いろいろ誘われていたが、今日は荻窪で過ごす事にした。



前にホットロックスの連中が是非なんつって誘ってくれていた日程だが、マウンテンマウンテン、そしてCOOKAIというスリーマンで、軽めの異色さが嬉しいナイスブッキング。



トップはホットロックス









古いロックに造詣の深い彼らだが、自身らの表現としてはすごくオールドスクールなものに偏らせずに70、80年代の洋楽ロックの軽妙さもソングに纏わせた素敵な演奏だった。シュンスケのドラムがあって花開く要素が大きい。ほんと、彼のドラムが聞こえてきただけで脳みそ半分溶ける気がする。いいトリオだね。












明るくもなく暗くもなく、と自身言うように、クールな中に熱さが心地よい程度忍ばせてある彼らのバンド演奏は今夜もいい感じ。ガネさんの腰は直ったようだ。今度はなっちゃんが腰に違和感?とのことで、そこはお大事に。明日も稲生で目撃する予定。





トリ。COOKAI







鶏食うかい、みたいだな。前回目撃したのは1/10のワンマンだったが、その時はベースのトモが最後の日で、後任者の毒蝮禿鷹丸ことカトウのプレイも少しだけ見ることが出来たのを思い出す。トモじゃなければもはやこのカトウしかいないだろう、というくらい新生COOKAIも好い。だがそのカトウも4月でバンドを離れるようだ。惜しまれてならない、またしても。機会をつかまえて今のフォーメイションのCOOKAIも目撃しておくとよいかもしれない。そしてカトウさん、誕生日おめでとうございます。






やあやあ、みなさん、おつかれさまでした。

やあやあやあ、再会を♪




 ※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。