9610952


事の発端は、2008年にマンチェスター・シティをアブダビの投資家グループが買収したことから始まった。
新オーナーとして地球上で最もお金を持っている人物の一人がいる。またチェアマンとしては世界で最も聡明な若きビジネスマンがいる。

Sheikh-Mansur-bin-Zayed-001-thumbnail2

その名は、シェイク・マンスール・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーンである。
彼はアブダビを統治している君主家のいち員であり、彼の19人の兄弟の中にはアラブ首長国連邦の大統領や皇太子も含まれているのである。ナヒヤーン家の資産額は5600億ポンドとなっている。もちろん、ナヒヤーン家の資産は石油の賜である。

また、それだけでなくシェイク・マンスールはドバイの支配者の娘と結婚しているため、完璧なコネを持っているのである。

さらに、それだけでなくシェイク・マンスールはアラブ首長国連邦の閣僚で、国務補佐省大臣でもあるのだ。また、スポーツに深い愛情を注いでおり、アル・ジャジーラ・クラブの会長であり、なおかつアラブ首長国競馬局の会長でもあるのだ。

このように、まずマンチェスター・シティを買収した投資家グループが様々な知識を持ち、また強力なコネを持ち合わせていることがわかっただろう。

52919

【選手編】


さて、これまでにマンチェスター・シティがどのように選手獲得に投資してきたのかをまとめてみよう。


移籍金総額
これは、シェイク・マンスールがマンチェスター・シティを買収してから、投資した移籍金額をまとめたものである。
買収してからの3年間は、毎年100mポンド以上を投資していることがわかる。
2012/13シーズンは、FFP(ファイナンシャル・フェアプレー)の事も考え、投資額が減少したが、54mポンドを投資した。
それでは、どのような選手を獲得し、選手獲得にどれだけ使ったのかを選手別に見てみよう。

07/08シーズン
0708

08/09シーズン
0809

09/10シーズン
0910

10/11シーズン
1011

11/12シーズン
1112

12/13シーズン
1213


このように、世界のトップクラスの選手を毎年獲得することで、チーム強化をしプレミアリーグの優勝を成し遂げるとともに、知名度の向上にも取り組んでいるのである。


【ビジネス編】

マンチェスター・シティは、2012年9月14日に巨大練習場の建設を開始した。

この動画を見て頂けるとわかるがマンチェスター・シティは、アカデミー施設の充実を目的とし、ホームスタジアムであるエティハドスタジアムに隣接する場所に、16.5面のサッカーピッチ、ユースチーム向けのスタジアム(収容人数7000人)、トップチームも使用予定の最先端トレーニングセンターや宿泊施設がこの施設内に建設されるのである。
その総工費は2億ポンド(約251億円)と言われており、完成予定は2014年となっている。



それだけではない!!

NYCFC-008

5月22日のニュースだが、マンチェスター・シティはニューヨーク・ヤンキースが、ニューヨークを本拠地とするチームを作り、MLSに参加することが決まったのである。
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20130522-1130935.html
マンチェスター・シティとヤンキースには、様々な目的があると考えられるが、マンチェスター・シティが積極的にサッカービジネスを世界中に展開していくことは、その国にとって大きな財産になるだろう。

いままで、マンチェスター・シティは「金満クラブ」として世界中で認識されているが、「金満」という括りだけで評価をするのは間違いである。
マンチェスター・シティは、選手育成に投資しすることや、アメリカというスポーツビジネスが盛んな土地で、最も人気のあるクラブの一つであるニューヨーク・ヤンキースと提携してチームを運営することなど、マンチェスター・シティはスポーツビジネスの最前線を突き進もうと計画していることがわかる。

マンチェスター・シティが今後どのようなビジネスを計画しているのかは、スポーツ界に大きな影響をおよぼす可能性があるため是非、注目してもらいたい。




参考:Manchester Evening New(イングランド)2008年9月22日