2006年07月07日

カップスタックス

こっちも練習再開。

今日自己記録11秒08をマーク。このくらいのタイムからは、それ以前のタイムの時のコツとかなり変わってくる。

大事なコツを箇条書きにすると

12秒くらいまでは
 ー蟒腓鬚靴辰り覚える
 動作と動作の間に間をおかない
 省略できるところを省略する

この3つで絶対クリアできる。ちなみに、△鉢については具体的なポイントを挙げるとかなり長い文章になるのと、自分で考えた方が面白いと思うので割愛。


11秒台くらいからは上記のコツ以外に
 )楜い納蠅鯀瓩動かす
 ⇒邁爾和圓燭覆

こんな感じのコツが出てきた。

で、△鯑佑詰めると、と矛盾するところが出てくる。で、そもそも最初の△鉢は少し矛盾するところがある。


あー。だんだん面倒になってきたので、終了。
  
Posted by footbaka1 at 22:58Comments(0)TrackBack(0)その他

2006年06月25日

日記再開

半年振りに日記再開します。

なんとなくね。過去の日記を自分で色々読み返してたら、たまに良いこと書いてるなとおもって。特にはてなの方。

とりあえずこっちで再開だけど、そのうちもっと過去の日記を読みやすいブログに乗り換えようかなと思う。


今日の練習。
バルコニーでオーシスとインサイドキックだけ練習。しばらくフットバッグしてないので、オーシスだけでかなり目が回る。バルコニーではオーシスとダッキングクリッパーとスピニングクリッパーを徹底的にやりつつ、代々木とかでは大技やまだできたこと無い技も沢山練習することにしよう。

左足のオーシスはだいぶストールのタイミングが早すぎるな。

  
Posted by footbaka1 at 19:42Comments(1)TrackBack(0)footbag

2005年12月07日

ZEROで一人

今日は珍しく体がどこも痛くない。足首も大丈夫。

ひとりなのでひたすら基礎練。最近練習頻度が上がったこともあり、ドロップ率が低くなってきた。練習はなるべく頻度を増やした方が良いね。でも、一回の練習時間は長くしすぎない方が良い。だらだらやると悪い癖が付く。


ダウンタイムのバラージは、足をバネにたとえると、一度バネをしっかり縮めておいて、一気に伸ばす。伸ばすときにDEX。

ピクシーは骨盤の角度と位置を調整すれば軽くなる。


  
Posted by footbaka1 at 00:21Comments(1)TrackBack(0)

2005年12月03日

目黒デモ>ZERO

デモは面白かった。もうちょっと蹴りたかったな。
UNIQUE FREAKのデモではドロップお構いなし、リミッターはずして行こう。


ZERO
左のスピン大分上達してきた。もっとクリッパーを安定させなくちゃな。
バタフライも良い感じになってきた。
腰の位置を重心からずらす。


クウォンタムをやるとピクシーが軽くなる。



  
Posted by footbaka1 at 21:10Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月01日

ようやく左が

中野サンプラザの左側(ケルサレム)
今日も1時間半くらい蹴った。

寒い。とりあえず冬は膝に厳しいね。

最近殆ど調子悪い日ばかりで、今日も最初は最悪だった。

でも、途中で左のバタフライが急に進化した。左のインサイドと右のインサイドの一番の違いが解った。

腰の位置だ。
軸足の真上に腰があるとダメ。腰は軸足よりバッグの反対側に。

それが解ってからワールも軽くなった。まだまだ意識してないとすぐ崩れる。
今日は良い一日だったな。  
Posted by footbaka1 at 23:21Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月01日

一人練

ZEROで一人練。12時から。

今日は淡々とドリル、単品、コンボ、長いのを練習。

ドリルは
・バタフライ>バタフライ>オーシス
・オーシス>ファーオーシス
・ワール>パラドックスワール
・スミアー>マジェラン>ピクシーレッグオーバー
・ダイビングクリッパー>ダッキングクリッパー
・パラドン>ダッキングパラドックスミラージュ
を延々と練習。

左ピクシーがようやく何とか出来るようになってきた。完全にやり込み不足。
ダイビングも久しぶりにやったけど、感覚忘れてた。これもやり込み不足。慣れるとダッキングより楽。殆どの時間バッグが見えてるから。
ワールは最後のストールした時どういう体勢になっていれば良いのかってのを意識してやった。バッグと遠い方のサイドの手が、体より前に来てないと次にパラドックスするときめんどくさい。
手を斜め前(ってか上)に出しておけば、パラドックスの際腹から下だけくるっとやれば良い

単品はフリップサイドのスピンを練習。とりあえず、最近スピン自体やってなくて右もショボいから、この際一からやり直すつもりで左を重点的に鍛えた。結果、かなり向上。ひとえにクリッパー練習の成果だと思われる。
右のスピンもかなり改善。ゆっくり回るより、素早く回った方が目が回らない。

コンボは
単品、ドリルと併せててきとーに。
スピニングパラドックスワール>ジャイロワール(出来なかった)
ジャイロワールはスピニングパラドックスワールより慣れた。慣れだ。
スピニングパラドックスワール>P.Sワール
アトムスマッシャー>アトムスマッシャー>トーブラー>トーブラー(後ちょっとで出来そう)
一回目のトーブラーが非常に厳しい。かろうじて出来ても、次のトーブラーが絶望的。セットの時上半身がよじれてる。もっと力を抜いて、まっすぐ速くやりたい。


長いのは、ギルトレスでなるべく落とさないように気をつけた。なおかつ単調にならないように。あまり難しい事はやらなかった。
ギルトレスにこだわると20コンタクトくらいしか続かない。

ルーチンで入れやすいと思ったコンボ
スピニングクリッパー>ジャイロクリッパー
ダイビングクリッパー>ダッキングクリッパー>スピン
マーコン>ドリフター


と、今日はストイックにやりました。
調子は凄く良かった。


  
Posted by footbaka1 at 00:52Comments(1)TrackBack(0)

2005年10月18日

クリッパー

ZEROで。104と94と82。

今日はインサイドの技ばかりやってた。
クリッパー、バタフライ、オーシス、ワール、リバースワール、パラドックスワール、ダイノ。

前回の練習でようやくインサイドが開通した感じだったけど、今日の練習でまた一気につながった。

特にクリッパー。今更クリッパーについては、ああした方が良いとかこうした方が良いとか、もう考える必要もないかも。
やり込めば、誰でも上手くなる。絶対に。で、体で感じながら修正していけば、勝手に理想的なクリッパーになる。ただそれだけ。感じられる用になる前には、しっかり理想とかイメージとか出来てないと駄目なんだけどね。

今日、ワール>パラドックスワールのドリルを練習してたら、突然クリッパーが分かった。ワールのDEXした足をつま先立ちのまま、次のパラドックスワールに行くと、体がずっと浮遊してる感じで続けられる。
あれ?これのDEXしないのがクリッパーだから、クリッパーもつま先立ちの方が良いのかな?って思って早速やってみたらそうだった。
もちろん、俺にはこれが向いてるっていうだけなんだけどね。足が器用で、重心のコントロールが上手い人なら、軸足をべったり地面に着けた状態でストールの足だけでストールとセットをして、その後に重心をひねるなりずらすなりして次のストールに合わせればいいけど、正直俺はあまりインサイドが器用じゃないので、そのやり方だとセットが難しい。
つま先立ちで軸足をバネのように使って、ストールの足は膝の位置を固定して、あまり上下させない感じでやれば、バッグがまっすぐ上がる。
このとき、腰の捻りとか急ぎすぎると、セット足が上昇中に捻りが入って、セットがまっすぐ上がらないけど、上昇中はまっすぐ、降りるときに捻るっていうタイミングでやれば全く問題ない。

今日はこのクリッパーの収穫がでかすぎた。

他にもリバースワールとか、ワールとか、安定しだした。フリップのリバースワール連続9回できた。


今忘れてたけど、クリッパーの前に、他の全てのDEXの技を違う意識でやるようにしたら、やりやすくなった。
ダウンタイムのDEXは、落ちるんじゃなくて、地面に向けて「打つ」感じ。降りる感じだと遅い。しかも、次の動作のコントロールが難しくなる。
今までダブルダウンとかワールとかでは意識してたけど、ミラージュでは意識してなかった。でも、ミラージュでこの意識をもてれば、次のセットが断然楽だ。これは忘れないようにしよう。

最近ZERO熱い。  
Posted by footbaka1 at 21:13Comments(0)TrackBack(0)footbag

2005年10月15日

UNIQUE FREAK

フットバッグ的には好調。インサイドがようやく戻ってきた。捻挫も戻ってきたけど。

インサイドはやっぱり足首しっかり曲げた方が良いな。
調子悪くなる直前にインサイドの脱力を意識し始めて、一瞬調子が良くなったように感じたけど、いつの間にか入れるべき所にも力が入らなくなっていた。


ステッピングも自分のスタイルというものが見えてきた。
俺は体がかなり硬いので、セットのDEXの股関節を開いたり、腰をひねったりするのが難しい。だから
\瓩魍く前にDEXを終えて、ほとんどまっすぐな感じで足を下ろす。
足が地面に着地する直前に重心を切り替えて、体の向きがまっすぐになる。
この順番。
ほとんどまっすぐな感じで足を下ろすのに何で太股の裏にバッグがぶつかったりしないのかと言うと、一つにバッグが少し斜めに上がってるから、もう一つに、クリッパーの時にひねっていた腰を、もとに戻している(開いている)から。

ほとんどの有名プレイヤーは△鉢,逆。ってか、俺が逆。
で、今俺の手持ちの動画で、自分と同じスタイルのプレイヤーはどれくらい居るのか調べてみたら、居ない。ほとんど居ない。

バシェクは完全に先にバッグをDEXする前に腰の捻りどころか既に完全に股関節が開いている。超典型柔らか人。
俺の大好きなライアンも股関節開いてる。特に右足クリッパーからのセット。
ゼンガーもリッキーも開いてる。リッキーは左足クリッパーからのセットはやや俺と似てるタイミング。
モイヤーはワールズ以前はほとんど開いてるけど、ワールズの時のビデオではあまり開いてない。
このタイプは、極端にどっちかの人もいるし、その中間みたいな人や、時々によっ変わる人がいるみたい。


一人だけビデオ見る前から絶対この人もそうだろうと思ってた人がいる。
リズデン。やっぱりそうだった。この人かなり極端なタイプ。
右足も左足も両方閉じてる。俺もこんな感じでやりたいなー。

どっちが良いのかは分からない。でも、向いてる向いてないはあると思う。
俺は絶対リズデン式(っていうか俺式)の方が向いてる。
リズデン式の方が動作が単純化しやすいと思う。

今書いてて気が付いたけど、これはアトミックにも応用できるな。



今日のアフターは凄く良かった。UNIQUE FREAKのページ作らなきゃ。  
Posted by footbaka1 at 00:57Comments(2)TrackBack(0)

2005年09月28日

スランプ脱出

ZEROでPAULさんとハツ。


カップスタックスで記録更新。11秒37。
俺はまだ、のべ10日間くらいしか練習してないけど、カップスタックスに対する理解はかなりのものになったと思う。後は手が早く、正確に動かせるように訓練するだけ。ここから先は、練習あるのみかな。
手順をしっかり考えて、無駄を極限まで落とせば、手をゆっくり動かしても14秒くらいのタイムがでる。
そこからタイムをあげるのはまさにスポーツ。手や肩だけじゃなく、腹筋背筋も結構使う。


フットバッグ的にはスランプ脱出。でもやっぱり腰が痛い。新しいスタイルは腰の痛みとの戦いになる。とりあえず、ある程度はストレッチと筋トレで頑張ろう。


ハツがハツのブログで書いてた事だけど、技の区切りは、バッグが足から離れてから乗るまでではなくて、
乗る直前から乗る直前までで一区切りにして考えるべき。

例えば、アトミックとピクシーでは重心の上下動の仕方っていうか、タイミングが違う。

ピクシーの場合、セット前から既に軸足は地面を蹴っている。
アトミックは、ストールしたあと、地面を蹴って全てが同時に始まる。
なので、次の技がピクシーだと思ったら、その前の技のストール時には既に軸足が地面を蹴っているようにすればよいし、アトミックの技に入るときは、ストール時にちょっと沈み込むようにすればよい。

っていってもこれは意識の問題で、実際の動作を見れば、ピクシーだってアトミックだって、同じタイミングでやってるように見えるだろうけどね。
それは昨日のバタフライのコツも同じ。DEXの足を先に地面に着けるといっても、それは意識上の話し。実際には同時に見える。




  
Posted by footbaka1 at 22:55Comments(3)TrackBack(0)

2005年09月27日

一人ゼロ

カップスタックスで記録更新。
11秒69。まだまだ伸ばせそう。


フットバッグ的にはバタフライを中心に、ピクシー、ワール、ダブルダウンを練習。

やってるうちに、スタイルが少し変わってきた。表現は難しいけど、重心の位置というか、頭の位置が変わってきた。っていうか、変えてみた。
なるべくあごを引いて、首の上に頭が乗ってる感じ。まっすぐに。
以前にもこういうスタイルにしてみたら楽になったことがあったけど、すぐに腰痛くなってやめた。
今度は大丈夫なように工夫して続けて見よう。

重心がまっすぐの方が省エネなんだよね。腰が痛くなるのと、バッグが体から離れた時にフォローしにくいっていうのはあるかもしれないけど、それ以外はあまりデメリットを感じない。むしろ、凄くやりやすい。
イメージしにくい人は、リズデンの立ち方を思い出してみて。

バタフライはようやく型が出来た。フットバッグ4年もやってて、ようやくだ。
俺のやり方を根底から覆すコツを発見した。
DEXの足を一瞬先に地面に着けてからストールする。今までは同時にやってたから駄目だったんだ。時々難しい技をやると、先にストールして、ウォークオーバーみたいになる事もあり得るけど、基本は先に着地だ。
これだけで全然変わった。
後は左の足首が痛いのさえ、何とかなればなー。

ワール>パラドックスワールドリルも出来たし、
バタフライ>ダッキングパラドックスミラージュ×6出来た。


他にも基本に立ち返って、トーストールの時はつま先をしっかりあげる。
これだけでピクシーやらアトミックやらが省エネになる。
今日はかなり満足。

  
Posted by footbaka1 at 18:57Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月24日

PAULさんとブンコとスタックス

PAULさんとあうのひさしぶり。

やっぱフットバッグは面白いなー。

アトミック、クウォンタムが軽くなった。
コツはジャンプして落ち際にデックス。
落ち際って言うのは大げさかな。


カップスタックスは自己記録更新。12秒24。次は絶対12秒切る。
おれ、これ絶対向いてる。

フットバッグと違って、まだまだ改善しなくてはならないところがたくさんあるうちは、いくらでもタイムが伸びるはず。
まだ2秒は伸ばせそう。そこから先はもしかしたら難しいかもしれないけど、もう少し練習したら見えてくるかも。

  
Posted by footbaka1 at 23:48Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月21日

JFC2005お疲れ様

 JFC本当に楽しかった。感想を書きたいけど、表現が難しい。なるべくぶっちゃけて書きます。
 結果的にはフリースタイル3位で、すごーく嬉しいけど、正直複雑な気持ちです。TAKUMI、USKさん、たいしの三人は、凄く良いルーチンだったと思うから。
 自分が3位で良いのか?と思ってしまう自分から脱却し、3位になったという事を堂々と誇れる自分になるべく、気合い入れて練習していきます。上手くなるぞ。マジで。モチベーションの変化は我ながら凄いと思います。ありがとうJFC。


  大会に出ると(たぶん出てない人も)、ものすごくモチベーションが上がるということが分かった。理屈的には、大会があり、それに向けて結果を出すぞー!って感じでモチベーションが上がるのかもしれないけど、実際に大会に出ると、大会後の方がモチベーションをあげる効果が高いと思った。
 たくさんのプレイヤーと色んな話をするのも凄く刺激になる。


 それから、HPに関して、ムーブの解説のコーナーは復活させようと決意した。以前もそう思い立って新しく動画を撮って編集したりもしたけど、HP削除されて一気にやる気がなくなりました。また新しい動画を撮って、新しい観点で書きたいと思う。賛否両論あるだろうけど、俺的には有りだと思うし、単純に、俺の動画を見て技を覚えたって言う人がいると嬉しいから。

 
 JFCに出た人、行った人、運営側の人、とにかくみんなお疲れ様。ありがとうございました。

ダイジェスト
 ・審査員は本当にお疲れ様。
 ・KENの最後の挨拶は、涙が出そうになった。お疲れ。KEN。
 ・ブンコ対ユウコ面白かった。
 ・名前を何度も聞いてしまった人。ゴメンナサイ。
 ・ワールズハセケンビデオ、面白かった。
 ・決勝で使った曲は、THIRD EYE BLINDの、「Slow Motion」
 ・焼き肉はやはりハラミ(サガリ)。
 ・ファイテン大人気。
 ・フォースクエアやりたかった。
 ・へんも、けんぞーウメー。  
Posted by footbaka1 at 23:34Comments(4)TrackBack(0)footbag

2005年08月11日

屁も出るPV

ハツ、巧とZEROにて。

今日はみんなグダグダ。
でも面白かった。

ワール>パラドックスワールドリルにトライ。一回も出来なかった。でも、だんだん自然にワールが出るようになってきた。
コツはワールの前にしっかり腰をひねること。膝は常に下を向く。


左の足首が痛くならないように練習。
痛くなるときは、足の指がぎゅーっと握って力が入りすぎてる。そんなに力まなくても足首はクリッパーするのに十分なくらい曲がる。足首の部分だけを曲げるつもりでリラックスする。

バーフライも得意なサイドだけ妙に強くなった。これもコツは腰の捻りと膝を下に向ける(つもりなだけ)のと、内股を意識すれば楽になった。
苦手なサイドは腰の捻りがなぜか逆に向いてしまい、駄目。こっちのサイドも、足首痛くならないセットがしっかり出来るようになれば開通するかも。

フリップのステッピングも少しずつだけど、確実に上達してる。これも足首の効果がでかい。ステッピングの直前に、足首痛いのやだなーって思う度合いが低くなってきた。
足首にかかわらず、痛みがある状態は、プレイに直に影響を及ぼす。膝の痛いときはブレンダーとか極端に下手になる。


コツは全然分からないけど、
フェニックス>ブラーリーワール>ワーが凄く惜しかった。

今日はビデオとったので、頑張って編集するぞ。
  
Posted by footbaka1 at 22:27Comments(4)TrackBack(0)footbag

2005年07月30日

汗が凄い

夏は毎年だけど、オレは極度の汗かき。オレほど汗かきなヤツは見たことないかも。オレよりたくさん汗かく人いたら教えてほしい。


今日は暑かったけど、割と調子よい。
ピクシーが戻ってきた。結局行き着く所は、上下の動き。

ステッピングも良い感じ。SSCを使った腰の回転。セットする足はあんまり動かさない。

ワールも軽い。DEXの前には腰をしっかりひねって、腰のやや後ろ側にバッグが来るようにする。後は普通のワール。パラドックスでもトーからでも全部一緒。

ワー初メイク。今まで、オレは足の動きが遅いから無理だと思ってたけど、足を早く動かすコツが分かってきた。言葉にするのは難しいけど、力を入れる瞬間が何度かあって、どのタイミングで入れれば良いのかが重要。それ以外は基本的に脱力。
膝を伸ばし始める時と、膝を曲げ始める時にだけ一瞬力を入れる。一度力を入れたら、膝が伸びるまでは惰性で、また曲げ始める時にだけ力を入れる。曲がる間では惰性で。この繰り返し。要するにSSC何だよね。

DATWも一緒。それから、回転は膝ではなく、膝よりちょっと下のあたりを支点にすると慣性が小さくなるので制御しやすい。
こないだピクシーSSDATWを初メイクした。

今日はステッピングリーパー(ステッピングOPDATW)が惜しかった。
ワーの時よりSSCを意識しにくいはず。なぜなら、普通にイメージすると、膝が常に中途半端に曲がっていて、曲げ伸ばしが無いから。あるとしても、足の内側と外側の筋肉を曲げ伸ばしすることになる。でも、そんなところに筋肉なんて付いてない。うまく膝の曲げ伸ばしに変換出来る方法が必要なわけ。
そのためにどうするかっていうと、少しがに股っぽく膝下を斜めにして、膝裏をしめる。今度は膝を少し立てて、膝を伸ばす。最後はまた膝を外に倒して膝裏を閉める。

  
Posted by footbaka1 at 21:58Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月23日

涼しいなー

19日はたくみ、くっしー、はつ、えぐちょん。
調子悪かった。熱くて死にそう。何にも出来なかった。
あ、PSワール往復できた。

PSワールをするときは、少し前傾でセット。バッグの真下くらいの地面を狙って地面を蹴る。地面を刺す。ジャンプは小さくてOK。背筋を使ってひょいっと。


今日23日は巧と。
PSワールはすっかり定着。色んな技の後に狙った。結構オーシス系との相性は良いのかもしれない。オーシスの場合、セットの時に前傾の姿勢を作りやすいから、かなり楽。でも、トルクとかになっちゃうと、前のめりすぎて背中からバッグが上がる感じになってしまって、難しい。

ステッピングが戻って来た。やっぱり重心は軸足より外に。背中を弾く感じ。やりたい技によってステッピングのやり方も変えた方が良い。時々セットはすべて同じで、その後の動作で対応するのが理想だっていう理論を耳にするけど、確かにそれは聞いてる風では理想的な気もするけど、やってみるとかえって難しくなる。セットしてから何をしようか考える訳ではなく、ストールの前から次のトリックやコンボを考えてるわけだから、そのトリックに最も適したセットをすればいい。一つのトリックに慣れてくれば、どうとか、タイミングがどうとかじゃなくて、単にその技を出すと言う感覚になるわけだから、それが一番シンプル。あのセットの後に、あれをやってって考えるのはナンセンス。

そういう事を考えてやってたら、ワーリーギグが良い感じ。クリーンヒットも何回かあった。ブラーリーワールの時は、セットしながら腰を回転させるけど、ワーリーギグの時は、まずまっすぐ背中の方向に軸を吹っ飛ばす。最初のDEXの足は、膝を斜め下に下ろす感じで。それと同時にセットの足はバッグの真下あたりを刺す。後はPSワールするだけ。

ブラーリーワールとの決定的な違いは、ワールの際、両足が地面から離れている瞬間があること。ブラーリーワールみたいに腰を回転させるやり方をワーリーギグでやると腰の回転力が空中に浮いてる時にも残ってしまって、空中で腰下がねじれ続けてしまう。腰を回転させる代わりに、最初のDEXの膝を斜め下に弾く事で、自然と腰の角度がワールしやすい角度になる。でも、その慣性は地面を蹴ってジャンプした瞬間に消えて無くなる。

他にも今日は収穫がたくさんあった。
メイクには至らなかったけど、ワーとかダブルブレンダーとかDATWとか、ぶんぶん回す感覚が分かってきた。膝下を動かすのではなくて、膝も動かす。たぶん、ほとんど動いてないくらいにしか見えないけど、膝下だけ回そうとすると、慣性が大きくなっちゃうので、少し膝の方に力を逃がしてやる。

シンポウジアムワールは、DEXの足が地面から離れる前に、足をまっすぐに伸ばす。

TAKUMI君が、ルーチンの中に6ADD二つ入れてた。スゲー。
スピニングパラドックスブレンダーとワールウインド。

オレも次は決めるぞ。  
Posted by footbaka1 at 00:27Comments(1)TrackBack(0)

2005年07月09日

昆布DAY

大物バガー来中。

今日は本当に面白かった。
こんぶさんはスゲーフットバッグを分析してて、良いこと言う。
しかも、いつも自分なりの理論をたくさん積み重ねてきているのに、オレやハツの言う新しい考え方にもすぐに適応し、実践できる。ああいう人は中野で蹴れば良いんだ。
いつも中野で蹴ってたら、今頃世界クラスだったりして。
それくらい身体能力高い。


自分的には、今日は消化不良。
練習序盤でいきなり膝の外側が痛くなった。後半ようやく痛みが退いてきたけど、恐怖心が消えなくてオーシスとかスピンとか、結構怖かった。
でも、もしこの状態で練習していたら、足の動きの”ブレ”が凄く少なくなってるんだろうなって思った。

こんぶ式クリッパーセットは、非常にためになった。
足を下ろすときに初めてバッグが足から離れる。要するに、あまりセットする足を引っ張らない。しかも、あげるより、下ろす意識が大事。これ、重要。


アフターはさつまでのみ。
(・・)
 ↑ちょっと違うけど、さつまのトレードマーク。
飲み過ぎてしまったけど、楽しかった。みんなの考察が色々な意味で深い。あのメンバーで飲めて本当に良かった。またのもうぜ!今度は相模大野でかな。

  
Posted by footbaka1 at 00:13Comments(1)TrackBack(0)

2005年07月05日

ZEROでとっしゅと

ムシムシあついねー。今日もびしょ濡れ。

最近の練習メニューはほぼ決まってる。

.ック色々
▲好肇譽奪舛靴道々キック色々
ユルーイルーチン
ご霑地◆淵灰鵐棔▲疋螢襦∀続)
ヅ当にルーチン
Χ貅蠅糞察▲咼奪哀肇螢奪
Д襦璽船
┘好肇譽奪

こんな感じ。これからも大体こういう流れで練習しよう。
キΔ賄当に入れ替わったり繰り返したり。



今日は徹底的に基礎練やった。
ドリル
ミラージュ>レッグオーバー
ミラージュ>ピクシー
レッグオーバー>ATW
イリュージョン>ピックアップ
バタフライ>パラドックスミラージュ
バタフライ>パラドックスイリュージョン
ワール>オーシス
ダッキングクリッパー>ダッキングオーシス
あたりを練習。
徹底的にやってるうちに、なんか動き方が変わってくる。今日一日でもミラージュとイリュージョンが全く別物になった。
オーシスからのダッキングも簡単になった。もっとたくさんの種類のドリルを練習して、ドリル練習だけで一日終わるくらいにしたい。

ラバーマンがなかなか出来ない。でも、確実に進歩を感じる。腰をいかに動かすかがオレのポイントになってる。
オレは股関節の可動域が小さいので、腰の動きで補う必要がある。でも、腰の動かし方を間違えると、動きが遅くなってしまったり軸がよじれてしまったりして、うまくいかない。
アトミックの時は、もし左足にバッグが乗ってる状態から始めるとすれば、
脱力した状態から、腰を一瞬グイッと左周りに捻り、その直後にすぐに右にひねる。左にひねってから右にひねるまでの時間が短ければ短いほど軽い。
右にひねると言うよりは、右下かな。
骨盤をぶん回す。


ブレンダーもかなり軽くなってきた。これも、ぐるんって回すんじゃなくて、脱力してきゅっと膝裏をしめるだけ。クリッパーセットからが一番簡単。
今日はクリッパーでセットして、DEXの動作をなるべく遅くして、ダウンタイムで出来るように練習。フードプロッセッサーとかはダウンタイムだからな。

とりあえず、今日は最近の練習の成果が十分に感じられて良い感じだった。

再度にとっしゅとロングルーチン練習。
重要なのはペース配分(色々な意味で)ってことで。
とにかくやりこんで、自分に最適なペースを知ること。  
Posted by footbaka1 at 21:20Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月03日

ジトジトだなー

今日はいっぱい来た。

でも、蹴ってばっかりいた。
あんまり捻挫痛くなくて楽しかった。


フリップのステッピングも少しずつ上達してるけど、バタフライからだとどうしてもなめらかに体が動かない。たぶん、バタフライの時に膝が開きすぎてるからかな。


SSCを意識しながらやってたら、色々開花。
スワールも脱力から一瞬でDEXを終わらせる。
ドリフターも一瞬で終わらせる。腰を吹っ飛ばして、その反動でDEX。
ステッピングも腰を斜下にたたきつける(腰は実際に地面にたたきつけてはいけません)ような感じでやれば省エネ且つダイナミック。


TAKUMI君とヴォーテクス>モービアスの練習をしていて気が付いたんだけど、ヴォーテクスは、最初のセットの段階で、腰と、腰から下がひとかたまりになって動いて来ちゃうと、遠心力が強くなって、足が吹っ飛ばされるからうまくドリフターが出来ない。だから、最初に腰をぎゅっとひねって、腰から下が後から動き出すようにすると、割とドリフターしやすい。と言うことが分かった。

上の発見を、今日再び吟味。遠心力で足が吹っ飛ばされてしまうというだけなら、ドリフター筋(実際にそういう名前の筋肉はないです)が発達してる人なら、特に問題なし。
でも、遠心力だけでなく、SSCを活用する意味でも、体の各部いは近位から遠位えと動きを伝えるのが一番速い。また、省エネ。
腰をひねると、腰の周囲の筋肉が一瞬引き延ばされる>引き延ばされた筋肉は(正確に言うと腱)ゴムのように一気に縮もうとして、腿の引き上げが素早く行える>腿の引き上げが素早く行われると、腿の裏の筋肉が急激に伸びるので、急激に伸びた筋肉はゴムのように素早く縮む>
こういう感じでSSCが活かせると言う意味で、腰から先に吹っ飛ばすのは凄く合理的だ。
これはヴォーテクスに限った話じゃないな。  
Posted by footbaka1 at 00:35Comments(0)TrackBack(0)

2005年06月30日

捻挫

全開の練習で右足首が捻挫状態になってしまった。いつもの自分流整体で右足は何とかなった。
今日は練習の最後の方に左足が捻挫。別に全然ひねってないよ。気がついたら、足首超痛い。でも、何とか自分流整体で原状回復。念のため、練習は終了。


足の状態は非常に悪いが、今日は久しぶりに調子が良かった。一人の時はたいてい調子悪いのに、今日は基礎練ばっかりやってたら結構良い。

レッグオーバー、ミラージュ、レイク、バタフライ、オーシスを徹底的に練習。

収穫たくさん。
インサイドのセットは膝裏を一瞬しめるだけ。

ステッピングは重心を低く、バッグの向こう側に。セットの前からバッグ側に重心があるとスゲー楽。

レイクは軸足を垂直に。

ミラージュは腰でする。



フェニックス>フードプロセッサーやっと出来た。
フェニックスの時に、バッグ側に重心をしっかり落とすと、次のステッピングが軽い。このコンボもっと練習しよう。
フェニックス>ロコモーションならもっと簡単かも。

ロコモーション>フードプロセッサーも練習した。
全然出来てないけど、出来ないって感じでもない。一回だけ凄く惜しいのがあった。
ロコモーションのストールの時、体をバッグの方に素早くひねること。ロコモーションとフードプロセッサーは似てるけどステッピングの後、重心とかバッグをとらえる位置とか、全然違う事をしっかり理解する。



クロスボディーレイク43回。自己新記録。
2バッグジャグリング30回。自己新記録。

2バッグのフリップは、どうしてもバッグが内側に上がる。昔に比べて、軸足が疲れなくなった。
  
Posted by footbaka1 at 00:14Comments(1)TrackBack(0)

2005年06月23日

膝イテー

ZEROで、最後の方にハツも。

今日は最近の中で一番調子悪い。膝が痛かった。なんかミラージュすら痛い。
でも、収穫はたくさん。

ようやくインフィニティーの方向性が決定。今までと全然スタイル違うかも。
大げさなほど胸を開く。

トルクの時は、片手をバッグの向こう側へ。

こんな感じ。  
Posted by footbaka1 at 00:10Comments(0)TrackBack(0)footbag