わたしの勤務地、五反田もすっかり春です。みなさん、いかがお過ごし?






 




今日は珍しく?四谷アウトブレイク。

パンデミックみたいな名前のこのハコは、2005年にやってた 東京フード ってバンドで3度ほど出ている。外道でも弾いたことのあるテツっていかれたベースと デトロイトディーゼルイケちゃんとのトリオだったが、イケちゃんの都合がつかない時に、当時店長やってた秋本氏がドラムでのライブも一度やっており、その秋本氏はいまはよそのハコを運営していて これまた当時MC等にてユニークな趣向のこのハコの独自性を創成期から行っていたサトーくんが今はけん引しているようで、挨拶もやれた。それに、それよかずーっと前にやってたバンドでもPAをお願いしたこともある長沢さんがミキサーをやっており、何かとここに来るとヒョンな再会が得られる。もっと遊びに来たいのはマウンテンマウンテンだが、ともあれ今宵、来られてよかった。


今日はアサリなんかの属する仲間うちのバースデーイベントなんで、わたしゃよそ者。案外、こんなも楽しいよね。通りの向こうに箱根そばを発見し、腹ごしらえしてからの入場。









二番目のアライ先輩から目撃。





古き良き ジャンプやマガジンから抜け出したかのようなデフォルメリーゼントに学ラン、サラシ。「押忍」の強要といい、実に筋の通った一貫したキャラクター設定と 確かな演奏により、盛り上がらざるを得ない客席。達人で躍動感あるリズムで引っ張る学ランが客を煽り、種々のパーカッションを駆使するサラシが合いの手を巧みに入れる。よいステージだったな。








次には三番手の狩野七夏



ソロの女性シンガー。だいたいアサリの友人らは楽器が上手いんだが、彼女も余裕でホホイノホイにて演奏するギターと歌唱が心地よく、冒頭などは前の学ランたちのステージを受け「押忍!押忍!」と掛け声する客席に「違うんだよなー」と笑顔でつぶやいている場面なんかは、たとえコードストロークだけのパーツにしろ、なかなかあぁはゆかぬよな、なんてな絶妙さ加減でセリフを載せていた。その感覚にての軽妙さでソングをひとつひとつやさしくほほえましく放ってゆく好演だったな。








トリ前、四番手がV.W.A







PC?同期をもちいたフューチャーなロック。アイデアや個々の修練された演奏は目を見張るものがあったが、チューニングが甘く集中して聞けなかったな。発想やステージギミックにも一定の重きを置いた方法論がクールで、ソングやプレイの斬新さに関して、いくつかマナビがあったな。次は全開でやるとのMCもあった。またどこかで機会があれば、目撃してみたいものだ。

5/11 MISSION'S , Koenji






トリ。asari









今日の編成での目撃は初めて。ギターのぼつくんアサリのツインギターの布陣。歯切れのよいリズム立ちの須藤のドラムにより音量が稼げる、そんなアンサンブル。ハットが聴こえてさえいればウワモノらは如何様にも絵をかけるし、このテは音量も武器にすべき音楽性と言えるな、なんてメモメモ。何をメモメモだって?や、や、この、アサリによるバンド asari は、ベースの大介アサリの二人が固定不動で、他のパートはライブ日程によりヘンゲ'nジザイとするどこかで聞いたような体制。何を隠そう、来月はわたしジャギー山岡のツインリードでの編成でのライブも控えておる。その予習ってなわけでもないが、音資料CDを受取りがてら顔を出したイベントなんだが、用事うんぬん抜きで楽しませてもらったよ。サンキュー。

4/17 SHOWBOAT , Koenji
4/25 HEAVEN'S DOOR , Sangenchaya





押忍押忍、みなさん、お疲れさまでした。


押忍押忍、再会を♪




ぱわーどばいおれら(笑)。
asari meets ジャギー、わたし。
4/17ショウボート。
よろしくね。



※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。