松井稼頭央が西武にもどったとのこと。

「野球が好き。この年で言うのは恥ずかしいかもしれないがそれに勝るものはない。可能性がある限り現役を続けたい」

アスリート、、しかもトップのその言葉はずっしりくる。






こないだ、、稲生のライブの前の日、友人と「凄いひとと対バンだと怯む」って事象に関して、「いやあ、それは自意識のなせるわざでしょう、自分のことをやる、それだけでしょう」なんて涼やかなことをのたまったその翌日、見事にサトチエに怯まされまくったという、それがわたしです。

めったなことは言えないのである。






音楽だから?芸術だから??ってなヌルさに落ち着くために「人は人、自分は自分」みたいな哲学を纏うのは、着飾るのは、、ちと違うのかも知れんね。


対してアスリート、、、。前述の松井稼頭央ほどの者でさえ、現役を続けられるかどうか、ってなってきちゃうわけじゃん。42歳とかで。

その厳しさだけを求めるのは、けっきょく上の「纏い着飾る哲学」のベクトルが違うだけでおんなじだから、そーゆーのを言いたいわけじゃなく。


じゃ何か?っつーと、ようは「自分で分かる」じゃないか?

客の数、拍手の数、いいねの数、ウケてる感触、売り上げ、、、とかを比べてどうこう、じゃあなくて、自分でわかるだろ!って話で。

自分に嘘はつけないとよくいうけどそのとおりで。


わかるもんね、凄いパフォーマンスを目の当たりにすると、それは大好物であるはずも、こちらも演奏しに出てゆくわけだから、素直に圧倒されとく!って方が信用おけるな、ってな最近。です、ってなおはなし。







ごめんね。文がとっちらかっててうまく伝わってない気もする。







これよく例えに使われるけど「マクドは寿司より売れているが、だからマクドが寿司より美味いというわけではないだろう」的なやつ。

それもそれじたいよくも悪くもなく、、数じゃなくて、自分で分かる線が問題で、それを見ぬふり気づかぬふりをするのはもっと問題で、、、。


問題っつって、それぞれの、ね。世の中の問題は、他にある。








てか、寿司よりマクドが食いたい時もあるよな。




外タレよりハンタコが聴きたい夜もおありでしょうから、告知を。

懲りもせず。というかもはや近年の企画でのハンタコの動き(組み合わせ?)は、むしろ狙ってこうしている。

ノックアウトされてそのあと、何が出せるか?みたいな。

この自意識が適度な線でうまく作用しますように。




11月25日(土)
阿佐ケ谷 Yellow Vision
東京都杉並区阿佐谷北2-2-2 B1F
03-6794-8814

☆ hanTako
  • たこボー(vo,g)
  • ハナコ(jembe)
☆ 中川五郎
☆ 安田兄弟

18:00 pen
18:30 start
2000円+1d

地図



12月1日(金)
高円寺 PENGUIN HOUSE
東京都杉並区高円寺北3丁目24-8 みすずビル B1
03-3330-6294

『octopus garden vol.12』

☆ SHIM with 山我 静(syn)+露木達也(drs)
☆ らりは+ヨシノスイセイ+南部輝久
☆ hanTako

19:00 open
19:30 start
1800円+1d

地図



千客万来!


2本載せたから

二千客二万来!


image

image











※掲載写真に問題ありましたら、お手数ではございますがコメント欄等にご意見お寄せくださいますようよろしくお願いいたします。