毎年、この時期は月の半ばまで毎夜、ここ池袋 手刀では餅つきを伴わせたライブイベントが連なる。そのうちのひとつ、13日の金曜日ザモチツキ、イージーロックスで参戦してきた。




トップはSIAR。



シーサイドスーサイドのジュンスーサイド、ウォーターシーク等の小泉、ドラマーは初目撃の町田、からなるトリオ。ジュンとは久しぶりに会うし、目撃となるともっと久しぶり。その間かれはボサノバに新たな道を見出して積み重ねてきたものを、エレクトリックなこのロックコンボに持ち帰ってうまいこと昇華させていたのが見て取れた。小泉と双方がボーカルを取り、また出過ぎないドラムと魅力的なアンサンブルを形成していたな。ジュンの歌唱においても、やはり低く歌うところの味わいがかつてより格段増していたのも、ボサノバを通じての進化かもしれないね。





二番手にうちら、EASY ROCKS。


個人技的には上手くやれたとは思わないが、バンドとしていい感じでやれたと思う。楽しかった。これにてしばらくお休み、とのことだったが、モーリーが前言撤回するを狙ったみなの集中力だったかと思う。





三番手には、レーザービーム。






特に変わりなし。






四番手にミヤマGT.。





雪みたいなものを噴射しながら登場。新しいドラマーとの相性もバッチリで、さらなる進化を遂げていた。







トリにDEMONS。


ダーティーファイター怒りの鉄拳でクリントイーストウッドがオランウータンを真似てシャンデリアにぶら下がっておどけるシーンがあって、それみたいな感じで、カンノが吊るしのシンバルにぶら下がっていた以外、特に変わりなし。





まあ、古いつながりの友だちらにたっくさん会えた。こんなに、ってのは葬式以外ではあまり考えづらい年齢にお互いなってきてるけど、企画者に感謝だね。





やあやあ、お餅も少しもらった。美味かった。


やあやあやあやあ、みなさんお疲れ様でした。

やあ、明日、クリスなんでちょい先に退散いたしました。


やあまた、再会を♪











※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。