クリススペディングがシャークスとして来日ってことで、観に行ってきた。





まず、MAD3がぶちかます。


1.JACK
2.NAPALM
3.GUITAR HERO
4.CAT'S
5.
6.KATYUSHA
7.CAN ON
8.R&R KINGDOM

オープニングアクト?いや対バンだね、堂々の8曲。広報テキストには「対決」なんて文字もあったから、あとでコラボも見られるかと期待したが、そうではなかった。ここは中央線ではない。



次いで、クリススペディングが数曲。


ロバートゴードンのときみたいに。バンドは同じメンツで。ワイルドインザストリーツから始まりルイジアナブルースなんかもやりつつ

1.wiid in the streets
2.catch that train
3.louisiana blues
4.silver bullet
5.motorbikin'
6.guitar jumbolee

6曲演奏。やはりわたしはこのギタリストがこの世で最も好きだな。夢のような時間。ベース、ひらくんかと思った。







そして初目撃のシャークス。



ドラムレスで始まり、次曲からバンドに。ポールクックがドラマーとして同行するとの情報だったが、前回のフレザーバンドのクリスペイジがドラムス。それもかえってよかったんじゃないかな。そう、それ全く忘れさせるほどにスティーヴのパフォーマンスが面白くって、ギターも弾けば客席凸てまえまでも攻めてきてくれて、じつに愉しいステージだった。65とか72とかの彼らのくちから「new album」なんてことばが聞けるってのは、なんとも嬉しくなる。


Steve Parsons - vocals / guitars
Chris Spedding - guitars
Tosh Ogawa - bass / backing vocals
Chris Page - drums / backing vocals

  1. Ol' Jerry Roll
  2. World Park Junkies
  3. Selene Selene
  4. Lover Of High Renown
  5. Perfect Days
  6. Sophiscation
  7. Killer On The New Tube
  8. Snakes And Swallowtails
  9. Shadow Knows
10. All Along The Watch Tower
11. Ya Ya Pop
----- encore -----
12. Music Breakout

※セトリfrom

やあ、いいものを、、すてきな三組を見れた。ビニールジャパン、神だと思う。いつもありがとうございます。


青森の友は来れなかったようだ。茅ヶ崎の友とは会えなかったな。一緒に並んだ女ともだちと一緒に観戦し、余韻を〆るべく王将にて打ち上げた。


見納めにならないといいな。

まあ会った時話す。

また観たいよ、クリス。

おつかれ。再会を♪