつしっぽり、、、と思ってたらみんなビニルに移動してきてくれて終始盛大な土曜の夜、そんな感じだったか。たくさん嬉しい声をかけてもらって、上機嫌でもありますが、しっかり反省修正して、10月にまたバージョンアップして参りたいと思います。



やあやあやあやあやあ、多数ご来場のみなさん、グラホの三人、柏バンブー、ありがとう、おつかれさま。

やあ、再会を!








※掲載写真、掲載動画等に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。  

本日ライブ:柏 Bar bamboo

0630


今日は柏でソロ。

今年はつの柏になるね。

ぜひ、おはこびを♪




6月30日(土)
柏 bar Bamboo

千葉県柏市中央町2-10 KSSビル4F
04-7128-9939


☆ たこボー
☆ grasshopper

19:00 open
20:00 start
500円(bar charge)+1d &投げ銭

地図


千客万来!!!!!

ベン、アリ、お得なツーマンを観戦

メシ食って、稲生座に。


有田武生のロードバンドと村上ベン、これはまた好カードなので、予定していたとおりの夜。


中井智也が阿佐ヶ谷でやってるのも気になったが、また来てくれることを祈りつつ。







好カードにしては座る場所を選べた。ラッキー。




① 村上べん


アナコンダの方かな、がピアノに座し、カホンも加えてのトリオ編成での村上。ポップでセクシーな歌詞の多い村上だが、これはペンギンハウスではシモネタ扱いになりひと悶着あったなど聞いたことあるが、おれ的には想像力を刺激するに留めた寸止めセクシーかと解釈するのかな。まあ、ひとそれぞれだね。ナイロン弦のギターとエレピっぽい鍵盤サウンドとのアンサンブルも愉しかった。よいトリオだね。



② 有田武生 ROAD BAND



有田武生 vo,eg
櫻井知久 b
松谷みよ子 pf,ob,vo
田端優子 cajon

1.ROAD
2.いつも
3.ワケ
4.愛の一撃
5.COME ON
6.銀の糸
7.宇宙ブランコ(松谷vo)
8.プルトニウムブルース
9.get back〜都会に溶けて
10.ミッドナイトスペシャル
EC.?(ブルースの曲)

バンド名もついて、内容もぐっと締まった濃ゆいものになっていて怯む。また、櫻井とのデュオのころにはアコギとエレキを持ち替えたりもしていたが、ここではエレキで通すそこもステージ通してのストーリーがより感じられてよかった。松谷は「いつも」ではオーボエでアルバム音源のフレーズを比較的ひろってのプレイで、敬意のあとに自我、みたいなその匙加減は流石の一言だったね。彼女が自身の曲でボーカルを取るといった趣向もいままでの有田のライブでは無かった新鮮な要素で、お得感あふれるステージだった。70を過ぎて、逆に若くなったような有田のギタープレイもたっぷり堪能できたよ。



アフターにはベンさんともたくさん話せたし、楽しい夜を過ごせたよ。


やあやあ、みなさんお疲れさまでした。

やあ、再会を♪































※掲載写真、掲載動画等に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。  

動画:realbirthday at showboat 180606

こないだドラムスで参加したリアルバースデーのライブの模様です。

おひまなときにでも。






hira_death さん、いつもありがとう♪

動画:宇宙トレモロトーンズ at 地球屋 180624

こないだの地球屋の模様です。

おひまなときにでも。



















hira_death さん、いつもありがとう♪




(通しての動画です)





しゅうちゃん、おかえり。そしておめでとう


国立、地球屋。超々満員御礼!

通しての観戦を断念されたかたも多数いたかと。実行委員にかわりここに謝罪いたします、申し訳ありませんでした。懲りずにまた、今後ともよろしくおねがいいたします。



早めの開催の5組イベントということで、入り時間も早く、これは長丁場だな、と今夜の動きの時間割と飲酒の予定を思い巡らせつつ、うちに泊まっているトレモローズのドラマー金崎信敏と一緒にジャンボモナカを食いながら向かった地球屋。いなせだね、夏をつれて来たんだね、そんなカナちゃんと歩くのだけでも感慨深いものがあった。彼とは、古い。


老舗パンクバンドから大御所ロックバンドまで、華やかな道を歩いてきた金崎だから、現場(地球屋)ではその「積もる話」をやりに来る方々の総数もハンパないことだろう。なんたって、熊本から久しぶりの来京だものね。


会場には同じ電車にて来たようだ、掛橋誠一と松田一善らも着いており、おそらく電車一本分ほど差をおいて、下山アキラ、下山アッコらや、岡村フミオ、吉田直弘、高橋KAZ、タクミモンスターら、揃う。ゆっくり力強く夜が回り始める。


総勢10名の複合バンド、宇宙トレモロトーンズ。ステージ途中に入れ替わりを設けての演奏になり、サウンドチェックも実行委員筆頭の下山夫妻らが時卓をキッチリ切ってくれており、開場開演もオンタイムでイケる運び。身びいきな発言になるが、これは、、この流れは美しかった。


対バン陣らも着々とそろい始め、またいずれもが本番でめっちゃ高いパフォーマンスを見せてくれる予感しかしない、濃密なマナビ多いサウンドチェックをやていたね。

あまりカナにつきまとってても(笑)みんなカナと話したいだろうし、ひとりで食事にって決めてた。こないだ地球屋で仲良くなったゼロゾーンのキムくんがやってるというカレーを食おう!って決めてたのだが、あいにくと休みだった。カレーモードというのは恐ろしい。もうカレーしか食いたくないので仕方なくガストでカレーを食いつつ精神集中タイム。歌詞の云々もあったので、ここ=ファミレスでのんびり過ごせたのはかえってよかったかも。

よっしゃ、長丁場、はじまるよぅ~。


① シッカローラーズ


初目撃。西日本マンダムの石井啓介と有野剛がいるバンドで、それだけでも見所満載なのだが、初めて観るドラムス、ボーカル、これもまた素晴らしく、中距離ヒッターな一番打者といったテイで場を最大限に盛り上げていた。






② ハーレム knight(北澤孝一&Ladies)


北澤孝一と美女軍団、といったバンド。この夜の為に結成されたテンポラリーなものなのか、が、そうとは思えない締まった演奏も、それもそのはず、佐々木遥やジャスミンら、おれもよく知った手練れ仲の手練れプレイヤーであり、また北澤の普段のノリとまた違ったものとなっており、バックの女性らが海で、北澤は船、そんな光景が想起されるよいステージだった。


③ 五次元オーバードライブ


増岡謙一郎(vo,g)
工藤和彦(b)
原めぐみ(kbd)
大嶽智孝(ds)

ペリカンオーバードライブ、そのスペシャルエディション的に、しゅうちゃんらとの合同イベントかな?「ギンガギンガ」でのキャラ設定上の名前を用いての登場。『エレキテル』等、しゅうちゃんのカバーを交えたセットで熱演。



④ オグラ&ジュンマキ堂


オグラとは何度か会ったり挨拶ていどにはかわしたことある顔見知りだが、彼の演奏を聴くのは初めて。手回しオルガン?ハルモニウム?をプレイする方だと聞いていたが、変わったギターにて、チンドンスタイルの打楽器奏者を両脇に従え、また五次元ODから連続でキーボードには原が立つ、といった四人編成で、かれらもまた『黄緑のバラード』のカバーを披露。しゅうちゃんが嬉しそう。それを観るに、おれも幸せだ。




⑤ 宇宙トレモロトーンズと仲間達

pix:layla

吉田直弘(ds)
松田一善(g)
下山アキラ(b)
掛橋誠一(kbd)
タクミモンスター(kbd)
たこボー(vo,ag)
高橋KAZ(g)
金崎信敏(ds)
下山アッコ(vo)
岡村フミオ(vo,ag)

宮本しゅう(vo)
チーボーさん(cho)

1.フルサト
2.ニュートラルミュージック
3.ベイビーサンシャイン
4.黄緑のバラード
5.しゅうちゃん(カンゾー)
6.エレキテル 
7.今
9.シャララ
EC.スイートジェーン

どあたまを任され、岡村フミオのアコギを借りて歌った。しゅうちゃん、立ち上がって観てくれてたね、嬉しいけど、いましばらくは冷静に大事に、ね。まあ責任重大な役どころをよりによって常任ではないおれに、ってのも有難いことだと言い聞かせ、譜面台無しでいけるところまでガッツリ取り組んで来たので、終えた爽快感しかない。いずれ録音等に触れた際にあらためて反省したいと思う。メンバーみんな、まあ勝手知ったる曲ではあるが、その中では今回後半3曲のメインボーカルを担当する下山アッコにとっては、勝手知ったるではなく、まっさらなところから一曲々々モノにしていっての取組みだったかと思う。仕切りをやりながら並行しての取組みだったかと察するし、あらためて彼女のこの会にむけての労をねぎらいたいと思う。まじおつかれさま!みんなも、お疲れさま。佳境では、しゅうちゃんも杖をつきつつステージに上がり、声を出していた。歌っていたね。今日だけだよ!じっくりゆっくり治そうぜ!


やあやあやあやあやあ、ご来場のみんな、国立地球屋、対バンのみんな、メンバーのみんな、サンキュー、お疲れさまでした!

やあ、再会を















※わが軍のカメラからの映像は近日、アップする鴨。鴨なの。カルガモかも。



※掲載写真、掲載動画等に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。  

本日ライブ:国立 地球屋 、しゅうちゃん祝!生還還暦

本日!


地球屋にて。



ぜひに。おはこびを♪





31944567_1051214135017953_6362607527737163776_n


6月24日(日)
国立 地球屋

東京都国立市東1-16-13 B1
042-572-5851


『宮本しゅう 還暦祝 チャリティコンサート』

☆ シッカローラーズ
☆ ハーレム knight(北澤孝一&Ladies)
☆ 五次元オーバードライブ
  • 増岡謙一郎(vo,g)
  • 工藤和彦(b)
  • 原めぐみ(kbd)
  • 大嶽智孝(kbd)
☆ オグラ&ジュンマキ堂
☆ 宇宙トレモロトーンズと仲間達
  • 吉田直弘(ds)
  • 松田一善(g)
  • 下山アキラ(b)
  • 掛橋誠一(kbd)
  • タクミモンスター(kbd)

ゲスト:たこボー、高橋KAZ、金崎信敏、下山アッコ、岡村フミオ、and more
※おれは冒頭で2、3曲歌い、のちにどこかでギターを弾く予定。

18:00 open
18:30 start
2000円+1d
(しゅうちゃんへのカンパもよかったら!)

地図



千客万来♪

ペンギンで好カードのスリーマン

新宿、荻窪あたりと悩んで結局高円寺へ。


① ながしまりいち左馬






ながしまりいち vo,g
オバタユウジ g
小野JUN b
白子弘昭 ds

久しぶりの目撃。ながしまとオバタのツインギターはあいかわらず最高だった。サウンド面にもやはりマナビありだった。オバタは自分の真ん前、高い位置にモニターを設置していて、そのことによって出音を最小限まで落とせているのかもね。「絶妙」という形容がもっともふさわしいのでは。手放しに「素晴らしい!」といえる数少ないギタリスト。






② よーそる(よーぴん&そるてぃ from y'Oceans)



よーぴん vo,g
そるてぃ perc.


平日はノリちゃんは遠征できないとのことで、たびたびこのデュオ編成で東京にも来ているそれは知っていたが、この編成での彼ら、初目撃。アコギでのよーぴんだが、これもまた素晴らしく、バンドでは表現しきれない「弱」の領域でも巧みな歌唱で魅了してくれた。酔拳の域に達しているそるてぃも太鼓に、他の打楽器に、コーラスに、、と大車輪の活躍で実によいステージだった。






③ カナリア時限爆弾




ノブオ vo,g
ピラコ b
オーホリ ds 


このトリオ編成に落ち着いた感のあるカナリア時限爆弾だが、今日はいつになくノブオのギターの音量が控えめで、その要素を活かしたテイでリズム隊のふたり、ピラコとオーホリがバンドを盛り立てる。そしてそのことによって、よりピラコのベーシストとしてのセンス、能力の高さを浮き彫りにしていたね。


三組ともアンコール、そんな素敵な夜で週末を祝うことができた。

やあやあやあやあ、みなさんお疲れさまでした。

やあ、再会を
































※掲載写真、掲載動画等に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。  

スタジオ

studio 180621


再始動したものの、いざ動き出すと、なかなかリハ等の日程も合わせられない。おもにおれとシゲオはけっこう谷間人生の中の谷間、なかなか人生はうまくゆかないな、なんてな最近でもあり、こうして集まれることに感謝、そんな想いも湧くリハーサル。

新曲がセットの半分くらいになるかな。既出曲もアレンジにメスを入れていってる。まあ、おれが「違うんだけど」って思ったくらいでは、それを通さない余裕が今はあるかな、「委ねる」をいまいちどちゃんと、やろうとしている。

功を奏してか、内容はもうすでに良いものになっているが、ダメ押しでもう2度ほどリハーサルして挑もうと思っている。

いい感じだから来て欲しいね。

来月11日、池袋 手刀。
是非、おはこびを♪



7月11日(水)
池袋 手刀(チョップ)
東京都豊島区池袋2-46-3 シーマ100-B1
03-5951-1127

☆ たこボーBAND
  • たこボー(vo,g)
  • AKI!!(b)
  • shigeo(ds)
☆ COOKAI
☆ 24thDecember
☆ THE HIGH GRIP
☆ Salome

18:00 open
18:30 start
19:15 出演
2000円+1d

地図


千客万来!!!!!


180711

180711chopnoflyer



無題

ラジオで聞いていた。

とうぜん内容はわかりづらい。

実況と解説のコンビで届けられるのは野球と一緒なんだね。が、実況は大変だ。野球のようにブレークがちょいちょいあるわけでもなく、45分ほぼほぼぶっ通しの仕事。で、老害ちっくな解説のオッサンはお構いなしに『そん時思ったこと』を挿してくる。ボールを軸に駆け引きが繰り広げられているその背後での、カバーにまわっている選手の絶妙な動きまでを伝えたい実況。しかし『想い』のところを延々と述べ始める解説さん。「この選手はですねぇ~」などと。もうおそらく次のバメンか、へたすりゃ次の次のバメンなんじゃね?

TVだったら観てっからわかんだろうけど、こちとらレイディオ。おそらくはもう次の「仕掛けを放つか?の微妙な監督の目線」であるとか「カウンターをうかがう下がってきてるフォワードの表情や動き」であるとか、色々伝えたい!!、、、報じたい!!、、な実況の職人としての責任感をことごとく踏みにじるかの解説のゴタク。

で、結局ほかのことやりながら、たまに大騒ぎになった時が「点の入った時」なのでそこだけ集中して聞く感じになる。あとはサッカーそのものより、どっちかっていうとその実況の人が90分かけてだんだんストレスをつのらせていってる上で平静を保ち仕事を続けている様に感心して終えたサッカー観戦。というか聴戦。

でしたとさ。

勝ったのね。おめでとう!
よかったね、解説のひと。









 
プロフィール

たこボー

Twitter プロフィール
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ